プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« June 2003 | Main | August 2003 »

July 2003

2003.07.29

コンビニのエロ本

コンビニには日頃からお世話になっていますが、最近気になることがひとつあります。それはエロ本が増えてきているように思えること!そう思いませんか?まぁ、以前からそれなりにあり、24時間いつでも買えたわけですが、最近増加傾向にあるように思えます。豊富な品揃えは、店の方針でしょうか?それにしてもあまり売れているようにも思えないのですが。
コンビニのエロ本と「青少年への悪影響」の因果関係につてはよく知りませんが、特に性教育が充実しているわけではない日本では、無関係とも言えないかもしれません。それに、同じくらい大人への悪影響もありそうです。
犯罪というのは危険なものですが、性犯罪というのはとても危険で、やったとかやられただけでは済まない部分があります。犯罪者側も被害者側も、肉体的に、また精神的にやばいことになる可能性が大きいです。つまり今はあまり認識できなくても、何らかの影響が残る可能性が大きいということです。
性犯罪の低年齢化が叫ばれるということは、高年齢でも問題があるわけです。何事も教えられるところは決まり切ったところなので、そこから先は自分で判断する必要があります。他の人がやっているという発送は思考が止まっていると言うことです。
犯罪を犯しそうになったら、それを避けるために自らを律する必要があります。
犯罪に巻き込まれたら、泣き寝入りはしないことが大切です。
思考を止めないことです。

とはいうものの、性犯罪の被害者はなかなか相談できないのが実態だと思います。犯罪者だけでなく、もしかしたら敵を討ってくれる「必殺仕事人」のような仕事をする人が出てくるかもしれません。 

2003.07.25

どうなる?

昨年も自殺者が3万人を超えたそうです。全体の60%が中高年。原因は健康問題や経済・生活問題だそうです。あまりいい話ではないです。
人間は簡単には死なないように出来ていますし、死のうと思ってもなかなか死ねないものですが、それでも死を選んで実現してしまうというのはどういう事なのだろうと思います。いろいろな問題があったとして、死んだらそれらが解決できると思ってのことでしょうか?死んだら全てOKになる?そんな保証はどこにもないです。"死んだら楽になる"と思うのは、勘違いかもしれませんし、"生きていたら苦しくなる"というのと同じくらいあやふやで確定していないことです。
この人生、本当は何をやって良いのですよ。こうでなければいけないというものはないです。失敗ととるか、成功ととるかは、紙一重です。

最近、斉藤一人さんの本を読みました。日本一儲けている商売人ですね。その中で面白い話がありました。
「日本一のお金持ちには、誰かがなるんだ。もしもあなたが神様だったら、誰を日本一にしたい?」
これっていいなぁと思いました。あなたならどう思いますか?

どうでもいいものを持ち続けるクセのある人がたくさんあります。このクセのため、苦しみを感じる人もいます。もしもそうなら、やり方が間違っています。見直してみてください。人生は喜びのためにあるのですから。

 

2003.07.18

内なる平和

先日も書きましたが、世の中、奇妙な事件がたくさんあります。こうたくさんいろんな事があると人の意識も変わってきて、妙に疑い深くなったりします。随分前にこんな事がありました。

私は賃貸住宅に住んでいるわけですが、近所に住んでいる夫婦がいまして、ちょうど玄関で奥さんが来客中でした。私は軽く会釈をして自分の部屋に行っていつものようにボーっとしていたのですが、しばらくすると先ほどの奥さんがお子さんを連れて訪ねてきました。
「先ほどは笑ってしまってすいません」
「え?」
「お客さんが旦那と勘違いしたみたいで、、、」
「、、、へぇ?」
何のことかというと、お客さんが私を旦那さんだと思って笑っていたのだそうです。
「怒っていたら悪いと思って、、、」
といいながらアイスを差し出しだしました。
私もビックリして
「そんなこと気にしていないし(見えていなかったし)、その程度で怒るなんて、私はそんな変な人じゃないですよ!」
と言いました。
そして、その程度のことにまで気をつかわないと生活できないのは大変なものだなぁと、改めて思いました。

人目を気にするというのはよくありますが、常に疑いの目で見ていないといけないようでは、健全な社会とは言えないでしょう。安全で平和な社会が望まれます。しかし、こういうことは望んでいてもなかなか実現しないものです。悪くはなってもなかなか良くならない。
社会はある意味で自分を映し出しています。となると、良くなるための第一歩、それは自分の内側に平和を見つけることとなります。落ち着いて、リラックスして、自分の中に光り輝く自分を見つけてください。

 

2003.07.14

変な事件

ニュースというのはショッキングなものを優先的に流しますが、それしてもいろいろな事件があります。それも、子どもからお年寄りまで、とても幅広いです。今の若いやつは、、、なんて言ってられません。こうしたこともほんの一部に過ぎないとなると、世の中事件だらけかと思うほどです。もともと日本は安全だったはずですが、これでは危険は国のようです。
やって良いことと悪いこと、その区別がなくなっています。これはヤバイなと思っているうちはまだ何とかなるのかもしれませんが、思考が働かなくなっていると、つまり判断が付かなくなってくると問題です。いろいろな報道を見ていいて思うのですが、容疑者(犯人)は、やってはいけないことかどうか、悪いことかどうかということが、本当に分からなくなっているかもしれません。そうなると異常な状態です。原因は一体なんでしょうか?かなり根が深いように思えます。
明るい未来のためには、この社会にあるエネルギーを変えていく必要がありそうです。とは言っても、社会は一気には変わってくれないので、やはり一人一人が変わっていくことが重要ということになります。

 

2003.07.07

自転車に乗って

最近、自転車を買いました。ギアもない、とてもシンプルなやつです。
このところ自転車に乗ることがなかったのですが、田舎に住んでいたときは駅までの4kmの道を毎日のように自転車で往復していましたから、つきあいは実は長いです。ちょっとしたものですが、あるのと無いのではだいぶ違いますね。行動範囲がかなり大きくなりました。駅の向こうの島忠も、隣駅のラーメン屋も楽勝です(^^)。自転車に乗ってお買い物!なかなか楽しいです。
時間帯によっては自転車に乗っている人がとても多くて、駅前の踏切があいた瞬間に一斉に飛び出していく姿を後ろから見ていると、何だか楽しいです。
自転車で風を切って走るのはいいものです。周りの景色が、今までと違って見えます。それに小回りもききますし、ちょっと遠くまでも行けます。出来れば車も人もいないところがいいのですが、それはちょっと難しいですけどね。

« June 2003 | Main | August 2003 »