プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

2008.06.30

行動ですね

コーチという職業があって、以前勉強しようとしたことがあったんですが、何となく機会を失ってそのままになっています。コーチではないんですが、別の人の視点って大切だなぁと思うことはよくあります。自分だけで考えていると、堂々巡りをしているのは分かっているけど一歩踏み出せないってことなんです。
トレーニングのときも、トレーナーがいないと自分を追い込めないですからねー(^^ゞ。
頭の中でイメージが出来ると、そのイメージが正しければいいんでしょうけど、そのイメージからなかなか抜け出せないんですよ。自分だけの場合は、時間を置いたり、別のことを考えたりして意識を変えるようにしていきますけど、そんなに時間がないときは誰かいてほしいものです。

さて、自分の思うような人生を歩んで生きたいという人は多いでしょう。というか、ほとんどの人はそのように考えると思います。まれに誰かに全てゆだねたいという人もいるかもしれないですけど。
自分だけで考えていると、一歩足を踏み出せないことってあります。
本当はやりたいことがあるのに、でもなぜかそちらに進めないって。タイミングはあるでしょうね。現実的にいろいろとやらなきゃいけないこと、必要なものってっていうのもあるでしょうから。
何となく・・・というあいまいなものから、具体的に数値にしてみると現実感が出てきます。
例えばお金がかかるなら、それはいくらで、どうやったらいつまでに入手することが出来るかとか。そのために、日々どのくらいのことをしないといけないかとか。それは現実的なことなのだろうかとか。

イメージから現実へ。
やっぱり行動ですね!

2008.06.29

コロー展など

雨の上野、国立西洋美術館で「コロー 光と追憶の変奏曲」を見てきました。手が入っていきそうな奥行き、景色が生きている感じが伝わってきます。光の具合を巧みにコントロールして、美しさを際立たせていと思うんですが、特に気合の入っているやつは凄いですよ。
他の人の絵もあったんですが、比べてみると全く違うというかですね、まぁ違うわけです。好みはあるとは思いますが、実力者ですねー。
あんなふうに描けたらいいなぁと思います。
ちょっと難しいですけど。

雨の京都では「宝塚記念」でした。
メイショウサムソンもあと一歩でした。運といえば運なんですけど、出来ればこのまま凱旋門賞へ行って欲しいです。

ということで、最近ちょっと食べ物も見直そうと思っています。
体調が悪いなどということではないんですけど、よりパワーアップしたいと思っているわけです。
エネルギーで何とかなるといえばなるんですが、基本のところもやはり大切というか、できる範囲でちゃんとしておいたほうがいいですから。
先ずは、朝のバナナですかねー(^^ゞ。

2008.06.28

筋肉と試行錯誤

何となく新宿まで自転車で行ってみました。
さすがに東口は混んでいて、ちょっと回り道をしたほうがいいですね。

さて、体の強さとは筋肉の強さだけではないとは思います。気が強いとかじゃなくて、物理的に強い方がいいと思うわけで、筋肉以外の何かがあるだろうか?と考えたりします。力を入れた状態で、つまり筋肉に負荷がかかる状態でその筋肉から力を抜くようなことをやってみると、筋肉のもっと内側に骨ではなく何か僅かな強さを感じるような気がします。これは力を抜きながら力強くあるためのヒントになるだろうか?なとど考えています。

緊張すると、筋肉が固くなります。固くなった筋肉はエネルギーを放出していって、つまり、疲れます。人前に出ると緊張するという人は、終わったときにぐったりしていますね。たいして動いていないのに、エネルギーを失っているということです。
全く筋肉を使わないというのは難しいけど、最小限にすることは出来たらどうなるんだろう?部分が繋がって全体ですから、全体を見ていることになるんだろうと思うけど、何か違うんだろうなぁと思うんですよ。

いろいろとやってみるとですね、体の硬さを何とかしないとと思います。ストレッチか、それともその硬さでも何とかなるものなのだろうか・・・。
試行錯誤です!

2008.06.27

自然のサイクル

澱みは不自然だということ。
ニュースなどで諫早湾を見るたびに、そう思ったりします。
象徴的な場所ですが、ちょっと見渡すと似たようなところはいたるところにあって、それに気づいてもいなかったりします。失うものはとても多いんですけど。お金に変えたつもりになっているのかもしれないけど。

「自然」というと、何を思うでしょうか?
海と山と川と青空と夜空と・・・。
でも、単体じゃないんですよね。全てが繋がっているわけです。
ほら、小学生のときに見たでしょう、雨が降って川から海に流れてまた雨に戻ってって。
その流れが途切れると、問題が起きるわけです。

カルマという言葉があります。
業というと分かりにくいかもしれませんね。
長いサイクルの中で起きてくることで、全てはその途中の段階にあるわけです。すんなり流れれば、何事も無く安全に終わりを迎えるでしょう。しかしながら、抵抗すると、流れが変わります。抵抗が大きければ、あそこに行くはずが、こっちに行くかそっちに行くか分からなくなります。
ただ、今となっては何が自然か分からないかもしれない。本当にそれが正しいのか、怪しいことってたくさんあるじゃない。

本から学ぶこともたくさんありますが、自然の命の中から学ぶものは生きているものです。
太陽の光を浴びて、土の中から芽が出て、雨が浸み込み、命の循環があらゆるところであります。そうしたものを感じ取っていることって、大切だと思うんですよねー。
ただ綺麗だとか、リラックスできるとか、それだけじゃなくてね。

2008.06.26

ありがとうとか

うーーーん、、、体が硬い。
何とかしないなぁ~。
日々の稽古の中で、左右、前後のバランス、まぁ、ちょっと捻りもあるかなぁと感じながらスーッとなりたいですねー。関節か、筋肉か、何かずれているみたいなんだけどなぁ。ほんの僅かなところなんですけど。先ずは骨盤、仙骨からか、それとも肩からいくか、調整してみようっと。

ところで、"運が良い"という話が出ると、宝くじが当たるとか何とかっていうことになって、まぁそれは冗談でも(本気にされても弱るけど)、運が良いというのがどういうことなんだろうってあまり本気では考えないかもしれないですね。
宝くじが当たって、お金が入って、余裕が出て、幸せってことなんだと思います。欲しいものが買えたりしてね。
幸せって、どういうときに感じるだろう?
まぁ、美味しいものを食べたときとか、暖かい布団で寝たときとか、温泉でのんびりしている時とか、そういう意見はよくありますが、もっと何があるだろう?って考えてみると、例えば自分の好きなケーキを出したらとても喜ばれたとか、自分の欲しかったもをプレゼントされたとか、そういうことかもしれないなぁと思います。
みんなのためを思ってとった行動は素晴らしいですけど、自分のためにやってくれたことは嬉しいものですね。

まぁ、そいうことなんですが、時々突然「ありがとう!」と言われることがあって、どうもさっきやった何かだと思うんだけど、一体なんだろう何て思うことがあります(^^ゞ。私としては、終わったとたんに過去のこととなってしまって、どうでもいいことになってしまうので、いまさら言われてもよく分からないって(^O^)。
いつまでも覚えていない、、、覚える気がないとも言えるかもしれないですけど。

2008.06.25

昔話と夢のこと

久々の卓球!!
だんだんと学生時代を思い出して、楽しかったです。
えぇ、卓球部でしたから(^^ゞ。
ラーメンのあとの卓球は最高です(^O^)。

ところで、人はどうして昔話をするのが好きなんだろう?と思ったことがあります。
特に学生時代の話。
卒業して多分20年以上たっているだろう人が、熱く学生時代のことを語るという場面をよく見かけます。
あの頃の自分は輝いてたってことだろうか?
私の場合、どんどん忘れていくほうなので、たいして覚えていませんから。あの頃何が流行っていたかなぁ~・・・と思い出すのも大変でねー(^^ゞ。

夢を語るのは楽しいじゃないですか。
時間は未来から過去へ流れているんですから。
ドキドキしましょうよ!

2008.06.24

汗と汗

とってもいいんだけど、迷惑でもあるもの。
一人だけニンニクをたべちゃ駄目ですよ!って(^^ゞ。本人は全然何ともないんですけど、かなり迷惑ですから。

"自分だけ"って思うのは間違いのものもとです!
苦労しているもの、楽しんでいるのも、どれも自分だけではないです。
起きている状況は、それほど変わらないものです。

考え方、といってしまえばそれまでですが、イライライしたり気になったりしすぎているとしたら、何かがおかしい。鏡を見て、笑顔が引きつっていたら、いやいや笑顔さえ作れないとしたら、やばいですよ!
風呂上りに顔の筋肉をほぐして、ニッコリ出来るようにしたほうがいい。

自分を冷静に見ること。
先ずは自分を認識すること。
多分、そうしたところからかなと。
頭のてっぺんから足の先まで触れてみると、これが自分だということを分かると思います。
体の認識が、心の余裕を生むことだってあります。
走って、汗をかいて、スッキリするくらいなのがまともなことだとしたら、どのくらいずれているのかということ。

私の場合、春夏秋冬、すぐに汗をかきますけど(^^ゞ。

2008.06.23

揺れる

感情の開放というのがあって、思えば何で溜め込んだのかよく分からないですけど。
私の場合、あまり凄いのはないです。何かとこまめに開放しているからかもしれないですけど。
ギリギリまで行ってしまうと良くないんだと思います。爆発したときの影響が大きいから。

ただ、自分のことは自分では分からないことがあって、まだ大丈夫と思っているうちに何とかしておいたほうがいい。でもまだ大丈夫と思っていると、何もしなかったりしますけど。
素直になることって、大切なんですね。
人の話を聴けるって、とても大切なんです。
自分をチェックできるようにしておくといいんですよ。疲れている?って聞かれたら自覚が無くても休んでおくとか。

同じ事を他の人にも出来るといいです。
苦しんでいる人がまわりにいたらよくないでしょう。もっと楽しくなるために、もっと幸せであるために、たまにでいいので、周りの人をみるようにするといいです。

何も出来ないかもしれないということはないです。
全ては繋がっているということもあって、それは枝をゆすると他の枝も揺れるようなもので、何かが起きたりするものですから。

何はともあれ、ホッと一息できるように!

2008.06.22

面白いエネルギー

心と体はどこかで繋がっているというか、影響しあっているというか。
感情的な問題が体の不調を起こすことがよくあります。
怒りとか、悲しみとかが、肉体的な痛みを引き起こすということですね。
それでは、そうした感情がどこからやってくるのかを考えてみると興味深いものがあります。

一番多いのが家族かなと。
痛みや不調から探っていくと、そうしたところに行き着いてくるんですよね。
その当たりにエネルギーを送ると、体の具合も変わってきます。それって結構面白い(^O^)。

これって、自分でもやってみたりします。家族以外にも色々な関係をエネルギー的に修正していくと、体が楽になることって多いんですよね。”・・・そうなんだ”って、まぁ気づいたりします。

もしも長い間調子が悪いというのなら、機能的な問題だけではなくもっと幅広いところを見たほうがいいかもしれないです。自分でも忘れているような場所に、何かがあったりしますから。
また、ちょっと思考を変えるだけで変わることって結構あります。
できる事って、たくさんあるんですよねー。でも、やりすぎている場合は、やめるという決断も必要だったりします。まぁ、バランスですねー。

2008.06.21

自己分析

それほど雨は降りませんでしたが、湿気がありますね。
疲れやすいというか、汗ばみやすいというか・・・いや、汗はいつもかいているので湿気のせいではないかもしれないですけど。

珍しく一般的なセミナーへ参加してきました。
マイルストーンの水野さんがやっている「水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー」というものです。
普段なかなか会う機会の無いような業種の人たちとこうした場所で意見交換が出来るのはとても刺激的でもあります。今後の活動に生かしていきたいと思います。
水野さん、とても情熱的な人で、素晴らしいです。他にもいろいろなセミナーを開催されていますので、興味のある人はどうぞ!私もまた何か参加してみたいと思いました。

この業界、技術を身につける人は多いですけど、自分をどのようにアピールしたらいいかとか、どうやって仕事にしていくかに戸惑っている人が多いように思います。一人一人は本当に素晴らしいけど、そんなギリギリの生活をしているのは大変でしょうって思うことがあります。多分、自分のどこに価値があるのかとか、どうやったら相手に伝わるかとか、そういう部分が苦手なのかもしれないです。というか、そんな話は聞いたことが無かったりしますから。

私もいろいろな勉強会に参加することがありますが、"相手が良くなれば商売が繁盛する"のかって言うと、そうでもなかったりします。考えてみれば当たり前のことなんですけど。
単に金儲けでもなく、お互いに幸せになれることって何だろうと考えてみることからはじめるといいように思います。まぁ、再認識したというか・・・。

ホームページを作り直そうっと!

2008.06.20

夢あるものに

人は細かいことが気になりますが、気になったらちょっと待ってみて欲しい。全体とのバランスを見ないと、その場限りの対応になってしまいます。その場、その場を続けていると、やっぱりバランスが悪いんですよ。ですから、全体を見て欲しい。お願いだから。
・・・なんてことがよくあるもので、自分が見えるものが全てじゃないと言うことに気づいて欲しいなぁと思ったりします。それは自分にも言えることで、少なくともかなり偏っていることには気がついていようと思ったりします。

さてさて、農業に興味を持っている人って、結構いるようですね。
私の実家でもちょっとした畑があったりして、売るほどではないですが、作っていたりします。家庭菜園のかなり大規模、、、といった感じですかねー。
農業で儲けることって、ものすごく難しいんです。珍しいものや、付加価値のあるものを作って売れば儲かるんじゃないかって大抵は考えるんですけど、たまにうまく行く人もいないわけではないですが、大抵は失敗に終わっているんじゃないかと思います。
複雑な仕組みというか、人間関係というか、今のままだと上手くいかないように出来ていますからねー。だから後継者も出ないし、出てもつぶされるし、結局自給率は下がるし、価格調整で大量に破棄するし、食べ残しで大量に捨てるし、期限切れで大量に捨てるし・・・。何だかなぁ~と思います。
どこかで夢や希望を取り戻さないとねー。

いいものを作って高く売るって、商売の基本のように思います。
つまり、価値あるものを作っていくということですね。
ちょっと売れないとすぐに安売りをするという習慣を止めたほうがいいわけです。
そのための戦略は必要だと思います。
マイナスをどこまでプラス、つまり価値あるのもに変えることが出来るか!

勝負のときは近い!
・・・か、どうかは何ともいえない(^^ゞ。


2008.06.19

それもエネルギー

Firefox 3が登場ですね!
IEがあまりに動いてくれないので、Firefoxに乗り換えて随分たちますが、さらに高速になったとの事で嬉しいです。アドオンも色々入れて楽しんでいます。
ダウンロード件数がギネス記録、、、なのかな?
ちなみにこのブログを書くときもFirefoxを使っています。まぁ、だから面白くなるわけじゃないですけどね(^^ゞ。

最近ではいろいろなブラウザが出てきて頼もしいです。もっともNetscapeは無くなったようですけど。
ただ、たまにIEしか使えないというサイトがあって、その時はチョット困ったりします。セキュリティの関係らしいですけど、果たしてそれが正しいかどうか・・・。

パソコンを快適に使うって、当たり前に出来ればいいんですけど、そうでもないですね。いつの間にか遅くなったり、使えなくなったり・・・。私の場合はパソコンと相性がいいので、そういうことがほとんど無いんですけど。
世の中にはちょくちょく壊す人がいます。
それもまたエネルギーかなと思ったりします。
コンピュータも生き物と思って優しく接するとちゃんと応えてくれます。
単なる生き物じゃなくて、恋人と思って優しく接するということかな?いやいや、そこまでじゃなくてもいいかもしれないですねー(^^ゞ。

時々思うんですけど、ホームページもまたエネルギーかなと思うことがあります。
綺麗に出来ているんだけど、なんだか本人と合っていないような気がするとか。自分のアピールポイントというか色というか、そういうのがデザインとちょっとずれているって事かもしれません。
理想的な形がありますから、自分がその色になって行くって言うのもありますね。

名前もですが、今の自分にピッタリしているという考えもあれば、なりたいものがそれであるって言うのもあります。私の場合は・・・どうなんだろ?自分でやっていると見えないことも多々ありますねー。

2008.06.18

自分の学びの時

100万人が読んだ本。
日本の人口が1億2千万人だとすると、1%にも満たないのか・・・。
なかなか本を読む機会がないという人は結構いっらっしゃるようですね。私は常に本がカバンの中に入っています。すぐに読めるものあれば、時間のかかるものもありますけど。
本を書くのは大変なんだと思います。そりゃ、力が入っていますよねー。本を読むくらいの余裕はあったほうがいいなぁと思ったりします。というか、余裕は作らないといけませんねー。

ところで、人生において学ぶべきことは常に目の前にあるなんて言います。
どこかに出かけなくてもいいわけです。
でもまぁ、いつも同じだと、たまには出かけたいですよねー(^^ゞ。
本当は、同じ日は一日もないんですけど、なんだかんだと似たような感じになっちゃうと、この学びもいいかなぁ~なんて思うんじゃないかなぁと思います。
石の上にも三年は長いなぁって(^^ゞ。

何から学ぶんだろうって思ったことはありませんか?
確かに、素晴らしい話を聞いたり、読んだりすると、そこには大きな気づきがあったりして、学んだきになりますねー。でも、ちょっと時間がたつと忘れてしまっていたりしますけど。学んだからには復習をしておいたほうが良かったのにと思ったことは数知れず・・・。
自分の中にある何かに火がついて、自分のものになったとき、いやもともとあったものだからそれに気づいたとき、自分の本当の学びになるように思ったりします。
人にはその人なりの捕らえ方があります。
同じ言葉を使っても、微妙に意味が違ったりしますから。
そういうことなんだ~・・・っていうのが、自分の中から出てくるようになるといいんですよねー。
なかなか無いんですけど(^^ゞ。

2008.06.17

自分は大変

死刑になるというのは、大きな犯罪を犯したということですが、犯罪が本当の意味での解決されたかどうか、つまり今後同じような犯罪が起きないようになるかどうかは別の話のようです。
”そうだったのか!”とスッキリできることは何もないわけで、全てを闇の中に押し込んでしまうと、一体何が残るのだろうと思ったりします。

ところで、自分のことを説明するのは難しいわけです。
私も色々な人のホームページなどを作成したりしましたが、多くの人が苦労することなんですよね。
自分のことを的確に相手にわかりやすく表現するというのは、自分のことが分かっていないとできないことです。自分で自分のことを説明すると、堂々巡りになったり、妙に細かいことまで言い出してわけが分からなくなったりして。それならば、他の人に表現してもらったほうが的確かもしれないと思ったりします。

自分のことを説明するのと、自分を主張するのはちょっと違ったりします。
ついつい、自分の思いをぶつけるというのも、自分らしいのかもしれないですが、それじゃ分からないこともありますので。突き詰めて自分とは何だろう?具体的には、何が出来て、何が得意で、何が売りなんだろう?って。
じっくりと考えてみるといいですよ!
・・・と、自分に言ってみたりしています(^O^)。なかなか大変だ!

2008.06.16

信用するとかされるとか

最初から信用されているんです。
それだけでいいんだと思います。

自分のことがどのくらい分かっているのだろうか?と考えたとき、私の場合は多分ほとんど分かっていないわけです。
皆さん、いかがでしょう?
体にあるほくろの数なんて分かりません。毛穴の数も分かりませんし、細胞の数だって60兆なんていいますが、正確な数値はわかりません。そうした具体的なものさえ分からなかったりしますし、心のありようだとしたら、それこそ瞬間瞬間に変わっていくものだったりしますから、もっと分からないわけです。
ただ、この瞬間に自分は存在しているんだ!・・・それはかっこいいけど、本当に?なんてね。

"自分を信用する"なんて言うときがありますが、考えてみれば、分からないものが分からないものを信用するも何もないし、大体何を信用するのか分からなかったりします。例えば、嘘をつかないとか、やる気があるとか、何かに対してだと分かりやすいということです。

思うに、肉体を持ってこの人生を送るというのは実はとっても珍しいことで、ただそれだけで神から信用されているということなのかもしれないなぁと思ったりします。
人とのコミュニケーションが不足すると、孤独になったり、不安になったりするかもしれませんが、話をしなきゃいけないということじゃなくて、誰かから信用されるとか誰かを信用するとか、そういう体験がなくなるのがやばいんじゃないかと思ったりします。
ただ単に存在するだけで、あなたは認められ信用されているんですよ、という実感を得ることが出来たら、とても素晴らしいことなんですよ。
そしたら、何も分からなくても、不安じゃないですし、充実感が沸いてくるように思います。

2008.06.15

お茶の楽しみ

ハートチャクラが一番最後に開くという話があります。
チャクラ自体は、どこかだけが開くとバランスが悪いですけど、チャクラの構造をチェックしていくと、確かにハートはちょっと特別です。中心らしい働きと構造をしています。
ハートチャクラは愛情のチャクラですが、愛といえば、あれやこれやいろいろとあって、"あぁ、あれは愛だったの!"なんて最後に分かったりしますから(^O^)。そういう意味でも、一番最後といわれても、そうかもしれないと思ったりします(^^ゞ。
愛って何でしょうねー。

ということで、吉祥寺って何でいつも混んでいるんだろうって思いながら、「おちゃらか」というお茶屋さんに行ってきました。
フレーバーティーというと紅茶が多いですが、こちらには日本茶のフレーバーティーがあります。
いくつか試飲させてもらって、"カシス"と"よもぎ"、それと国産のお茶でつくった"アールグレイ"を購入しました。
他にもチョコミントとか洋梨&マスカットなど、いろいろあって面白いです。
おいしいお茶は本当においしいのですが、ちょっと違った楽しみがあってもいいなぁと思いました。フレーバーティーは、味はお茶なんですけど、鼻からいろいろな香りが抜けていって、なかなかいいですよ。

Ocharaka

2008.06.14

自然の流れ

結構良くあることで、何となく目が覚めて数分後には揺れ始める。

自然の災害はいつどこで起きるか分からないです。
亡くなられた方の冥福を祈りつつ、早く復旧されることを願います。
何が起きても、自然の流れだとどうにもならないことがあります。
ちょっとくらい頑張っても何とかなる相手でもないですから。

いろいろな事件が起きたり、事故が起きたりしたときに、どうも気になることがあって、それは”罪のない人が・・・”というやつ。罪を犯したら裁かれるわけです。でも、本当に?誰が?
罪があるとかないとか、関係ない話じゃないかって。
まぁ、言葉のアレかもしれないですけど。

罪そのものはもう少し深く考える必要があって、単純なドラマにもしないほうがいい。
それに心は結構複雑で、簡単な言葉では表現できないですから。
分からないことの方が圧倒的に多いんですよ。

まぁ、そんなことを思ったりしています。

2008.06.13

仲間からとか

”本当の犯人”という言い方を何度も聞きました。
何か犯罪を犯す、特に重大な犯罪を犯すようなとき、その人は精神的におかしくなっているわけで、逆におかしくなっていなければ犯罪までにはいたらなかったかもしれないということ。
おかしくなった原因は、社会にあるのだと言うことになるようなんですけど。

自分が同じような犯罪を犯さなかったのは何故だろうって考えたことはありますか?
同じ社会の中にいて、何が違うんだろうって?

社会のせいにする。
まぁ、この歪んだ社会が若者の精神を圧迫して・・・とか。
物事が人の望んだとおりになるのなら、この社会も多くの人が望んだとおりに進んでいる結果ということになるわけです。望んだとおりになった社会のせいにしちゃいかんって!

とはいうものの、あまり良い感じじゃないというのも多くの人が感じていることだと思います。
本当は望んだ通りじゃないですからね。

多分ですが、文句を言っても何も変わらないわけです。社会はそう簡単に変わらないですし、誰もやってはくれない。
次の社会はコミュニティーがキーワードだという話がありますが、確かに仲間内なら何とかなるかもしれないわけです。先ずはそんな関係を作れるようになって、その先へと進んだら言いように思います。

一歩足を踏み出そう。
例えば朝の挨拶でもいいので。
うっとおしい何て思ってちゃ何も進まないです。
自分を理解してもらうこと、他人を理解しようとするとこ、そういったことから始めていけたらいいと思いませんか?
でも、いきなり何から何までと思わないほうがいいです。たまに食事をするとか、ほどほどにでも付き合えれば、それで十分だということなら、気が楽でしょう。

2008.06.12

グラウンディングと集中

グラウンディングというのは、どういうことだろうと・・・。
地に足をつけるということで、よくやるのが地球の中心と第一のチャクラ(ルートチャクラ)を繋げるということですね。
実際にはルートチャクラの下にもチャクラがあり、そうしたチャクラも関係していたりしますけど。
しっかりとグラウンディングすると、意識がはっきりしたり、落ち着いたりします。が、浮きやすい人っていうのがいて、すぐにグラウンディングできなくなってしまう。

私の場合、普段はそれほどグラウンディングを意識することはないんですけど、稽古などしていると、更にしっかりしておかないといけないなぁと思ったりしています。そこで自分の体で実験しているわけですが、余計な力を抜くためエネルギーを真ん中に集めるようなことをしていく自然にグラウンディングもしていくようです。普通のやり方じゃないですけど、その方が自由になれる感じがします。上手くいくと、体が消えていく感じもあります。
何もないけど、しっかりと存在する!
矛盾しているようですけど、今のところそんな感じです。
いやぁ~楽しいですねー(^O^)。

ところで、集中できないんですけど、何ていう相談を受けることがあります。意識は常に色々なものに向いているわけで、通常はあることに集中していないということにさえ気づかないものです(^^ゞ。
気づいた時は手遅れってね。

でもそもそも集中ってどういうことなんでしょう。
多分ですね、集中というと一点にグィーーーと集中することだと思っている人が多いんじゃないかと思います。
でも、私が思うに、あらゆることに対応できる状態というのが、集中しているってことだと思います。開いているって言いますかね。最短距離で、最短時間で、対応できるって事です。そのためには全てを分かっていないといけないです。遠くも近くも、どの方向も、全てがはっきり見えている状態ですね。

最短距離で動けるということは、中心で動けるということであって、体が自由であるということなんですが、そのためにもエネルギーが中心に集まるような感じでグラウンディングしているといいんだよなぁ~と思っています。
そしたら体が自由自在です!

2008.06.11

宇宙の隅々へ

好き嫌いで判断することって、よくあります。
食べ物から、仕事や人まで。何でもそうですね。
ただ、好きとか嫌いとかは思うのは自由ですが、声に出すと違ってきます。

時々、すぐに結論を出す人がいます。それがとても深い結論ならいいんですけど、勝手に想像して感情的に反応しているだけだと、ちょっとどうかと思ったりします。

例えば、”彼氏が欲しい”なんていいながら、”こんな人どう?”というと、”好みじゃないから!”と力強い返事をしたりします。
この”好みじゃないから!”とか”あの人は嫌だ”とかいうとーっても力強い言葉が宇宙まで広がってしまうからか、いつまでたってもどうにもならなかったりします。
ここで”いいんじゃない!”って言ってみると、すぐに彼氏が出来たりします。

仕事がイマイチうまく行っていないという人に、”こうしてみたら?”と言ってみると”それはやらない!”って。この人も”それはやらない!”とか”それはいやだ!”とかを、宇宙の彼方まで広げているんだなぁと思ったりしています。それだとどうにもならないですね。そういう人って、いつまでたっても変わらないでしょう。

ポジティブであることは、考えなくてもいいので、先ず態度や言葉だけでいいのでやってみることですね。
それを広げていくと、良い流れに入っていくように思います。

”それはいいね!”とか”やってみよう!”とか、そういう言葉が宇宙の隅々まで届いたら、ぴったりものがあなたのところへやってきます。
エネルギーって、そうやって流れているような気がします。

何があっても、先ずは受け止め、そして”いいね!”と言ってみることをやってみよう!そうしよう!!

2008.06.10

植物にヒーリング

いい天気でしたね。
夏が近い感じがします。
先日、冬物のジャケットをクリーニングに出しました。近所のクリーニング屋さん、ちょくちょくもめているみたい。
なかなか次の人へ行きませんから。
たくさんぶら下がっていますからねー。たまには迷子になるみたいです。

最近、植木をもらうことがあって、もともと結構あったんですけど、増えています。
いつかはジャングルになるかも(^^ゞ。
都会はコンクリートジャングルなんですけど(^O^)。

植物はいいですね。
もともと田舎育ちの、山と川にはさまれたところで育っているので、緑があるといいなぁと思います。
ただ、あまり名前を覚えてないので、いつもアレとかコレとかって。
木登りとか、楽しいじゃないですか。

家には鉢植えがいろいろあります。
自分で育てているわけではないんですけどね。ただ、自分で育てると、一つだけ妙に成長するものがあったりします。気が合うというか。その代わり他のものがイマイチだったりしますけど。
植物は光と水と土で育っていますね。もの凄く大雑把な言い方ですけど(^^ゞ。
植物にもエネルギーを送ると、育ちが違います。畑にエネルギーを送ると、収穫が違います!これは嬉しいことです。
無農薬の野菜は、美味しいけど高いって。農薬が使えないって事は、手間がかかるって事ですから。そのくらいのコストは払って欲しいと、農家の方は思うかもしれませんね。
エネルギーで、虫が寄ってこないように、雑草が育たないように、病気にならないように、、、それが出来たら無農薬で安く野菜が出来るかもしれません。そしたら、農業のあり方が変わりますねー。
ペットヒーリングっていうのがありましたけど、植物も生物ですから、ヒーリングは出来ますね。
まぁ、あまり反応が無いのが残念なところです。ありがとうとか、言ってくれないですからね(^^ゞ。

2008.06.09

体と心に栄養

突然の雷と大雨。
それでもいつものトレーニングがあるとあると行かねばならない!
まぁ、ジムに到着する前にびっしょりですわ(^^ゞ。
その後は、トレーニングで、汗でびっしょりですけど。
雨の景色は結構好きで、時々稲光があると綺麗じゃないですか。
5階のプールサイドから雨の夜景を見下ろすのは気持ちがいいです。

さて、健康に気をつけるという人はとても多く、健康食品も売れているようです。
メタボなんて気にしない・・・なんていえない世の中にもなってきましたし。
健康で長生きが一番!なんですよねー。
で、ここでいう健康は、体が健康ということですね。ガンとか糖尿病とか認知症とかにならないようにと。
体が健康ということは、ある程度測定しやすいです。血圧とか血液とか、平均値との比較とはいえ、何かと数値にできますから。
体が健康なら心も健康であるのが望ましいわけです。
はたしてその当たりはどうなんだろう?
時々、妙に体の心配をしている人もいて、ボケたらどうしようとか、動けなくなったらどうしようとか。
そんな時、何事も程々にと思ったりします。
バリヤフリーはいいですけど、足腰が弱まりそうですけどね。

それに、多分心も体と同じように鍛えられるんだと思います。
心の健康はどのように保つことが出来るんだろうか?
体はいろいろな栄養素が必要なんでしょうけど、心は言葉が食べ物かもしれない。
体を悪くする食べ物があるように、心を悪くする言葉もあるのだろう、、、そんなことを思っています。
多分、日々の気づきや、人とのかかわりの中などで、得ていくものだろうなぁ~。

2008.06.08

ナイフは道具

やっぱり安田記念はウオッカ!
久々の勝利ですが、強かったですね。
今までは途中でかなり力が入っていたこともあったけど、今日はいい感じでした。

ということで、刃物は正しく使いましょう~。
特に、ナイフは人を刺すものじゃないです。そういうことをするから、迷惑なんですよ。
規制の前に、教育をして欲しいものです。
教育が無理なら、体験できるようにしておく必要があるんだと思います。

ナイフで鉛筆を削るなんていうこと自体なかなか機会が少ないですが、身近にあるもので肉でも魚でも野菜でも、難しくはないので切ってみるといいですよ。
一度切ると二度とつながらないんですよ。元には戻らないんです。
それは本当のことで、そういうことがリアルに分かっているかどうかって、大切なんですよね。

手を切ったりすると、血も出ますし、ちょっと痛いんです。
時々大慌てする人もいますけど、チョットくらいならたいしたことないですから。
ばい菌がどうのうとか、騒がなくてもそのうち治りますから。

全てを体験しなければいけないということじゃないです。
ただ、人には想像力が必要で、そのためにはある程度の体験が欠かせません。体験は体を通して行います。でないと、肉体を持っている価値がなくなっちゃいますから。

ナイフは凶器ではなくて、遥か昔からある道具です。

2008.06.07

マジックアワー

久々に映画にいきました。
ザ・マジックアワーです。
ロードショー初日に映画を見るのは初めてです(^^ゞ。
いつもは歌舞伎町周辺で見ることが多いんですけど、新宿三丁目の新宿バルト9はいいですね。予約も出来るし、綺麗で見やすいです。
で、マジックアワーですけど、面白かったです!
デラ富樫、良かったですよ。
有頂天ホテルも面白かったですけど、いろいろと仕掛けがあって、三谷さんのこの世界観は素晴らしいですねー。
どこまで考え続けるのか、行き過ぎずにちょうど良いところで終わらせるって、センスですねー。

楽しいことを考えるのは、楽しいですねー(^O^)。
どうしたら面白いだろうかって、私もよく考えます。
まじめな顔してふざけるのって、面白いですよね。
それと、一捻りしているのが好きなんですけど、捻りすぎて理解されないこともあったりしてね(^^ゞ。
大体言っていることの95%は冗談だとしたら、全て冗談として受け取って欲しいですねー。
硬く堅く固く考えるのはやめちゃえばいいじゃないですかねー。
人生なんてそんなものだと思えば、何があっても大笑いじゃない(^O^)。
どんなときに大笑いですって。

2008.06.06

体の力

月に照らされて光る日本刀は美しい・・・んだそうです(^^ゞ。
これは見て楽しむもので、まぁ、切る対象はありませんから。
日本刀は生々しいですからねー。
好きな人はそれがいいのかもしれないです。
私は今のところもうちょっと軽い感じの方が好みです。

心と体はつながっている。
影響しあっているという言い方の方がいいかもしれないですが。
肉体というのは、当たり前だけど生まれたときからあるわけで、当たり前のように今日まであります。そして、今後しばらくの間は存在し続けるわけです。
肉体を通してできる事って、どのくらいあるんだろう?と思います。
例えば、脳は3%しか使われていないなんていいますが、それなら他の場所も100%使われるということは無いんだと思います。筋肉だって、壊れないようにブレーキをかけますし。努力したら脳を5%とか10%使えるようになるのかどうか分かりませんが、筋肉は鍛えることが出来るし、使われていない場所はもしかしたら使えるように鍛えることが出来るかもしれません。鍛えなくても、エネルギーの流れが出来ると、何かが変わるのかもしれないということです。
例えば、筋肉じゃない力がどこかにあるとか・・・。

色々と試してみないと分からないことですね。肉体は個人差がありますから。他の人と同じということはありえませんので。

ところで、いきつけのフリーダムナイブズさんが危機対策の会社を立ち上げたそうです。EARSといいます。盗聴、ストーカーから企業の危機管理対策まで、何でもOKだそうです。
困っている方は相談してみるといいですよ。

防御は大切ですから。

2008.06.05

人のために

自分のやりたいことと義理人情の世界。
優先するのはどっち・・・。

自分の欲求を満たすためかどうか分かりませんが、誰かを裏切っていることにさえ気づかないことって、たまにはあるわけです。何なんでしょうねー。自分だけ盛り上がってまわりが見えなくなっているのか、それともぶっ飛んでいるのか。
人のマネをすることってあると思いますけど、そのときは相手に話を通しておくとか、何でもやりようはあるかと思います。そうしたことは分からず、自分の思いだけというか、思い込みというか、儲かりそうとか、勝手に突っ走ってしまうのはまずいわけです。
特に、お金が絡むと面倒です。

義理人情というか、関係性を第一に大切にするのはですね、素晴らしいんですよ。
結局のところ、お金より人間関係が大切なんですよね。
人のために何かが出来るって、素敵なことなんですよね。

やり方、礼儀って、必要なんです。
人を大切にすることって、大切なんですよねー。

それを理解したうえで、お金はあったほうがいいし、豊かさは関係性の中で意味があるかと思ったりします。
自分だけ、あるいは少人数のための喜びではなく、もっと広い範囲に目を広げて喜びの和が広がると素敵です。
視野は広く!
世話になったことくらいは忘れないように!
自分にも他人にも。

2008.06.04

自分らしさ

天職とは?

天職を探すために、いろいろと試してみるという人はかなりいらっしゃるかと思います。ただ、ついに見つけた!という人は少ないように思います。というか、見たことが無いかもしれません・・・。
逆に、目の前のことを一生懸命やっていたらそれが天職になっていたという人もいます。社会的に成功している人の話だと、こちらの方が多いように思います。
人の能力は、そんなに変わらないわけですから、探すよりは作り上げたほうが早いかもしれないです。
そんな時、運はちょっとあったほうがいいかもしれないですけど。

ちょっと前には”自分探し”というのがありました。
”本来の自分”っていう言い方は今でもされているかもしれません。
探したら出てくるものなのかどうか分かりませんけど。
あなたはそこにいるじゃないって思うことが多いです。

探している時間があったら、作っていったほうがいいかなと思います。その方が無駄が無いです。何とかなる可能性が高いですし。
作るというのは、出来ることをやってみるということです。
行動してみるということでもあります。
”自分らしい”なんていいますが、それはもしかしたら何かの影響を受けた自分かもしれません。自分らしい、苦しくないこと、楽に出来ることだけをやっていると、本当に自分らしいことからは離れてしまうことだってあります。
自分が苦手なことにもちょっと手を出してみるといいですよ。可能性が広がりますし。
チャレンジしてみることで幅が広がるなら、自分を見つける可能性だって広がりますって。

2008.06.03

力の具合

読める本と読めない本があります。
文字はかわらないので、、、つまり何ていうか、雰囲気なんですかねー。
難しいとか、そういうことではないです。何だか目がついていかない。
漫画も同じで、何だか読めないというのがあります。
相性っていいますか。
その代わり、読めるものはどんどんいけてしまって、気持ちいいくらいです。

さて、梅雨ですねー。
雨が続くと洗濯物が乾かないわけで、特に胴着が大変です(^^ゞ。いつもかなり汗をかくもので。洗濯したいのよねー。
稽古をしていると微妙な変化に気づくこともあり、疲れてくると気づかないこともありです。
最初から身体が自由ならいいんですけど、すでに手遅れの様子ですから。
どこに力が入っているのか?先ずはそのことに気づかないと先に進めないわけです。いやいや、僅かずつは進んでいるとは思うんですけど、、、。
身体の位置、力の具合、どうしたら筋肉以外の力を使えるか、それはイメージでは出来るし、相手がいなければ完璧なんですけど(^^ゞ。でも相手が出てきたとたんに力が入ります・・・。
ということは、相手が自分に対してどういう状態なんだろうとか。
先生の技はとても軽かったらしい。触れている程度、まるで風のようだということ。そこまでいくのはちょっと先が長そうだけど。柔らかさ、軽さの中に力強さがあると。だとすると・・・。
常に筋肉に余計な力が無いようにしておく。それはどういうことだろうと思ったりします。
例えばこうしてキーボードを打っているとき、肩や腕だけではなく、腰とか足にも気を配ってみることは出来るだろうか?
もしかしたら力のラインが身体にあるかもしれない。

まぁ、そんなことを考えているのは楽しいです(^O^)。

2008.06.02

宗教のこととか

「宗教を信じますか?」

と言われて、何と答えますか?
私がこの問いを聞いたとき、ちょっと変な気がしました。

「宗教は人を幸せにすると思いますか?」

なのか、それとも、

「宗教は有害だと思いますか?」

なのか・・・。
まぁ、ちょっと極端に聞こえるかもしれませんが、何を聞きたいのかをはっきりした方がいいと思います。

で、そもそも宗教について何を知っているのか?ということになります。
多分ですね、正月、お盆、クリスマスくらいとなると、よほど信仰を持っていないと、ほとんど知らないのではないかと思ったりします。知らないから信じないということもあるのかなぁと思ったりします。
実際には、宗教の影響をとても多く、しかも深く受けています。そのことには気づいていたほうがいいと思います。

信仰を持っている人は確かに強いところが多々あります。ただ、”宗教”というと、特別なもの、あるいは怪しいものというイメージがあるとしたら、言葉を変えてみるといいです。”信念”とか”信条”といったらどうでしょう。
それが強いものであるか、それとも柔らかいものであるか、それは人それぞれですね。
ただ単に周りに流されるよりは、流されない何かがあったほうがいい場合が多いです。自分を見失わないためにも。

何を受け入れられるか、とても興味深いところです。
例えば、何かの意味を見つけて納得する人もいれば、何も意味が無いと言うことに納得できる人だっているんですよ。面白いじゃないですか。

2008.06.01

関係について

沼袋にはおいしいお店があって、その一つである新・インド料理「タンドール」でカレーを食べて、さぁ日本ダービー!
ディープスカイは強かったですね。大外から一気で、これはかなりのものですねー。
ちょっとだけ取りました。

ということで、テレビを見ていて思ったことがあります。
男性に対して”なぜ結婚しないんですか?”と質問をすると、”家事も出来るし・・・”という返事をしている人をたまたま立て続けに見ることがありました。売れているタレントさんですね。
確かに女性の方が家事と言われる食事、掃除、洗濯などは得意なのかもしれないです。でも、それと結婚とは違うんじゃないかなぁと思いました。
それでは、家事が出来ないから結婚するのだろうか?
他に言いようが無かったからそう答えたのかもしれないですけど。

女性が裏で支えるという歴史が長かったので、洗脳されているのかもしれないです。
それで上手くいくかどうか、、、そもそも上手くいくという定義が分からないですけどね。

夫婦関係もどうしていいのか分からない人が多いようで、”うちのはだめですから”って言っている奥さんが結構いらっしゃいます、私の周りでも。
夫婦関係は続けなければいけないわけじゃないですね。
どうあるべきかは、何度か試してから判断してもいいんじゃないかなぁって思います。
”この関係が無くなっても大丈夫”っていう状態にしておいたほういいですよ。

« May 2008 | Main | July 2008 »