プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« December 2002 | Main | February 2003 »

January 2003

2003.01.30

色あせたアメリカ

東京都現代美術館で「days おだやかな日々」という展覧会が行われています。期間は2003年月3日23日までなので、よかったら見に行ってください。日本の若くて才能あふれる作家が紹介されています。ビロード作品も面白いし、なにより力があります。特に、以前紹介した小林孝亘さんの展示をよーーーく見てください。私の名前があるかも、、、(^^)。
で、この展示と同時開催の「スミスコレクションによるアメリカ現代美術」というのあって、こちらも見てきたのですが、、、。率直な感想を言うと”アメリカって終わったんだなぁ・・・”という感じ。数年前まではかなり好きだったのですが、今改めてイロイロな作品を見てみると、なんてツマラナイのだろうと思ってしまいました。色あせたというか。展示の仕方が悪いということではないです。あの輝きはなんだったんだろう、時代は変わったのだなぁと思いました。
それで、「days おだやかな日々」の招待券が結構あるので、見たい人には差し上げますよ!

2003.01.20

8年

阪神大震災から8年、状況はどうなったのでしょうか。ちょっと離れたところにいると、”記憶を風化させない”のがせいぜいで、現地の様子は分からないといったところでしょう。私もそのクチです。だいぶ良くなったのでしょうが、しかし元に戻ったわけではないでしょう。仮設住宅は、義援金は、住民は、、、のんびり正月を過ごしたあとだと、なかなか伝わってこないので、正直なところ分からないです。
大切なことの一つに、教訓は生かせるのかという問題があります。こうした大きな出来事に対応するのは、社会のシステムのあり方など、いろいろと考えることはありますが、自分なら何が出来るのかを考えておくことは大切なように思えます。
「山田さんのひとりNGO」山田征(現代書館)という本を読んでいます。世界を駆け巡る山田さんのニライカナイ・ユー通信です。いつもながら、人の可能性はとても大きいと思うのです。
行動してみましょう!

 

2003.01.14

あぁ、電波少年

いつの間にか日本テレビの電波少年が終わっていました。時々見ていたので、実に残念です(^^;。時代が変わってきたということでしょうか(大げさかな)。芸人さんがショッカーに拉致されて、見知らぬ土地を長期にわたり旅をする。時間とともに痩せていく様子がとてもリアルだと思いました。やらせだとかそんな事はどうでもよくて、あの変化していく様子にはとても説得力があると思うのですよ。
まぁ、数ヶ月にわたる旅とは、実にスケールの大きな話(?)で、見ていて一度くらいはそんな旅もいいかと思ったものです(^^)。(やらないけど。)
そういえば、地球防衛軍はどうなったんでしたっけ?

 

2003.01.09

動きやすい体

以前から自分の体のことで気になっていることがありました。普段の生活では何の問題もないのですが、大きく動かしたとき、つまり、ダンスやエアロビなどで思いっきり体を動かしたときに動きにくさを感じていました。足先だけで動いているような感じで、十分に体が使えていないと感じていたということなのです。しかも疲れやすい。これは何とかしたい!と思い、昨年末からボディーワークへ通っていました。シン・インテーグレーション、つまりロルフィングの10回コースです。これは通常のマッサージとはちょっと違い、筋膜へ働きかける技法で、それなりに痛いし、意外なところへも働きかけるのですが、これがなかなか良かった。初回から動きが変わってきたことを実感しました。そして10回終わると、体が前後左右、全体がとても統合されていることが実感できました。体が変わってくると、面白いことに物との距離感や見え方まで変わってきます。体の部位の位置が微妙に変わったのでしょう。そして何よりも動きやすく、疲れにくくなりました。素晴らしい!今年もたくさん体を動かせそうです。
(西荻窪のOPENPATHの小川さんのところで受けました。)

2003.01.06

謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
最近は年賀状も書かなくなり、年末年始も特に何をするでもなく犬と遊びながらボーっとした日を過ごしていました。皆さんはいかがお過ごしでしたか?まぁ、寒かったですからねー。犬もコタツで丸くなっていました(^^)。
もう2003年になってしまって、あんなこともこんなこともすでに"去年の事"となっているわけです。心機一転!(じゃないって?)楽しくやりましょう。
今年もボブ・サップかなぁ、、、(^O^)。

« December 2002 | Main | February 2003 »