プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« June 2001 | Main | August 2001 »

July 2001

2001.07.27

未来の地球

ちょっと前に、屋久島での若者環境会議が脅迫を受けて中止になったというニュース(西日本新聞)がありました。屋久島は世界遺産に登録された場所ですね。「海が綺麗で自然が豊富」なイメージがある場所です。私はニュースはインターネットで読む場合が多いので、テレビなのでどのように報道されたか、また報道されなかったかわかりませんが、ご覧になった方はいらっしゃいますか?
内容は、27日から鹿児島県の屋久島で行われる予定だった「世界ユース環境会議in屋久島(27日から4日間、屋久島全域を会場に十五カ国の若者ら計五十人が集い、ヤクザルの生態研究などを行う計画)」が主催者に対する脅迫がエスカレートして開催断念に追い込まれたというものです。報道によると、「WCP(ワールド・クリーン・プロジェクト)によると、脅迫は昨年二月から手紙や電子メールなどで約二百件あったという。山梨の会議開催に反対する建設業者や個人が会議中止を迫る内容で「警告に反して開催すれば参加者を消す」など過激なものもあったという。実行委は「参加者に危害が及ぶ恐れがある」として、今年六月になって山梨会議の中止を決定、屋久島会議も断念した。」とあります。
ここからは、様々なことが読み取れるのではないでしょうか。
「若者の環境へ向ける目を摘んでしまうなんてヒドイ」「脅迫するなんて、、、」環境問題に興味のある人は、そう思うかもしれません。次の世代を担う人たちに対し、脅しをかけて今ある何かを守ろうとするする大人たちの態度は、エゴの塊ともいえそうです。
逆に、過疎化と高齢化の進む島で、開発としてたくさんの道路など作ることで生活している人にとって、自然を守ろうとする運動は収入がなくなる可能性を示しているわけで、死活問題なのでしょう。脅すほうも必死な様子が伺えます。
そのほかにも、環境破壊そのものは身近なところから起こるわけで、現在さまざまな規制があるようですが、観光客の出したゴミやし尿、排気ガスの問題など、すぐには解決できない問題がたくさんあります。

私たちはどうしたらいいのでしょうか。想像してみてください。

現在の子供たちに将来の夢を聞くと「自然を守ろう」という意見が多いと聞きます。3,40年前の子どもの夢は「超高層ビルが立ち並ぶビルの間を空飛ぶ車が飛び交う」というものだったのにです。なくしつつあるものが実は大切だと、現在の子供たちは訴えているわけです。
ネイティブ・アメリカンたちは「七代先のことを考えて行動する」といいます。現在の日本はどうでしょうか。七代どころか、一代先も危うい状態です。まだ大丈夫だと思っていませんか?このまま進んでしまったらどうなる想像できますか?全て目の前で起きていることなんです。でも、まだ手遅れではないはずです。

2001.07.24

やさしい手

マッサージは苦手なのですが、私はあるボディーワークがとても好きです。アレクサンダー・テクニークといいます。(ボディーワークというよりエネルギーワークなんじゃないかと思うときはありますが。)どんなことをするのか、興味があったら本や ホームページをご覧ください。私は何度かワークショップなどに参加した事があるのですが、とても良かったです。
何が良かったかというと、アレクサンダーの教師は本当にしっかりした教師なんだなぁと感じられる事。接していて、そのバックグラウンドにしっかりとしたトレーニングと知識があるということを感じさせてくれます。そして、ちょっとした変化も見逃さないしっかりした目を持っています。また、決して無理をしないこと。アレクサンダー・テクニークで行うワークは、特別な事はなくもなく椅子に座ったり立ったり、何か物をもったりと、本当に日常生活で行う何気ない動作を対象にする場合がほとんどでが、そこで教師はほんの少しだけ手を添えたり、方向付けをしてくれます。その手はとてもあたたかくやさしいです。その手に導かれるように、こちらの体が軽く動いていきます。これがなんとも言えず、気持ちの良いものなんです。体のちょっとした癖に気づかせてくれ、動きがちょっとだけ変わっただけで、意識が変わるのがわかります。面白いものです。
私が行っているのは、ヒーリングや前世療法などで、体にはほとんど触れる事がないです。よって、やっていることにはあまり共通点はないかもしれません。でも、こうした仕事はテクニック以上に、その姿勢・態度が大切だと思っています。アレクサンダーの教師の姿勢や態度はとても参考になりました。そのやさしい手は、私が好きな手のひとつです。

2001.07.23

リフレクソロジー

実は私はマッサージをしてもらうのが苦手です。上手な人なら何とか大丈夫なのですが、普通にやってもらうのは痛かったり、くすぐったかったりで、苦痛でしょうがないです。ですから、自分で進んでマッサージを受けに行くという事はほとんどありません。
最近疲れているのか運動のし過ぎか、脛の横側から足の裏にかけてちょっとだけ痛いなぁと思っていました。自分でエネルギー調整をしていくのもいいけど、たまには誰かにやってもらうのもいいかなぁと思いながら歩いていると、近所にリフレクソロジー・サロンがあることを思い出しました。英国式足裏マッサージというんでしょうか。通りから見るサロンの中は真っ暗で、その中でゆったりと座りながら足を揉んでもらっている様子がチラチラと見えます。その独特の雰囲気は以前から気になっていたのと、足だけならまぁ言いかという事で、先日ついに行ってしまいました!
何種類かコースとオプションがあります。その中から適当なものを選び、用意された短パンに着替えます。リクライニングチェアーに座ってお湯に足をいれ・・・まぁ、その手順はどうでもいいですね。内容は足の反射ゾーンを「痛気持ちよい」程度の強さで刺激してくれるというものです。所々、痛かったり、そうでもなかったりで、なるほどこういうものなのか、、、てな感じでした。痛い場所によって、体のどのあたりに疲れが溜まっているか教えてくれます。気持ちよいので寝てしまう、というほどではなかったですが、苦痛でもなかったので私にはまずまずといったところです。足の痛みも、取れたような取れないような、足も軽くなったような、ならないような、、、まぁそんなもんでしょう。アロマの香りと音楽と痛すぎないマッサージが好きな人は行ってみるといいかもしれません。
私としては、このところずっと昼間は暑いし、夜も寝苦しいですし、体調の管理には気をつけていきたいと思う今日この頃です。

2001.07.19

献血

久しぶりに献血に行きました。最初に献血に行ったのが約8年前で、その後、年に1回行くかどうかのペースで、先日ついに10回目となり、記念品をもらってしまいました!
献血に行くと、いろいろな人がいます。案外、断られる人が多いものです。女性の場合、貧血気味の人は献血ができないようで、「できませんね」といって断られているところを何度か見かけました。私の知人でも、絶対に断られるを分かっていて、献血に行く人がいました。狙いはジュースとお菓子なんですけどね。
私も一度断られた事があります。肝機能の低下ということで、早い話が肝臓に脂肪が溜まっている疑いがあるから。当時は運動不足で体中に脂肪が溜まっている状態でしたから、、、。そうした血液は使えないそうで、よって、採血しても捨てるだけになってしまうから出来ませんと言われて断られました。
今回はもちろん大丈夫でした。運動して体重を落とした成果が出ていたようです。400mlしっかり献血してきました。
いいですよ、献血。

2001.07.13

光の中で

ヒーリングでも前世療法でもよく「光」を使います。光がなんであるかとか、どこから来てそしてどこへ行くのか、私には分かりません。しかし、光にはポジティブなイメージがあり、癒す力があるようです。
瞑想をしていてたら光がやってきたなんてことは、多くの人にあると思います。多分、光のマスターがやってきたのでしょう。何かメッセージをもらったという人も多いと思います。こうした経験のない人は、やってみるといいです。椅子に座って、落ち着いて、ボーっとしながら光がやってくるのを待てばいいだけです。そんなに難しい事ではないです。
私もこうした経験は何度もあります。何度もあると、いろいろと試してみたくなるものです。光に包まれるというのは、気持ちが良いのですが、眩しくて周りがどうなっているのかよく分からないわけで、もし光のマスターがやって来ているのだとするといると、その姿を見てみたいと思ったわけです。そこである時、やってみました。
先ずはゆったりと座って、目を閉じて呼吸を整えます。自分の周りにエネルギーの殻を作り、自分の領域をはっきりさせます。そして、光のマスターを呼びます。しばらくすると頭上から強い光が降り注いで来ました。
「ちょっと出てきてくれる?」
その問いかけに、小さい人形のような黒い人がトコトコと歩いて出てきました。全身真っ黒で、掌に乗るくらいのビニール人形をマジックで塗りつぶしたような感じです。
「な、、、何だ、こいつ?」
かっこいい天使でも出てくるだろうと思っていたので、ちょっとびっくりしていたら、その人は私に向かって何か言って、また光の中に消えていきました。もう随分前の事なので、何を言っていたかは忘れてしまいましたが、私にとってはかなり印象的な体験でした。
こうした事を繰り返すと、慣れてくるもので、もう何が出てきても大丈夫です。こうしてやってきる光のマスターたちも、なかなか良い奴が多いので、付き合うと楽しいもです。
見えない存在というのは、ある人にとっては恐ろしいものであり、またある人にとっては崇める対象だったりしますが、私の場合はあくまでも友人です。光のマスターも、友人として常識的に(?)付き合ってみてください。
皆さんもどうぞ!

2001.07.10

聖地

パール・ハーバーという映画が公開されるそうです。いわゆる真珠湾攻撃を題材にした映画です。
映画の公開にあたり、各方面から抗議があったり、台詞の修正があったようです。真珠湾攻撃の歴史的な事実や、その意味などについては、それぞれ意見のわかれるところでしょう。
様々な方面から意見はありますが、ひとつ抜けている事があるようです。それはパール・ハーバーという場所がハワイの原住民にとって「聖地」であったということです。その聖地にアメリカ軍が基地を作っていたわけです。

「こんな大切な場所に軍事基地などを作ったりしたら大変な事が起きる。」
その予感は的中します。そして、その基地が完成する直前に日本軍が突然攻撃を始めて全て壊してしまいました。攻撃して壊してくれた日本軍に感謝している人もいるといいます。

世界には聖地と呼ばれる場所がたくさんあります。エネルギースポットなどともいいますが。日本にもたくさんあります。そうした場所には大抵、神社、寺、教会などがあります。つまり宗教関係者が場所を押さえています。宗教関係でないとすると、軍事施設があったります。ほら、日本でも富士の麓で練習していたりするしね。知ってか知らずか、この場所がいいことを敏感に察するのでしょう。(逆かもしれないけど)

聖地とは、エネルギーの交流が行われるところなんでしょう。そうした場所は、その場所にふさわしい状態にしておく必要があると思います。エネルギーの流れを止めると、バランスが崩れ、いろいろな場所に問題を起こします。流れなくなった水は腐るように、血の流れを止められたら体が壊れるように、エネルギーだってちゃんと流れる必要があります。
その流れを無理やり壊すとどうなるか。「大変な事」が起こるのかもしれません。
エネルギースポットと呼ばれるところはたくさんありますので、 皆さんも機会が会ったら行ってみるといいかと思います。そして十分感じてみてください。楽しいものですよ。

 

2001.07.02

黄金の国から

私の過去生体験を書きます。ちょっと不思議な物語だと思って読んでください。

私はリラックスして過去生に入っていきました。先ず見えるのは山の中の丸太小屋。周りには誰もいません。自分の姿は、、、風でした。風のようにビュンビュンと飛びまわっています。とても不思議な感じです。私はどこにでも一瞬で行く事が出来ます。地球を一周するのも、ほんの一瞬の出来事です。目の前にいろいろな国の景色が次々と現れてきて、そして元いた場所に戻る事ができます。
私はどこから来たんだろう?ふと上を見ると、夜空に黄金に輝く星が見えます。どうやらそこから来たらしいのです。「戻ってみよう」私はそう思ってその星に戻ってみました。
黄金に輝く星は、黄金の炎に包まれているようでした。でも、熱くはありません。とても気持ちの良い、美しく光り輝く星です。
その星にはいろいろな人が住んでいます。体の大きさも自由に変えられるようで、大きな体の人が小さな家に入るとき、体が小さくなっていました。天使のような人が宙に浮いてこちらを見ています。どこかで見たような天使です。この星での時間や空間は、地球とは全く違います。過去も未来もなく、全てがこの瞬間の中にあります。
私はここからなぜ地球に行ったんだろう?もう一度地球に戻って考えます。風のような存在の私は、地球がどんな星か観察しに行っていたらしいです。その時、地球は緑豊かでとても綺麗な星でした。これからしばらく地球で転生していく、その確認のようでした。
魂のレベルから、この一連の出来事を見ました。魂の長い歴史の中では、全てがほんの一瞬の出来事のように感じる事ができます。
再びリラックスして、私は今生の自分に戻ってきました。

風のような存在としての自分を見たのは、実はこれが2回目です。私にとってはとてもリアルな体験です。
これは本当の話でしょうか。皆さんはどう思いますか。もちろん証明など出来ませんね。
でもとてもスッキリしたのは事実です。そして私の内側で確実に何かが動いています。

« June 2001 | Main | August 2001 »