プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« November 2002 | Main | January 2003 »

December 2002

2002.12.26

寝てました

この前のボブ・フィックスのサイサニャーナ・ワークショップへ参加していました。それはとてもパワフルなワークショップで、その後熱を出して、今年のクリスマスは寝ていました(^^;。風邪の症状ですね。ま、解放のプロセスの一環でしょう。でもまぁ、クリスマスだからどうするって事もないですが、寝て過ごすこともなくて良いような、、、。まだちょっとボーっとしているところが残っていますが、もうだいたい大丈夫かなぁといったところ。
今年はどうでしたか?近所のスーパーでは山のように積まれたチキンが売られていましたが、果たしてはあれは売れたのだろうかとか、必死になってケーキを売っていたサンタさんはどうなったのだろうかとか、、、そんなことは気にしなくていいですかねー(^^)。
今年ももうすぐ終わりですね。冬季オリンピックやワールドカップで盛り上がったのはずいぶん前のことのように思えますが、今年でしたね。来年はどうなることでしょう。いろいろと楽しみです。

今年もいろいろお世話になりました。私のホームページを見てくれいる方、ありがとう。また来年もよろしくお願いします。
良いお年を!

2002.12.19

乾きが足りない

先日、アフリカから届いたばかり(といっても3ヶ月くらいたっている)のジャンベという太鼓をたたきました。弾けるような乾いた音と、下から突き上げるようなベースの音が出る、お土産用とはかなり違うそれは素晴らしいジャンベでした。しかし「これが1年経つとどうなるかが問題だ」とのこと。つまり、日本には湿気が多いので、この乾いた音を維持するのがとても難しいのです。多分、1年経つとかなり悲しい音になってしまうのですよ。冬は乾燥する季節ですが、皮と木で出来た太鼓にとってはそれでも乾燥が足りないのです。日本の伝統的な太鼓は和太鼓ですが、乾いた音じゃないですからね。音の出なくなった太鼓を1年間ニューヨークにでも持っていくと、またいい音が出るようになるそうです。全く日本は音の響かない国だなぁ、と。

 

2002.12.09

"先生"

私には色々なことを習った先生がいます。どの人も素晴らしい人です。
私自身は、先生のように何かを教えているわけじゃないです。でも、どういうわけかあちらこちらで”小林先生”と呼ばれることがあります(^^;。先生とは”先に生まれた”とも書きますが、”先に生(は)えた”とも書くのだ、といったのはかの有名なケーシー高峰さんだったかな?時代劇じゃないけど、お上に従うというのがDNAに組み込まれているのでしょうか?世の中には”先生”がたくさんいて、いろいろとやってくれるせいか、私もそう呼ばれてしまうことがあります。
知っていることを伝えたり、アドバイスすることはあります。けどそうしてやっていることは、自分のことを自分で知ることが出来るのですよと言っているだけです。気付きは人から与えられるものではなく、自分自身で得るものです。ピーンとくるかどうかは、自分の内面での出来事ですからね。
あなたの先生はあなた自身です。大きな学びは足元にあります。

 

2002.12.04

小林さん

小林さんといっても私のことじゃありません。まぁ、世の中に小林さんはたくさんいますからねー。私の好きな画家に小林孝亘さんという人がいます。その人のことです。
先日、この人の作品集が発売されました。タイトルは「ひかりのあるところへ」、日本経済新聞社というカタイところから出版されています。ちなみに2310円です。
タイトルといい、こうしたところで紹介するとなるといわゆる”スピリチュアル・アート”と思われるかもしれませんが、そうではないです。実力ある画家ですね。今までも美術館で展覧会が何度か行われているので、見たことがある人もいるかもしれません。どんな絵なのかは本をご覧ください。日常の一コマに光が注ぎ込まれています。独特の世界ですね。
なぜ、ここで紹介するかといいますと、実は私のコレクションがこの本に載っているからで、、、(^^)。たくさん売れたからといって、別に私のものへは何も入ってきませんが、やはり多くの人に見てほしいなぁと思うのですよ。よかったらどうぞ!

 

« November 2002 | Main | January 2003 »