プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« October 2004 | Main | December 2004 »

November 2004

2004.11.29

上海蟹を食べました

やはりこの時期は上海蟹です。あの濃厚でねっとりとしたミソが何とも言えません。
何となく栗の香りがします。
小さいけど身も美味しいです。
蟹もいろいろありますが、上海蟹が一番だと思います。

その上海蟹を手に入れました(通販で買ったということ)。
太湖産の雄で、一匹200g程度です。

まだ生きています。

生きています

そのまま15分ほど蒸して・・・

いい色です

食べちゃいました。

食べ終わりました

美味しかったです。誰かが剥いてくれるともっと美味しいかもしれません!

次は河豚だなぁ~。

 

2004.11.25

あんまり・・・

最近、ちょっとスッキリしたとか、言われます。一応、ちょっとですが、体重が落ちて、サイズが変わってきましたので、顔つきもなんとなくスッキリして見えるのかもしれません。大抵は良い反応が帰ってくるのですが、中には「あんまり痩せないでねぇ~」と言ってくる人もいます(^^;。そんなことを言ってくる彼はちょっと太めの人が好きらしい・・・。
という話をしていたところ、「え、彼って、もしかして・・・」と言われました。両刀に見えることもあるそうなのですが、私は普通です(^^)。

以前、知り合いのゲイの人と話をしたときに、面白いなぁと思ったことがあります。起こるかどうか分からない将来の出来事を考えて苦しむ人は結構多くて、そうした人には「今しかないのです」などと言いったりするものですが、それでもある程度は将来のことを考えたりするものです。が、その人は将来の事はぜーんぜん考えていなくて、今が楽しければいいという感じだったのですが、よくよく考えてみると、このままいくと将来結婚するとか、子どもを育てるとか、しょうがないから家を建てて借金を返済するとか、社会的地位を確立するとかいった男性が考えそうなことが全然当てはまらないわけです。好きな人と楽しい日々を送る。なるほど、これぞ今この瞬間しかないということかと!

あかるい道上では、人生はかなり楽しいものです。

2004.11.19

停滞期

ヨガの本を買ってみました。もちろん(?)インドではなく、"世界中のセレブが夢中になっている"方のヨガです(^^)。欧米スタイルというのかな?見よう見まねでやってみると、5分ほどでかなりの汗をかいてしまった、、、夜中なのに。いろいろと情報を集めてみると、ヨガブロックというものがあるというのがわかりました。私はかなり体が硬いので、これは便利そうだと思い、段ボールを貼り合わせて作ってみました。足を広げて、体をねじって、手を床に着けて・・・のあたりに使うと無理なく出来て快適です!
ジムでもエアロビクス以外にヨガとかピラティスのクラスに出るようなってきました。いつもと違う筋肉の使い方がありますが、慣れてくると結構楽しいです。

で、体重を落としているといいましたが、このところ何をやっても体重が落ちなくなってきました。いわゆる「停滞期」ってやつでしょうか。かなり体調は良いのですが、今までのように体が熱くならないような感じがしています。まぁ、無理せず通り過ぎるのを待っています。

2004.11.18

引っ張り合い

地域に野球チームがあることが優先されるので、オリックス・バッファローズと聞くと、ブルーウェーブが無くなったんだと思ってしまいます。日頃、近鉄には乗ることもなく、オリックスで借りることもないし、冠はどうでもいいわけです。近鉄がなくなって寂しいけど、ブルーウェーブが無くなっても寂しくないのかな・・・?合併だか買収だか、もしかすると新しいチームなのかもしれないなぁと思います(^^)。
楽天イーグルス誕生ということで、期待度はかなり高いです。楽天でもライブドアでもソフトバンクでも、日頃からわりとなじみのある会社なので、出てきたときにはかなり楽しめました。

と、いうわけで、プロ野球のいろいろな問題らしきことを取り上げるときに、アメリカではどうしているのかという比較を何度も見ました(韓国との比較もありましたが)。アメリカでの成功事例に比べ問題となるのは、なぜ日本ではお互いの足の引っ張り合いをするのか?ということになるわけです。マーケットをつぶしてでも、自分だけは何とか優位に立ちたいという気持ちがあるのか、いやそこまで考えて無くて、日本人のDNAに刻まれた本能的なものなのか・・・(そうでないことを祈ります!)。こうしたことは野球だけではないわけで、あっちこっちで奪い合いのオンパレードです。小さな地位をもつと、公平さに目が届かなくなるみたいです。トップに立った気分でいるのいか、やつらはまだまだだといいながらも、どんどん抜かれていることに気付かなかったりするのかもしれません。目先のことを追い続けるのは、もう残りが少ないことに気付く必要があります。

精神世界やニューエイジといわれているところも、ほとんど同じで、あのエネルギーがどうだとか、こっちのテクニックはどうだとか、いろいろと分かったようなことをいう人は沢山いるようです。広い視野で見たら、ちょっとした誤差にすぎないものですけど。

自分が向上するための努力することは素晴らしいけど、努力した結果を発揮する場所を広げていくことも同じように大切なことなわけです。七代先とは言わないまでも、三代先くらいまでは考えてみても良いのではないかと思います。

2004.11.11

血液型と科学

血液型占いはいつからあるのでしょう?好きな人は好きなのですが、当たっているような、いないような内容だなぁと思っています。4つにしか分類しないのは、お手軽ではあるけど、やはり無理があるなぁと思うのです。せめて両親の血液型とあわせるとかして、もっと多くの分類をどしていかなと、占いとして面白くないです。

テレビなどで、こうした占いに対して”科学的検証”を試みようとするのは、いいんですけど(・・・いや、単に遊びならいいのですが、実際には差別をしているようでよくないんですが)、やはり無理があるなぁと思うのです。科学が絶対だと思っている人にとって、多分、”科学的でない”という言葉にアレルギーでもあるのかもしれませんけど。科学は、再現可能な分野において有効なわけです。しかしながら、この世界には、再現できないことがたくさんあります。人間も同じで、スイッチで血液型が簡単に変わるというのなら、例えばA型からO型に変わるとこれだけ変わりますなんてことができるのでしたら、少しは意味があるのかもしれませんが、そんなことは出来ないわけです。人間のある一部だけを数値で表すことはできますが、それが人間を理解したことにはならないのです。細胞はつねに入れ替わり、心は揺れています。似た感じにはなりますが、元には戻らないです。自分はどうやっても自分以外にはならないし、他人と同じにはなりません。でも、人が存在することには、科学的には検証できない真実があるのですよ。科学は真実のある部分を見ているのかもしれませんが、可能性なわけです。自然現象には分からないものがたくさんあるのです。ですから、科学的ではない、真実の発見方法を知る必要があります。

2004.11.05

痩せてみる

ちょっと痩せてみるというか、体重を落としてみるというか、、、一般的にはダイエットと呼ばれるものをやってみようと思っています。というか、始めました(^^)。やろうと思ってから1ヶ月くらいたちますが、4キロほど体重が落ちました。一気に落としすぎるとつらいので、これでちょうどいいペースかなぁと思っています。
やることは簡単で、食べ過ぎないということと、体の内側の筋肉を使うように心がけるということです。今までより、体の調子に気をつけています。今までもエアロビなどやっていて、結構体を動かしてはいたのですが、スピード勝負で、実はあまり筋肉を使っていないなぁと感じました。ヨガとか太極拳とか組み合わせるともっと効率がいいと思うのですが、まだやっていません。脂肪が燃えるように火のエネルギーを使うというのもありますが、追々やっていきたいと思います。

まだ洋服のサイズが変わるほどは減っていないし、どこが減ったのか分かりませんが(^^;、それでも体が軽くなったのを感じます。まぁ、どこまで行けるか、とりあえず3ヶ月くらいは続けてみようと思っています。

« October 2004 | Main | December 2004 »