プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« December 2001 | Main | February 2002 »

January 2002

2002.01.29

大掃除

年末もやっていましたが、旧暦の正月を前にまたやっているのが大掃除です。いらなくなった本が沢山あって、古本屋に売ったり知り合いにあげたり、また、もう着なくなった服は寄付したり、、、私は割と物を捨てる方なんですが、それでも必要なくなったものがたくさん出てきます。まったく、いつの間にこんなにあったんだろうというくらいです。
捨てるというのはなかなか気持ちのいいものです。綺麗になってさっぱりするし。でも、それなりにパワーが要ります。今までとは違う状態へと移っていくわけですから。それに、古本を大量に運ぶのは本当に力がいりますしね。
こうして掃除をしていると「どうせならレイアウトやインテリアも変えようか」とか、ついでに「さらに運がよくなるように」と風水関係の本を立ち読みしたりしています(^^)。まだ実行はしていませんけどね。
私の今住んでいるところは南向きの日当たりがよい、広いベランダが自慢の部屋ですが、今、自分の変化と共に部屋の変化を楽しんでいるところでもあります。

2002.01.15

癒しとヒーリング

癒しやヒーリングがブームだといわれて随分たちます。CDショップへ行けばヒーリングミュージックコーナーがあり、雑貨店へ行けばお手軽なヒーリンググッズが売られています。癒し系アイドルもいます。疲れている人が多いという事でしょうか。あるいはこうしたものを通して日頃なかなか感じられない安心感や幸福感を味わったりしたいのかもしれません。これらは一昔前は怪しげな言葉でしたが、最近では一般化してきているようで、普通の会話でも使われるようになってきているように思えます。
私もヒーリングセッションなどをやっていますが、英語のヒーリング(HEALING)とは、もともとは傷や怪我を治すという意味合いが強いようです。しかし、日本語の「癒し」とはもっと精神的なもののように思えます。文化の違いでしょうか、同じように使われている言葉ですが、その意味は微妙に違うようです。英語に詳しい人によると、日本語の癒しに対応する言葉はないそうです。
世の中には「癒し」を求めている方が多いようです。しかし、残念なことになかなか癒しそのものは売っていません!どうしてでしょうか。それは癒しは売り買いできるものではないからからです。誰の中にも、それはすでにある感覚なのです。日々の忙しさに流され、それをちょっと忘れているだけだと私は思います。
もしも癒しが必要なら、ちょっと思い出してみませんか。なかなかいいものですよ。

 

2002.01.08

10回目の献血

正月早々、献血に行ってきました。数年前から気が向くと献血に行っているのですが、今回でとうとう10回目になり、記念品のバッグをもらいました。10回目になることを知っていたのではなく、たまたま献血センターの前を通りがかって、そういえばしばらく献血していないなぁと思いまして、そしたらたまたま10回目だったということなんですけど。
私の場合、鼻の粘膜が弱いせいか、冬の乾燥した時期になるとちょっとしたことで鼻血が出てしまいます。そんな時は献血に行って血を抜いてくると鼻血が出にくくなります(笑)。
献血というと、腕に針を刺して血を抜かれるということで怖がる人もいますが、世間では常に血が足りないようですし、自分の身体の状態もわかりますからやってみるといいですよ。それと、待合室で様子を見ていると献血を断られる人は案外多いものです。理由は人それぞれですが、私もずーっと前に一度断られたことがあります。見た目と身体の中の状態はちょっと違うということですね。あと、飲み物やちょっとしたお菓子もでますし。
いいですよ、献血!

2002.01.05

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年はどんな年になるでしょうね。
今年こそは、と思っていることはありますか?あるなら実現しましょう。思いがあるなら、計画を立てて実行してきましょう。それが実現への道です。将来の自分を思い描くのも忘れずにね。

ところで昨年末にデジカメを買いました。初日の出の時はちょうどお雑煮を作っていて撮り忘れましたが、そのかわりに初日の入り(?)を撮りました。

今年の日記にはデジカメが活躍するかもしれません。お楽しみに!

« December 2001 | Main | February 2002 »