プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

2008.08.31

フェルメール展

昼間の上野公園は、晴れた青い空と白い雲のコントラストがいい感じでした。

東京都美術館で「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」を見てきました。
同時代の作家の作品もいろいろとありました。見比べてみると、やはりフェルメールが一番いいなぁと思います。先ず、明るいんですよね。どんよりしていないですから。あと、視点の位置。微妙なところですが、何か視点の位置が違うような気がします。それが特別な印象を与えるのかもしれないなぁって。また、強調したいところとどうでないところのバランスですかねー。いい感じなんですよ。
フェルメールの作品は少ないですからね。次に見るのはいつでしょう?

また半蔵門のロゴバで限定品エッグチェアーなどを見てきました。
すごーくいいです。でも金額と場所の問題が立ちはだかります(^^ゞ。
うーん、金持ちになっておこうと思います(^O^)。

夜にはまた雨ですね。
各地で被害も出ているようです。
もしも危険な場所にいるのなら、今よりも安全な場所に移った方がいいと思います。つまり、引っ越すということです。が、そういうとお金の問題が出てきます。それを聞くたびに命よりお金が大切なのかなぁ~と思うんですけど、とにかくお金が無くて、時間がなくて、いろいろ大変っていうことになります。
被害にあうのとどちらがコストがかからないだろうかって考えると、どうなんでしょう?
それ以上の魅力がそこにあるのかどうか、その人にしか分からないことだとは思います。

2008.08.30

自分スタイル

はやり雨。
晴れて、雨。
出かけようとすると雨で、まぁ今日はやめておこうということになったりします。

ということで、皆大好き"KY"ということ。
空気が読めないということですが、空気が読めたからといって何もいいことはありませんね。
空気を読んでるつもりで、まわりに流されていることに気づかないのは、空気が読めていないということなんじゃないかなぁと思ったりします。

相手の事を理解しようとすることは大切だと思います。
でも、それで思考が停止するのはまずいわけです。

少なくとも、もっと良くするにはどうしたらいいかくらいを考えてみると、湿った空気も乾くかもしれません。
そのためには、変に空気に馴染まないことです。
自分の空気に変えてみるくらいの方が健全です。

自分のスタイルというのがあります。
自分らしいやり方ですね。
得意技を持つことは強みですね。それしかないと弱点になったりします。このあたりが難しいところ。

自分はいつもベストでありたいわけです。
でも、残念ながら必ずしもいつもそうとは限らない。
調子が悪いことだってあります。
それは自分のことであって、他人には見せる必要は無いことなんです。
何があっても、いつでも「絶好調」でいいんです。あえて何かにやられる必要はありませんから。

そんなわけで、何があってもいつでも絶好調のこばやしでした(^O^)。

2008.08.29

世界をまたにかけてる

雨と雷・・・。
地震でもそうですが、"自分だけは大丈夫!"と思っています(^^ゞ。

質と量の関係を考えることが良くあります。
練習してものにしてくださいってことなんですけど、質の悪い練習をしても駄目なわけです。
丁寧にやる必要があります。
それと、理解しようとしながらやるかということ。
全然覚えていません!何てことになると何をやっているのか分からないから。

ボランティアというのは、とても大切なことで、多分本来人はとても自然に助け合ったりするんだと思います。
昔は狭い範囲だったのかもしれませんが、情報が増えて世界が狭くなると、どこに困っている人がいるのか分かったりします。大変な人はいろいろなところにいるけど、自分はここに手を差し伸べたいといったことってあるわけです。国境を越え、文化を乗り越えてですね。
自分の足元からという発想もありますが、どこで何をしようと、それは自由なんです。

日本人の場合、"土地"にとても強い信仰がある場合が多くて、先祖代々住んでいる場所とか、生まれ育った景色とか。人は土に帰るんだというのもあります。
それはそれでいいんですけど、自分を広げる妨げになってしまうこともあります。
全部捨てなさいということではないです。
チョット離れてみてはどうかということ。
そしたら大切なものが見えてくるかもねーって。

まぁそういうことで、世界を見るというのはとても素敵なことで、そういうと危険だとかなんだとか言う人もいますが、どこでも危険なことはありますから。
何もしないと変化しないというリスクがあります。
残念なこともありますが、行動する勇気を称えたいです。

2008.08.28

自然の中で

疲れすぎて、ガス欠みたいに体が動かない。
そんな感じのときは食べたいのか食べたくないのかよく分からない感じになります。
たまーに、そんな感じのことがあります。
ついつい頑張りすぎて体を使いすぎたときですね。
特に、水分が足りなくなっているのは分かるんですが、そうなってからでは遅いわけで、こまめに補給しておかないとなぁと思ったりします。
やりすぎは非効率的ですから。

ということで、凄い雨ですね。
一気に降ってきます。そのあと、ちょっと晴れたりして。
天気が不安定ということは、気圧や気流も不安定で、自然の働きが不安定ということで、それは体や精神にも影響するんじゃないかと思います。
仕事やら人間関係やらでストレスを感じている人は多いと思いますが、実は自然の動きに左右されているんです。圧力の中に生きていますし。有名なのが月の満ち欠けが精神や体に影響しているとかあるじゃないですか。
心が不安定と感じたり、ネガティブな考えが浮かんでしまうようなときは、もしかするとあなたの心のあり方とはあまり関係ないのかもしれません。チョット静かにして、自然の動きが収まるのを待ってみるといいと思います。
一年という四季の動き、星や月、太陽、風、、、自分との関係を知ると、とても役に立つと思います。
ということで、占星術とか風水とかいいんですが、私は詳しくありません(^^ゞ。

・・・なんのこっちゃ!
でもですね、出来ればビル街ではなくて、山や川に囲まれた自然の中にいると、そうしたことも自然に分かるんですけどねー。

2008.08.27

問いと答え

事実を伝えたい!
と思うこともありますが、何が事実なんだかなぁなんて思ったりします。

私のことを見た目で判断する人もいるし、何かのきっかけで理解しようとする人もいます。
私としては何でもOKなので、全てYESです!
これが混乱をもたらすことになったりしますけど(^^ゞ。
それが面白いんで(^O^)。

結婚するんだって?

と、ここ数年、あっちこっちで何度も聞かれました。
ええ、しますよ。まだ日程は決まっておりませんけど。
間違いではないですけど、大正解でもない答え。素晴らしいと思いません?

だいたいですね、物事には答えがあるわけじゃないんですよ。
これはですね、もう教育の問題です!(多分)
答えがある問題ばかりやっていると、本当の意味で考えるということをしなくなります。
先ずは問いを考えてみて欲しい。
そしていろいろな角度から答えをたくさん見つけてみて欲しいと思います。
○か×かとか、白か黒かとか、そんなものはですね、ほとんど無いんです。

可能性を示すことはありますが、それは答えじゃないかもしれないってことです。
それと、言葉にできる事って、以外に少ないかもしれないです。

どうしたらいいですか?
これでいいですか?

そうした聞き方をする人はとても多いです。
どうしたらいいか先ずは自分で考えて見ましょう!
そして、やってみましょう!!
上手くいくまでやり続けてみましょう!!!

2008.08.26

体と呼吸

意外なこと、というか、体験しないと分からないことがあって、特に体を使うことは自分の体と相手の体をしっかりと認識していないと分からないことがあります。
体は、頭のてっぺんから足の先まで、そして指の先まであるんです。分かってはいますが、ついつい全てを認識できないでいます。自分の体がどうなっているか分からない。やっているつもりってやつですね。

体の軸をまっすぐに!
例えばそこに負荷がかかると、まっすぐにしているつもりがそうでもない。何があってもバランスを崩さないようになるには、多分ですが、相手が自分の一部になるくらいになっているのかもしれない。

達人は実に簡単にやります。
簡単にできるように見えるということは技術的なこともありますが、そこにはとても細かい気づきのようなものがあるわけで、意識の広さがあるように思います。
まぁ、なかなか長い道なのだと思いますけど。

というわけで、今更ながら呼吸に気をつけようなどと思っています。
加圧トレーニングなんてやっていると、かなり頑張って、踏ん張っているわけで、ついつい呼吸が止まりがちになってしまいます。エアロのときもですが、呼吸に意識が向かなくなるときがあります。意識が向かないということはどうやっていたか分からないのですが、多分とても薄い呼吸の状態だったんだろうなぁって、後になった思うわけです。
そこで、先ずは呼吸を意識してから動き出すようなことをやってみると、かなり結果が違ってくるように思うわけです。汗が出るというのもありますが、疲れ方が違うというか、しっかりしたトレーニングになっているんだろうなぁという実感が強くなっています。
これは面白い!と思って、日常生活でも出きるだけ意識をしてみるなんて事をやっていると、これがいいんですよねー。

2008.08.25

求めない

天気が悪くて洗濯物が乾かない・・・。
まわりの部屋では何故か雨の中外に干している人もいましたけど。

いつも右足から出るとか、これは以前と同じだから同じようにとか、ゲンを担ぐようなことってありますが、だからといって上手くいくかどうかは何ともいえないところ。競馬場にもよくいます。この騎手とこの馬と人気と、これはあの時と同じだとか。人は記憶に左右されることが多いのですが、その結果あまり良い結果は出なかったりします。だって、そもそも以前と今回の関連が無いことですから。
それよりは今感じたように動くのが正しいとおもいます。

ただ、同じ事を繰り返しながら、エネルギーの場を作り上げることが出来ます。
多分ですが、それは結果を求めないときとか、自分のためとか、変に欲望が無い状態の場合有効だと思うんです。
朝起きて、いつもと同じように顔を洗って着替えて、、、儀式のように続けていると、エネルギーって高まっていくように思います。
そもそも、こうしたらああなるとか考えすぎるとエネルギーをロスしますから、そうしたことを止めてみるとゲン担ぎも意味が出てくるように思います。

ただ目の前にあることをやっている。
考えてはいるけど、考えていないような感じ。脳の違うところで考えているような感じかな。いつもそんな感じだと、冴えているってことになるのだと思うけど。

私も場合、ごくたまーーーにそういう状況になることがあってですね、再現したいんですけど、どうも上手くいかない。ちょっと残念ですけど(^^ゞ。

2008.08.24

オリンピック、終了

久々に銀座へ。
有楽町駅前がガラリと変わっていて、ちょっとビックリ。
銀座って、古いものから新しいものまで、いろいろと混ざり合って存在していて、面白いです。

で、五十音ツバメノート謹製Thinking Power Notebook「メトロポリタン」と「ネイチャー」を購入。
文具マニアというほどではないですが、ペンとかノートとか手帳とか、好きなもので。
ちなみに伊東屋の中もちょっと変わっていましたね。

ちょっと用事があったので、一丁目の奥野ビルのエレベータに乗ってみました。銀座で一番古いビルだそうで、手動のエレベータなんですよね。二重扉になっていて、これを手で開けて乗って、手で閉めて、ボタンを押すとガーっと動き出す。中は新しくなっているようですが、外に触れるような感じで進むのがいいです。
また、ビルそのものも古いままで、山の獣道のように人の歩いたあとが残っていて、歴史を感じます。
いいですねー。

ということで、オリンピックも終わりです。
何だかんだと結構楽しかったです。マイナーなスポーツにも光が当たる瞬間がありますし。ドラマもたくさんあって(^^ゞ。過剰なほどのものもありますけど。
スポーツであっても世界を意識するって大切だと思うんです。日本にいると、その地域とか組織ばかりに目が行きがちになってしまうことがあるので。狭い範囲でもいいですが、世の中は意外に広いということを知るというのは大切だと思うんです。中国語を始めてみるとかね(^^ゞ。

2008.08.23

いざというとき

将来に不安を感じる人が7割だとか。フツーに考えると、今後の日本の景気は悪くなるだろうし、国際競争力を強化するような雰囲気はないし、かといってどうしたらいいのか、不安でない状態なんていうのがちょっと想像できにくいのかもしれないなんて思ったりします。
環境問題に興味がある人、今ではとても増えていますね。それが本当に効果的はどうかはともかく、意識していることは大切な気がします。

人それぞれではあるんですけど、自分の将来に不安があるということは、世の中の将来にも不安があるということですね。

自分の将来が分かったらどうでしょう?

分からないから面白いんだ!という意見がありますが、面白いというほど楽しんでいるようには見えなかったりします。それに、分からないから不安なんだとも言えるわけです。

よくスポーツ選手などのコメントで”開き直ってやりました”なんていうのがありますが、それはその時だけのことだから言えるのかもしれないなぁと思ったりします。開き直り続けたらいいんですけどね。

実は、何とかなるんです(^O^)。
不安なく生活することは、ほとんどの場合、すでに当たり前に出来ているんですよ。
大きく変わることはないかもしれない。状況は変わりつつあるけど、不安に思う必要は無いということ。
抱えているものを手放すことが出来れば、新しい流れに入っていくわけで、変わりはあるんです。

これ以外に何があるだろうか?
直感だけだと精度にかけますが、理論的に考えることが出来るといいんです。
苦しいということはどこかおかしいということです。
どこかに問題があるとしたら、それはどこでしょうねーって。

自分の好きなことをやるというのは、とても素敵なことですが、世の中の流れとチョットずれることがあります。
一般的には、必要とされるものが必要とされているわけですから(^^ゞ。
ほとんどの人にいざという状況は起こりません。
でも、部屋でジーっとしていても奇跡は起こらない可能性がとても高いです。
自分だけが分かっているのはまずいです。相手に分かるようにすることはとても大切です。
分かってくれるはず!ということは以外に無いので、工夫は必要ですからねー。

まぁ、何とかなるようになっているのが人生で、どうにもならないことは無いんです。
いつでも笑顔でいられるって、素敵でしょう。
想像力はいつも豊かでいられるように。

2008.08.22

平和苑は素晴らしい

もうすぐオリンピックも終りですね。
世の中、日本に関係のありそうな出来事が各地であるような気もしますが・・・。
ソフトボールは凄かったですねー。あんなに投げられるんだって。
星野ジャパンは残念でしたけど。

先日買った自転車(ブルーキャット号!)のサドルにジェルの入ったカバーを取り付けました。
これでお尻も痛くないことでしょう。
で、同じ自転車を町でよく見かけます(^^ゞ。
色違いもありますけど。
近所の自転車屋さんで買ったものですが、お手ごろ価格で、まずまずのデザインで、使いやすそうなら、多くの人が使いますねー。自転車置き場に同じ自転車が並ぶ時もあります。間違えそうです・・・。

ということで、近所の焼き肉屋「平和苑」に行ってきました。
我が町沼袋には美味しい焼き肉屋が何件かあって、こちらは住宅街にある小さいお店で美味しいと評判で、いつかは行ってみたいと思っていて、でもいつ行っても満員で入れないでいましたから。

オススメは?
中カルビです!

白い髪の元気なおっちゃんが焼いてくれました。上や特上よりオススメだそうです。
軽くあぶってレモンをかけて、そのまま食べます。タレはありません。

良い脂はスーッと入っていくんだよ。

確かに美味い!
かなりこだわって仕入れている肉のようです。
時々、脂だらけの肉を出すような店もありますが、ここはとてもしっかりとした肉です。しかも柔らかく、肉の味がしっかりしていて、素晴らしいです。

次はこれを・・・。

ほとんど生のまま肉で、中が冷たいくらいじゃないと肉の味がしないということ。火が通り過ぎると肉の旨みが出てしまうからって。

2,3回噛んだらじっとしていて。肉が消えていくから。

おぉ~、凄い食べ方です。
とにかくどれも美味しい。ビビンパとかクッパとかも美味しい。見た目は普通なのに、いろいろな工夫をしているんだろうなぁ。しかもキャベツは(多分)食べ放題、ウーロン茶は飲み放題。
しかもそれほど高くはない。というか、結構安かった。
満足度はとても高いです。
おっちゃんも面白いし。
また行ってみようっと!

2008.08.21

成功とか失敗とか

雷が凄かったですね。
雨は結構降ったようですが、私のところは大丈夫でした。

ということで、重心から動かすと凄いかもしれない!
そんなことを思ってやってみると、いい感じ・・・のような気がします。これを意識しないでできるようになるといいのかなぁと思うんですが、意識しないというのと、意識できないというのはちょっと違うんだろうなぁと思ったりします。
力を抜くことで、力を爆発させる道はまだまだです(^^ゞ。

ということで、成功と失敗。
失敗から学ぶ、ということは本当にあるんだろうか?失敗からは失敗する方法しか学べないかもしれないなんて思ったりします。失敗したなら、次はどうしたら良いかというが考えられて、それが実行できると成功へのきっかけになるかもしれないですけど。

では、成功からは成功の方法が学べるかというと、そうかもしれないし、そうでないかもしれない。成功体験は自信を持たせるかもしれないですけど、成功体験に縛られると新しいことが出来なかったりします。よくあるでしょう、あれで上手くいったから今度も同じようにって。縁起を担ぐみたいですけど。

やってみるといいことは、以前と変えてみること。成功であれ、失敗であれです。
使ってしまったエネルギーはもう無いんですよ。だから新しくしてみるということです。
いつもこれを使っているとか、いつものやり方でとか、これでうまく行くはずだという思いがあると邪魔になったりします。そういうことがあったら順番を変えたり、何か変えてみると良いです。まぁ、いつの間にか決まったことに縛られないということですね。自由であることは大切だと思うんです。

とはいっても癖とはあるもので、ついついって、あるんですよ。
成功体験をどのくらい捨てられるか、それに縛られずに冷静に最善の方法を見つけられるかってね。

でもですね、ひとつの事を作り上げるという考えもあってですね・・・。

2008.08.20

ドラマ好き?

感情移入するならドラマがいいです。
恋愛、家族愛、青春もの、スポーツもの、動物もの、それに競馬もの(^^ゞ。
よくよく冷静になると"なんでそんなことやっているんだ!"、なんて思うわけですが、感情移入するからには、そうは思わずに単純にのめりこんだほうが楽しめます。ジェットコースターみたいに、落ちるわけ無いしと力を抜いていると怖くないんですが、楽しみ方としては間違っていますから。頑張って力んで、”わぉ~”と叫ぶのが正しい(^^ゞ。
まぁ、それはともかく、ボーっとしているとボーっとしちゃうんで、感情が揺さぶられるようなことってあったほうがいいんですよね。でも、日常で片っ端から感動していると自分も回りも疲れるので、ドラマで楽しむのがいいかなぁと思ったりします。
感情の代表的な種類は5つあるとも6つともとも言われます。その組み合わせもありますね。怒りながら喜んだりって。
頭で考えるだけが人間ではないです。何かに揺さぶられるんです。最近、イマイチ心の波風が立たないなぁ~と思ったら意識して波を作って飛び込んでみると、情熱も蘇るかもしれません!
オリンピックですから”頑張れ、日本!”っていうものありですね。でもボルト選手の凄い走りは興奮させてくれます!いやぁ~、凄いです。

私の場合、それほど感情豊かというわけではないです。観察するという習慣があったりしますから。ついつい冷静に見ようとしてしまいます。そういうわけではないんですが、体を使うことでコントロールしているところがあるんだと思ったりします。汗をかいて、無心に近いような状態でのめり込むと、いいんですよねー(^O^)。
ちなみにドラマは全然見ません(^O^)。

ところで、眼鏡のレンズを新しくしようと眼鏡屋さんに行ってきました。
もともと近くを見るように作っていたんですが、そのため遠くがちょっと見にくかったんですね。普段は眼鏡をかけていないわけで、眼鏡をかけるのは遠くを見る必要があるときなんですが、それじゃ駄目じゃないって!
これでクレーも当たりやすくなるかもしれない!なんて思っています。

その瞬間

エネルギーの集中と拡散。
ということを急に思い出したりしました。

やろうとすれば何でもできる!っていうのもありますが、これだとちょっと効率が悪い。やはり技術や観察する力も必要です。
人は理論的に考えることが出来るわけで、でも考えすぎるのはあまり良くないこともありますが、脳と体を上手く使うようにするといいわけです。体で覚えるようにしていくと、脳を超えていくかもしれない。自然に出来るようになるということです。

よく、ヒーリングを習得するときに、習っただけではなくて何度も練習しなさいということがあってですね、出来るんだけど、もっと高いレベルがあるということなんです。
私もよく練習していましたけど、ある程度の回数になると技術が一気にアップする瞬間があります。手が自然に動くようになるというか、無理なく動けるというか、そういうことが自分への負荷を減らすんです。楽にできるようになるんです。

で、集中と拡散ですが、これをやろうとすれば出来るというだけではなく、微妙な体と意識の使い方でいけそうだなぁ~って思ってやっています。自分の体が今どこでどうなっているのか、前後左右のバランスはどうかなど、そんなことにも気づきつつ、エネルギーを集中させたり、広げたりしていくとですね、面白いんですよ。
そして、繰り返していると、その瞬間がやってくるんです!

2008.08.18

大切なものを見るために

いつ、どこで雨が降るかわからないような天気ですね。
あっちこっちと動き回っていると、たまたま雨が降ったあとだったり、これから降りそうなところだったりで、雨に当たらなかったりします。晴れ男かも(^^ゞ。雨でも気にしないですけどね。

「大切なものは目に見えない」ということ。星の王子さまですね。
スピリチュアルブームということもあって、世の中には目には見えない世界があって、そこに大切なものがあるだよということもありますが、それだけではなくて、何が大切なのかということに人はなかなか気づかないものであるということだと思うんです。
見えない存在の声を聴けるかどうかということではなくて、目の前にある”これ”に気づかないということ。
最短距離を進める人はなかなかいないんですよ。ついつい遠回りをする。本人は相当は気づかないんですけど。
何となくは見たくないものが”これ”だったりします。
まぁ、私もそんな感じなんですけど・・・。
”これ”に突っ込んでいけるかどうか、”これ”の上を歩いていけるかどうかなんですが、それがどうにもこうにもねー。無いことにしたり、後回しにしたり、軽く扱ったりしちゃうんです。
よほどの天才でもない限り、そんな感じなんで、やっぱり人は一人では上手くやっていけないんだろうなぁと思ったりします。

一番大切なものはなんだろう!
どうやって見ることが出来るのだろう!
どうやったらチャレンジできるだろう!

いつもの逆をやったり、自分らしくないことをやってみたりするといいと思うんです。
目の前にあることを端から端まで全て見てみると、自分でも見つけることが出来るかもしれないなぁって思ったりします。

2008.08.17

疲れない

今日は雨も結構降っていて寒いくらいでした。
梅雨みたいです。

で、休んでばかりいると疲れます。今まで溜め込んでいたのが浮き出てくるような気がします。眠くてねー。
筋肉を使わないと(^^ゞ。

朝から中野ケーブルテレビの工事。といっても、配線やら機材やらをかえたりして、便利になりました。地デジ、SC、CATVにVODにも対応しました。まぁ、そんなに見るかどうか分からないですけど。

ということで、「青いミイラマスク、日本で最後の公開!」ということで古代オリエント博物館でやっている吉村作治の早大エジプト発掘40年展を見てきました。
なかなかのものです。状態のよいものもあって、興味深かったです。
イシス、オシリス、アヌビスと、おなじみの神がいくつもありました。
肝心のマスクですが、綺麗に色が残っているし、とてもしっかりしていますね。
そのマスクもとても凄いのですが、私としては棺がかなり気になりました。とても重厚感があって、こちらも文字が綺麗に出ていて、目も鋭い。
エジプトの歴史に詳しいわけではないんですが、神とか生死感とか、共通するものがあるような気がします。
いつかはエジプトに行ってみたいなぁと思います。

2008.08.16

椅子の日

半蔵門のROGOBAに行ってみました。
北欧家具とキリムのお店です。
エッグチェア誕生50周年記念 999台限定モデルというのがあって、どんなものかととても興味がありまして、見てきました。というか、座ってきました。日本にはあまり数が入っていないようです。
椅子というのは椅子ではあるんですけど、美しく機能的である椅子は、人と空間を楽しく豊かにします。こんなのがあったらいいなぁと思いますが、大きさもあるし値段も値段なもで・・・。

こちらのキリムも良かったです。
アブラッシュが美しいです。糸と色を組み合わせて、波のような独特のリズムのあるデザインになっていて、いろいろなところに合いそう。良いものは昔のものが多く、もう作れる人がいないなんていうことになりますが、これは現代のもので、今でもこうしたものを手作りできる人がいるというのは貴重だなぁと思います。

新宿のOZONで第10回椅子塾展「300 Chairs」というのがあって、見てきました。ずらりと300種類が並んでいるのはなかなかのものです。こちらもいろいろな椅子に座ってきました。
あまり奇をてらうのではなく、素直に座りやすいやつがいいですね。いい感じのものって、美しいです。面白いだけだと座ったときにイマイチな感じがします。座るといってもいろいろなときが考えられて、仕事で長時間座るというのもあれば、部屋でリラックスしたいというときもあるし、靴を履くときにちょっと腰掛けたいなんていうなかなか贅沢なものあります。座るときをイメージさせてくれるといいですねー。
私の場合、やや体が大きいので、なかなか体に合うものがないというものあります。椅子もチョット狭いとか、ちょっと低すぎるとか、ちょうどいいっていうのはなかなかないものです。
木が好きなので、その素材を生かしつつ、機能的で美しく、経年変化まで楽しめるようなもの。そういう作品が世にたくさん出てくるといいなぁと思います。

ところで凄い走りの100m決勝でした。ボルト選手は、大きな走りで、とんでもないですねー。まさに人類最速!カリブの時代ですねー。

2008.08.15

帰省

帰省。
暑いことは暑いけど、はやり山と川にはさまれた場所ですから、涼しさを感じます。
クーラーのない家ですが、全然問題ない。
道路からかなり入ったところなので静かですし、風がいい感じでした。

何をするわけでもなく、結局オリンピックの中継を見ていました・・・(^^ゞ。
一応、お墓まいりなどもしてきましたけど。

終戦記念日ですね。
残念なことに世界のどこかで戦争は起こっていて、結局金儲けで殺し合いをしているような感じ。
日本が昔ながらの戦争に巻き込まれる可能性はとても低いとは思いますが、世界は平和なほうがいいわけで、いつかは殺し合いに終止符を打てればと思います。
金儲けは悪いことじゃないですから、戦争に変わる新しい価値観が世界に広がればと思います。

雰囲気だけのあやふやなままというのが危ないと思います。
社会貢献ということで世界に出るなら、何かがあったときにどう対応するのか。
法的な根拠をしっかりと示せるかどうかって大切だと思うんです。
何が違憲で何が合憲か?そのときどうするのか?
”こんなこと初めてなもので・・・”なんて言ってちゃやばいですからねーって。

終戦という言葉は戦争は終わったということで、全部終わりにしちゃえばいいんですけどねー。

2008.08.14

お尻が痛い

朝、家から国分寺まで自転車で行ってみました。
30分かな、40分かな、、、と思ったら、1時間半近くかかってしまった。
汗だくで走り続けて、のどが渇いて、なかなか大変でした。
それとサドルの調子がイマイチで、お尻が痛いのが問題です。何かいいのに変えようかなぁ。

行ったら帰ってこないといけないのが自転車で、帰りは何故か行きと違う道に入ってしまい、ちょっと時間がかかってしまったみたい。やっぱり汗だくで、飲んだものがあっという間に汗になってしまっている気がしました。

いい運動でした。

さて、オリンピックも盛り上がってきているんじゃないかなぁ~と思っています。
時々見ています。
北島選手、やっぱり凄いですねー。
まだまだいけそうな気がします。

柔道はいろいろと大変で、思ったような成績ではないんですね。
それに見ていると力ばかりで技がないように思ったりします。腰を引いた力勝負で力負けしてもしょうがないので、力を制御するような技を身に付けてほしいなぁ~って思うんですよね。礼節は大切ですが、それだけではなく、元々の武道とか武術といったものに戻って欲しいなぁって思いますが、、、それは無理かもしれないですね。
強さって何だろうという視点ですね。

そうそう、自転車名前をミスティー号から"ブルーキャッツ号"に変更しようと思います。
まぁ、どうでもいいことですけど(^^ゞ。

2008.08.13

ミスティー号発車

諸事情があって、新しい自転車を買いました。
今度は6段変速です!
わーい!今までのよりだいぶ速いし楽です。
ミスティー号と名づけました(^O^)。
風を切って走る姿を見せてあげたいです。

ということで、早速サイクリングです。
ちょっと用事があったので池袋まで。家から20分ちょっとで到着。電車で行くより早いですね。
自転車置き場を探すのに苦労しますけど。

坂道ではギアチェンジを繰り返し、いろいろと試してみると、1~3段のところはほとんど使わないという結論に達しました。
えー、そういうことです。
今度は東京駅ぐらいまで行ってみようと思います。どれくらいで行けるんだろう?念のため地図も買っておこうかと思います。

自転車を買ったのは久々だったのですが、今回のはオートライトです。これは初体験!
暗くなると自動的にライトが付くのは、便利ですね。今までのがタイヤとの摩擦でライトが付いていましたから、うるさいし重いしでしたから。

自転車で道を行くと、坂とかカーブとか、町の様子が良く分かりますね。
それに細い道もいけるので、大体この辺りからあっちの方だなと行ってみたりするのがオモシロイ。案外遠回りになったりすることもありますけど。

2008.08.12

夏のお葬式

久々の喪服。
私のパートナーの父親が亡くなり、お葬式に行ってきました。
特に宗教を持っていなかったようで、最後に入居してお世話になっていたキリスト教(カトリック)の介護センターでの、カトリックのお葬式でした。神父、シスター、パイプオルガン、聖書、賛美歌、、、今まで何度か参加した仏教的な葬式とはだいぶ違いますね。数珠も戒名もありません。
いろんな人に挨拶したり、一緒に骨をひろったり・・・は、どこも同じですね。
でも、全体的に分かりやすい言葉でなかなか良かった。

生前、いくつかの介護センターに短期的に行っていたのですが、こちらのセンターが一番良かったようで、こちらに行くといつも穏やかであったそうです。介護というのはなかなか大変なものですが、介護する側が信仰を持っているというのは、結構良いものです。人対人、それも大切ですが、そこに"神"がいて、何と言うか、優しさと我慢強さがあるんですよね。

マザー・テレサは神の声を聴き、インドの渡りましたが、自分の気持ちだけでは何十年も人のためにやっていけないでしょう。やはり、信仰が人を強くしているように思います。信仰というと分かりにくいかもしれませんが、揺るがない信念として捕らえると分かりやすいかな。
そうしたことは宗教の良い面のように思います。

葬式とは亡くなった人を送ることでもありますが、こちらにいる人たちがその死を納得するとか受け入れるとか、そういう役割もあると思うんです。でも、それだけではなんなので、あの世でも上手くやっていけるように個人的にやることがあって、今日もやってきました。きっと喜んでいると、勝手に思っていますけど。

2008.08.11

お盆の季節

グーグルマップのストリートビューを見ていたら、我が家の洗濯物が映っていました(^^ゞ。
うーん、凄いです。
見ているといろんな人が映っていますね。買い物している人とか、自販機で買っている人とか。
個人情報がどうのうといわれるわけですが、同じ人があっちこっちに映っていたら面白いかもと思ったりします。
出てみたいですか?
私は面白いかっこうで出てみたいです!

ということで、お盆ですね。
先祖供養ということならばお墓に行ってみたほうが良いようですよ。
実際にその場所のご先祖さんたちがいるわけじゃないですけど、その場所を綺麗にしておくことはとても大切なんですよね。いろんな思いがある場所ですから。
人は土に帰る・・・わけではないです。骨は土に返っていきますけど。
この世の都合だけであの世の事を考えないようにって思います。
先祖もエネルギーを送るととても喜ぶようですよ。時々やるんですけど、身体が変わりますし、状況もかわります。DNAだけではない何らかのつながりがあるんでしょうねー。面白いものです。

ところでオリンピックですが、一応まずまずなんでしょうか。
見ている時間がない・・・。
注目のクレー射撃の中山由起枝選手。4位でしたか。ロンドンではメダルですねー!

2008.08.10

祈りの時間

祈りの週末が終了。
濃厚な時間でした。

特に強い宗教的な背景があるわけではないんですが、祈るということが好きになって、もう結構たちます。
最初は祈るということにかなり違和感がありました。
どうしていいのか分からないということと、これは自分の気持ちなのだろうかということ。
それに祈りというのは、特定の神なりなんなりがあって、自由じゃない。
それが願いでも感謝でもなく、祈りなのだということがピンときて、気持ちよく言葉が出るようになったわけです。
特定の信仰とは関係なくです。

祈りの言葉には鍵があります。
何かを開くんですよ。
楽しいでしょう(^^)。

2008.08.09

変えられない

人を変えることはできないし、変えようとしてもいけない。

こうして欲しい、あぁしてもほしい・・・。そういうことならよくあって、親子関係とか、先生と生徒とか、上司と部下とか。
状況によっては必要なこともあって、親子関係なら基本的な部分は教えないといけないでしょうし。

その人にとって、何が必要かをちゃんと考えられるといいし、しっかりと説明できるといいんですが、これが勝手な思いでやってしまうとやばいわけです。
さらに、そっちの勝手な思いで何とかコントロールして使ってやろうなんていうと、もっとやばいわけです。どうやばいか、、、それは言えません(^^ゞ。ということではないんですけど、エネルギーの向きが逆になるんですねー。結局は、やっているほうが良くない方向に行ってしまうわけです。しかも自分を見失ってしまって。

自分は凄い!
まぁ、確かに凄いんですけど、それは一人ひとり全ての人が素晴らしいということなんです。
その人だけが特別ということではなく、全ての人が特別なんですよ。そのことに気づかない人って、時々いて、自分にだけ特別な指名や役割があると思い込んでしまっている。悲しいことに・・・(^^ゞ。

あなたも凄い!素晴らしい!
そういうことなんです。

人生にはいろいろな出来事にはあります。
ある人が面白いことを行っていました。いろいろと奇跡が起きるけど、それはプラスのエネルギーだったかどうか常にチェックしていると。起きた出来事だけ見て喜んだり悲しんだりしないで、どうしてそうなったのか、何が働いているのかを見ていると、いいんですよー。
ということで、私も常に自分はどうかと確認しながら、でも見えないところは見えないって(^^ゞ。

夏の汗

あれから4年。
オリンピック、開会!
いやぁ、中国は凄い・・・。何と行っても規模が大きいです。人の数も凄いし。
最初のサッカーはイマイチだったけど、これからですねー。

今年は超整理手帳を使っていますが、これが自分に合っているかどうかまだ分からないでいます。ちょっと大きい。スケジュールをA4に広げてみることがない。書きやすいかもしれない。A4の用紙がある場合、折りたたんで挟んでおくのが便利な気がする。良いような、物足りないようなといったところ。
通常の手帳で開いて使うと、一日の長さがちょっと使いづらいんです。右ページのメモ欄もちょっと違うし。まぁ、悪くはないんですけど。あと、バーチカルタイプは目線と相性がイマイチで。
ほぼ日手帳もいろいろ書くにはいいんですが、メモしたいことはそれではなかったりして。
今まで一番よかったのがみわたす手帳
だったかな。でもシステム手帳を止めようと思ったんでね。

そもそも管理するものがそれほどないっていう話もありして(^^ゞ。
年末の手帳の季節まで、まだまだありますけどねー。
今から妄想の中です(^O^)。
暑すぎて・・・。

そんなこんなで、試行錯誤は続くわけです。
最初の直感と試行錯誤の結果が同じになることってありますね。
多分こうだなと思っていて、いろいろやってみてやっぱりそうだったって。
結果はそのあとですが、やる価値があるような気がします。
そもそも何を狙うのか?そのあたりがぶれなければ、無駄はないんだろうなぁ~って。

ということで、夏は風邪の季節です(^O^)。
冷房はきついですね。体が冷えすぎてしまいます。
ちょっとおかしいと思うと、一気に先に進んで体調が悪くなってしまいがちです。
私の場合、やばいかなと思うかなり前に手を打とうとします。このままいたらどうなるかとか想像したりして。冷えるくらいなら汗をかいていたほうがいいかなと思います。
夏は汗ですねー。

2008.08.07

力関係

いよいよオリンピックです。
日本人がメダルととると盛り上がるので、私もエネルギーで応援します!

さて、相手に影響されない自分をどうやって作っていくのか!
そんなことを考えるわけです。
他人が気になるとかそういうことではなくて、もっと具体的に力を入れられたときにどう反応するかということ。
えぇ、道場での出来事ですけど(^^ゞ。
何らかの力に単純に反応してしまうと、ちょっと違うわけです。が、これが難しくて、力を抜きながら力を爆発させるような・・・。
でもですね、力がかかって頑張っていると、自分でやっている感じがして満足してしまうんですよ。ここから筋力を使わずに力を使えるというのを目指しているんですけど、難しいです。
自分がしっかりしている。肉体的に。
背筋がまっすぐになっていて、でも無駄な力が入らず、頑張らず、首や肩も自由になっている。
何があっても、全てが自然であるといいんですよねー。
いずれそうなるはずです!
きっと(^O^)。

筋肉ではない"力"。
何とかものにしたいところです。

で、その力はどこから来るのか?
普通に考えると下丹田ということになります。
表面ではなくて、もっと内側の奥の所。これが広がるといいのかなぁと思うけど、意識がもたない(^^ゞ。
そこまで自然の状態になっているといいんだと思います。

体と意識と力の関係。
うーん、楽しい!

2008.08.06

努力と才能

思ったより食べ過ぎて苦しい・・・。

で、もうすぐオリンピックということで、いろいろな選手の紹介などあって、結構面白いです。
こうした大会に出るようなだけでも凄いんですけど、金メダルとなると、それはもー、大変なものですね。
実力と努力と運と、、、。
もともと才能のある人が努力して、本番ではほんの僅かな差となってあらわれる。
僅かな差は、その後とて大きなものになっているわけです。
メンタルマネージメントなんかも、ほとんど差がないところでどうやって勝負を分けるものは何かというところから始まっていましたし。

世界一!
なれたら嬉しいですけど、現実的にはこれはなかなか難しいことです。
でもですね、ものによっては一番じゃなくても結構凄いものがあります。
世界で100番目のビジネスマンなんていうと、これは凄いわけです。
日本で10番目に売れた本、これもたいしたものです。

よく言いますが、日本で一番高い山は富士山で、一番大きな湖は琵琶湖で、でも二番はわからないって。
一番目は勝手に覚えてくれるけど、二番目は覚えてもらわないといけないのですから。
ちなみに二番目は北岳と霞ヶ浦だそうです。

ものによっては、何番でも使えてしまう気がします。
でもやっぱり一番がいいのかな?

どこで自分にOKを出すか。
スタートが得意な人もいれば、持久力がある人もいますし、坂道が得意な人もいます。
苦手なところまで頑張ると、きついですね。
頑張るという感覚自体ちょっと違うんでしょうけど。

好きだからやっている。
好きだと思い込んでしまうのもいいのかもしれないです。

さぁ、私もいつか世界大会へ!
何かの・・・何だ??

2008.08.05

それでいいのか

赤塚不二夫さんが亡くなってしまいました。
「天才バカボン」はとても好きで、よく見ていた記憶があります。

何があっても、それでいいのだ!

とばかりは言っていられないような感じで、雨とか雷とかが凄いですね。
いつどこで何があるか分かりませんねー。
でも、なぜか私は雨にはほとんど当たりませんけど。
もっとも雨が降っても大丈夫だと思っていますから。

嫌なことは気になります。嫌じゃないと気になりません(^^ゞ。
そんなものだと思いますよ。
ただ、興味を持つことは忘れないようにって。

ところで塩を使って浄化するって言うのがあります。バスソルトなど時々使うけど、確かにいいです!何かが抜けていくなぁって。
でも、お葬式のときも「お浄めの塩」というものをもらったりしますね。何を浄化するんでしょうねー・・・などと思うことがありますが、調べてみると諸説あるようで。
まぁ、死は別に穢れたということではないです。肉体的には終わっていきますが、誰もがそこへ向かうわけで、排除できる問題ではないです。
この世とあの世、そして命のあり方を考えてみると、塩はいらないなぁと思ったりします。

どうしてそうなのか?
物事には歴史があって、習慣があって、結局知らないままやっていることってあります。
時々は考えてみるのもいいなぁと思います。

それでいいわけないってこともありますから(^^ゞ。

2008.08.04

小さな常識から

たまには雨も必要です。
雨が降ると涼しさを感じますし。

最近、ちょっと血圧が高いみたい。もともと高めだったんですけど。
ジムなど測るときがちょくちょくありますから。大体分かります。
でも、血圧が下がるとちょっと調子が悪くなる気がします。それもどうかと思うけど。
体質と、その他いろいろあるみたいな気がしますねー。
どうしたら血圧が下がるのかっていうのは、たくさんありますし、血圧が高いのは良くないというのもたくさんあります。でも、どうして血圧が高くなるか、その原因を見つけるのは難しいようですね。
そういうことってちょくちょくあって、どうしてそれが起きるのかって分からないことがたくさんあります。
どうして風邪を引くのか?
体が冷えたから?流行っているから?本当に??

さてさて、長く続いた男性の時代から女性の時代へ。
男と女は違う生き物だなんて言います。確かに思考回路はかなり違うようですけど、違いばかりを強調しても摩擦が大きくなるばかりかも。
"異性になる"ということをやってみると面白いかもなぁと思ったりします。

男と女が愛し合うものだ、というのもの一つの考えでしかなくて、男同士、女同士も珍しくは無いわけです。
それに、一つの人生で、一つの性しか体験できないなんてもったいない!
男らしく、女らしく、それがどういうものかを理解するためにも、相手を知ることは大切だと思ったりします。

変だと思いますか?
いやいや、変なことはもはや無いのかもしれないですねー(^^ゞ。
小さな常識からは飛び出たいものです。

2008.08.03

クレー

7時到着ということは、5時過ぎには車に乗っているということで、それじゃ4時半に起きて・・・。
などと考えながら、暑くて寝苦しい夜を過ごして、成田射撃場へ。
久々のクレー射撃です。
お世話になっているリバーストーンの射撃会です。

快晴!
この暑さで、集中力が持つのだろうか?などと考えている間にどんどん進んでいきます。
合図とともにオレンジのクレーが飛んで、狙いを定めて引き金を引くとダーンと音がして、パーンと当たってはじければいいんです。
これがまた・・・当たるときって、何となく自然に当たるんで、狙わないとどうにもなりませんが、狙いすぎるとこれまた外れることになったりして、その微妙な感じが難しいところです。

同じようにやっているつもりでも、違っているんでしょうねー。いやいや、違っているのは自分でも感じられるんですけど、そこうをどう調整していけるかということかもしれないです。
まぁ、何と言ってもまだ3回目ですから。まだまだムラがあります。
クレーがとんだ瞬間に、特に当たる前から”よーし、もらった!”なんて思うと外れるものです(^^ゞ。
いつか全てを当ててみたいです。

規制ばかりの世の中ですが、ルールを守ってやれば危険なことはないと思うんですよ。
クレー射撃は楽しいですよ。

Shooting200808

2008.08.02

興味を持つと

汗だくでスターバックスへ。
コーヒーを飲まない私は「チャイティーラテを」と。
「アイスでよろしいですか?」
「いえ、ホットで!」
クーラーが入っているので、汗はすぐひきますね。
暑いときには温かいものを。

まぁ、暑いときは早くから出かけるか、涼しくなってから出かけるか・・・。どっちにしろ、出かける気力のあるうちに動き出すのがいいですね。昼下がりの暑いときはなかなか動けないですから。

この暑い中、野外のスポーツはきついですねー。

さてさて、人を観察することは好きですか?
私は、ものすごく熱心ということではなく、ほどほどに好きです。
どうなっているかを見てしまうことがあって、会話が続かないときがありました。
話が無くても大丈夫なんですが、相手が何となく気まずいような感じなると、まずいかなと思ったりして。
話をしないといけないということではなくて、ある程度会話が続くようにしたほうがいいなと思っていました。
そこで質問のパターンを考えます。

 お仕事は?
 好きな食べ物は?
 ご趣味は?

そこから話が広がらないとどうにもならないんですけど、

 どうして?

を3回くらい繰り返すと、大抵は何とかなるものです。

愛の反対語は無関心であるという有名な言葉がありますが、最初は他人でも、接していくことで何かが生まれますから。
興味を持つということは、自分の意識も広がります。

ところで急に思い出したのですが、先日の内藤選手のタイトル戦の相手の坂田選手は下北の金子ジムだったんですね。金子さんには随分昔に世田谷YMCAでお世話になりました。ちょっとだけ映っていて、懐かしかったです。

2008.08.01

根拠

「安心」を感じるということ。
それはたぶん、ある程度のことが保障されていることなんじゃないかと思います。
どうなるか分からないという部分が多いと、思い切った行動は出来ないことがあるわけです。やる人はやるんですけど。どこまでリスクをとるかということですけど。

老後が安心なら、溜め込んだお金を使うだろうし、もっと遊んだり、もっと思い切った仕事をしたり、アクティブな生活を送るだろうと思います。誰も何も頼りにならないかもしれないとなったら、躊躇しますよねー。
何を根拠に安心したらいいか分からないし。

なるようになる。
全てはそうなんですけど、純粋にこのことを受け入れることが出来たらそれはそれで素晴らしいです。そういう人は、なるようになりますから。
ただ、人はいろいろと条件をつけてしまうわけです。枠を作ってしまうようなものなのですが。
どうなってもいいの・・・なんて言う人で、どうなってもいいと思っている人はほとんどいないようでね(^^ゞ。
なるようになるために何をしたらいいかを考えておくことも大切なように思います。
それは、例えばどうしたら楽が出来るかとかです。

私はわりとわがままで、好き勝手にやっているところもあるんですけど、それでもなかなか超えられない枠も感じています。
いつか越えるのだ!って、いつになるんだろうって(^^ゞ。

« July 2008 | Main | September 2008 »