プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

2006.04.30

MicroTrack 24/96を買った

M-AUDOMicroTrack 24/96を買いました。4Gのマイクロドライブを入れると、結構長時間録音が楽しめます。
生録をすることは、まぁほとんどないのですが、衝動買いってことです(^^ゞ。ICレコーダーよりかっこいいし。でも、使ってみるとかなり面白い。"CDを遥かに超える24Bit96kHzに対応した高品位モバイル2チャンネル・デジタル・レコーダー"ということで、とっても良い音で録音できます。
で、散歩をしながら録音していると、いろいろな音があるのが本当によくわかるものです。電車の中で録音ボタンを押してイヤホンで聞いてみると、何やら本をめくるような音が・・・。ちょっと離れた席で雑誌のようなものをめくっている音でした。おー、こんな音があるんだなぁ、普段は全然気にしていないけど、世の中は音であふれているのだなぁ・・・と、あっちこっちで楽しんでいます。
それに、タイコがあるので、自分で叩いて録音したりして。まぁ、たいした演奏ではないですが。
どうでもいい音ばかり録音していたのですが、すぐに飽きてしまうので、行きつけのライブハウスで録音してみました。そしたら、2部の途中でなぜかバッテリーが切れてしまった・・・。充電がイマイチできていなかったのかな?うーん、そのあたりはイマイチなところもありますが、なかなか楽しい生録ライフです(^O^)。
などと言っていたら、ローランドからR-09が発売だとか。あー、気になる(^^ゞ。たいして使いはしないのだけどねー。
さぁ、何を録音しようか。

Microtrack

2006.04.27

自由とか

もうすぐゴールデンウィークですね。
この機会にどこかへ行くか、それとものんびりするか・・・。
遠出はしないだろうなぁ~、天気はどうなんだろうなぁ~、、、。
などとブツブツ言っています。

ということで、「自由」についてです。

昔、知人に”これをやるもやらないも、あなたの自由意思だから”と言ったようなことを言われたことがありました。昔じゃなくても、そうしたことは結構ありますけど。
どちらを選ぶかは自由である、ということです。
本当かどうか、人間には「自由意思」というものがあるという説もあるらしい。

この世界、何をやっても自由である!
とか、
ついに自由を手に入れた!
とか、、、。

カッコイイ台詞はあるのですが、でも、よく考えてみると、どれも自分以外から制限されています。制限された中で、制限された自由があるということなわけですよ。つまり、不自由ってこと。

辞書を引くと、自由とは「他からの強制・拘束・支配などを受けないで、自らの意志や本性に従っていること」なわけですが、自らの意思が他からの強制を受けているのなら、自由なんてものはどこにもないのかもしれません。
だいたい、聞かれた時点で、ある程度の支配を受けていますから。

あえてそれらしいことをするには、他から言われる前に自分で全て決めてしまうと言うことかな。でもこれも、他に対して自由を奪っていることになるか・・・。
”応えない”というのも、一つの手かもしれません。まぁ、相手はちょっと機嫌を損なうかもかもしれませんけどねー(^^ゞ。やってみると面白いです。

永遠に変わらない「真理」を手にしたら、常に変わっていく自由というのはいらないわけです。

そうそう、「自由演技」も決まった時間の中でルールに則った演技ってことだなぁと・・・。組み合わせにちょっとだけ変化を付けれらる。

まぁ、人間には、ほんのちょっとしか自由というものがないのかもしれませんねー。

2006.04.25

天気

うーん・・・さっきまで雨だったのにもう晴れてしまった。しかも良い天気!
このところ、天候不順ですねー。
降りそうで降らなかったり、突然晴れと思ったら、急に曇ったり・・・。
季節の変わり目とはいえ、どうなっているのでしょう。
もうすぐゴールデンウィークですが、休みの日くらい良い天気で過ごしたいものです。
どうなるのかな?

2006.04.20

指で

知人(カリスマ整体師!)が開催しているボディーアートスクールに行ってきました。素人からプロの治療家まで、たくさんの人が学びに来ていました。
私の場合、ほとんど体に触れない施術を行っています。それに、今までボディーワーク・整体といったことは多少学んだ程度です。もちろん、体に触れるのが嫌いと言うことではないです。知り合いに肩もみ程度はよくやります。ただ、自分の特徴を活かすというか、やりたいことをやるとなると、セッションではエネルギーを使う方向、つまり触らない方へ進んだと言うことです。
でもまぁ、たまには触れるというのはいいものですねー。今回は、指を使って、体を楽にする方法を習いました。なるほどねー・・・体の仕組みを知るとこうなるんだなぁと、いろいろ応用が出来そうだなぁと、とても楽しい時間を過ごしました。
興味がある人は行っているといいですよ!

2006.04.16

秘密結社?

知人から「秘密結社Tシャツ」をもらいました!
これで私も堂々と秘密結社の一員??
あー、どっやって秘密にしよう・・・。

Himitsu

2006.04.13

やる気と出来ること

”思えば叶う”のなら、今の自分の状況は、以前の自分が思い描いたとおりなのでしょう。
全て、予定通りです。

さて、やる気があるかどうかとそのことが出来るかどうかは、実はあまり関係がないように思います。確かに、やる気が出た方がスムーズに出来るかもしれませんが、でもやる気がなくてもやらなければ行けないことはあるし、実際に出来ます。
やる気(気持ち)→できる(行動)という形が正しいと思いこんでしまったのが、行動を遅らせる原因かもしれません。もしもこのパターンが間違いだとしたら、常に行動出来るということになります。

気持ちが大切、というのはまぁその通りだと思いますが、気持ちだけが大切なわけではないです。
人は案外、他人や周りの出来事に左右されます。ちょっとしたことで気持ちが沈んだり、良くなったりします。そうしたことから考えると、今感じている気持ちは案外自分のモノではないかも知れません。

深く瞑想にはいると、自分の雑念を見るようなことがあります。アーでもないコーでもないとやっているのは、心のとても表面的な所の出来事だと言うことです。
そうした表面的なところからちょっと離れていると、気持ちに左右されないで行動できるような気がします。

2006.04.10

モチベーション

PRIDE武士道で五味選手が負けてしまいましたが、そのなかで”モチベーションが上がらなかった”という話が出ていました。勝ち続け、目標であるチャンピオンになると、その後の展開がなかなか難しい。心と体が動かないんですね。
こうしたことは強いスポーツ選手に見られることで、目標に手に届く前に、次の展開を考えておく必要があります。

同じことをやり続けると飽きてしまう。新しい発見ができなくなると、つまらなくなってします。こうしたことはどの世界にもあるわけで、最初は夢などがあったかもしれませんが、いつのまにか”とりあえず生活費のため・・・”になってしまったり・・・。生活費は必要ですが、それだけだとキツクなってしまいますから。
ヒーリングやセラピー、施術と言われる分野でも同じで、モチベーションをいかに保つかは常に問題になってきます。とくにこういった仕事では、”いい仕事してますねー!”という状態に常に居続ける必要があると思っています。
全く保証のない仕事で不安になる・・・というのは、実はどの仕事も同じです。
頑張りすぎて疲れてしまうと、感覚が麻痺するか、燃え尽きるかになりがち。
高いモチベーションを維持するには、やはり本人が新たな発見を出来るかにかかっているのかもしれません。

例えば神とか天使とかマスターとか、分かったようなこと言いますが、私はもともとかなりの理系でして、その視点から見ると、やはりほとんどは分かっていないのだと思っています。(科学的に証明するということではないです)ですので、いくら日々発見があっても、深まるばかりで枯渇することがないです。

人間はボディーとマインドとスピリットからできている・・・それは多分正解。でも本当にその3つだけなの?
なーんて、考えたりしませんか?

2006.04.05

エミリー・ローズを観た

「この映画はホラーではない、実話である」・・・ということで、”エミリー・ローズ”を観てきました。
エミリー・ローズの悪魔払いですね。しかも神父による悪魔払いが失敗してしまい、エミリーも死んでしまう。
というと怖そうですが、ホラー映画としてみるとあまり怖くないかなぁと、個人的には思いました。裁判シーンもかなりあるし。
でも、自分の最悪の状況というか運命というか、そうしたものを受け入れることを決めてしまったエミリーは、、、まぁ何というか、悲しい話です。

あの手紙のように、天使や悪魔や、いわゆる見えない存在の霊的な世界が本当に存在するのか?
そうした霊的な世界は個人的な体験の中にありますからねー。
なかなか大変な世の中ですから、個人的な体験がなくなってしまったら、あのような示し方に・・・いやいやもっと素晴らしい世界にしていきましょうよって!
少なくともそうした世界があるとすると、心は豊かになるんですけどねー。
そして、恐れを克服することも、出来るようになるんですけど。

興味深い話でした。

2006.04.03

パソコン通信

NIFTYのパソコン通信が先月終わりましたね。(この話を聞いたとき、まだやっている人がいたんだ・・・と思いましたが)
インターネットの前はパソコン通信でした。懐かしいです・・・。今から思えば通信速度はメチャメチャ遅いし、時間も管理しておかないといくらでも金がかかってしまうし、通信中は電話も使えなかったし・・・。
パソコンを立ち上げて、通信ソフトを使って接続するときにピィ~ヒャラララララ~と音がしてねー。メールやフォーラムを巡回していたものです。今ではあまり気にすることの無くなったファイル容量も、当時はちょっと大きいファイルだと時間がかかってね。大変でした(^^ゞ。

当時勤めていた会社ではじめてNIFTYのIDをもらいましたが、同時にUNIXのIDもあって、主にそちらのIDで仕事をしているふりをしながら各地にいる同期の人たちとtalkとかwrite(つまりチャット)で遊んでいました(^^ゞ。何でもかんでもコマンドで操作するのですが、慣れてくるとメールやチャットがこんなに便利で面白いんだなぁと思うに、あまり時間はかからなかったです。
習うより慣れろ、というか習っている時間がなくて直感と自己流でやっていました(^^ゞ。あぁ~そうそう、viを始めて触ったとき、こんなモノ使いこなせるのかとビックリしたものです。

今ではあらゆるものが使いやすくなっていますね。誰でも使えるようにと。その代わり、物事を理解しようとする態度も無くなってきているような気がしますけど・・・。
懐かしい話でした。

2006.04.02

久々のマサラ

先日、西荻の音金で初のマサラを見てきました。(音金にマサラが初登場ということです)
”まさかのマサラ”です(^O^)。(本当は”ややの夜”だけど)
いつもはどちらかというと空いている音金ですが、さすがにこの日は超満員!!これほど混んでいる音金は初めてです(^^)。
4月にギターの高木さんがしばらくスペインに行ってしまうそうで(さて本当にいけるのか?果たして帰ってこれるのか??)、しばらくマサラがない・・・ということもあったせいか、それとも音金でマサラを聴きたいという人が多かったせいか。

で、いつもながらよかったです!高木さんの壊れ具合も楽しかったです(^^ゞ。
しばらく聴けないとおもうとチョット残念ですが、まぁ、またそのうちパワーアップしてくることを期待しています。


ところで私のタイコの師匠の奥村恵子さんがついに本を出しました。何年越しだろう?
大地のリズムに触れたい方はどうぞ!


« March 2006 | Main | May 2006 »