プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

2008.12.31

日々、幕開け

今年も終わり。
新たな出発が近づいています(^O^)。
今年の最初、何があったかもう遙か昔のことのようです。
まぁ、楽しい一年でした。
来年は、さらに凄いことになります!
とりあえず、世界進出で、その後は宇宙へ進出だな(^^ゞ。

世界を変えよう!
新しい時代の幕開けですから。
やることがたくさんあって、楽しいです。

ところで、最近、ちょくちょくやってくる黒猫です。二匹います。
うちで時々食事をしているのですが、どんどん大きくなっています。
なかなか可愛い!

Blackcat

2008.12.30

勝間さんの本

読書は好きで、いろいろと読んでいます。
このところ、どんな本を読んでいるんだろうって振り返ってみると、勝間和代さんの本が多かった。今は「起きていることはすべて正しい」(ダイヤモンド社)を読んでいます。
勝間さんの本は参考になると言うか、言っていることが具体的で分かりやすいですね。自分の仕事に当てはめやすいんです。

実は、私だけかもしれませんが、勝間さんが注目されてきてから、世の中ちょっと変わった気がしています。
発言がデータに基づいているなど具体的で説得力があるから、今まで何となく発言している人が霞んでみえてしまう。ですので、”では、どうするのか?”ということを考えられる人が増えているんじゃないかと思うんです。というか、そうあって欲しいんですけど。一昔前にあったように”楽しいと思えば、楽しいのよ!”なんて言われてしまうとどうにもこうにもですので。

あまり仕事にはなっていないんですが、ホームページの立ち上げを手伝うことがあって、中には何も考えずに作ろうとする人がいて、それじゃ無理でしょうって思ったりします。私もビジネス書はちょくちょく読みますし、フレームワークなど学んだこともありました。そこまでしなくても、先ずは切り口はいろいろありますから"誰に・何を・どのように”提供したいかくらいは考えてみましょうよって思ったりします。

・・・などと考えていましたが、今後やってみたいことで、本を出版しよう!とうのが候補にあります。
ふふふ、すぐに行動だな!と思いながら・・・その時はChabo!にも協力しよう(^O^)。

何となく急速充電のエネループを買ってみました。
スピーカーとかラジオとか、電池があると何かと便利なものが多くて。

Eneloop

2008.12.29

疑問を持つ

今年出来るものは今年のうちに、ということで掃除をするといろいろと出てきますね。
いらないものや使わないものを出したら、クローゼットもかなりスッキリしました。
昔のカセットテープなんて、懐かしい。今では見たことない人も多いかもしれないですね。ガチャガチャと使えて、それなりに便利でした。
いろいろと休める時期でもあるので、体もだら~っとしがちです。緩めすぎずバリバリとやっておきたいと、寝ながら思ったりします(^^ゞ。これはまずい・・・。だらけすぎないようにしないと。

適切な疑問を持つというのは、大切なことです。
ある人が"愛を送りたいんです"と言っていまして、それはとても素晴らしいことなんです。ただ、相手に対して愛を送るというのは、送られた方もちょっと重かったりします。
どうしたら愛を送れるだろうか?と思っていると、適切な答えがやってきます。

駄目かもしれないと思っていると、駄目な方法が浮かんできます。
どうしたらいいかと考えていると、解決方法が浮かんできます。
世の中、何とかなるものですが、どうした先へ進めるのかということに意識を向けるべき何です。
そしたら、出来ることってたくさんあることに気づきますから。

2008.12.28

有馬記念

たまに近所を自転車でふらふらと。
近所に小さい図書館を発見したり、工事をしていたところがすっかり出来上がっていたり、なかなか楽しい。

ということで、有馬記念でした。
ダイワスカーレットが素晴らしい勝ち方をしましたね。
私としては、直線で沈むと思っていたんですが、、、他の馬が沈んでしまいました。
来年は世界へ進出です、きっと。凱旋門賞でもなんでも。
有馬記念が終わると、今年も終わりだなぁと思います。
次は、金杯です。来週ですけど。

年末は何となく慌ただしい。
でも、町の様子はそうでもないような気もします。
時間帯にもよるかもしれませんが、あまり人が多くないような。
不景気だからお金を使わない?
一番の問題は経済ではなく政治でしょうね。ぐちゃぐちゃですけど、でも世の中何とか動いているって。それはそれで凄いことですね。変えるところは変えないといけない。"既得権益"って、あらゆるところにあるようなので。医療、農業、そして経済も。
とにかく、世界の中で次のビジョンを思い浮かべられるようにしないとと思います。

最近よく竹中平蔵さんの発言を聞くことが多いです。当たり前ですが、不景気は竹中さんとは関係ないですね。

ところで、ユニクロでヒートテックを買おうとしたら、どこに売っているのか分からなかった。売り切れ?

2008.12.27

変えると言うこと

時々行く寿司屋の大将は、握る前に必ずポンと手をたたきます。
何だか面白いです。

ということで、寒いですね。これはこれで冬らしい感じで、結構いいんじゃないかなぁと思ったりします。
季節を感じるというのは大切なことだと思いますから。
最近では空気が読めるとか読めないとか、あまり言わなくなった気がしますが、空気を感じるというか空気を見るというか、つまり風を感じるというのは大切なんです。
自分ばかり見ていても堂々巡りか、結局何も変わらなかったりで、どうにもならないことが多いです。というか、変わることはまずないです。
風と一体となったとき、つまり周りと一体となったと言うことで、それは世界と一体と言うことで、つまり、自分の外にいろいろあるんですね。
自分のことを変えるためには環境を変えるということです。
気持ちを変えたいのなら、体を変える必要があります。
自分が思うだけでは、何も変わらない・・・少なくとも変わったという人を見ることはなかなかないんです。
具体的に変わらないと、変わったことになりませんから。

自分が心地よいといういうこと。それを感じることが出来るだろうか?何を変えたら今より心地よいか。
そういうことを感じることが出来るというのは、周りが見えていないといけないし、そのためには空気を感じられないといけない。

好きなことをするというのとは、ちょっと違います。
自分が心地良いというのは、感情的な好みとはちょっと違うんです。
例えば、好きな色だけではなく、色そのものに興味を向けることで、その時に必要な色が見えてくるし、好きな音楽だけ聞くのではなく、音楽そのものに意識を向けることで、その時に心躍らせる音楽に出会えます。
それを含むもっと大きな視野と言うことですね。
それが変化のきっかけです。

2008.12.26

嗜好品はミルクティー

お酒を飲んで記憶がなくなるというのは、短期記憶から長期記憶へ橋渡しが出来なくなっているかららしい。
楽しく飲んでいる状態から、同じことを繰り返し話し始めるとちょっとやばい時間になってきます(^^ゞ。
倒れる前に、家に帰ろうって、まぁ、そんな場面に出くわすこともあるわけです。
私は全く飲まないので、問題はないんですけどね。

お酒もタバコもコーヒーも飲みません、というと、嗜好品は何ですか?何て聞かれることがあります。
愛と光です・・・というのは冗談で、ミルクティーですかねーって(^O^)。緑茶も飲みますが。
言われてみれば、無ければいけないものは無いように思います。

ところで、「生キャラメル」というのがあって、「生」といっても砂糖と牛乳とその他諸々を煮詰めたもので、つまり全然「生」じゃない気がしますが、多分口溶けの感じが生っぽいということなのかもしれません。
焦げないようにするところにちょっと手間がかかりますが、自家製の「生キャラメル」はこんな感じです。
暖かいところに置いておくとすぐに柔らかくなってしまいますが、結構美味しいです。
ミルクティーとよくあうんじゃないかなと思います(^O^)。

Namacaramel

2008.12.25

枠から出て

インフルエンザの予防接種を受けた知人が、”調子が悪くなった・・・”と言っていました。
以前も、痒くてしょうがなかったとか、腫れてしまったとか、5日ぐらい調子が悪かったとか、などといろんな人がいましたが、インフルエンザにかかるよりはましなのかもしれないですけど。

自分らしさをどこにおくのかで人生は変わるのかもしれない。
というのも、現状を維持しようとする人が結構いまして、それは何かを守りたいというのもあるのかもしれないですが、ある程度のところで満足しているのだと感じてしまうから。いや、変化を拒む何かがあるんだな。
例えばですね、収入が5倍、10倍になる可能性があるとすると、楽しいじゃないですか。それを、あるわけないとか、なったら大変だとか・・・。うーん、否定する気持ちが分からない。が、この人は今以上にはならないんだろうなぁと思ったりします。
適当なところで収まるようになっている、ということではなくて、それが自分らしいと思ってしまうんですね。
そんな制限はいらないのに。
目標を持とうとか、そういうことではなくて、自分の可能性を小さな枠に押し込んで満足してしまうのはちょっとどうかということなんです。
夢は持った方が良いんですよ。しかも出来るだけ大きい方が良い。そうでないと、叶うはずの夢にも手が届かないですから。

小さな枠から飛び出して、楽しくいきましょう~!

2008.12.24

光の季節

世の中クリスマスなわけで、ケーキとチキンがあふれていますね。コンビニでもローストチキンとか、フライドチキンとか、大忙しです。まぁ、私は特にこれといって変わりなく過ごしていますけど(^O^)。

光の季節!
イルミネーションが綺麗です。
最近はLEDですから、いろいろな表現が出来ますね。
クリスマスとライトアップは関係なさそうな気がしますが、冬の風物詩ってことでしょうか。
チカチカするとあまり綺麗に見えなかったりします。
個人的には落ち着いた感じが好きです。
見ていて飽きない、ということもなく、LEDですから結局似た感じになっていたりいて・・・。

光って、いいものです。
オーラやチャクラにも色があるように、いろいろな光の色で、心も体も変わってきます。
必要な光は取り入れていきたいものです。

一番良いのはロウソクの光です。ゆらゆらと揺れて。でも、熱いんですよねー。溶け出して大変なことになっているときもあるし(^^ゞ。ちょっと注意が必要です。
田舎に行くと、星空も綺麗ですね。
まさに降ってくるかのような星。ただ、外だと寒いって・・・。

赤い光を取り入れるイメージをするだけで元気になりますし、青い色だと落ち着いてきます。
金色は万能に使えます。

光がないと生きていけません。
世の中に光を!
どこまでも光を!!

2008.12.23

自由なほぼ日手帳

内藤大助選手、素晴らしい!4度目の防衛。
まだまだいけそうですね。

天皇誕生日ですね。天皇制については時々議論になるようですが、天皇とは何であるか?象徴であるということは習ったような気がしますが、それじゃ答えになってないなって思ったりしたのものです。
日本の象徴。
そこで表されるのは、何だと思いますか?

ということで、「自由」ということ。
自由であるというのは、好きにすると言うことだけではないです。
”自分勝手”というのも、ある程度の自由かもしれない。でも、そういうものからも自由になるというのは、どういうことだろうって。

誰かは自分のものではない。誰かをコントロールするというのは、コントロールされているというのと同じ関係になってしまっている。ということは、自由であるための前提条件が別にあって・・・。

自分で自分を自由に出来るだろうか?
失敗したとか、やらなければ良かったとか、そういうことからも自由に。
ルールが出来て、自分なりのやり方が出来て、そうなると自由ではないかもしれない。

自由であるのは、思ったより不自由なのかもしれないです。
少なくとも面倒かもって。

さて、今年もほぼ日手帳が届きました。届いたと言っても、誰かにもらったんじゃなくて自分で買ったんですけど。
何となく勢いでCOUSINも買ってしまった。
使うんだろうか?いや、多分自由に愉快に使うだろう!きっと・・・。絶対・・・。

Hobonichi2009

2008.12.22

パープル・リボン・プロジェクト

エセナセナおおたで話を伺って、パープル・リボン・プロジェクト、はじめました!

暴力って、駄目なんです。
当たり前ですね。

で、暴力ってなんでしょう?
殴ったり蹴ったりという肉体的なものだけではないです。
精神的なものも含まれますし、無視したり、相手を傷つけるものは暴力なわけです。

DVとは「親密な関係にあるパートナーからの暴力」のことです。(NPO法人 全国女性シェルターネット
夫婦間、恋人同士というのは愛し合う人たちのはずですが、時として、そこで相手を支配するような暴力があるわけです。
おかしいですね。
しかも結構な割合で起きているのだそうです。
先ず気づかないと!

現状、ほとんどの被害者は女性です。
男性側に責任があるわけです。

思えば、男性は女性に対してどのように振舞うべきなのかということを、まともに学んだことってありますか?
ほとんどの人はないんじゃないですか。
男は強くあるべきだというのを勘違いして、力ずくでしか表現できないとしたら、まずいですね。
男と女が理解しあうのは難しいかもしれないですが、受け入れることは出来るはずです。

ということで、連鎖する暴力をストップ!

Purpleribbon

2008.12.21

レオナール・フジタ

とても暖かい日でした。なかなか気持ちが良いです。

ということで上野の森美術館で「レオナール・フジタ展」を見てきました。
ちなみにレオナルド・フジタというほうが私はなじんでいます。
私としては、今まで"すばらしき乳白色"と"猫"の印象がとても強く、あとおかっぱ頭と丸眼鏡ですか、あの独特の表現がいいなぁと思っていたんですが、実物はやはり素晴らしい。
乳白色の前の初期の作品は始めてみました。これはこれで、今でも新しい感じがありますね。
そして幻の大作!「ライオンのいる構図」「犬のいる構図」「争闘I」「争闘II」の連作です!!
何でこれを描いたのか、でも凄いですね。
筋肉質の男性がとても多いですが、私としては裸婦のあの白くて柔らかい感じが好きです!
輪郭の細い線を見ていると、すーーーっと一息で描いているような感じもあり、軽やかなんですね。
ちなみに修復の過程も紹介していましたが、とても地道な作業で、素晴らしい・・・。

フジタの作品を見ると、以前参加したオークションのことを思い出します。
猫のリトグラフが出品されて、たいてい予想価格より高めで落札されるのですが、その時は二人がもの凄く競ってしまって、予想の5倍くらいの価格になっていました。あんな競り方は始めてみまして、見ていてドキドキしてしまいました(^^ゞ。

フジタというと、晩年はカトリックに改宗し、宗教画や礼拝堂まで作っています。「平和の聖母礼拝堂」は、こじんまりとしてなかなか素敵です。最後の大作ですね。日本を捨てたのではなく日本に捨てられた・・・この地で神を感じたのだろうかと。

で、全体としてはお客さんが少なくて、見ている方は楽なのですが、こういう素晴らしい作品はもっと多くの人が見て欲しいですね。
西洋でも東洋でもない、独特の世界観とその表現を知っておいてほしいなぁと思います。

Leonardfujita

2008.12.20

外へ向けて

こだわりはあるのか?
そう聞かれると、返事に戸惑うことが・・・。

こだわるという意識があまりありませんが、結局好きなものは好きなわけです。つまり、いらないものはいらないわけで、それはこだわっているということなのだろうかと思ったりします。
執着と言うことだったら、多分以前より無くなっているように思いますが。
無くなるというものではないように思います。

印象が強いと、そのことを引きずって考えてしまう。
ただその瞬間、何となくそう思っただけなのか、それとも何か背景があるのか。
根拠は何か?
実は何もないかもしれない。というか、何もないことが結構あります。

結構あるって、どのくらいでしょうね(^O^)。

ところで、「宗教」というのは生活の中に一応は根付いているわけです。
一応というのは、ご飯に箸をたてては行けないとか、お盆とかお正月とか、やって良いこととか悪いこととか、一応気にしていると言うことです。
宗教から何かを学ぶと言うことはあるのだろうか?
お坊さんでも神父さんでも、日常的に付き合いがあればいいのかもしれませんが、せいぜい冠婚葬祭の時だけだったりすると、当たり障りのないお話で終わるということになります。

宗教が本来果たすべき役割とは、何なんでしょう?
多分ですが、お互いに何もしないこと何も起きないので、結局役割も何も無くなってしまって、あってもなくてもいいようなものになっていないだろかって。

いやですね、世の中にはなかなか大変な状況の人っているわけです。
しかもとても多い。
何とかしようと思うじゃないですか。
お賽銭を投げて神頼みだけじゃ、どうにもならないわけで、まだ残っているなら英知を外へ出さないとと思います。

2008.12.19

ワクワク

おっと、金とプラチナの値が下がっている。今が買いだな。まぁ、買ってどうしようというのはないんですけど。
資産は現金だけじゃなくて、金とかプラチナで持つのが良いなんて言う話もあって、それは現金の価値がどうにならなくなってしまうということかと。

今年も終わりですね、という話題が日々増えています。年末はいつからお休みですかとか。
来年は?
もっと厳しくなるって。
その前に年末をどうやって乗り切るんだとか。

悲観することはないんです。
予想は外れるわけですから。
頭を抱えて小さくなっていると、チャンスを逃してしまいます。
何もなくても何とかなるって。
経済が、100年に一度の危機とか。そんな時代って、100年後までないかもしれないわけです。
凄いことだと思いませんか?
そんな時代に生きているんですよ。

新しいものを生み出す絶好のチャンスです!
では何がいいのか?
車が売れない?まぁ、あまり興味はないから。
CDが売れない?幅は広がっているかも。

今までにないものはなんだろう?
何を変えたらいいだろう?
今しかできないことって・・・。
何だかわくわくしませんか!

2008.12.18

深めていく

本当に必要なものは?

私はわりと「モノ」が好きなんですが、たまーに見ると、いつの何のことだったか忘れてしまっていたりします。
ほら、掃除をしたら何やら出てきて、多分大切にしようと思ったのだと思うけど、何のことだか忘れてしまっていて、結局捨ててしまうとか・・・あるじゃないですか(^^ゞ。
本当の意味で自分のためになるものが、やっぱりいいのだと思います。知恵であったり、技術であったり、ですね。

最近ではフレームワークで考えるというのを意識することが多いです。以前、勉強していたこともあるので。全体を見渡すことと、どこに問題があるのかを探していくのは、なかなか興味深いです。というか、こうした考え方に慣れてくると、思いつきだけは物足りなくなりますね。まぁ、私も始めたばかりですから、まだまだですけど。

いきなり抽象的な話になると分からないことってありますね。
多分ですが、具体的なものが重なり合って抽象的なものになっていくように思います。
例えば、”人は幸せでなければならない”というのはその通りなのですが、人によってその幸せは違ったりします。
生活の中身を具体的に見ていくことで、幸せが見えてくるってあるんですよ。
実践で、つまり日常で使えるように深めていきたいところです。

あ、年賀状・・・。出すか、出さないか・・・。

2008.12.17

違和感とか

スタバよりドトールの方が好き!
タゾティーチャイラテよりロイヤルミルクティーの方が旨いと思うんですけど(^O^)。
比べるものじゃないか・・・。

それはともかく、自分の違和感に気づいているというのもはいいこともあるんだなぁと思ったりします。
何かおかしい、というのは、いろいろな可能性があります。
何かシフトしている、つまり変化の時期だったり。
また、今まで普通だったものが普通じゃないと言うことに気づいた瞬間だったり。

これは大切!と思っていたものが、実はたいしたことがないなんて言うことに気づいてしまうと、ちょっと大変!!
でも、そこから人生が変わっていくことがあります。
全てが後戻りが出来ないことです。
実は止まることも出来ないんですけど。

全ては自分のせいか?
まぁ、そうとも言い切れないものだってあります。
人は、いろいろな影響を受けているものですから。例えば、親の影響はとても大きいです。小さい頃から接していますから。接していない場合も同じように影響が大きい。いろいろあっても無抵抗の時はどうしようもないです。
その影響を持ち続ける必要はないので、気づいたら捨ててしまってOKです。
意外に先祖の影響も大きい場合があります。先祖供養で何かが変わることってありますから。私もヒーリングの時、先祖にエネルギーを送ったりすることがあります。出来たら自分でやった方がいいとは思うんですけど。何だか楽になったりして、面白いです。

何がそうさせるか、"原因を探る"というのはあまり意味がないことがほとんどです。
いらない荷物は置いていっていいんですから。
そしたら、スッキリです!

2008.12.16

リラックス

リラックスはどこまで出来るか?

緊張していると実力はでないわけで、常にリラックスしたいと思うわけです。
で、リラックスって何でしょう?
緊張していないわけですが、かといってヘニャっとしてしまうわけでもなく、力がみなぎっている。いや、みなぎっているのとはちょっと違うな。

先ずは力を抜こうとするわけですが、抜こうとして抜けるものでもないです。ちょっとコツが必要です。
イメージだけだと意外に力が抜けないことがあるので、私の場合は呼吸を使います。
吐く息とともに力を抜くんですけど、その時にお腹の中に緊張感を感じてしまいます。表面だけではなく、体全体からストンと抜けてようにするのは結構難しい・・・。
ただ、体の中まで感じられるというのは結構面白いです。

猫背になってはいけない。自然に背筋が伸びている。が、肩とかお腹とか背中とか足とか、力は抜けている。
力を入れて頑張るということはなくて、力を抜いてコントロールしていく。
とにかく出来るだけ力を抜いてしまうと、別の力に変わっていくのか・・・。
思い通りになるのは難しいけど(^^ゞ。

体のコントロールと心のコントロールがあって、心をどうするかっていうと・・・。

2008.12.15

心は誰の

テレビブロスを購入。年末年始超特大号!
番組表を見ていると、一気に正月になってしまった気分です(^^ゞ。
今年は何連休ですか?

さて、心はどこまで自由だろうか?何てことを考えたりします。
私たちはテレビとか雑誌とか、いろいろなところから情報を得ています。
ニュースキャスターの表情や言葉遣いで、そのニュースに対する印象が変わっているわけです。すり込まれているとも言います。
人は簡単に分かった気になります。だって、一方的に同じような情報を流されているわけですから、信じるのは簡単です。

起こったことは何か?何がそうさせたのか?具体的なデータは何か?
なかなかそんなことまでは考えないかもしれない。
"大変な世の中です!"とか"酷いですね"なんて言われると、大変だとか酷いとかと思ってしまったりします。
事実ではなくて、印象だけですね。

裁判員制度になって、大丈夫だろうか?
まわりに影響されず、自分で考えて結論を出すことが出来るだろうか?
何だか怪しい・・・。
直感とか駄目ですから。もちろん、守護霊が何か言っているというのも駄目です(^^ゞ。

自分の心は自分のものではないかもしれない。というのは言い過ぎかもしれませんが、誰かの言ったものがそのまま自分の心に入っているだけかもしれないですから、先ずは好きとか嫌いとか、感情を超えたところに意識を向けるといいのかなと思ったりします。

2008.12.14

変化に

派遣切りのニュースを見ていて、とにかく働き方を変えないと今後はやっていけないということになっていると思うわけです。
働く環境は制度が変わったり、罰則が強化されたり、今よりまともになる可能性はあります。が、社会も変わっていくわけで、社員ということが意味が無くなるかもしれないし、会社のあり方だって変わってくるかもしれない。
まぁ、制度より現実の方がどんどん変わっていくでしょうから、手遅れにならないようにしないといけないです。

格差が広がっているわけです。
お金のことですけど。
現在でも、本当の意味での富は一部に集中していますから、格差が多少変わろうと、というか大きくなろうと全体ではあまり影響ないことになっている・・・。

自分だけでなんと出来るところと、どうにもならないところがあると思います。
社会の可能性と自分の可能性を広く持って、ある程度対応できるようにしておくと言うことかと思います。

もう何も出来ない、ということはありません。
価値観をお金にだけしていると、行き詰まってしまうかもしれない。例えば、他の国に出て行くことも可能性の一つで、「きれいごと」を最後まで押し続けるくらいのことをやっていくのが必要かと思います。

生きているってどういうことだろう?
それは、息をしているだけじゃないんだよねー。

2008.12.13

スジャータ

先日、マクドナルドで食事をしていたら、ある娘を連れたお母さんが入ってきて、注文したとたんに娘さんが泣き出しました。

”いやぁ~~~~~~~”

嫌なんじゃなくて、ハッピーセットのおまけがありますが、その欲しかったやつが本日品切れ中ということで、もらえないということらしい。

"今日はないんだって"
"欲しい~~~~~~わぎゃ~~~~~~~”

定員のお姉さんも

”ごめんね、今度あげるからね”
”いやぁ~~~、今、欲しい~~~~~~~~だぎゃ~~~~~~”

なかなか大変です(^^ゞ。
無いものはあげられないわけで、どうしようもないんですが、子どのもの目線で誠実な対応をしている姿はなかなか素晴らしいものがありました。
結局、困り果てたお母さんが子供を抱きかかえて去っていきましたが・・・。

そんな場面は何度か見たことがあって、子供が欲しいものと大人が欲しいものが違って、"こっちがいいじゃない"と子供を説得している親を見たりすると、なんだかなぁと思ったりします。

で、みんな大好き、カレーライス!
かどうかは何とも言えませんが、我が町・沼袋にスリランカ・カレーの「スジャータ」という店が出来ました。"伝説の味"とあって、何が伝説なのか聞いてみたら、以前は新中野にあって人気店だったらしいです(^^ゞ。
カウンターだけの小さいお店です。
ビーフカレーが無くて、チキンカレーを食べてみました。どかっとチキンがあって、ちょっと辛いけど、なかなか美味しいのではないかと思います。
ところで、スリランカカレーとインドカレーはどう違うんでしょう?普段はインドカレーのお店に行くことが多いんですけど。インドの方がこってりしているのかな?いや、それは店による違いなのか・・・。ネパールカレーもあるしなぁ。

沼袋にもカレー屋さんが増えてきまして、何だか嬉しいなぁ~。

2008.12.12

チャクラ全開

チャクラを開くということ。

7つのチャクラが体の中心に沿ってあるということは、多くの方が知っているか、あるいは聞いたことがあると思います。実際にはそれ以外のチャクラもありますし、肉体の外にももあるようです。

で、チャクラを開くといいことがあるのか?ということですが、あります!!
ただし、全てのチャクラを開くには覚悟が必要です(^O^)。
だって、いろいろあるから・・・。

チャクラにはエネルギーがながれますが、どこかに引っかかりがあると流れにくくなります。
スムーズなエネルギーの流れは何も引っかかるところがないと言うことで、つまり、全てを受け入れるとスムーズに流れるわけです。

だいたい人はいろいろと考えて、全て受け入れるとはいうものの、そこに例外があったりしますが、例外無しにあらゆることがOKになると、本当の意味での全開になり、エネルギーが流れます。
それは苦手だとか、嫌だとか、恥ずかしいとか、、、そういうのは無しです。

全開になるとそこにはギフトがあります。

ところで、人はアレが苦手だとか出来ないとかがあるわけですが、それは自分の可能性がまだ眠っていると言うことかもしれません。人そのものはそれほど変わらないので、今後開かれていく可能性だって、大いにあります。

チャレンジです!

2008.12.11

定量化

なかなか暖かい日です。
体を温めると体にいいと言うことでやってみたら非常に調子が良い。

で、小飼弾さんの「弾言」を読んでいて、"自分の知的生産を測定する"というのがあって、定量的に考えると知的生産性があがるということで、確かにそういう視点で自分のことを見るっていいなと思ったりしています。
思うだけじゃなくてやってみたりもするのですが、こういうことをすると何となくいいんじゃないかって思っているものが実際にはどうなっているかが明確に分かっちゃったりするわけで、嬉しいような、困ったような・・・(^^ゞ。
まぁ、どのあたりを修正したらいいかはよく分かります。
人生、いろいろと無駄も楽しんでいこうと自分を励ましたりしながらですが。

定量的っていうのは、何がどれだけかを明らかにすると言うことで、"結構読書をしている"なんていう曖昧ものから"月に何冊"とか"何時間"とかにしていくということで、、、。

瞑想とリチュアルは結構やっているな。
結構ってどのくらいかって、結構です。

そうだ、まず掃除をしよう。
身の回りをすっきりさせてから考えよう(^^ゞ。
ふぅ~・・・。

2008.12.10

分かったかどうか

人に理解してもらうということと自分が分かっていること。そこにはギャップがあるのかも!

専門家しか分からない文章ってありますね。
サブプライムローンなんかも、詳しく知ろうとすると、まず言葉が分からなかったりします。
保険の契約なんかも結構難しくないですか。

分かる人が分かればいい、という場合もあります。
が、たいていの場合は多くの人に分かって欲しいわけで、だったら分かるように説明しないと分かってもらえないわけです。

"それってどういうこと?"
例え話というのは、結局よく分からないってことがあります。そうではなくて、それがしっかり理論的に説明できると言うことは、そのことを理解していると言うことだと思います。

逆に、分かったような気になってしまうというのはよくあって、突っ込まれると適当な方向へ・・・。
まぁ、分からないことがたくさんあると言うことですね。

何事も正直であると言うことはとても大切なことで、分からないことは分からないわけですが、分かるように努力することも必要なわけです。感覚的に"多分良い"だとちょっと物足りない。
何もしないと何も起きない・・・。
考えることも同じです。

私なんて、分からないことは最初から適当で・・・(^^ゞ。

2008.12.09

たいしたことない

ちょっと風邪気味か?
何となく調子が悪いような気がするが、たいしたこともない。
こんな時に私が飲む薬というとカコナール2か葛根湯だったりしますが、薬屋の前を通り過ぎてしまって、ついつい買い忘れ、結局瞑想とかエネルギーワークで何とかしていたりします。
えぇ、何とかなるものです(^^ゞ。

寒いですからねー。
まわりでもちょっと風邪気味なんて言う人は結構います。
小さいお子さんをお持ちのお母さんの話を聞くと、娘が熱を出してとか、調子が悪そうでとか、ちょくちょく病院へ行っているようで、そのたびに薬をもらって飲ませているようなんですが、そんなに小さいときから薬を飲んでいて大丈夫か?と思ったりしています。心配なのは分かるんですけど・・・。お母さんも忙しいでしょうが、早く直っちゃ駄目な気がします。出るものは出して、時間をかけた方が良いような気もします。

人には波があって、それは自然の流れの中にいたら分かると思いますが、例えば月の影響も受けますし、いろいろなエネルギーの流れの影響も受けています。
知らず知らずのうちに溜まってしまったエネルギーは何処かで出さなきゃ行けない。そこには良いも悪いも無くて、ただそうなっているだけと言うことじゃないかと。

風邪を引いたらマスクをする?
他人にうつさないためか、それとも自分にうつらないためか。
どっちにしろ、何となく信用できない気がしています(^^ゞ。
最近はいろいろな種類のマスクもあるようですが、なんか・・・。

まぁ、何はともあれ、たいしたことないですから。

2008.12.08

生きてワクワク

年金があっても何か生き甲斐がないと・・・というお年寄りの話を聞いて、生きるとはどういうことかとまた考えたりしています。
息をしているだけでは生きていることにならない。何かガーーーっとなれるものがないと!
そこで、仕事というのは役に立つものですが、それもある程度のところで引退することになります。そしたら、社会のために、近所の人のために、家族のために何が出来るかとか考えますね。
仕事、つまり収入が関係ないとなると、そこには喜びがあるかどうかが問題になります。それで自分はワクワクするだろうかって。

頑張る必要はないとか、お金にならないとか、最終的にはそんなことは関係なくて、ムフフフ・・・楽しなぁってことが大切なんだと思います。

何もしないと、一日が長いですね。
忙しいと、あっという間に過ぎていく。
いつも忙しくてたまにはのんびり過ごしたいと言うことはあっても、ずーっと何もすることがないなんて言うのはきついわけです。少なくとも何かしていないと。ちょっと忙しいくらいがいいんだと思います。

いつの時も情熱的にいきたいですねー!

2008.12.07

曖昧な根拠

何を根拠に話をしているのか?
そのことを理解しようとすると、見えてくるものがあります。

先日、あるTV番組で、「官僚が最後に言ったことを政治家が言う」とかという話がありました。いろいろ説明して、最後の方だけ覚えていて、それをマスコミなりに喋ると言うこと。
そういうことって、実によくあって、なぜそう思うのか?を確認していくと、TVで誰かが言っていたとか、雑誌に書いてあったとか、ただそれだけだったりします。

例えば、最近の若者がどうのうとか、景気の行方がどうのととか、政治がどうのうとか・・・。

本当に?そのデータは?いつと比べて?

例えば、こうすべき、あぁすべきだ、あれがいけない、こっちがいい、、、。

それはなぜ?

鋭い直感ならまだしも、誰かに聞いたことをそのまま言っていることって、本当によくあります。
実は、何も知らないと言うことに、何も見ていないと言うこと気づいていないというか、全部知った気になっているというか。

みんながそう考える・・・みんなって?
みんなはなぜそう考えるんだろう?
根拠は曖昧なことが多いです。

また、その理論がまともかどうかって、、、。

2008.12.06

ゲーム感覚

バダ・ハリが・・・。
あぁ~あって。

世界のお金の流れをいろいろいと調べてみようとしたら、複雑すぎて挫折。
法律とテクニックと思惑と・・・なんだこれ?って。
そもそも言葉が分からなかったりしましたけど。

ゲーム感覚か?
ゲームはあまりやらないのですが、私はどうもロールプレイングゲームが面倒で好きじゃないもので。そこで考えるのが面倒なんですねー。
理論的にはこうだと、確率的にはこっちが有利とか、そういうのってよくありますが、直感的・感覚的に行った方がいいことだってあります。
直感は、思いつきでもいい加減でもないです。
流れに乗ったその瞬間にスーッときます。
先ずは小さい勝負でもやってみるといい。そうすると勝つ瞬間、直感が働く瞬間が分かるかもしれません。
そしたら勝てるか、さてお楽しみ。

2008.12.05

電話が?

宝くじも売り上げが減っているとか。
低い確率の夢を買うより現実的な方がいいですから。
ライバルが減るのは嬉しいから、買うかな(^^ゞ。

ということで珍しくTVドラマを見ています。
空に輝くよキラリ~♪の「流星の絆」と「相棒」。
原作と違うという声を隣で聞きながら、結構面白いですねー。

私の場合、8割方時計として動いている携帯電話。
携帯電話がどうのうというニュースがあって、昔はなかったとか、今は必需品だとか・・・。
携帯がないとどうにもならないなんていうことはないわけで、あってもバッテリーがないと使い物にならない。
かといっても生まれたときから携帯がありましたからなんていうと、昔話は通用しないかと。

世の中は動いているわけですが、変わらないものあるのだ!
というと、それは何でしょう?
もしかしたら、全てを変える必要があるかもしれませんね。

やるべきことは自分で考えて行動して答えを出していくことかなと思うわけです。
そのためには全体をまず見渡すことが必要で、小さい画面で全てを理解することは出来ないんですよ。大きく世の中をとらえていくことで、物事の本質がわかります。
本質って、かっこいいですね。
本質って何でしょう?

2008.12.04

自然の流れを

眠い・・・。
そんなときに運動すると、きついです。皆さん、眠いときは寝た方が良いです。
まぁ、当たり前ですけど(^^ゞ。
早く寝よう。

ということで、相手が勝手に自滅するときってないですか?あるいは、自分が勝手に自滅してしまったとか。
自分のことしか考えていないとき、勝手に納得して、勝手に自滅してしまう。そんなことがあります。
周りが見えていないとか、自分の世界でしか生きていないとか、まぁそういうことでもあるんですが、それじゃどうしたらいいかというと、どうにもならない・・・。
流れに乗っているかってことなんですが、その流れって、先ずは感じないと。
感じるというと、感じるまで待ってしまうんですけど、それじゃ遅くて、動くままに行けばいいんです。
というと、勝手に動いてしまうんですが、動きすぎると流れから出てしまって・・・。
"自然の流れ"のままであればいい。
ただ、自然を知っていないとその流れまでは分からないですけど・・・。

2008.12.03

関係あるよ

"それは関係ないですね"というのが、一番怪しい!

小さい頃、○○があって、それがトラウマになっています、なんて言うときがあります。本当の意味でのトラウマって、多分認識できていないものだと思うんです。ですから、それは表面上のもので、もうちょっと探っていくと別のものが出来てたりします。
最初はそれが認識できていない。だから関係ないとか問題ないと思ってしまう。

全ては関係があるんです。
繋がっているんです。
無視するというのは、あまり賢明なことではないです。
本当に見るべきものはそこにあるかもしれないわけですから。

いろいろな人と話をしていて、まさにそれが大切でしょうというポイントを無視する人はとても多いです。あるいは分かったふりをする。
多分私もそうしている部分があるのだと思います。
全てを見るという覚悟があると良いのだと思いますが。
そうしたら本当に終わったものか、それとも無視しただけのことか分かると思います。

2008.12.02

農業でいこう

時々農業の話をすることがあります。
都会に住んでいるとなかなか現場がどうなっているか想像出来ないところがありますが、私も一応農家の出でして、ちょっとだけは分かったりします。
"付加価値のある野菜を作ったら売れるのではないか"と多くの人が考えるわけですが、自然を相手には計算できないと言うことが、計算できなかったりします。
ちょっとやそっとじゃどうにもならない。
無農薬とか、有機農法とか、大変なんですよ。
それを高いだとか、なんだとか・・・ねー。
新規参入して、わりと短時間で撤退しますから。

山があるなんていうと、凄そうなんですが、実際には大変なんですね。売れない杉が生えているわけですから。
木が欲しい人、差し上げます!ただし切るところからですけど(^^ゞ。
重いですよー。

食べるものって、基本だと思うんですよね。
いろいろな意味で大切にしないといけないわけで、でもどうやって大切にするかって、意外と想像出来ていないわけです。単純でもないですから。

長く、楽しく、儲かるようになるといいんだけどねー。
特に若い人で農業を志したい人、応援したいなぁと思うます。

2008.12.01

次世代の快楽

刺身より寿司の方が好きです。
刺身だとおかずになりにくい感じがして、何となく満足できないところがあります。
やっぱり寿司だな!
魚とご飯が一つになって、美味しく感じます。

美味しいものを食べるのは快楽です。もっとも、甘みと脂があると美味しいと感じてしまうところがありますが。はやり素材の味がどうかということがポイントではないかと思います。

で、快楽に薬物はいらないわけです。
薬物は精神を破壊しますが、それは脳を破壊していることでもあります。また、オーラやチャクラを破壊しています。壊したものはそう簡単に戻らないわけで、それはどう考えてもやらない方が良い。

瞑想やエネルギーワークでは、何もなくても気持ちよくなれます!
しびれるような快楽です。
オーラやチャクラも綺麗になります。
しかも健康的です(^O^)。
やってみた方が良いですよ!と思うわけですよ!!
知らないのは損ですから。

« November 2008 | Main | January 2009 »