プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

2008.11.30

イメージの変換

良い天気、だけど寒い・・・。
ついでに眠い・・・(^^ゞ。
たまーにカップラーメンが食べてみたくなって、食べてみると旨いような気もするし、まぁこんなもんかと思ったりもしています。いろいろな種類があるので、楽しめるような気もしますが、種類が多すぎて何がいいのかよく分からないなぁ~なんていうこともあります。
まぁ、眠いとそんなことを考えてしまいます(^O^)。

いよいよ12月!
今年一年の・・・っていうのが出始めるときです。まぁ、暦は人間のもので、宇宙から見るとあまり関係ないんだと思いますが。でも、区切りがあるというのは、何だか嬉しい。

で、最近、イメージはどこまで変えられるかという実験中。もちろん自分の頭の中の話です。
ヒーリングの時に、"イメージ"を使うことがよくあります。イメージはリアルな方がいいと思われがちですが、リアルなイメージは案外出来るもので、このリアルを超えたところに違う何かがありそうだと思うんです。
まず、イメージは、現実とリンクしているところがある。リアルさだけでは現実にならない。現実を変えるには、イメージの使い方が大切であって、リアルさを踏まえた上で、イメージを色や音に変えてみる・・・。
訳分からないかもしれないですが、結構行けそうな気がしています!

だいたい常に何が出来るだろうかと考えている癖があって、世の中に当たり前のことって実はないんじゃないかと思っているわけです。
まぁ、楽しいじゃないですかねー。

2008.11.29

祖母と焼き肉炭家

デパートの売り上げが落ちているというニュースがあって、たまたま行く機会があってふらふらと見て回ると、とにかくお客さんが少ない。セール中なのに。町を歩いていても、ちょっと雰囲気がおかしい。
不景気とはいうものの、不安だけだと何も起きないです。
印象だけで分かった気になって
無茶をする必要はありませんが、明るく楽しいイメージを持つと言うことは大切だと思います。
というかですね、人はどんなことでも楽しむことが出来るわけですから。

で、祖母が入院したと言うことお見舞いに。
もう98歳だった・・・。
行ったときにちょうど検査中ということで、しばらく待って面会。あの検査というのはどこまで必要なのかと思うこともありますが、病院側としても何もしないと言うことは出来ないですからね-。
あっちこっち悪いって、そりゃそうでしょうって。
祖母も最近は寝ていることが多いので、結局すぐ寝てしまいました。静かなものです。
まぁ、年が年ですから、穏やかであるのは良いかなと思います。

美味しい焼き肉屋は、焼く前に肉に味付けがしてある!
ということで、近所の花田流焼肉炭家へ。
我が町、沼袋には美味しい焼き肉屋がいくつかありまして、ここも美味しかったです。
肉の味がしっかり感じられて、味付けがちょうど良い感じなんですね。
よくあるような、油とタレの味しかしないということではないんです。ギトギトではないんです。
それに、いろいろとこだわりが感じられて素晴らしい!
肉は"肉"だし、スープは"スープ"だし、あと面白いところではラーメンがあるところですね。
ちょっと辛めの韓流ラーメンを最後に食べましたが、焼き肉屋のラーメンというのもいいものです。
満足、満足!


2008.11.28

大らかに

煎餅を食べるとき、大きいやつをそのままかじるのか、それとも口に入りやすい大きさに割ってから食べるか・・・。
私は実は後者です。
だから、どうってことではないんですけど(^^ゞ。

愛すれば、応えてくれる!
特に機械は正直です!!
コンピュータも、ちゃんと動きます。

というと変な感じですが、人と同じようにものにも愛情をそそぐというのはやってみるといいものですよ。ただし、執着するというのとはちょっと違うところに注意をする必要があるかもしれません。

ただ、最近ちょっと思うことがあって、パソコンを使っていると、パソコンがうまく動くように使うという習慣が出来てしまったりしているんですよ。負荷がかかりすぎないように、たくさんソフトを立ち上げないようにしたり、急いでクリックしないとか、重いソフトはあまり使わないとか、、、。
コンピュータ制御されているものをみると、それはあちこちにあるわけですが、そーっと操作したりしちゃっています。多分、世の中は進化しているので、そんな必要は無いんだろうなと思うんですけど。
で、それもこれもWindowを使い続けているからだと思うわけです(^^ゞ。
今はそうでもないですが、昔はちょくちょく止まるものだと思っていましたから。
「そんな使い方をするからだよ」って、どう使っても大丈夫なようにして欲しかった。もっとも、100%を期待したら製品なんて出来ないのかもしれないですけど。

まずまずのところでとりあえず納得する、というかあまり気にしないようにする。
いや、そもそも気にかけたこともないとか・・・そんな大らかさが何事にも大切だと思うわけです。

2008.11.27

正面に

自分が一番力が入るところは、自分の正面です。
ということは、自分の正面に相手を持ってくるといいということになります。
正面にもいろいろあって、自分の位置と相手との関係などによって、微妙なところがあります。正面ではあるけど、微調整を加えることがあります。
と、そんなことを考えていました。

体は本当に面白くて、バランスを崩そうとすると元の戻りたがります。刺激があると反応してしまうので、戻らないようにするには刺激が少ない方がいいということになります。
そのためには体が緩んでいる必要がある。

体を緩めるとは、頑張っていないということ。
もしもいつも力が入って頑張っているなら、それを止めるか、違う方法をやってみると言うことになります。

例えば呼吸を変えてみる。
それで何か変わる気がします。
ではどうするのか・・・。

まぁ、それはともかく、"英語の勉強をしてみよう!"とたまに思ったりします。
出来るだけ楽に、簡単に、無理なく、あっという間に・・・というのは無理みたいです。
地道な努力は欠かせないようです。
思えば、単語もあまり知らないし、そのあたりからかなと。
本でも読んでみるかと本屋さんに行ったら、ペーパーバックって安っぽいわりに結構高いじゃないですか!
英語じゃないのにしようかなぁ~なんて思ったりします。

竹中式マトリックス勉強法って、面白いです。

2008.11.26

小田和正さんと

歌いながらステージを降りた小田和正さんが客席へ!
マイクを向けたり、握手をしたり!!
その米粒のような大きさの小田和正さんを東京ドームの2階席から見ていました(^^ゞ。

ということで、KAZUMASA ODA TOUR 2008 きっとまたいつか ♪今日もどこまで FINAL♪を見てきました。

小田さんを、ちょっと遠くからですが、見たのは初めてです。
歌もいいですが、独特の話しが面白いですね。

昔の歌を多めにやってくれていまして、知っているという嬉しさと同時に懐かしさがこみ上げてきます。
客席を見てもですね、割と年配の方が多くて、そういうのは正解だなと思ったりします。

あの歌からもうそんなにたったのか・・・。
そんなことを考えてしまいました。

個人的には「between the word & the heart -言葉と心-」っていう歌が聴けたのがちょっと嬉しかった。建物の番組で毎週聞いているんですけど、あの建物がよみがえりますから(^O^)。

小さいライブハウスに行くことが多かったですが、東京ドームでガーーーンっていうのも悪くないなと思いました。
それもこれも、アーティストのパワーのなせる技かと。
でも、出来ればもうちょっと近くが良いですけど。

Oda2008

2008.11.25

やっぱり人だ

知り合いに鍼灸・指圧の勉強中という若い人がいて、バイトでマッサージをやったりするともの凄く疲れるのだそうです。運動とは全く別の疲れだと。
それはね・・・。
いやいや、いずれ気づくでしょう(^^ゞ。

ナイフの使い方を間違える人がまだまだいるようで・・・。

ナイフに限らず、車でも何でもそうなんですが、意味のない法律を作っても無駄でしょうって。
それよりはやはり「教育」です。
禁止したらなくなるということではなくて、禁止しなくても問題がないという状況にしないとどうにもならないと思うんです。
勝手に怖いという想像を膨らますのもどうかと思いますし、どう持ってどう使うくらいは知っていないと。繰り返して使っていると、たまには怪我をすることもあるでしょうが、人間には自然治癒力があるわけですから、小さいことにガタガタ言わずいましょうよって。

ものには罪はないです。

やっぱり人なのだ。
鍼も、同じところに同じように鍼を打っても、響きが違いますから。

2008.11.24

壁を壊して

青山のギャラリー"ときの忘れもの"へ。「植田正治写真展-砂丘劇場」を見てきました。砂丘を舞台にした作品が有名だと思うんですが、今まであまり見たことなくて、この機会にと思いまして。
独特の雰囲気がいいなぁと思います。
写真というとその瞬間をとらえるわけで、そこに動きがあるというのが素晴らしいと思う人も多いんじゃないかなぁと思いますが、植田さんの作品は静止した独特静けさがあります。素晴らしいです!


人と繋がれないものが神と繋がれるだろうか?
自分で作った壁を壊していこう!


で、縁あってカレシュワールの公開ダルシャンへ。
インドの聖者と会うのは初めてです。
こういう時って何かとシンクロするわけで、やろうとしてることをそのまま言われるわけです。その意味も伝わってきて、嬉しいものです。しかもたまたま読んでいた本にも共通するところが出てくる・・・。

そういえば、ちょっと前にデジタル・ネイティブという番組があって、リアルもバーチャルも関係なく、年齢・性別・肩書きなど気にせずに繋がりが作っていくことが出来る世代が出てきているというのがあって、この流れは加速するだろうし・・・。

新しい世界のためにも、壁を持ち続けていいことはないんだなぁ。

2008.11.23

コンテンポラリーアートフェア

東京コンテンポラリーアートフェア2008へ!
景気がどうなんだという話もありますが、あまり世の中の流れに左右されない人もいるわけで、売れるものは売れるということかもしれません。
日本の画廊よりも海外の画廊の方が安い気がします。円高も関係しているのかな?

で、若い作家がとても多いですね。同じような年代だと、似た感じになっていたりすることもありますけど。次の時代を作る人たちです。
絵の上手な人はとても多いです。評論なみたいなことを言うと、そこから画家になって売れるかは何か一つ抜けているものがないと難しいかなぁと思いますね~。
同じようなだけど、何か惹かれるものがある、というのは一体何なんでしょう。
単に目新しいと言うことではないんです。
センスというか、楽しさというか、迷いのなさというか・・・。

私の場合、絵は好きでよく見るのですが、美術館ならどれがいいかなぁ~とか、これがあのあれかぁ~とか気楽に見ますが、販売しているものは"家に飾るとしたら"という視点で見ることが多いわけです。大きすぎると飾れないとか、この絵はあわないとか、奇を衒いすぎず、緊張感がありすぎず・・・まぁ、結局は自分の好みということなんですけど(^^ゞ。もっとも、たくさんあるとなかなか選べないんですけど。

2008.11.22

何が違う?

天気は良いですが、寒いですねー。
うちの亀もあまり食べなくなってきました。冬眠は近い。

先日、知人と食事の話をしていたときのことです。"美味しい料理"は覚えて、あのレストランは良かったとか、こっちはまずまずだったとか。でも一番印象に残っているのは"もの凄くまずい料理を食べたときだ"というのがありまして、それはあまり美味しくないというレベルではなくてどうにもこうにも食べられないというくらいの、どうやって作ったらそうなるのか分からないようなやつを食べたときということです。

そこまで印象的ではないんですが、近所に何とも言えないイタリア料理屋さんがあって、ワインもそろって本格的の雰囲気があるのですが(私は全然飲まないのですが)、何か物足りない。もの凄く絶賛している人ともの凄くけなしている人がいるというのが興味深いところです。私も、美味しいかといわれると、そうでもないなぁ~と思うわけで、何が違うんだろうと何度か食べに行ったりしてみたりしているんですが、全体的に薄味は良いのですが、塩気が微妙に足りなくて食材の持ち味が出ていないのと、ベースになっているトマトソースがちょっと違うという結論に達しました!私の勝手な思い込みですが(^^ゞ。でもいつもだいたい同じと言うことは、それが良いという人もいるわけですから、難しいものです。

何か一つ、秀でるものがあるかどうか、レストランだけではありませんが、そういうのって武器になります。
武器は持っていた方がいいですから、何が自分の特徴かはよく知っておいた方が良いですね-。

Kaki200811

2008.11.21

エネルギーがそうさせる

理論的にはそうなんです、とか、その方が良いとは思うんだけど、ということってあります。
ただ、今回だけはそうではないということ。

その場のエネルギーがそうさせます。

以前と同じということはないんです。
考えてみれば当たり前ですが、一瞬一瞬変化しているわけです。いつも同じということはないんです。
このときはこうすればいい・・・それはハズレではないですが、ベストではないかもしれないということです。

エネルギーの流れに乗るということ。そうすると、その時に必要なことが起きてきます。
思考を止める、ということではなく、思考も体も流れるように進むと言うことです。

やろうとしていることが出来ないということではなく、その時に必要な方法、もっと良い方法へと常に変わっていけるといいなぁと思います。
だから昔やったからと験を担ぐ必要はないんです。
光に乗るのだ!!

2008.11.20

イメージいろいろ

立派な首相で日本人として幸せです!と感じている人はどのくらいいるのだろう(^^ゞ。
庶民でなくて良いので、せめて常識は知っていて欲しいって。
世の中の空気を読むというかですね、必要なことを理解するというか、その先の希望を示して欲しいなぁと思います。希望の空気に変えていかないと!

さてさて、イメージするということと、イメージを使うというのはちょっと違うわけです。
そもそも、イメージというのも、ただ単にイメージしても上手くいくかどうか分からない。
多分ですけど、イメージもいろいろなやり方があるんじゃないかと思うんです。通常は自分のやり方しか知らない。どこでどうしようなんてなかなか表現できないし。
例えば、将来をイメージするとか、好きなものイメージするとか、目の前にあるようにイメージするとしたら、、、。

イメージの仕方を変えて、360度でイメージする!
そんなことはあまり気にする人はいないかもしれないけど。
いろいろなところでいろいろなイメージをしてみると、とても面白いんです。
夜空が一瞬切り裂かれてイメージが映し出される・・・。それがヒーリングに役に立ったりね。

人には何が必要か。
そんなイメージが出来て、さらに行動できると素晴らしい!

どんな日本が、どんな世界が素敵だろうか?
そんなイメージをしてみると楽しいです。

2008.11.19

小さな一歩

コンビニのレジのところにある募金箱。
最近、何か買うごとにおつりからチャリ~ンと小銭を入れています。
何だか良いことをした気分がして、気持ちが良いです(^^ゞ。
小さいことからコツコツと・・・ということですね。

さて、大器晩成は本当にあるのだろうか?

神童と呼ばれた人がいつの間にか普通の人になっているという話は時々聞くことがあって、私のまわりでは神童と呼ばれたような人がいなかったので確かめようがないですけど。
昔は普通だったのに、いつの間にか大物に!まわりにそういう人がいないので何とも言えないところです。

よくよく考えてみると、どちらも話でしか聞いたことがない。
滅多にないことなのかもしれないです。
滅多にないから伝説なんですかね。

”いつかは・・・”と思いつつ、そのいつかが来ないことって多くて、昔読んだ本である老人が「一度で良いから大きく賭けたかった」と。競馬の話だったと思います。

いざとなると意外に出来ないか、失敗することが多い。
小さいことの積み重ねが、大きな成功を呼び込む!はずです!きっと!

いや、そんな期待をしているわけではないですよ。チャリ~ンって。

2008.11.18

自分の分は

ヒーリングをしていると元気になっていく人をみたり、何か新しい発見をする人を見たり、本人はどう感じていようと魂が美しく輝いている様子を見るのはとても素敵なことです。
ただし、常にハッピーエンドかというと、そうでもないわけで、人の死というものに向き合う瞬間も多くなります。
人はいつか死ぬわけで、つまり肉体はなくなるわけで、それは仕方がないのですが、最近も若い人が亡くなりまして、残念なことです。
あまり具合が良くないということで遠隔でエネルギーを送ってヒーリングをしていたのですが、最初はかなりビリビリとした刺激があって、それが徐々に強くなって、最後にはなくなっていくんです。反応が鈍くなってくるのを感じると、そこからはどうにもこうにも・・・。
何度か経験したことではあるのですが、あとは次の世界で楽しくやって欲しいなぁと思います。

いつも思うのですが、人の分まで生きなくていいから、せめて自分の分は精一杯生きたほうがいいと思います。
どうでもいいことにつまずいている時間はあまりないんだと思います。

2008.11.17

早寝早起き

やった方が良いけど、なかなか出来ないこと。
例えば早寝早起き・・・。
休みの前の日に遅くまでのーーーんびりして、寝そうで寝ないでウトウトとしているような状態はちょっと良い気分です。そんな感じで、いつもとちょっとちがったリズムになっただけで、翌日の体調が違ってきます。
早寝早起きか、遅く寝ても早く起きるようにした方が体調が良い。特にトレーニングをやっていると、その違いがよく分かります。
何が一番自分にとってメリットがあるのかを冷静に考えると、ボーッとした時間は余りに無駄というか、でもその無駄な時間を楽しむというのもあってですね、だったら違う時間で効率よくやったほうがいいかなと思ったりします。

いつもやっているけど、冷静に考えるとメリットがないことっていろいろあります。
それに惹かれるということは、やはり自分の中に引っかかる何かがあるんだと思います。

遅くまでボーッとした、つまり無駄な時間を過ごすことは、自分にとってどんなメリットがあるんだろう?
遅くまで遊んでいた記憶か、朝の日差しが眩しいからか、、、よく分からないけど、そうしないメリットの方が大きいことに気づいた今は、早く寝ようと・・・もうこんな時間か(^^ゞ。

2008.11.16

外からの視点

武騎手、落馬。
大きなレースでは久々ですが、無事のようでなによりです。

道場で練習していて、練習ってどういうのが理想的なんだろうって思うことがあります。
始めたばかりの人を相手にすると、昔に自分を思い出すこともあって何だか新鮮。そういうことだったのかと、新しい発見もあります。ただ、練習になっているかどうか、微妙な感じもあります。
教えるというのも練習ですし、上達への道だと思いますけど。
同じ人と練習していると、やりやすいんですが、幅が狭くなるような気がします。
いろいろな人と幅広く・・・当たり前でが、そういうのが良いのだと思います。

ところで、「財政難」ということをあっちこっちで聞きます。売り上げが落ちているとか、倒産したとか。病院の経営も大変のようですし、市町村だって倒産しそうだそうです。
立て直しが必要。
それはわかるのですが、そもそもみんなが赤字って、どういうことだろう?と思います。
お金はどのように動いて、どこへ消えていったんだろうって。
無駄を省くというのは、言うのは簡単ですが、実際の現場では難しい。難しいというのはちょっと違うかもしれないけど、現状を変えるというのは、抵抗があるものです。特に組織にいるとですね。

外からの視点というのは、内部ではなかなか持てない。
外に出ないと、内部のことは分からない。
そういうことってよくあります。

やりたくないことは、やりたくない。
理由はどうあれ、ということ。

自分のことも同じところがあって、自分が思っていることは、外からは違って見えたりします。
他人を見て自分を知るということも、出来ればしたほうがいい。
自分を知るというのは、楽しいことですからと!

2008.11.15

スイッチが入るか

焼き肉とステーキはどちらが美味しいか?
いろいろあるから焼き肉だな!

そんなわけで、「そんなはずはないのに・・・」なんて思うことはありませんか?
私は時々あります(^^ゞ。
予定通りいかなかったとか、思った通りにはならなかったとか、そういうことです。

よーく考えてやったことは、何とかなるものです。というか、仕事などはしっかり計画は立てますから、予定通りにいかなくてもなんとかなります。

単なる直感は、本当に当てにならないなぁ~って。
多分こんな感じ・・・っていうのは、楽しいし、上手くいくと大きなリターンがありますが、たいていはそうはいかない。宝くじとか・・・ねー。当たったらどうするって、夢はどこまでもふくらんでいきますが、当たるはずだという思いだけではどうにもならないですから。

でも、妙に直感が鋭くなるときがありませんか?
ちょっといつもとは違う感覚になって、全てが分かる感じです。
私は何度かありました。
いつもあんな状態になったらと思うんですが、そうはいかないわけです。
あのときは何かスイッチが入ったんだと思いますが、どうしてだか分からない。
あー、残念!
そう簡単には上手くいかないと言うことかなと思ったりします。

2008.11.14

粋な琳派

もうすぐ終わってしまう・・・ということで、夜の東京国立博物館「大琳派展-継承と変奏-」へ。
7時過ぎでもまだちょっと混んでいましたが、じっくり見ることが出来ました。

粋ですねー。

それが一番の感想です。
大胆な構図、力強さといいますか、こんなのが広い家にあったら、映えるだろうなぁ~って。
現代では"絵を飾る"ということになりますが、戸や障子や屏風に描かれるというのは、日常の中に美があるということで、杉戸なんて凄い杉板に描かれていますからねー。
こんなのがある部屋で、どんな日常を送ったんでしょう~って、想像すると楽しいです。

やはり俵屋宗達の風神雷神図屏風がいいかな。
書と焼き物は、イマイチ分からないところが多いですけど。

で、獅子園で焼肉!!
我が町、沼袋には焼き肉屋がたくさんあるのですが、その中でも人気の店で、なかなかタイミングあわなくて入れなかったのですが、初めて入れました。
焼き肉って、油とタレの味ばかりのところが結構多いんですけど、こちらは肉の味がしっかりしていてとても美味しかったです。肉が美味しいところは、ビビンバとかクッパとかも美味しいですね。それに久々にレバ刺しも食べて満足です。煙まみれになりながら食べるのもなかなかいいものです。

2008.11.13

自分のせいなら

当たり前のことだけど、誰も自分の変わりはいないんですねー。
同じ仕事をしてくれるなんていうことではないんですね。

どんなに楽しくても苦しくても、それを体験しているのは自分なんです。
その変わりをしてくれる人はいないということです。

自分のことは自分でしかできない。自分の体験は自分のものでしかないと言うことです。

今やっていることは自分がやっていることです。
ですから、全て自分に責任があります。
何をやるかは自分で選んでいます。そうなるようになっていたかもしれませんが、その時は自分で選んでいるということです。結果には自分の責任があるということで、誰のせいでもない~んですね。
自分のことは自分のせいとういうことは、全部自分が悪いとかじゃなくてですね、うまくいくように努力をしたらいいんですね。
うまくいくってどういうことでしょう。
思った通りかそれ以上の結果が出ると言うことだと思います。
それに向けて、努力をしてみるって、素晴らしいことだと思います。

2008.11.12

方向性

何かと忙しい日々です。
手帳売り場も大賑わいでした。
この手帳がいかに使いやすいかを語っている人までいましたから。

さて、人生を変えることは出来るだろうか?

忙しいとか、そういうことではなくて、今のままで良いのだろうか?と思ったりする人は結構多いように思います。
仕事をしていようが遊んでいようが、日々はどんどん過ぎていくわけです。
何で止まってくれないんだろう?なんて思ったことはありませんか。

流されるように、なるようになる・・・といいのですが、たいていはそうならないわけです。
何があっても受け入れられるというのならいいのですが、川の流れはスムーズだと良いのですが、所々でよどんでいることだってありますから。引っかかるところがないなら、流れていく方がいいですけど。

全てを手放す、というのはかっこいいです。が、なかなかそんなことはなくて、これはちょっと・・・と思ったりします。
だったら、ある程度方向性を持った方がいいかもと思います。

考えていても、考えていなくても、時は過ぎていきます。
時はある程度決まっていますから、タイムオーバーの前にやるだけやってしまった方がいいなぁと思います。
年をとっても元気な人は元気なのだ。

私もついつい先のことを考える癖がありますが、大きな夢の前には小さな出来事がたくさんあります。
まぁ、ちょっとずつ乗り越えてしまいましょうかって。

ところで「らんちカレー」の「ら」が「う」に見えたことがありませんか?ちょっとドキッとします(^O^)。

2008.11.11

デザインのもと

人のホームページをいろいろと作っていて、自分のを何とかするの忘れていました・・・。
で、リニューアルに向けて作業を開始しました。
さて、いつ出来るかな?

デザインというのは面白いもので、私はシンプルなものが好きなんですが、人によってどんなのが好きなのか様々ですね。
シンプルなのが好きとは言いますが、シンプルすぎるのも問題で、良い感じでシンプルなのが良いわけです。このあたりはそれぞれの感性で、表現するのが難しいところ。自分でも自分の好きな感じを表現できなかったりしますから。

じーっと見ると分からなくなるし、でも、ぱっと見ただけだとよく分からないときもあります。つまり、結論がないということです(^^ゞ。
ですので、やり過ぎず完成させるというのは、難しいなぁと思ったりします。

私はよく絵を見に行きますが、良い感じに描ききっているというのはセンスなんですね。
重すぎず、軽すぎず、微妙なバランスです。

これでいいんだ!と言い切れるには、何が必要なんでしょうね。
多分ですが、それで喜んだり驚いたり、何かのアクションをしてくれるのをイメージできるかどうかかなと。
ということは、まわりのことというか、世の中のことが分かっている、感じていられるかということです。

よく、人に意見を聞いたり、アンケートをとったりしますが、私の場合は一応やっているということを示しているだけで、人の意見を気にしたことがないですね。聞いたとしても、その裏をかくにはどうしたらいいかを想像したり。
まぁ、普通でないことが好きなもので。

2008.11.10

誉め言葉

実は、職人技に憧れがあります。
芸術作品もいいのですが、これは”技だな!”というのが、素敵ですね。
いつかはやってみたいことってあって、いつかなんて言わずに今すぐにでもという気がしないでもないですが、やってみたいだけですから、地道にチャレンジしたいなぁと思ったりします。

やってみたいことって言うと、それは仕事じゃなくて単に体験したことなんですが、いろいろありませんか?
中には「地道に暮らしていきたい・・・」何て言う人もいて、それはそれでいいのですが、刺激があった方がいいじゃない。多分、いろいろあるから平穏無事にって思うんだと思いますけど、いろいろが無くなってしまえば問題ないじゃない!

ところで、「変な人」って言われたことありませんか?
私はよくあります(^O^)。
これって、誉め言葉のような気がするんですけど、違いますか?
普通の人って言われるよりかなりいいじゃないですかねーって。

「変態」って言われて、、、間違いではないです(^O^)。
だいたい人は変態です!と勝手な持論。

自分と違うということって、たくさんあるんです。
自分と違うと違和感があるわけですが、それは拒絶するんじゃなくて、そんなもんかと受け入れてみる。
自分もそう見られていることが多々あるわけですから。

でも、自分の世界があるって素敵じゃないですか。

2008.11.09

ピカソ

ライオンズ、日本一!
4年ぶりだそうで。おめでとうございます!
多分私が応援したら!と思っている方も多いと思います(^O^)。

で、国立新美術館の「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」へ。
ピカソの作品はたくさんありますから、あっちこっちで見ることが出来ます。ちょっとお金があれば、購入することだって出来ます。版画とかポスターならですけど。

ピカソの作品とは、とても迫力があっていいのですね。今回もいくつか好きな作品がありました。
が、例の何が描いてあるのかわらからないやつ・・・って、あれはタイトルがよくないなぁ、何て思ったりします(^^ゞ。ギターとかバイオリンとか、、、ギターとしてみるとギターに見えないんですよねー。
不思議な人物もですが、多分、ちょっとずつ変えていって作品になった時には大きく変わっていたのかもなんて想像してしまいます。ピカソになった気分で見るとですけど。まぁ、思い込み半分・・・。

そういえば、オグリキャップが久々に登場でしたね。真っ白で、かわいい。
私はビデオでしか見ていないですけど。ドラマチックな馬ですね。
競馬も、今とはだいぶ状況が違いましたからねー。

2008.11.08

長屋とスウェット

住吉の長屋を原寸大模型で再現!ということで、ギャラリー間でやっている安藤忠雄建築展「挑戦-原点から-」を見てきました。
行ったらちょうどサイン会の最中でした。

で、この家に住みたいかどうかはともかく、面白い家ですね。家の中なのに4つの部屋の繋がりから自然を感じずにはいられない。多分、私が住んだら一カ所にいそうな気がします。

安藤さんの作品はコンクリートの打ちっ放しという印象がとても強くて、他にもいろいろあるんだとは思うんですが、思い切った切り取り方というか、光の入り方というか、何というか、、、「光の教会」なんて凄いなぁと思いますし、dも、実際使うとなるとどうなんだろう?何て思ったりします。

それにしても、大規模のプロジェクトを数多く手がけていて、これだけいろいろ出来たら面白いだろうなぁと思います。なんと言っても地図に残るものですからねー。


で、たまには服でも買おうとLOOPWHEELERへ。
吊り編み機で織ったスウェットのお店です。
素材やデザインにこだわることはありますが、編み方にこだわった服というのはなかなかないかなと。
デザインはごくごくシンプルですが、なかなか着心地は良いです。
なんと言っても着れるサイズがあるのが嬉しい(^O^)。
大量に作れるものではないらしく、価格は高めです。通常の2,3倍?でも、これしかないというのは魅力的です!体になじむような感じがいいですし。あと、ループウィラーというタグがちょっとかわいい。
着てみたいなと思わせる何かがあります!
今回は紺の前あきのパーカーとカラフルなマフラーをためらうことなく購入です(^^ゞ。
ナイキとのコラボも面白いです。
ちなみに、スタジャンは夏にオーダーしないと手に入りにくいらしいです。
来年は作ってみるかな。

Loopwheeler

最近では、売れそうなすぐに作ってすぐに売るっていうのが当たり前になりつつありますが、逆行している感じも素敵です(^^ゞ。

2008.11.07

嬉しい、楽しい

人生いろいろあるわけで、旦那が酒ばかり飲んで働かないとか、私の人生どうなとか・・・。

自分の喜びのみを追及するとやっぱり楽しくないわけで、それは他人との関係が重要。つまり、誰かに喜んでもらってこそ、自分も嬉しいわけです。
かといって、何でもかんでも人のためというのは間違っているかなと。
で、誰かに喜んでもらうということは、自分も誰かに喜ばせてもらうということです。嬉しいなぁと思うことがあれば、その相手もきっと嬉しい!

酒ばかり飲んでというのは、多分やることが見つからないから。
やりたいこと見つけるというのでもいいのですが、先ずは奥さんを喜ばせなさいって!

人生を変えることは、多分いつでもできるはずです。
運命とか宿命とか、まぁどうでも良いじゃないかって思うんです。
ブツブツ言っている間はまだ何とかなるということです。
何もいえなくなったら終わりですから!

2008.11.06

同じ空気を感じる

データが全部同期できたらいいのに。
と思ったら、いろいろと仕組みがあった。
けど、うーん・・・。

バーチャルの世界というのも本当にまぁ進化したもので・・・といっても、私はゲームもなにもほとんどやらないので、あまり体験はしていないんですけど。
情報を得るのなら文字でも画像でもいいですし、見れれば良いというものもありますね。でも、リアルでないと楽しくないものっていろいろあると思うんです。
その場で同じ空気を感じるというか。
例えば音楽も、オーディオで楽しむのもいいのですが、直接目の前で演奏されると伝わるものが違うんですね。

イメージの世界でもいろいろと楽しめますし、実際には出来ない体験が出来ます、が、リアルな体験があるのと無いのでは、内容がちょっと違うと思うんです。
DVDを見て、イメージトレーニングをして、それでスキーが出来るかというと、ちょっと無理かなと。

想像とか妄想とか、人はいろいろやっているんですが、それはやっぱり実体験にはならない。
出来ないことはいろいろあります。ほら、イメージで月に行くのは簡単ですが、実際にはなかなか難しいでしょう。
でも、出来ることはやってみたいところです。
それが体験するということですから。

2008.11.05

風を感じて

コンピュータを使いこなしていると思われていると、いろいろと聞かれることがあります。
当然ですが、細かい仕組みまで理解しているわけではないです。
聞かれるといってもほとんどは、動かないとか、エラーが出たとか、メッセージの意味が分からないとか、そういうことがほとんどですから、ボタンを押すか、再起動するか、再度設定をするか、対応はそんなところ。
検索してメールを出してワープロを使って、場合によっては画像を編集したりするくらいだと、基本はあまり変わらないですからね。
あまり頑張るもの面倒なので、それで駄目なら壊れたということにして。

コンピュータにも愛情を注げばしっかり動いてくれます(^^ゞ。

IT、ネットワーク、パソコンと、いろいろと新しい技術や製品には興味があるのですが、自分からはあまり使わないんです。
いくつか使ってみたこともあるんですが、使い続けるのが面倒になってしまう。携帯で何でもやってしまうな人もいらっしゃいますが、私の場合は半分時計代わりです。ウィルコムだし。
コンピュータもですが、どうしても人が近づくしかないというのは変わりないですね。
スイッチを入れたり、そもそも電源がないと動かないし。
そこまで必要としていないということになります。
いや、同時にいろいろ使うのがどうかということかな。
メールも便利ではあるのですが、小さいボタンを押すよりは、電話の方が伝わると思うし。

それにしても、もっと自然なものにならないものなぁ~と思います。

必要なものが必要なときにあればいいわけで、必要じゃないときにあってもしょうがない。
必要なときというのを”いつでも”にしてしまうと、うっとうしい・・・。
たまには静かに風を感じていたいときだってあるじゃないの(^O^)。
何も気にしないで静かにしてみるといいですよ。

2008.11.04

それよりは日本で

あ、日本シリーズをやっている・・・。
西武線沿線に住んでいることもあって、ライオンズ頑張れ!

もうすぐ新しいアメリカ大統領が決まるようで。
世界に影響が出てしまうわけで、でも、どっちにしろ今よりはましでしょうねー。
平和でまともな世界になることを願っています。

隣の芝生は青いかどうか、自由かもしれない国にあこがれてしまうこともあるかもしれませんが、おかしなところもたくさんあって、宗教がらみは面倒だなぁと思ったりします。
それよりは、日本がもっと夢と希望のある国になるようにと思います。
今は何かと大変な状況でもありますが、5年、10年先には元気になっているようにということです。

ところで、アメリカの保守系って自由主義なんですねー。
そうか、国の成り立ちによって、全然違うんだよなー。

2008.11.03

見ている、知っている

どう見られたいか。
お洒落にとか、スマートにとか、かしこそうにとか、、、。
自分のことは分かっているけど、分かっていない。

「神は全てを知っている!」とすると、良いところだけ見せようとしても無駄で、すでに自分のあんなところやこんなとこも知っているということになります(^O^)。
いくら隠しても隠し切れないわけです。
本心であろうと嘘であろうと、全てお見通し。
これが実感できたら、怖いものも恥ずかしいものも、何もないですねー。

2008.11.02

不思議な歩き方

前方を歩いている人になかなか追いつかない。こちらは結構頑張って歩いているのに。
そこで頑張るのを止めて楽に、普通に歩き出すと、すぐに追いついたりします!
頑張らなくなった瞬間に、足がスムーズに動き出します。
ゆっくり歩いているようでも、実は大股で早くなる。
何だか不思議です。

自分の癖でもあるんですが、ある程度盛り上がっているところではそれほど発言をしないことがあります。
随分静かですねなんて言われることもありますが、うるさいほど喋るわけではないんです。サービス精神が無いわけではないんですが、すでに盛り上がっていると、それほど頑張らないわけです。

どちらかというと静かな時間が好きですが、結局自分のことに興味があるということでもあるのかな、と、自分のことを思ったりします。自分の中ではいろいろと納得したり楽しんだり出来ますから。

無理に頑張って何とかしようなんて、しないほうがいいと、いつも思います。
本当に頑張るべきところはそこじゃないって。
そんなわけで、人間関係に困らないです。

2008.11.01

夢中

忙しいと疲れますが、本当に忙しい人は疲れを知らないかも!
人に左右されると、疲れるんです。
もしも、自分のやりたいことが目の前にあると、頑張っちゃいますよねー。
ついつい朝まで飲んで騒いでしまった・・・とか。その瞬間は楽しいですからね(^O^)。
やりたいことに夢中になることと、どうでもいいことに夢中になること、違いはあとで後悔しない事ですかね。
後悔しないぐらい遊ぶっていうのもありますけど。

仕事をして、遊んで、また働いて。
ほとんどの人はそんな流れだと思いますが、そこに差が無いほうが自然だろうなぁと思います。ただ、遊びが仕事になるというのとはちょっと違うんですけど。

まぁ、そんなわけで、楽しくやりましょう~。

« October 2008 | Main | December 2008 »