プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

2008.04.30

スピリットのこととか

つまらない仕事はないといいいます。
見方を変えると、そこにはやりがいを見つけることが出来ますから。
そしたらやる気とかモチベーションというものが上がって、業績も上がって・・・。

これは正しいとは思いますが、実はちょっと違和感があったりします。

仕事の多くは、本当はあってもなくてもいいものだったりします。
代わりがあるということではなくて、そもそも無くても実はあまり問題ないものだったりするんじゃないかって事です。

会社のミッションとしては、社会にゆとりとか、楽しさとか、何かをもたらすということなんですが、、、。
求める人が多いものが商売になっていくわけです。
意識を変えるとやる気もチョットは出るんですけど、それで満足しろっていう感じになってしまうのは、ちょっとどうかと思うわけです。仕事を通じて学んだり成長したり、そういうことはあるんですけど、それはあっという間に消えていくものだったりします。今手に入れた最新のものはあっという間に枯れていくわけですから。成長し続けるなんていいますが、あまり面白くないかなぁ~なんて思ったりします。

私はずーっと理系できたせいか、本当に必要なこと、いや、やってみたいことは、実はあまり商売にならないことだったりします。研究なんて、本当にねー・・・。
本当に知りたいことややりたいことに多くの時間を費やすことが出来たら、素晴らしいと思いませんか?
家とかクルーザーを買うとか、有名になるとか、そんなことじゃなくてねー。スピリットのこととかねー。
そしたらちょっとした仕事なんでどうでもいいことなんじゃないかと思ったりします。
”ありがとう”と言われて満足はしたくないなぁ~って。

2008.04.29

神の微笑み

人といて心地よいとはどういうことか?
特に若い人たち、つまりインディゴと呼ばれる人たちと過ごすと、中にはあまり常識にとらわれない人がいて、それはそれで面白いのだけど、時々こちらが苦しくなることがあります。
世の中の古いエネルギーにさらされているせいなのか、”常識”というものに足をすくわれそうになっていたり、自分らしさを出せずにいたりすると、エネルギーが止まるんですよね。負けないようにという気負いがあるのか、あるいは諦めているのか、、、。インディゴだからということを言い訳にしてはいけない。それは誰かが考えたことだから。そんなことと関係なく自分の身体の動くままでいたらいいんだと思います。そしたら、エネルギーは流れますから。

自分らしく!
言うのは簡単ですが、自分とは一体何者なのかを知らないと、自分らしくもいられないのかもしれないですね。
自分が得意だと思っていること、好きなこと、苦手なこと、いろいろありますが、それは誰かに思い込まされていることなのかもしれません。全てから解き放たれてみる瞬間があると、自分の本当の軽さが分かると思います。
楽しくやろうよ!
少なくとも内なる神の微笑が感じられるようにいられるといいですねー。

2008.04.28

使い方いろいろ

筋トレをしていて気がつくことがあります。
器具やパターンが少し変わると、身体への影響が変わるということ。
同じことの繰り返しで筋肉を鍛えてくのですが、手や足の位置を変えたり、器具を調整することで、違うんですよねー。定番というか、"正しい"鍛え方というものあるのですが、身体を痛めないやり方とされているのですが、これが本当に正しいかどうかは怪しいなぁ~と思ったりします。
身体って、人それぞれ違うんですよね。私の場合だったら、かなり下半身が硬いですから、通常のやり方だとうまくいきません。自分なりのポジションでやらないと!

筋トレといっても、ボディービルダーではありませんので、いい感じで筋肉がつけばいいわけです。筋肉をどう意識するかっていうのも面白いところで、端から端まで一つ一つの筋肉の全体を意識できるといいのかなぁと思ったりしています。とっても小さい筋肉はあまりわからないのですが。

使い方一つでパワーが変わってきます。
大きくすることも小さくすることも出来るんですよね。
力がありそうに見えて実は全然力がないって、それはそれで結構な技ですから(^^ゞ。

逆をやってみるのは面白いんですよ。
筋肉や骨格がゆがんでいる場合、縮んでいる部分を伸ばそうとするのですが、そのときに逆に縮めてみると伸びやすくなってたりするんですよねー。一方方向だけだと、うまくいかないことってあるんですよ。

2008.04.27

一人じゃない

選挙が興味深い結果に!
ベストの選択かどうか分からないけど、先ずは変わることが必要なんだと思います。
こういうことって、あらゆるところで起こっていて、とにかく引き下がらずに進んでいくことが大切です。
大切なんですが、大変でもあるわけで、ついつい手を抜いてしまうことってあるわけですよ。
そんなときは反省なんかしていないで、変化の道に戻ることですねー。

とことで、大きなワークが終了。
結構楽しく出来ましたよ(^^ゞ。

人はもっと自由で、もっと助け合って、もっと触れ合って、、、。この世に人がいることをもっと実感しているといいですねーと思います。
自分が中心ということは、相手も中心ですから。一人だけど、一人じゃない。混ざり合って世界が出来ているとしたら、楽しいじゃないですか!
そんなことを感じた今日この頃です。

2008.04.26

繋がり

朝からハイテンション!
ゴールデンウィーク・・・とは関係ないですけど(^^ゞ。
多分、疲れているのだと思いますが、そんな気分ではないわけで、ワォ~~~!!!という気分です。

人とのふれあいというのがあって、分かり合うとか通じ合うとか、そういうことってあるわけです。深いつながりとは、心とか身体とか、表面的なところじゃなくて、もっと深いエネルギーのレベルなんだなぁと思うわけです。お互いに開かないと繋がれない。エネルギーの交流は、生命力を回復させます・・・まぁ、他にもいろいろありますけど。

さぁ、明日も早いぞ!
寝よう!!

2008.04.25

カツ丼とか

たまに牛丼屋で女性を見かけると、時代は変わったなどと思ったものです。24時間やっていて、早くて安いですからね。便利なものです。
立ち食い蕎麦屋でカツ丼を食べている女性を見ると、男の領域をおかされているよう、いないような・・・複雑な心境です(^^ゞ。でも、カツ丼っていいですよ。
そういえば、回転寿司に行ったとき、隣に座っていた女性が味噌汁(あら汁)を飲んでいて、飲み終わったとたんに「あら汁ください」と言っていました。お!おかわりした・・・と思っていたらそのあら汁も飲み終わって再度「あら汁ください」って。3杯目かぁ~。そんなに美味いか?

ところで、ハイヒールの良さが分からない。
私の勝手な見方ですけど。
背中がきつそうに見えて、歩いている姿がどうしても綺麗に見えない・・・。
不自由というか、なんというか。
その服装にヒールである必要はないだろうって思ったりして。
身体が自由であると心も自由になれるように思います。
本当の意味での自由とは、ちょっと難しいかもしれないですけど。
少なくとも苦しめる意味はないなぁと思ったりします。

まぁ、たまに人間観察もどきをしていると、そんなことを感じます。
私の偏見ですけど(^^ゞ。

2008.04.24

簡単だけど

やばい、お腹がいっぱいだ・・・。
苦しい・・・。

自分のことがもっと知りたい。
というかですね、自分のやっていることを見てみたいと思うことがあります。
よく、自分の喋っている声を録音してきてみるととっても変な感じがするものですが、自分の姿とか、自分のやっていることとか、具体的には自分の技がどのくらいなものなのか体験してみたいなんて思ったりするわけです。
自分の顔を直接見てみたいって言う感じですね。

ところで、夢と現実をどう折り合いつけるかという場面を見ていて思ったことがあります。
やりたいことをやったほうがいいわけですよ。仕事でも何でも。
でも現実の暮らしもあって、やりたいことに進むと明らかに収入が減ることが分かっているとなると、なかなか一歩が出ないですねー。
世の中の流れを読んで、工夫していけば何とかなるさと・・・というのは簡単なんです。ヒントもたくさんありますから。でも、そこに専門性がからんでくるとちょっと躊躇してしまいます。
ただ、今のままではある程度安定しているけど、飛躍する可能性がないというのも事実で、どこかで勝負をしていくことにはなるんですよね。
果たしてそれはいつなのか・・・。

2008.04.23

蓋をしない

はたして死刑は極刑なのだろうか?
そんなことを思いました。
鞭打ちの方がいいとか、そいうことではないです。

死刑という制度、実際にどのように行われているかはちょっとおいておきます。
死刑を求刑されるという体験はありませんし、これからも無いだろうと思います。なので、当事者にはなれないわけですが、想像の範囲内で、死刑というのは最高の刑罰だろうかと思うわけです。
行動も制限された中で、明らかに死が近づいている状態というのは、精神的におかしくなってしまうかもしれないですが。

死は終わりではない・・・わけですが、生きている間にやることはいろいろあるわけで、死を持って臭いものに蓋をするようなことにならなければと思うわけです。無いものにしてしまってはいけないと思うわけです。

重大な犯罪を犯して死刑判決を受けた人が、特に反省をすることもなく、振り返ることも無く、そのまま死刑を執行されてしまうと、何も得るものがないし、原因が分からないまま消えていくというのは、ちょっとどうかと思うわけです。同じようなことが繰り返される可能性を見つけられないわけですから。
あんなやつは死刑になればいい、なんて事ではいけないと思うわけで、その背景を理解しておく必要は大いにあると思うわけです。
人の心を理解すことはとても難しいことなのですが、理解しようと努力すべきだと思うわけです。
犯罪はないほうがいい。
罰則を強くすれば犯罪はなくならないのだろうか?
それよりも、その背景を理解して事前に対策を打てるような社会であって欲しいと思うわけです。

それに、死ねば仏ではないですから!

2008.04.22

右の話

どうも左右のバランスが良くない。
多分、ねじれもある。
私の身体のことです。

右側に問題があるのは分かっていて、右利きだけど左手の方がスーッと動くことがあったりします。
理想的には左右同じように動けばいいなぁとおもっているんですけど。

右手の親指、右肩、右の腰、右のすね、右の足の指・・・やばい(^^ゞ。

右利きだからか、右側に力が入ってしまうのかもしれない、とは思っています。右には色々な意味があるわけですが、それはちょっとおいておいて・・・。
左側にカバンをかけて、右のお知りのポケットに財布を入れるということをずーっとやっていたし。
最近では、左右同じような負荷になるように、工夫をしています。

身体のねじれを解消して、同じようになるように。これは自分で出来るだろうか?
自分の中心を戻して、ねじれを解消するわけですが、自分でやると自分に違う力をかけてしまう。
結構悩ましい・・・。
イメージだけでもっていくかな。

2008.04.21

ネットワークの中

他人のせいにするのは、良いこと?悪いこと?
何でもかんでも他人のせいにするのは、良くないと一般的には言われていますねー。
ただ、何でもかんでも自分が悪いと考えてしまうのも、どうかと思いますし。

もしも全てが他人のせいなら、誰かに起きたことは自分のせいということになります。他人の結果は自分が原因・・・。これってちょっと面白くないですか。あなたが変わると他人が変わるわけですから。

押したら転んだとか、そういう単純なことではなくて、もっと大きなネットワークの中にあるということなんです。全てがつながっている。どこまでもつながっているということ。風が吹けば桶屋だけじゃなくて、酒屋もうどん屋も儲かってしまうくらい。
自分のことは自分で何とかする・・・ことが、実は出来なかったとか。
意識をするのなら、何かをどこかへ投げかけるということ。
運がいいとか、たまたまうまく言ったとか、これって日頃の行いがどうのうっていうだけじゃないですね。一瞬のうちにエネルギーが回ってくるような感じ。
良いとか悪いとかは脳が判断しているのなら、エネルギーの世界はそんな判断がない世界。何でもありだけど、それはそれで結構難しい(^^ゞ。

2008.04.20

それって何?

表面的なところばかり見ているのはあまり面白くない。物事を深く探るということをしてみるのは、とても楽しいことだ思うんですよ。深く探るのと、頭でっかちになるのはちょっと違うんです。どういうことだろうと考えるのは頭だけではないんです。
人はひらめいたり、気づいたりするわけです。
それは誰にも分からない自分だけのことですが、頭を使うだけではなかなかその状態にはならないと思うんですよ。身体を含めたもっと違う部分が働いているんだと思います。
これで良いのだ納得するのは多分頭の働きなのだろうけれど。そこで諦めるのか、もっと違う方法をひねり出すのかは、かなり違うんです。

そんな時、「言葉」は結構いいヒントになります。
でも、言葉に酔ってしまってはいけないです。
例えば、右脳は”イメージ脳”ですなんていいますが、イメージをしようと頑張っているのはもしかしたら理論の左脳かもしれないとか。そもそもイメージって何?ハートチャクラは愛情のチャクラ・・・では、愛情って何?
表面的には分かっているような気になっていることも、実は分かっていないことがたくさんあります。それを自分のものにするのは結構長い格闘の時間が必要になる場合もあります。

言葉の裏側が分かったとき、気分いいですよー(^O^)。

2008.04.19

ニュートラル

たまには人物を観察!
人が歩く様子は面白いもので、その人の身体の特徴が良く出ます。
身体が上下する人、傾きながら歩く人、前かがみの人もいれば、お腹を出している人もいます。
多分、身体があまり上下左右などに揺れない歩き方が理想なのだと思います。

歩いている人を見て、どこが問題なのだろう?などと想像するのは面白いものです。
背骨が左右にゆがんでいるなとか、骨盤が右下に傾いているなとか、そういうところが見えてきます。
表情も違うんですよね。
自然に歩くというのは結構難しいんですよ。本来は難しくないんですが、人生いろいろあるわけで、肩に力も入るじゃないですか。常にニュートラルにいられるかっていうと、そうでもないですから。そもそもニュートラルであることを体験したことがないかもしれないし。

自然はいいですよ。
普通で入れられるといいんですよね。
そんな私は、右のお尻のあたりが痛いです(^^ゞ。
いつの間にか力が入ってたのか、それとも歪んでいたのか・・・。

2008.04.18

ハート・ハート

雨が続いていますね。
この時期には珍しいともいえますが、これも自然の現象ですから。良いも悪いもないですね。
私は雨が結構好きで、濡れると冷たいですけど、雨のときの空気というか、洗い流している感じがいいなぁと思うわけです。
雨の上は、つまり、雲の上は晴天のはずです。
そんなことを想像するのもいいじゃないですか。

さて、ハートが溶け合うのは気持ちいいものです。
ハートチャクラ、つまりハートは人間の中心なんですよ。
中心から溶け合うようなことは、出来れば多くの人に体験して欲しいものです。
ハートは中心といいましたが、上からの流れと下からの流れが混ざり合って、ここだけ更に深くなっています。
特別な役割があるんですよ。
一番開きにくい場所とも言えるかもしれません。
張り裂けるかのように開いてみるといいですよー。

2008.04.17

シンプル

疲れてくると自分から動けなくなる。
道場での話ですけど(^^ゞ。
投げられるのは、まぁいいんですが、自分が仕掛けることが苦痛になってくるわけです。疲れすぎると・・・。
ふぅ~。

急に気づいたんですが、我が町「中野区」のゴミの出し方が変わっていました。
プラスチックは燃えるゴミになっていた。分別していたのに・・・。まぁ、プラスチックもちゃんと燃やせばいいわけですからねー。
ゴミというのは幾らでも出るもので、どこかで工夫しないと減りませんよね。何でか分からないけどもらうことになってしまったり、送られたりしているものってあるわけで。サービスが大切ということで、目立つためにも注目されるためにも、色々とやるわけですが、その結果過剰すぎるものにもなっていて、そういうのも関係あるかなぁと思ったりします。
生活はシンプルであるほうがいいなぁと思うんですよね。
より自然な動きが出来る生活って、いいじゃないですか。

2008.04.16

祈りの時間

「祈り」ということがどういうことなのだろうと思ったのは、随分と前のことです。
何か宗教的な背景があるわけじゃないので、日常の中に祈りというものがなかったんですね。でも、何か心に引っかかるものはあるのですが、言葉に出来ないわけです。そんなことを十数年だか二十数年だかやっていると、”その時”は訪れるもので、それ以降は必要に応じて自然と出てくるんですねー。戸惑いから至福へ変わりましたから。

祈りは、お願いじゃないんですよ。
感謝に近いところはあるんですが、ちょっと違います。単にありがとうということじゃないです。
祈りは、やっぱり祈りなわけです。

それと、分かりやすい言葉や自分の言葉を使うって、私には大切なことで、難しい言葉や専門用語を使うのはどうも慣れない。響かないんですよね。そう、言葉を発するので、自分の耳にも響いて欲しいわけです。言霊に通じるものがあるんですけど、音にするのとしないのでは、かなり違います。

皆さんは、何か祈るときはありますか?
祈りは人を強くもしますし、癒しにもなります。
そんな時間を持つと、生活が変わりますよ。

2008.04.15

幸運との繋がり

大は小をかねる・・・などと言って大盛りを頼むのはやめよう(^^ゞ。
お腹が苦しいから。

やっぱり情熱は必要だと、知っていはいたけど更に認識したところ。
やるべきことをやる、とは言いますが、出来ることは何でもやっておこうと思います。えぇ、思うのが始まりで、行動はいつからかと・・・。

このところ色々と忙しかったので、たまった荷物を何とかしないと。先ずは、掃除だ!綺麗にしよう。
掃除って面白くて、埃がなくなったりするとエネルギーも変わりますね。空気の通りがよくなるというか。

ところで、急に思い立ったことがあります。
身体と心は繋がっているといいますが、多分他にもつながりがあって、例えば「運」との繋がりもあるのかも知れない。つまり、人のどこかの細胞と「幸運」とのつながりがあるかもってこと。この細胞を活性化すると運も良くなったりして・・・。本当なら発見だ!さぁ、やってみよう!!と思った今日この頃です(^O^)。

2008.04.14

知りたいのかどうか

マニュアルに書かれていることを真に受けると、広がりがなくなるわけです。
その方法しかないとか、確実にやらないといけないような繊細な仕事ならともかく、人生とか生き方にマニュアルがあるわけではないです。
人生というと極端かもしれませんが、言葉にならないことっていろいろあるし、目に見えないことも色々あるわけですよ。だったらそれを感じ取るとか、自分なりの方法をでやってみるとかねー、してみて欲しいですね。

人に聞くということはいいことなんですが、人が全部を知っていると思っているがどうかと思うんですよ。
人は間違えるし、初めから知らないって事もあるわけです。参考にすることはあっても頼りすぎるのは間違いの元になりかもしれないわけです。

これは、どうですか、あぁですか、そうですか・・・。
ほとんどの場合、自分の思い込みに合うかどうかを聞いていたりします。
そうですねと、適当に答えることもできますが、その時点から間違いが始まっているときもあるわけです(^^ゞ。
事実を知りたいのか、それとも自分を納得させたいのか。
自分がどちらに立っているかを知っていないとねー、と思う今日この頃です。

2008.04.13

情熱の人

桜花賞が大変なことに!
皐月賞にかけよう(^O^)。

桜も終わりですが、葉桜も綺麗だなぁと思います。
桜の木にしてみれば、花だけが桜じゃないぞといったところかもしれません。

情熱的な人は見ていて気持ちがいいです。
私は割と淡々とやるほうなので、時々やる気があるのかないのか分からないと思われることがありました。叫んだり、力を入れていたら、何も出来ないじゃないって、思っていたんですけどね。
有言実行の人、人生をかけている人、そういう人を見るのはいいものです。
結果を出すまで、やり続けることが出来るんですよねー。
むちゃくちゃにやっているんじゃなくて、当然ながら工夫をして、考えて、そして信頼してということです。

人は色々と考えるもので、考えすぎるもので、知恵を使いすぎることろがあります。理論的にはこうなんだよなぁと思うわけです。理論が全て通じれば、今頃世界はバラ色かもしれないし、病気もなくなっているかもしれない。
そうも行かないことって、多いわけですし、そもそも全ての人が理論的に考えられるわけではないし、理論にはその背景が欠かせないわけで・・・。
そんな時、身体の流れに任せようとおもうわけです。

2008.04.12

仙台のこと

久々に仙台へ。
仙台といえば、やはり「牛タン」ではないかと思い、改札を出るとすぐに牛タン料理のお店に入ってみました。
思えば、このところ牛タンを食べていなかったなぁ・・・。
でもあの独特の食感がいいです。
厚切りの牛タンを塩味と味噌味を堪能。麦飯とテールスープと漬物がセットで、でもトロロはオプションだったので止めました。
塩の方があっさりしつつタンの味が引き立つような気がして好きかな。

それにしても牛タン屋さんとそののお土産屋さんが5店舗(だったか?)あって、話によると味が違うらしいけど、どうなんでしょう?

仙台のお土産といえば「萩の月」というイメージがとてもあって、買ってみました。
最初食べたときは美味いなぁとおもいましたが、今となっては同じようなお土産が各地で結構ありますねー。
でもいいですよ!

「笹かまぼこ」も有名なんですね。
普段あまり食べる機会がないので、忘れていました。
これは試食だけで(^^ゞ。

食べて買い物して、、、そうそう、仙台はいい天気でした(^O^)。
特に、太白山っていうんですか。ここはちょっと凄いですね。遠くから見ただけですけど、かなりのエネルギースポットだなぁと思いました。いつか登ってみたい、と思ったら、見た目通りかなり急な山なんだそうで。

2008.04.11

全てがある瞬間

孤独が怖い・・・。
そんなことを言われても、どうにも出来ないなぁと思いました。

一人でいると落ち込んだり、気が滅入ったりするそうですが、そりゃそうだろとも思うわけです。
若いとき、学校などに行っている、好きかどうかはともかく、大勢いるわけですよ。
会社でもそうかもしれませんね。
ただ、人は孤独になっていくものでね。
一人であることに慣れていないと、耐えられなくなるのかもしれませんね。

老人の孤独死なんてことを聞きますが、それは誰にでも起きる可能性があるわけです。
あまり理想的とはいえないと思いますけどね。

元気でなければいけないとか、社交的でなければいけないとか、そういうことではなくて、一人でいて、何もなくても充実しているという状態になれればいいですね。そうしたことを想像できますか?

そんなことを考えていると、今の人生を、今の生活をもっと充実したものにしていこうという気になるかもしれませんね。何をやってもいいわけですから。
この瞬間しかないということは、この瞬間に過去も未来もあるということです。

さぁ、自分の枠から飛び出そう!
そんなことを思いました。

2008.04.10

ニュートラル

小指の使い方を学ぶ。
小指に力が入らないと、決まらない・・・のだ!
ところが、ビシッといかないものでねー。自分の手の大きさをうまく使わないとと思います。

ところで、エネルギーにプラスとマイナスがあるのだろうか?
もともとはニュートラルなんだろうなぁと思います。
どこから分離していくんだろう。
特質というのがあって、何かに引っ張られるように広がっていく。
多分、そこには良いとか悪いとかないんだろうなぁと思います。
意味をつけたのは脳ミソかもしれない。
良くも悪くも、いろんなものを作り上げているわけですから。

どっちにしろ、プラスとマイナスになったものをニュートラルにするのはなかなか困難なことです。
移り変わったものは、なかなか戻らないですねー。


ダライ・ラマさん、日本に立ち寄ったそうで。
ぜひ、お会いしたいですね。
誰を見て会えないのでしょうねー。
何を恐れているのでしょうねー。

2008.04.09

空気の味

運が良いというと、宝くじでも当たったのかと聞いてくる人がいますが、宝くじの一つや二つが当たった程度の運ではたいしたことがあります!もっとでっかいものを手に入れましょう!!という人は、私に投資してください(^^ゞ。
きっと世界を変えるくらいの何かが起こります(^O^)。
驚きというリターンが得られるかもしれませんし。

ところで、ラーメンは太麺と細麺はどちらがいいか、なんてことをラーメン屋で考えていました。
もちろんスープによりますね。
九州方面のとんこつラーメンで、あっという間に替え玉が出てくるのものいいですが、私としては、食べ応えがあるということで、太麺がいいかなぁ~・・・。太すぎるとうどんみたいになりますが、でも、うどんも好きだしなぁ。
そんなことを考えながら坦々麺を食べていたのですが、辛味は唐辛子とかラー油が多いかな、山椒というのがありまして、これが一瞬辛くないけどそのあとにピリリとくるがいいものです。山椒が強すぎると食べていて辛くなってきますけど。

食べ物にこだわる人は結構いまして、私も美味しいものは好きです。
時々思うんですけど、素材を生かした薄味というのは確かにあります。でも、"薄味"と"素材を生かしている"というのは、必ずしもイコールではないなぁということ。微妙にずれているとこともあって、ちょっと残念なことがあります。
あと、化学調味料というものに過剰に反応する人がいますけど、つまり化学調味料を使っているとかいないとかということですけど、空気が悪いところで食べていたら、そんなものはあろうがなかろうがあまりかわらんじゃないかと思うんですよね。
素材もですが、味は空気が決めてのような気がするんです。

2008.04.08

努力と時間

運がいいとか悪いとか・・・。
そんなこともあるような気もしますが、何を持って良いとするかは心の持ちようとも言えますね。
大きなものに任せるのはいいんですけど、その前に正しい努力をしないと話にならないです。

正しい努力って何でしょう?
結果が出るような努力ですね。
それは、努力する人の能力が発揮できる方法です。

自分の能力が発揮できる目処がないとなると、そのやり方は間違っているということになります。
そしたら運がいいとか悪いとかの前に、どうにもならなくなります。

スポーツでも、仕事でもですね。
頑張れとか、気合とか、やる気だとか、それって何をやったらいいのか分からないときの言葉です。
何をどうやったらいいのか、ある程度理論的に考えられないと、また、自分のやっていることを認識できないと正しい努力かどうか見えないですね。つまり、自分を見失ってしまいます。

しかしながら、理論的に正しくても身体がついていかない場合もあります。
単に体力不足もあれば、不器用ということが原因かもしれません。
リセットして時々チェックすること。(良い)先生はそんなときのためにいますから。

才能という問題もありますね。
やりたいことが出来ることじゃないんですよね。出来ることがやるべきことなのかもしれないですから。

私も色々とやろうとしていることがあって、なかなか手がつかないこともあるわけです。
あー、時間がないなぁ・・・と思いながらも、ボーっとしている時間があって、でも自分を責めないというのが、これまたいいんですよねー(^^ゞ。

2008.04.07

売ります、売られます

自分の良いところはどんなところだろうと考えたことはありますか?
他人と比較しなくていいのですが、自分の良いところ、優れているところを見つけるのは楽しいですよ!
というか、必要なことです。
何か仕事をするようなとき、自分の能力を上手く生かしたいですよね。
ということは、自分の特質をよく理解していないと、生かしきれないですよね。

人はついつい自分のやりたいことを前面に出してしまいます。
それはそれでいいのですが、でも無理なものもあるわけですよ。
料理人になりたいけど、味音痴だとか・・・。それじゃ駄目じゃないですか。

私はこれが得意です、というのがいくつかあればいいのですが、少なくとも一つは見つけたほうがいい。
そうでないと、相手はあなたのことを分かってくれません。

あなたはどう見られているのか?
多分、自分が思っている自分と、他人が思っていることは自分は違うはずです。
私ってそんなんじゃないの・・・なんて言う必要はないですし、言っても無駄です(^^ゞ。

得意分野がなかったら、作ってしまえばいい。
私はこれの専門家ですって。それを必要とする人はたくさんいますから。うまく言ったら本当に専門家になれます。
その後はどうにでも広げていけるじゃないですか。

自分を売り出してみませんか!

2008.04.06

新たな線引き

渋谷でやっている風鈴丸さんの個展へ。初めて見たのはもうずいぶん前の新宿だったような・・・。今までも何度か見に行っています。
木版画で、独特な世界観を表現している、、、というか、結構かわいい作品もあって、面白いです。個人的には夜の雰囲気が好きですけど。
版画というと、リトグラフやシルクスクリーンが多いですけど、木版の線はいいなぁと思います。

ところで、最近、"何もしないことのリスク"というのをよく考えます。
食べていけるとか、何とかなる、、、といった考えはどこまで有効なんだろう?ということなんですけど。
このままだと駄目じゃないって、そんな予感はありますよね?
スピリチュアルなの事を学ぶとなると、なぜか外国人(特にアメリカ人か?)から学ぶということになっていたりしているようで。確かに素晴らしいことはあるわけですけど、そろそろ外国人に教えるということをやったほうがいいかなぁと思ったりします。
というか、日本と外国という分け方そのものがそろそろ崩壊するんじゃないかと思ったりします。
株でも土地でもお金でもいいですけど、今誰が何を持っているのかを考えてみるとねー。国境は意味が無くなってくるじゃないですか。
日本人の特徴として、地元や実家という言葉があるように、生まれた土地や家といったものを大切にする傾向がとても強いのですが、そこにこだわりすぎるとまずいかもしれないと思うわけです。
新しい生き方、生活の仕方、そうしたものを何とか見つけないと!
どこかで何かの線が引かれ、どちらに転ぶか・・・。

2008.04.05

母親のパワー

子どものこと、親のこと、家族のこと、、、みんな考えるとは思いますが、一番気にかけているのは「母親」なんだろうなぁといつも思います。
時々相談があるのですが、それはほとんど場合に母親からの相談で、母親が子どものこと、さらにその親のことなどを気にして、何とかしようとしているわけです。病気などあればもちろんですが、性格のこと、行動のこと、身なりのこと、、、あらゆることを気にする方は結構いるわけです。母性といいいますか。これが父親というのは少ない。父性は無いのかもしれないですけど。

母親の思いは偉大で、とてもパワフルなんです。
そのパワーの使いどころが、場合のよっては難しいのかもしれないなぁと思うことがあります。

何とかしようと頑張るのはいいのですが、そのまま受け入れようという方向にももっと向かって欲しいなぁと、話を聞いていて思うことがよくあります。
理想が高いのか、ちょっと世間体を気にするところがあるのか、でも、そんなことよりもそのまま受け入れれば全て上手くいくんじゃないかなぁと思うんですよ。

子どもに出ているものは、母親の影響がとても大きい。真綿で全てくるむように、、、いくら柔らかい真綿でもそんなに分厚いと息子さんも息が出来ないですよ。
程よい関係、それはどんなものだろうか?
考えて、いや、感じて欲しいなぁと思います。

もちろん、素晴らしい関係はたくさんありますよ!

2008.04.04

余韻を消す

力を抜くには、肩がポイント。
一度力が加わると、構えてしまう癖があります。
常にリセットできれば、常にゼロに戻ることが出来れば、凄いんじゃないかと思います。しかも一瞬で。
でも、それが難しい。
何か余韻が残ります。
稽古はこうした余韻をゼロにすることを実現するためにやるのかもしれないなぁと思ったりしています。
肩が消えていくような感じですね。
たいていは肩が前に出がちです。といって、後ろに引っ張るのも具合が悪い。正しい位置というのがあるのだと思います。首や背中との関係がどうなっているか、喉の奥は関係がありそうで、内臓はどうだろう・・・。
まぁ、一つの見方ですけど。


桜も満開のときを過ぎて、花びらが舞い散っています。
短いですね。

Sakura0804

2008.04.03

交換する?

お金はとても大切ですし、私は大好きです。
でも、これからの社会はどうなっていくんだろうと世界を見渡すと・・・。
お金が一番から、次の価値あるものは何だろう?ということになっているようです。というか、なっていますね。
格差が大きくなっているわけで、ということは、あるところにはたくさんあるわけです。
すでに持っているものにはそんなにこだわらないじゃないですか。
ということはお金にこだわらない人も結構いるということですし、実際に時々見受けます。
お金ではない・・・では、何だろうか?
気持ちの問題?特別な情報?
まだ、はっきりとは見えていないわけです。
多分、意外なものなのだと思います。
お金を通してモノを交換していたわけですが、お金を使わずにモノを交換・・・。
ん?それじゃ、物々交換じゃない!

2008.04.02

距離感が大切

心地よい関係というのがあります。
人間関係の話ですけど。

友達でも同僚でも近所の人でもいいのですが、適当な距離というのがあります。

気を使うのは疲れます。
気を使ったほうがいい関係っていうのはありますけど、いつもだと大変です。
空気を読むというのも、余計な気を使うようなものなので、面倒です!

気を使われるのもどうかと思います。
そんなことしなくていいっていうこと、よくあるでしょう!

無視するとか礼儀をわきまえないということじゃないです。
相手のことを考えつつ、程よい距離感を保つということです。

私はこんなに大変なんですって、そんな事言われてもねー・・・。知りませんよってなりませんかねー。

人と仲良くするのはいいことですが、仲良くしなければいけないわけじゃないです。
周りに流されたり、惰性だったり、八方美人になるというか、そんなに回りのことばかり考えるんじゃなくて、自分のことを考えたほうがいい。
"自分はこうする!"というのがはっきりしてた方がいいなじゃですか。
でないと、自分がどうしたいのかとか、何が好きなのかとか、何をしたくないのかとか、そういうことが分からなくなってくるんです。流行っている、みんなやっているというのは、やはり自分じゃないんですよね。
そしたら、相手のことも分かるでしょう。

2008.04.01

進んでいくこと

世界から戦争が無くなりました!
これが本当になることを願っているエイプリルフールです。

人の言うことを聞くと言うのは、ただ単に話を聞くだけならいいんですけど、言われたことをやるという意味の、つまりやらされているというのは、結構飽きるものです(^^ゞ。
世の中、まだまだ上下関係というのがありますが、これが徐々に横のネットワークへと広がっていくことになるんだと思いますが、早くそういう方向へ進んで欲しいと思っています。
横に広がるというは、助け合うとか、協力するとか、そういう意味でも大切ですが、自分が進むべき方向へ直接進めるようになるということでもあります。誰かに引っ張られるとか、後押しされるとか、それはそれでいいんですけど、でも上も下も関係なくなると、もっとダイレクトに進んでいくことが出来ます。どちらの方向へもね。
そういう人たちが増えたら、楽しいじゃない!
多分ですね、そうなっているとことはあるんですけど、世の中の大半までは広がっていないようなわけで、何とかしないとと思いつつあります。

楽しくやろうよ!
美しく行こうよ!
一緒に行きましょう!

« March 2008 | Main | May 2008 »