プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« November 2003 | Main | January 2004 »

December 2003

2003.12.28

平和を見つけて

毎年同じ事を言いますが、”今年もあっという間”でした。本当に早かったなぁと思います。が、今年の初めのことなどすっかり大昔のように感じてしまいます。3年分くらい過ごし多様にも感じます。皆さんはいかがでしたか?充実した一年だったでしょうか?新しい発見はありましたか?来年はどうなるでしょうか?あなたの内側に平和を見つけてください。あなたの家族の中に平和を見つけてください。あなたの学校や職場に平和を見つけてください。ほんのちょっとしたことで良いです。
時の流れは本当に速いのです。
来年のもよろしくお願いします。

 

2003.12.22

世間様

一体どうしたいのか?と思うことはよくあるのですが、それが国のリーダーとなるとちょっと困ったことです。戦場へ行きたい人は沢山いるのでしょう。けど、ここは行かない方のメリットの方が大きいように思えます。ただ単に危険だと言うことだけではなく、政治的にもです。支援の仕方も、他にもいろいろあるでしょう。限られた中だけでしか通用しない「国際貢献」という言葉にはどれだけ意味があるんだか無いんだか、、、。
リーダーの本意とは、もしかすると誰かに誉められたいだけかもしれないなんて思ったりしています。"世間様に顔向けが出来ない"と思っているのかもしれません。だとすると古い人なのでしょう。

2003.12.15

大行列

先日、上野で「大英博物館の至宝展」を見てきました。混んでいると言う話は聞いていましたが、朝9時半についたら既に1時間40分待ち、、、実際には2時間ですね。次から次へと列が伸びていくという、とにかく凄い人の数でした。これだけ並んだのは初めてです。よく頑張ったと、自分で自分を誉めたいくらいです(^^;。
館内ももちろん混んでいました。入館時には結構疲れている状態ですから、見るのもつらいものがありました。それでも、展示されているものはなかなか興味深いものがありました。なかなか良いものが一通りのものがありました。どうやってかは知りませんが、世界中から集めたのでしょうね。
私の場合は、歴史的な背景などより、その芸術的な側面から見てしまうことが多いです。”あの彫りは素晴らしい”とか。実際に作った人の顔が見えてきそうで楽しいです。

2003.12.08

人体の不思議展

先日、有楽町で開催中の「人体の不思議展」を見に行きました。
数年間にも見に行ったことがあるのですが、今回は「触れる」ということで、行きました。
改めて思うのですが、人間って一皮剥くと似たり寄ったりなんですよねー。美術館の展覧会などでは、作品毎に違いがありますが、どの人も若干の大きさの違いなどありますが、どの人もよく似たものです。(違っていたらビックリするけど!)人間だけじゃなく、動物も同じようなものですね。

怖がる人もいるかもしれませんが、私には死体ではなく抜け殻がそこにあるという感じでした。触ってみると(触れる標本があります)、柔らかいゴムのような感じです。生を感じない感触でした。私としては、筋肉や内臓の位置、形、連携などに少々興味がありますので、今まで図鑑でしか見ることが出来なかったものが、立体的に見ることができるというのは、とても役に立ちました。体に興味がある人にはお勧めです。

それにしてもあの展示方法は何とかならないかと思いましたねー。のぞき込まないといけないというは、あの混雑の中ではキツイです。
http://www.jintai.jp/

 

« November 2003 | Main | January 2004 »