プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

2008.10.31

類は友かも

きわめて合理的な考え。
これに何となく反発したくなる気持ちも分からないではない。
でもですね、やっぱり合理的なんですから、理論的には効果があるということになります。
何となく感情的に反発してしまうなんてこともあるんですけど、それだと結局何も生まれない・・・。
直感は裏づけがないとあまり効果が無かったりします。それに、あまり行動に繋がらないことが多い。
常に、”具体的にはどういうことか”ということを考えて行動していくといいんですねー。

ところで、「類は友を呼ぶ」っていいますね。
お金持ちになりたかったら、お金持ちと付き合うといいって、、、でも、回りにそんな人いないんだよねー、と言っている知人がいまして、正にその通りです(^O^)。
いい女がいないなぁって、そりゃお前がその程度だからだって、そんな台詞の芝居もありました(^^ゞ。

お金はともかく、私の知り合いの女性は皆素敵です!

ということで、同じ匂いがするというか、同じ傾向があるというか、繋がりやすいですねー。
以前、あるビジネス系の集まりに行ったときにも、事業で成功している人やたちや有名なお金持ちの人たちって結構繋がっているんだよねーって。
一緒に何かをするというより、多分共感できる何かがあるのかもしれません。

で、それは多分エネルギーなんだろって思ったりします。

夢を実現するには具体的に夢を書いていくとか、言葉にするとか、宣言するとか、いろいろと手法がありますが、それって、”繋がり”を作っていくんですね。
何と?どうやって?
それはね・・・(^O^)。

2008.10.30

素晴らしい状態

自分のことは分からないけど、相手のことはよく分かる。
例えば、自分の声を録音して聞いてみると”変な声”って思うじゃないですか。
自分では出来ているつもりでも、人から見るとちょっと違うよっていうこと、よくあります。まぁ、自分のやっていることを何とか自分で理解しつつ、相手を自分の鏡と思いつつ、やり続ければ自分のことも分かるようになるかもしれないって思ったりします。

自分は今どうしているのだろうか?何を見て、何をしようとしているのだろうか?

ついついボーっと流されてしまうところを何とか意識できたらと思うわけです、いつも。
目覚めている状態。
そして、常にベストの状態でいるということ。
例えば、どこかに力が入っているとか、チャクラの状態とか、エネルギーの流れの状態とか、中心線の状態とか、他にもいろいろありますが、そういうことがどうなっているかが上手くコントロールできるといいんです。
というかですね、素晴らしい状態というのはそうちょくちょく無いわけで、その一瞬を積み重ねていくか、それとも何か別の方法があるか、、、。
追い求めるとどこかにいってしまう。多分、そこにあるわけで、どうにも出来ないけど、どうにかしないとどうにもならない・・・。そういうものなんじゃないかと思ったりします。

いつもながらの試行錯誤です(^^ゞ。

2008.10.29

バランスの具合

バランスが取れているか?
善と悪とか、光と影とか、相対するものはあらゆるところにあります。バランスとは取れているともいえますし、バランスが悪いともいえます。
特に男と女なんて大変です(^^ゞ。

均等に釣り合っていたら何も起きない。
やじろべえのように、ある程度のところ釣り合っていれば倒れることは無いわけです。

自分は大丈夫!
と、たいていの人は思うでしょうし、私もそう思います。
ただ、本当に大丈夫なのかは分からないわけです。もしかしたら大きくバランスを崩していることに気づいていないだけかもしれないですし。

バランスを崩している人といない人。この差はあまりないように思います。全てを捨てて何かにはまるとか、そういうこともありますが、それは特別なことなんじゃなくて、ちょっとしたことなんじゃないかということです。

自分は大丈夫か?
と、恐れる必要は無いんですけど。
自分に何が起きているのか、何も起きていないのかくらいはチェックできると良いかなぁと思います。

例えば、"楽しんでいる"というのは素晴らしいことですが、楽しんでいるということにしているのか、楽しんでいたほうが良いような気がするのか、他の言葉が無いのか・・・。
これ、好きなんだよねーっていうことであれば、それは本当に素晴らしい!

2008.10.28

英会話で

そういえば英語を勉強しようとしたことがありました。
必要だ!と思ったときは手遅れで、勉強しようとしているときはあまり必要ではないことが多い(^^ゞ。
何か目標でも定めないとやる気にはならないかもねー。
TOEICとか英検とかかな。
そういえば受験した記憶がないんだけど、何点くらいだろう?

聞いている分にはそこそこ分かるような気がしますが、実際にはそうでもないんですよね。
話すとかなりいい加減ですから。

たまにディスカバリーチャンネルなど見て英語を聞いています。
英語と言っても問題になるのは英会話なので、ドラマの方が良いかな?と思ったりしていますが。
でも、あまりドラマを見る習慣が無くてねー。ドラマTVか・・・。

まぁ、私としては今後世界を股にかけて活躍する予定なので英語くらいはと思うわけです(^O^)。
そうは思うのですが、英語以外の言葉を勉強するのも楽しいかなぁと思ったりしますけど、そんなこと考えている間には取りかかれと・・・。

2008.10.27

賭のタイミング

ちょっと寒いですね。
まだ薄着でいますが、ちょっとまずいかな?

株が乱高下。というか、どんどん下がっていますね。
中には必要以上に下がっているものもあるようですし。
やっぱり今が買いなんでしょうか。そろそろ下げ止まりかもしれないし。

”どうなっちゃうんだろう?”なんて、思う人も多いでしょうねー。
何とかなるものですって(^^ゞ。

不安がない状態とは、安心出来る状態。失敗してもそれほど酷くならないということ・・・。
それで良いのだろうか?何て思うこともあります。

今の時代、上手くいくにはある程度リスクはあるものです。
リスクがあっても、それでも何とか出来るかどうか、チャレンジできるかどうかがポイントですね。
いつも言われますが、チャレンジできない理由はたくさんあります。
それに、いきなり大きなチャレンジをするのは間違っている場合が多いです。
何もやったことないと賭のポイントを間違えます。
ステップアップじゃないですけど、小さな賭から大きな賭に!

最近思うんですけど、成功している人のエネルギーって違いますよね。
あれって、もしかして・・・。

2008.10.26

ナイフショーへ

久々にJKGナイフショーへ。
いつものようにいろいろなナイフがあって面白いです。
今やいろいろと話題のナイフですが、基本的には道具ですから。どう使うのかが大切なんじゃないですかねーと思います。
中には見ただけで怖いと思う人もいるようですが、それは感情の問題であって、もともとは怖いものじゃないです。
当たり前ですが、切ったり刺さらなければ痛くありませんし。

感情と理性。

感情に流されていることにさえ、なかなか気づかないわけですから、理性的に考えるっていうのは難しいことなのかもしれないなぁと思います。というか、そういう体験はあまり無いのかもしれないですけど。
もっとも理性だけではどうにならないですから、感情と理性がバランスよく働くようにしているべきですね。

道具としてのナイフですが、切れれば良いということじゃなくて、自分にピッタリとくるものを選ぶと良いですね。そうすると道具としてもよく働いてくれます。
ちょっとしたことに実に便利ですから。

ナイフがこれほど問題になるのは、日本だけ?

2008.10.25

かっこよく

生きる気力はいつの時も持っている方が良いわけです。
死んだら終わりと言うことではないのですが、それでも戻ることは出来ないわけです。
生きている時間は意外に短いわけですから。
死にたくない、ということではなくて、今の自分って何だろう?とか、何をしようかとか、何が出来るだろうかとか、そういうことです。
後ろ向きにとどまるのではなくて、前向きに進みながら時を超えていくのだ!

かっこいい人生にしてしまったほういいですねー。

ということで、もうちょっと広い家に住もうかということを考えています。
無理ではないけど、ちょっと狭い部屋なもので。
今より広くて、安くて、使い勝手がいいところにしよう!って、当たり前か(^^ゞ。
そういう場所を見つけてみます。

いろいろと置きたいものがあるんですけど、それが大きいと置くことが出来ない。
あったらいいじゃないねー何て、想像するだけよりは、実現してみようと思っています。
そしたら、かっこいいんですよ!

2008.10.24

癖を見ること

ついつい食事の時に急いで食べてしまう!
そんなことはありませんか?
急いで食べる必要な全然無いんですけどね。

やらなくてもいいことをやってしまうというのは、癖なんですね。
ついつい急いで食べてしまうという癖がありました。

また、私の場合、ちょっと急ぐというのがあります。
食べるときもですが、他にも出来るだけ早く始めるとか終わらせるとか、ほんのちょっとしたことなんですが、あるんですね。
そういうことに気づくことって、自分のある一面を見たようで、楽しいなぁと思います。
癖ですが、止めようとか思わなくていいんですね。
何度か気づくと、自然に変わってきます。

体が持っている癖は体を使っていないと分からないですね。
特に、いざというときに出るものですけど、そういうときに自分を見ていることが出来るかどうかって、大切な気がします。先ずは見ようとする意識を持つと言うことだと思います。

2008.10.23

緩みたい

繊細に体を使うと面白いことが起きているということが分かります。
エネルギーを外に出すわけですが、じわ~っと出ているようなもので、体の使い方によってはうまくいかないようなもの。相手に反応しているわけですが、再現するのが難しい・・・。
多分ですが、筋力は使わないんですけど、筋力がないと使いづらいもの。

エネルギーといってもヒーリングのことじゃないんです。

で、何かあると体が反応しているわけですが、その反応の形を変えてみるという試みは出来ないだろうかと思うわけです。
簡単に言うと、頑張ったり、突っ張ったりしないこと。固めないことですね。
つまり、緩んでいることがとっても大切と言うことになります。

肩の力を抜いて何て言いますが、本当の意味で力が抜けるというのはとても難しいんです。たいていは表面の力をちょっとだけ抜いたような感じに過ぎない。

そんなことを考えているんですが、脳はいろいろとやっているんだけど、脳が全てじゃないんですね。
そういえば、気がつくと涙が出ていて、悲しかったんだとその後に気づいたなんて、ありません?
あんな感じ。
まぁ、私はそういうことは無いんですけど。

2008.10.22

エネルギーを動かす

エネルギーって何でしょう。
目には見えないけど(見える人もいるけど)、確かにあって、それが影響している。

エネルギーに敏感であること。それは特殊なことではなくて、例えば、人の気配を感じたり、何となく人の気持ちが分かるとかそういうことです。
分かると言うことと、動かせると言うことは違うんですね。
あのエネルギーがこうだとかそうだとか、講釈が好きな人はいますが、講釈だけでは何も変わらない。実際に動かせるかどうかが、それが本当は大切だと思います。

全てはエネルギーで、よく言いますが、お金もエネルギーです。人脈もエネルギーで、魅力があるのもエネルギーの一つでしょうね。

単純に考えれば、お金持ちはエネルギーがあると言うことです。お金は通常何かの交換で得てくるものですが、実際にものを動かすエネルギーがあるというのは素晴らしいです。
逆に、お金がないというのはエネルギーが動かせないということでもあります。お金持ちを見て、あんな風にはなりたくないとか、お金にきたないとか、思うのは勝手ですが、やはり何も出来ないということに変わりはないです。
もちろん、全てはエネルギーだと言うことは得意・不得意があって、お金を動かすのが苦手と言うこともあるでしょうけど、全てのエネルギーを自由に動かせるというのがいいと思うわけで、不得意なことは克服するか、何か別のことを考えるかしないとねー、と思ったりします。

エネルギーを動かすというのは、こっち来いとか、あっちへ行けとかだけではなくて、もっと自然に流れていくこともあるわけです。
無理なく自然に!それが美しいです。

2008.10.21

豊かにリンク

来年の手帳を特集した雑誌がいくつかありました。
伝統的な形もあれば、新しいものもあり、といってもスケジュールなのでそれほど奇抜なものにはならないんですけど。
以前はシステム手帳を好んで使っていましたが、もっと手軽にしようと、今では超整理手帳を使っています。持ち歩くには若干大きいのですが、確かにA4用紙を挟めるというのはかなり便利だなぁと思います。
冷静に考えれば、どれでもそれほど変わらないのですが、細かいところを比較しながら見て歩くのが実に楽しいのは、なぜでしょう・・・。

さて、豊かさってなんでしょうねー。
物質的な豊かさと心の豊かさ。
例えば100万円というお金は結構な金額ですが、全体からみると(例えば国家予算とか)たいしたことはありません。
立場によって価値が大きく変わります。
今が最高であり、今に満足するというのは立派なことですが、端から見るとそれのどこがいいのか分からないことだってあります。
そういえば、お金持ちの手相に金運のラインが無いという人がいるようですね。端から見るとお金持ちでも、本人は全然満足していないってことのようです。

心が豊かというのは、とても素晴らしいことです。
ただ、凡人には豊かであり続けるというのが難しいところです。
心は揺れるんです。
揺れるのは良いんですが、決して消えてはいけないんですね。

変なこだわりがなければ、物質的な豊かさはとても素晴らしです。
多分ですね、全てがリンクすると、全てが豊かになるんだと思います。

2008.10.20

見えるもの、見えないもの

大切なものは目に見えないんだよ・・・。
でも、目に見えるものも大切なんですよ。

目に見えるものは、その価値がわかりやすいです。流通されているものなら、だいたい幾らっていうのが分かりますし。そこからは想像力で、その背景にあるものにどこまで価値が見いだせるかはその人次第・・・。いや、コレクターにとっては、その価値は仲間で共有できるものなんですけど。
価値があるものもあれば、そうでもないものあるわけです。

目に見えないものは、確かに素晴らしいものがあります。
ただ、全てが素晴らしいと言うことではないんです。
やっぱり、イマイチなものはイマイチです。
それは目に見えるものも同じです。
ただ、目に見えないものの方が可能性が大きいということ。分かっていないことが多いですから。

といっても、目に見えるものも分かっていないことの方が多いですねー。


さて、春にオーダーしたクロスのペンダントヘッドがやっと出来上がってきました!
縦のスリットが特徴です。ここから光が漏れてきます。

Cross

2008.10.19

ワーク終了

大きなエネルギーワークが終了!
いつにもまして素晴らしいと自画自賛です。
感動的でもありました。

さて、人間は、この世界はと言った方が良いのか、、、善と悪、光と影、など二極の世界といえます。
こういうのって、隅々まで行き渡っていて、なかなか気づかないんです。
人殺しはいけませんとか、そういうのはわかりやすいですけど(説明が難しいという話もありますが)、当たり前と思っていることも、実は当たり前じゃないなんですねー。


私の好きな言葉があります。

「良いも悪いも超えたところがあるんです。
そこで会いましょう。」

Out beyond ideas of wrongdoing and rightdoing,
there is a field.
I'll meet you there.
-Rumi(Poet and Mystic)

常識は疑ってみると良いです。

2008.10.18

干渉

エネルギーワークは面白い。
ひとりでもやりますが、みんなでやるともっとそれは素晴らしいもになります。
エネルギーが同調しあうのか、何倍にも大きくなるんですね。
とても不思議なことです。

人と人、オーラとオーラが重なり合って、まるで波が干渉して強めあうかのうです。

一人では出来ないことも協力し合うと出来る子とってあります。
そういうのっていいなぁと思います。

うーん、クラクラする・・・。

2008.10.17

連動している

すべては連動している!
言うのは簡単ですが、理解するのは結構難しい。
感情と筋肉はどのような関係にあるのだろうか?などと考えてみると、確かにあっちこっちに影響があるんだけど、いざというときにどこまで自覚できるかは何とも言えないところ。
今、肩は上がっているだろうか、下がっているだろうか。下げたつもりが下げ続けようとするといつの間にか上がっていたりします。
自分で自分をだましているような感じです。

今、どうなっているのか?
すべては連動しているのだけど、そこにはどんな理屈があるのだろうか?
まぁ、そんな目を持つことが出来ると楽しいんですよ!

自分と他人はどのように連動しているだろうか?
一つになったつもりだと、ちょっと足りない。
多分、もっと深い繋がりがあるんですよ。

ところで、秋と栗は連動している。
栗ご飯は美味しい!

Kurigohan

2008.10.16

目標は

目標があればいいのかということはちょっと置いておきます。
ボーッとしたまま何もなく過ごす時間は時として有意義ではなく、無駄な時になってしまいます。
後で後悔するって、本当によくあることですから。

目標を立てる。
あれをやりたいとか、これをやりたいとか。
今年こそは!と思ったことが少なくとも年の数だけあるはずです!ないかもしれないですけど(^^ゞ。
その目標と日常はどんな関係があるんでしょう?
多分ですね、一歩一歩近づくようにした方が良いと思うんです。

日記をつけたり、家計簿をつけたり、こういうことって日常をどんな風に過ごしているか分かるようになりますね。
やった方が良いことかもしれません。

また、目標への一歩はどこにあるのか。何事も道があるわけで、その道に乗っていることをしていかないとたどり着けないですから。

考えてみると日々の一歩が大切ということになってしまいます!
まぁ、それが一番難しいことでもあるんですけど(^^ゞ。
果報は寝て待っててもやってこないって・・・。

2008.10.15

勝利しよう

負けないと言うことは勝つということとは違うんだなぁ~。
やり抜いて、勝利するという経験はとても大切なんですよね。これが人を強くしますし、視野を広くします。
負けないというと、ほどほどの努力程度という気がします。勝利とは何かを考えていないような感じ。
負け続けるというのもたいしたもので、それはそれで凄いかもしれませんけど。

そもそも何のために戦うのかということや、戦ってどうするんだなんていう話もあります。
多分、戦う機会がなかったんでしょうね。

正しい勝利と間違った勝利ってあると思うんです。
誘惑に打ち勝つというのもあれば、弱さに打ち勝つというのもあります。
ただ単に、相手をぶちのめすのが勝利と言うことではないということです。

例えば、「豊かさ」というのがあって、豊かさを受け取ると言うことが苦手な人って結構多いんです。ほどほどのところで満足したようなふりをするんですね。本当は全然受け取っていないのに。そうしたものにはぜひ打ち勝って欲しいものです。でないと、負けたままですから。

勝利には決意は欠かせませんねー。

でも、棚からぼた餅は落ちてこないようですから(^^ゞ。

2008.10.14

順番とか

雨でも暑い!のは私だけ?
いまだに毛布一枚で寝ています(^^ゞ。
もともとちょっと動くと汗をかくような体質なもので。暑くても寒くても大丈夫です。

風邪がはやっているという話も聞きますが、今のところ関係なく過ごしています。
そうそう、風邪も引かずに元気ですなんていうのが何年も続くとやばいなんて言う話もあります。あんなに元気だったのに突然・・・って。たまには体もリセットしないと行けないんですね。

ということで、物事にはタイミングがあって、空気を読むなんていうことではなくて、いつが効果的なのかということです。
何でもかんでも言ってしまうというのは、理解されないことがあります。誤解を生む元になることもあります。
物事には順番があるんですねー。

それに、後になってから分かったなんていうこと、よくあります!
勘違いから始まると言うことでもありますね(^^ゞ。

たいていは間違っているので、いつかは修正しようという意識を持っていると良いかなと思います。変に絶対に正しいなんて自信満々でいると、修正がきかない場合もあるので。
信念と柔軟性が同時にあるような感じです。
その先に何があるかを見ていればいいかなと。

2008.10.13

チャクラの次

これは、あまりに多い!
私と同じ自転車が(^^ゞ。
どこに行っても乗っている人がいるんですよね。
まぁ、安いわりに乗りやすいのかもしれない。
自転車置き場には常に同じ自転車があって、乗っているときの見かけます。
信号待ちをしていて、ふと隣を見ると、、、えーって。
気にしているのは私だけかもしれませんが。

チャクラが開いているとか、オーラがしっかりしているとか、それは人としてとても良い状態であるわけです。
多分、生き生きして健康でしょう。
が、それが本当に自分らしいかどうかとか、それだけでいいのかと思うことがあります。

オーラやチャクラは常に変わっていきます。動いているのです。
いろいろな影響を受けているので、それを常に正しく動くようにするというのは大切なんですけど、実はその先にもいろいろあるなじゃないって思うんです。

チャクラが全開だけど何も出来ませんとか、グラウンディングしているけど実生活がちょっととか、それっておかしいなぁと思うんです。多少チャクラが歪んでいようと、オーラに何があろうと、そんなことは超えていけるんだと思います。
チャクラやオーラがわかったら、次に進んでみる方が良いですねー、と思うんです。

2008.10.12

分かる、分からない

合格点とは?
確か高校時代は40点以下が赤点だったと思います。つまり不合格と言うこと。合格するまでがんばりましょうねって。再テストもありますし。
60点くらいまでがしょうがないから合格で、90点くらいまでがまずまず。100点が本当の合格!ってことですね。

出来るというのも、いろいろなレベルが実際にはあります。

全部を100点とはいかなくても、ある程度のレベルであった方が良いし、これはというものは100点に近い方が良いですね。
それと、自分がどのくらいにいるのかも知っておいた方が良い。
それと、点数は随時変化するということも知っておいた方が良いかなと思ったりします。

子供の"分かった"と、大人の"分かった"は違うんです。
分かった気になると、分かっていないことに気づかなくなる。
そんなとき、そろそろその先に行きましょうよと思うんですが、なかなかそうも行かない。
今の100点はいつの間にか10点くらいに変わっていることだってあるんですよ。それは落第と言うこと。またチャレンジしましょう~って。

謙虚であると言うことはとても素晴らしいことですが、安全なことでもあると思うんです。
私は分かるんです、それはそうなんですが、それはまた分かっていない証拠でもあるんです。

2008.10.11

そんな感じで韓国料理

初めてのグローブ座
こぢんまりとしていますが、綺麗な劇場ですね。
知人に誘われてパパ・タラフマラ新作公演「ガリバー&スウィフト -作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法-」というお芝居を見てきました。
一番前の座席で芝居を見るのは久々です。
独特の雰囲気で、セットもなかなか立派!動きも激しく、役者さんも凄いですね。汗びっしょりで。猫がたくさん。場面、場面はとても興味深いものになっていました。ただ、話の内容は分かりませんでしたけど(^^ゞ。
まぁ、そんな感じで。

歩いて5分で新大久保。
新大久保にはたくさんの韓国料理屋があります。美味しい店も多いのだと思うけど、人は選択肢がたくさんあると選べなくなるなんていうCMがありましたが、そんな感じでどこに入っていいのか分からないですねー(^^ゞ。
で、いつもの店でコルモクスンデチゲを食べました。
スンデとは腸詰めのことで、初めて食べたのですがなかなか美味しかったです。食感も独特な感じです。
そんなに辛くはないんですが、それでも普段より唐辛子は多いわけで、おなかが暖かくなりますね。ただ、いつも思うんですけど、お腹がいっぱいになっているかどうかわかりにくいんですよねーって、それは私だけかもしれませんが。
あぁ、キムチも美味しかったです。
今度はサムギョプサルかプルコギを食べてみようっと!

2008.10.10

身体の繋がり

自然な姿勢が正しいのだろうと思う。
その状態でいると内面に何が起きているかわかりやすくなります。
具体的には骨格と筋肉の動きですけど。
その動きの結果、エネルギーが動くようにしたらどうだろうか。いやいや、エネルギーが先か・・・。
大切なのは動きが認識できているかどうか何だと思います。

身体は全部繋がっている!
当たり前ですが、手と足はばらばらじゃないんですね。
繋がっていて、一体となっているんです。
その繋がりをうまく使えるかどうか。押したり引いたりして、その中に躍動感があるか。
そして、相手にも伝わるか。

考えすぎると出来ないが、考えなくても出来ない。
自分のものにならないと結局出来ないわけです。
人それぞれ違うと言うこと。
繰り返しの試行錯誤はそのためにあって、どこまで進むことが出来る!はず!だ!と思うわけです。

そんなことを思いながら、正座をして呼吸をしています。

2008.10.09

好きとか

人に好かれたい・・・か?
嫌われたいという人はあまりいないと思いますが、好かれたくてしょうがないと思っているかというと、そうでもないような気もしたりして。

自分が好きな人は、自分が気になってしょうがないんだろうなぁと思います。自分を否定するのも、自分に興味があるからですから。
私なんて全部肯定しちゃいますからねー(^O^)。
凄いねっていわれたら、凄いんですよ!って。

幸せになりたい・・・か?
多分、間違いないと思いますが、人は幸せになりたいとか幸せであるとか、そういうことだと思います。
幸せを感じるときって、どんなときでしょうね。
美味しいものを食べたり、気持ちの良いお風呂に入ったり、素敵な人と一緒にいたり、、、ってことなんですが、その瞬間って、幸せを感じているんだろうか?なんて思ったりします。
多分ですが、”あれは幸せなときだった”というような、過去の記憶なんじゃないかって。
そう感じるは私だけかもしれませんけど。
今しかないなんて、よく言いますが、この瞬間には何があるんでしょうねー。

2008.10.08

ノーベル賞ではないが

ノーベル賞と聞くと、何だかわくわくします。オリンピックみたいなものですね。ミシュランやギネスはそうでもないんですけど。
物理とか化学だと、やっていることが何となくイメージできていいですね。
数学の場合はフィールズ賞ですが、数学の世界になると何が何だか分からないっていうのもあります。私は結構好きなんですが・・・あ、理解できている訳じゃないですよ。
学問の世界は面白いです。
科学もお話として聞く分にはとても楽しいです。ただし、入門するとなるととても難しい・・・。
私も昔は物理の勉強をしていたもので、難しいということが分かりましたから(^^ゞ。
想像力と根気と熱意と、、、ちょっと変人くらいじゃないとやっていけません(^O^)。

研究って面白いと思うんです。
でも、今の発明が実際に役に立つかどうかは何年も先の話ですね。いつか目が出るとか、そんなこととは関係なく我が道を突き進む!
金とか名誉とかではないものって、夢がありますねー。

人って、何だか興味があるものってありますよね。
好きで集めてしまうとか、気になってしょうがないとか。
やっぱり、興味のあるものはやった方が良いですねー。
その先にはノーベル賞は、、、ないですが、何か良いことがあるかもしれません。
いやいや、良いこととか考えずに、興味に走った方が楽しいですねー。

2008.10.07

イメージだけでなく

メイショウサムソン、残念です。
また来年、次の馬が出てくると良いですね!

来年といえば、王監督が引退(というのか?)とか、来年にまつわる話がいろいろと。
まぁ、鬼が笑わない程度にということ。

さて、疲れすぎると自分からクラクラして自分から動けなくなります。自分の腕も重くてしょうがない(^^ゞ。
久々に燃料切れになった感じでした。
やっぱり疲れない身体にならないとなぁ~。
疲れるというのは、多分余計なエネルギー使っているんだろうとは思います。
一番の問題は体重か・・・(^^ゞ。

筋力ではない力をどうやって発揮するのかと、いろいろと試行錯誤中なのですが、ちょっとやそっとではできないもので、イメージトレーングだと簡単なのですが、実際には難しいと言うことです。
"出来た気になる"というのはいろいろなところでよくある話。実際にものにするには難しいわけですが。
イメージは実際にやることを補強してはくれるのですが、イメージだけでは駄目なんですね。イメージを使ってやってみるとい、この"やってみる"というところが大切なんです。
ということで、出来ているかどうかは実際に結果を検討する必要があるのですが、検討する余地がないくらいの状態というのもあるわけです(^^ゞ。
日々、挑戦です(^O^)。

2008.10.06

中長期的視野

株価が下がっていますね。
どこまで下がるのか分かりませんが、下がったということはいつかはあがるだろうと言うことで、買いなんでしょうねー。
で、円が高くなっている?それは良いかもしれないですが、実態はどうなんでしょう。

株で儲けたとか、損をしたとか。
会社としてはやはり中長期的視野がどうなっているかって、大切だと思うんです。次の社会に必要なものは今から手をつけておかないと間に合いませんから。
サービス、顧客満足、、、まぁ、そうしたもの今のままがこのままずーっと続いてもしょうがないですから。
やはり社会を変えるような新しいものが、たまには出てこないと面白くないです。

技術はお金に変えられないところがあります。必要なものでも無くなってしまったらそれまでですから。
人の幸せってなんだろうとか、そうした視点でこの先の未来をイメージできたらいいですねー。

2008.10.05

テレビとか情報とか

私のまわりでは、テレビを見ないという人が増えています。新聞も読まない。
遊んでいるわけではなくて、見る価値が見いだせないと言うことです。つまり、そこには真実がないし、知りたいものもないし、偏っているし、つまらないし、、、。
私はわりと見る方かもしれませんが、それでも地上波の割合は減ってきています。
それに、本気で見ている人も少ないんじゃないかなぁと思ったりします。
でも、バナナが品薄なんて言う話を聞くとねー・・・(^^ゞ。

二極化している何ていいますが、求める情報も二極化していて、ただ単に笑えればいやというひともいれば、もうちょっとまともなことが知りたいという人もいるんです。
しっかり考えたり分析できが方が良いです。
つまり、考えると言うことがしっかり出来るといいんです。
頭を使うと疲れるんじゃなくて、もっと使えるようになるんです。それに新しいものを生み出すことも出来るし。
それって、とても楽しいことなんですよねー。

人には知的好奇心ってあるんですよ。
私なんて、読みかけの本が何冊もあったりしますけど・・・(^^ゞ。

2008.10.04

人だな

シンプルなものは美しい。
シンプルで機能的なものって、良いですねー。

美しさって、ただ単にシンプルというだけではなくて、微妙な角度や歪みがあったりします。これ以上だと違うものになってしまうと言うぎりぎりの線。そうしたものを作り出すのが人の手のような気がします。

人の身体もシンプルに使うといいんです。
が、それがなかなか難しい・・・。
そもそもやろうとしていることが出来なかったりしますから。
いつも必要以上に力が入って、その力をコントロールできなかったりして。

無駄のない動きは美しい。
その美しさは、角度やタイミングや、つまりその人のセンスだったりするような気がします。
やっぱり人だなと。

お芝居と韓国料理

初めてのグローズ座!
「ガリバー&スウィフト -作家ジョナサン・スイフトの猫・料理法-」というお芝居を見てきました。
何というか、雰囲気はちょっと独特で、動きはかなり激しく、セットも立派で、なんか凄かったです。ただ、話の内容が全然分からなかった・・・(^^ゞ。まぁ、そんな感じ。
素敵な経験でした、ということで。

歩いて5分ぐらいで新大久保です。
新大久保には韓国料理屋がたくさんあるんですが、たくさんありすぎてどこに行っていいのかわからない。選択肢がたくさんあるとかえって選べなくなる、なんていうCMがあったけど、そんな感じです。しかも、新しい店が結構出来ているようですね。結局、以前行ったことのある店になってしまいますねー。
今回はコルモクスンデチゲを食べました。
スンデの独特な食感と野菜が多くて見た目より軽い感じです。そんなに辛くはないんですが、普段より唐辛子が多いことは事実で、そうするとおなかの具合がいっぱいなのかどうかちょっと分からなくなります。私だけかもしれませんが。何だかもうちょっと食べられそうな気もするし、いっぱいになった気もする。
韓国料理を食べるときはいつもそんな感じなんですね。
まずまず、美味しかったです。あぁ、キムチも美味しかったです。
次はサムギョプサルかプルコギにしてみようと。

2008.10.03

その先へ向かう

好きなエネルギーというのがあって、個人的にはフラットなエネルギーもいいんですが、ハートからアクティブなやつがグッときます。
良いとかレベルが高いとか、それだけではなくて、祝福とか共感とか慈愛とか、、、なんだなぁ~。

ということで、物事には向かっている方向があって、短期的にはある程度予測がついて、大きくはぶれることがないわけですが、ちょっと角度が変わっただけでその先は大きく変わる可能性があります。
昔数学で学んだいろいろなグラフを思い出してみるといいですね。
変化は直線か、それとも曲線か。

世の中にはいろいろな人がいるという話があって、ポジティブな人もいればちょっと後ろ向きの人もいるし、自分で切り開こうとする人もいれば小さな幸せで満足する人もいます。

不安がいっぱいと言われている世の中ですが、ここはポジティブに気合いで突っ走って、新しいものを生みだそう!そういう人がどんどん出てくると良いですね。私もそうありたいと思っています。

人の幸せって何だろう?
どうしたら幸せになるんだろう?

そんなところから突破口を切り開きたいと思います。先ずは、意識をそちらに向けてみましょうよ。

2008.10.02

身体と意識と

全体を見渡す意識を持つだけで、見え方が変わります。
前が開ける感じです。
ただ、動きの中でそれが常に出来るかというと、難しいところでもあって、そのためにも鍛錬は必要なのかもしれない、何て思ったりします。
身体が出来ると、意識も変わるんですよね。
姿勢を良くするには、多少上を向き加減でもいいのかもしれないなぁと思ったりします。ついつい下を気にしすることがあるので。

ということで、久々にストレッチをやってみたりしました。
身体が硬くて、柔軟性に乏しい身体ですが、なかなかやる気にならないんですよねー。
でも、身体を意識しながらやると面白いものです。
伸ばしたい場所を意識する。
例えば腰とか、背中とか、腿の裏とか、、、伸ばしたいところを伸ばそうとするんじゃなくて、伸びていいよ~んって言ってあげるような感じ。すると、ちょっとずつ解放されるように伸びていきます。
身体と意識の関係も面白いです。

2008.10.01

魔裟斗ぉー!

魔裟斗選手、素晴らしい!!
良い試合でした。
あそこまで出来るならダウンしなくてもと思ったりしますが・・・。
それはともかく、優勝おめでとうです。
K-1チャンピオンです。

そういえば、清原選手が引退だそうで。
西武ライオンズ時代、応援したものです。特に一年目が素晴らしかった。ライトスタンドへも軽くホームランしてしまう。その後、ここ一番にホームランというのはあったのですが、打てないときも多くて、記録は思ったほどでも無かったという印象が強いです。
最近は野球を見ることがあまりないので何とも言えませんけど。
そういえば、工藤選手はまだ現役ですね。はやり、西武ライオンズ時代、応援していました。
長く続けるというのは素晴らしいです。体力がすべてではないんですね。

悔いがあるとか無いとか。
人間、どこかで納得しならが次へ進んでいくもので、いつでも次があると思うと、テンションが下がらないと思います。
燃え尽きるのは一瞬だけ。人生は意外に長いのだ。
いや、意外に短いかも。

« September 2008 | Main | November 2008 »