プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

2009.02.28

記憶以外へ

うつ病って、本当にうつ病か?ちょっと疑問なところがあります。心の風邪じゃないんじゃないかって。
もしかしたら全然違うことが原因でその症状が出ているのかも。
先ずは変な病院に行かないことが大切ですね。

さてさて、久々の運転。
今ではたいていの車にナビがついていますが、今回は無し!
さて、ちゃんと到着するか?
出発してみると何とかなるもので、無事に到着しました。

ナビがあると、ついつい見てしまいます。
その通りに行っているかどうか?を気にします。
何も無いと、見ている周りの景色が大切になります。確かこのあたりを行くはず・・・あった!ってな感じ。
一発で道を覚えてしまいます。だって、帰らないといけないから。

そういえば、電話番号も以前は覚えていましたね。
今では携帯にあるから覚えようともしないですけど(^^ゞ。

昔は出来たのに・・・。
脳は使わないと退化するか?
いやいや、記憶ではないところに脳を使うことにしたんだ。
記憶はツールに任せればいい。
それ以外のところに力を注入すると言うことです。

覚えるとか理解するということを超えて脳を使うと言うことはどういうことでしょうね。

2009.02.27

山の途中

月に行こう!
いや、金星か火星がいいかも!!

大きな夢かもしれませんが、決して不可能ではないと思います。
実際に、月に人は立ったようですから。

夢の実現とは?
どうしたら夢は実現するだろうか?

具体的なものならば、一歩一歩進んでいくしかない。
実現して行く人はたいていそうしていて、自分もそうしようと思うわけです(^^ゞ。

自分の方向性を見つけるって、どこかでこっちの方だなと割り切ってしまったほうがいいかもしれません。
そして結果が出るまでやり続けてみる。
そうしたことって、必要なときがあるんですね。

レベルという言葉が適切かどうか何とも言えないところなのですが、どの場所にいるかでその方向が変わってくるかと。
山があるとすると、まだ登り始める前なのか、それとも上りつつあるのか。
上りながら別の山へと変わっていくことだってあります。
そして、登り始めるといつも途中の段階です。

2009.02.26

たまには謙虚に

謙虚が一番!かどうか。

知らないことや、苦手なことがあるなら、得意な人にまかせるのがいい。
ただ、自分が知りたいとか必要としているのなら、教えてもらうなりする必要があるわけで、そこで大切なのは謙虚であることかと思います。
本などで学ぶことは出来ることは多々ありますが、やはりですね、分かっている人に直接教えてもらうというのは一番分かりやすいですね。特に、その人の言葉にならない部分を直接吸収できるって大きいんです。

何でもそうですけど、一応知っている人という状態が一番最初です。知識として知っていると言うことですね。
自分の中でこなれて、自分のものにしている人って、そういう人と違うじゃないですか。

自分でも、趣味などで好きなことがあって、そのことを力一杯相手に説明するときって、やっぱり違いますよね。
想いというか、何というか、、、楽しいですしね。
そういうのって、相手に伝わりますからねー。
しかも相手が謙虚に聞いてきたら、そりゃもー、嬉しいでしょうって(^^ゞ。

2009.02.25

どうせなら楽しく

生のトマトは食べないのですが、トマトソースは結構好きでよく食べます。
ガツンとくるタイプ、いいです。

ということで、人の目が気になるって、ようは人に嫌われたくないと言うことなのだろうか?
などと思っています。

好きな人もいれば、そうでもない人もいるでしょう。
自分が思っていると言うことは、自分がそう思われているということでもありますね。

そもそも、嫌われているからどうなんでしょう?
まぁ、"酷い人"なら嫌われてもしょうがないって。
でも、違うわけです。
たいていは勘違いか、あるいは思い込みです。
中には文句を言わないと気が済まないちょっとかわいそうな人もいますけど。

嫌われない努力って、面倒じゃないですか。
どう思われても、まぁいいじゃないですか。
といっても嫌われる努力というのはする必要ないですけど。

苦しんでもしょうがない。
放っておけば時間が解決することもあります。
それよりはもっと有意義なことに時間を使いたいものです。
どうせなら、楽しい時間を過ごしたいじゃないですかねー。

2009.02.24

左右の違い

Googleに問題があると何かと困ってしまう。
何事も頼りすぎるのは良くないか、それとも休みにして別のことをしたほうが良いか(^^ゞ。

さて、やはり左右の動きが違う・・・。
自分のことです。
噛み合わせを変えているところで、体の感覚は変わりつつあるのですが、まだ癖が残っている。癖とは面倒なものです。

で、右からの動きと左からの動き、まずなめらかさが違う。上下への動きが特に違っている。
・・・ということに、なかなか気づきませんでした。それ以外にもあると思うけど。
まぁ、右利きなので右側が動きやすいというのはありますね。
何が自分に起きているのか、自分は何をしているのか、なかなか気づかないものです。

自分を振り返る。
三次元的にどうなっているかをイメージして動かしてみる。
すると、左右の差が見えてくるわけです。
わずかな肩の位置の違いとか、肘の使い方の違いとか。
腕や足の重さも違う気がします。

自分に気づくというのは面白いです。

2009.02.23

誰のせいでも

油断してはいけないのだ!
と、小比類巻選手の試合を見ると、本当にいつも思うわけです。ダウンしても勝てば良いんですけど。K-1日本代表トーナメントで優勝ですから、良かった、良かった。

「もしかしたら私のせいであの人が・・・」
何をしたわけでもないのに、時々そんな考えに悩んでいる人がいまして、考えてみれば分かりますが、何か思っただけで相手に何かしてしまうとしたら、そりゃー大変ですって。たいした超能力者です!
思い込みとは面倒なもので、事実とは関係ないことがほとんどです。というか、事実から離れていきます。

いつも中途半端、いやいやいつも途中の状態なんですね。結論が出ないと言うことです。
これ以上はない!なんて思ってしまうと全てが止まってしまいます。

あなたのせいなら謝っておいたほうがいいですね。
でも、あなたのせいでもないし、わたしのせいでもない。
誰のせいでもなく、ただそうなっているということ。原因には原因があるから。
どうしたらその先に行けるかを考えれば良いだけのことです。

悶々としていてもいけないし、止まってもいけないし、無視してもいけない
ただ流れるように変化していく。
あぁ~、かっこういいですね!

2009.02.22

戻らないなら

虫歯を治療してかぶせてあったところがまた取れました(^^ゞ。
噛み合わせを調整中なもので、あっちこっち緩んでくるんですね。
考えてみれば、いくら良いものでも自分の体ではないわけですから。あ、そんなに良いものは実際には使っていませんけど。
爪は切ってもまた伸びてきますが、歯はなくなると困りますからねー。大切にしないと!
出てきたお腹はそう簡単には引っ込まない!?無くなっていいものもあるってことで・・・。

エコがブーム、というよりエコは生活の一部、、、そもそもエコって何でしょうっていう話もありますが、つまり、自然の環境も一度壊れるとそう簡単には戻らないということです。
エントロピーがどうのう・・・というと難しく感じてしまうかもしれない。
何かが生まれ、そして消えていく。一方方向に物事が進んでいくとしたら、壊してしまうほどの大きな変化はないほうがいいかもしれません。慎重に、そして長期的視野で。
人も、若返ったりはしないですから。

2009.02.21

お葬式

朝の雪から雨にかわり、そして晴天へ。

夕べは祖母の通夜で、本日は葬式でした。
葬儀に向かう前に準備をするわけですが、ドライアイスで全身がカチンコチンに凍っているわけです・・・。ちょっとビックリ、というか意外な感じ。

お坊さんのお経のなか、大勢の人が、親戚関係や近所の人ですが、久々に大集合の中、無事に終了しました。
覚えていない人がほとんどのような気がしましたけど、こうして人が集まるというのはいいものだと思いました。どうも!どうも!と挨拶をしながらですが。

骨はとてもしっかりしていました。
実は、ヒーリングをしておくと、年配でも病気でも骨が残りやすいようです。まぁ、そんな活用方法もあるということですが。

肉体とはお別れ。また、別の世界へと進んできます。
時間とともに魂が変わっていく感じが伝わってきます。

庭の梅がちょうど良い感じです。

Hannou200902

2009.02.19

通り抜ける

朝は"はなまる"!
こねたがあって結構楽しいです。

人にはある程度筋肉は必要ですね。
ただ、ボディービルのように鍛えると、筋肉だけで体が疲れてしまう。
体はしっかりしないといけない。
先ずは、動ける体であることと、中心が強いことが大切かと。

中心を意識するだけで動きは変わってくる、ということは分かっていてそれは大切なことなんですが、比較の問題になると、、、つまりですね、より強いと言うことはどういうことかと言うことを考えてみると、違う視点が必要になるのではないかということです。
興味があるのは、本当の達人はどうやっているのか?ということです。
単純に力でもないし、向きを変えるなんてことでもなくて、そこにあるものを言葉で説明するのは難しいのですが、考えをまとめるのはいいかもと思いつつ、"力を通り抜ける"とどうなるんだろう?なんていうのが最近のテーマです。ぶつかり合いを避けるには、ぶつからないところに移動していくのが良いのですが、力が通り抜けたらそもそもぶつからないわけです。これは面白いかもしれない・・・。
また、相手は目の前の人出はないとしたら・・・。自分との戦いとではないのですが、その後ろに意識を向けると感覚が変わります。

試行錯誤の日々は楽しいです。

2009.02.18

早朝の電話

早朝の電話にはあまり良い知らせが無いものです。

祖母が亡くなりました。
98歳でした。
わりと好きなことをやって、年金は小遣いとして使って、いい人生だったと思います。
家族も、お互いに助け合って生活していくのだという共通の認識があって、とても良い関係にありました。

葬式が決まっていく過程を見てきました。
近所のお節介な人(笑)が、葬儀屋さんのあらかじめ話をつけておいてくれたので、すみやかにお得な感じで進んでいきました。シンプルだけど、ポイントが絞られています。
あれがいくらで、これがいくらで、お坊さんに渡すお布施の金額がいくだとか、いろいろ知ることが出来ました。

死ぬとは、肉体を離れることなんだなぁと、いつも思います。
肉体を持っている時間は、本当に短いものです。
これで全てが終わりではなく、長い旅は続いていきます。

2009.02.17

世界進出へ

村上春樹さんの「エルサレム賞」受賞がとても興味深かったです。
本は読むのですが、本人が話をすることは滅多にないので。
単純ですが、英語でしっかりとスピーチしている姿が何とも言えず良かったです(^^ゞ。
英語はちょっとと言う方は、翻訳しているサイトが結構あるようなので、探してみると良いと思います。
訳によって微妙にニュアンスが変わってきますが、壁と卵なんて村上さんらしいように思えました。

当然、日本の番組でも報道されたようなのですが、それがどうにも・・・。
次はノーベル賞かな?

やっぱり世界的に活躍するのって、素敵ですね。
私もですね、世界を股にかけて、ついでに宇宙まで進出しようかと思っています!

・・・何でだ?
思いつかないけど、まずは小さいことからコツコツとだなと。

2009.02.16

祝・いろいろ

"GDPマイナス12.7%"なんていうニュースがありますが、そんなこととは関係なく、近所のドトールでロイヤルミルクティーを飲んで、部屋の掃除を途中までしました。
誕生日ですから(^^ゞ。お祝いのプレゼントは随時募集しています!

電車に乗ると時々ドアの上野ところにあるモニターで「ダーリンは外国人」をやっていて、この前"結婚とは人前で宣言したときか、それとも届け出を出したときか"という話をやっていました。自分の決意か、それとも法的なものか・・・。
そんなわけで、入籍しました。お祝いは随時募集中です(^O^)。

これからも全人類と愛し合いたいですね!

2009.02.15

梅ヶ丘へ

"G"といってもゴルゴ13ではない。
ニューバランスのシューズには4Eの上、Gがあります。確か6Eのことだったと思います。
今回、足のサイズを計ってもらって、28cmのGがあっていることが分かりました(^^ゞ。
つまり、幅広甲高ってことです。なかなかそんな靴がなくてねー、苦労しています。
今回はMW1500を購入です。

さて、暖かいですね。
例年だと終わり頃に行くのですが、今回はちょっと早めに梅ヶ丘に梅を見に行きました。
が、早すぎたか、まだ5分咲きぐらい?
地味な感じで咲いていました。
花屋さんのほうがたくさん咲いていましたね。チューリップとか(^^ゞ。

思えば、梅の花は地味ですね。満開でも、それほど咲いている気がしない・・・。
立派な梅に木がある庭で、鳥の声を聞きながらお茶でも飲むのが良いように思います。
私としては、やはり桜の方が派手でいいなぁ~。

梅ヶ丘というと、羽根木プレイパークです!
いつものように子供たちが派手に遊んでいます。屋根から飛び降りたり、火をおこしたり、木に登ったり。
遊びとは、そういうものであって欲しいですねー。泥だらけでいいじゃないって。

梅ヶ丘から下北沢まで、いつものように歩いてみました。
静かで、でも家が密集していて、どうなんだろう?道路も狭いし。

静かと言えば、あるデパートへ行ってみたら、ほとんどお客がいない。
静かでした・・・。
外には人がいるんですけど。
デパートって、考えてみると、いろいろあるけどどれも中途半端な気がします。トータルではたくさん品揃えがあるけど、欲しいものに絞るとほとんど品数がない。私の場合は、サイズがないとも言えますけど(^^ゞ。
服を並べて売るという発想から抜け出したら、立地は良いので面白いかと。とにかく、人がいないとどうにもならないですけど。

Umegaoka200902

2009.02.14

ゆっくりと緩める

グリル梵で極上ビーフヘレカツサンド ハーフ 1,000円食べました。ダイヤモンドガラナもです。新世界じゃなくて銀座店ですが。
カツサンドというと、トンカツか、あるいはチキンカツですが、こちらはビーフカツです。
シットリしてサクサクして、中心はレアで、なかなか美味しい。わりとあっさりと食べられてしまいます。

さて、グリーン歯科医院の第2回目。
噛み合わせを修正するマウスピースのようなものが出来上がりました。これをつけると、確かに体が緩んでいくのが分かります。これから毎晩装着して寝ます!

噛み合わせって面白いなぁと思います。
知らずに力んでいて、歯を痛めていることってあるんだなぁ~って。
自分の癖がありますから、噛んだ感じだけだとよろしくない場合が多い。正しい位置をまず知らないと、噛み合わせそのものが間違ったままになってしまう。
私場合、首が楽になって、腰まで変わってきますから。つまり、全身に影響が出ると言うことですね。

しばらく時間をかけて顎を緩めて位置を調整して、それから歯の治療に入る予定。仮止めのところとかありますので。
うーん、気の長い話だ(^^ゞ。
でも、面白いです!

2009.02.13

タイミング

どうもまつげが長すぎるのはちょっと・・・よく分からない、というか不思議です。
まぁ、男の勝手な言い分ですけど。

心惹かれるものは?
やっぱり血がしたたる肉か(^O^)。

肉はともかく、何を食べていますか?と、聞かれて、考えてみると、肉でも魚でも野菜でも、何でも食べているなぁ~と。
美味しいものなら何でもですね。
でも、美味しいものって何だってことなんですが、それはその食材が一番いい状態で食べることかなぁと思います。冷めたら美味しくないものもあれば、時間がたった方が美味しいものもありますから。
冷めた小籠包が出てくると、がっかりするじゃないですか(^^ゞ。

一番良いタイミングって、何にでもあるんでしょうね。
食べ物は季節と調理のタイミングで何とかなるでしょうけど、人生の流れはタイミングがわかりにくい。ただし、加速させることは出来そう。それに、人生の試練や困難を乗り越えていくといっても、無駄なものは出来るだけ避けてとっとと進んでいきたいものです。
困難と感じたものは、意外とどうでもいいもので、これはどうでもいいものと感じたものが、実は大切なことだったとか。そんなことが良くあります。

チャンスは何度でも訪れてくれるはず~♪
そんな歌もありましたねー。
確かにそうです。
それが今かもしれないってことなんですけど(^^ゞ。

2009.02.12

これも教育

錦松梅を買ってみました。
名前は知っているけど、まだ食べたことがありませんでした。
高級ふりかけかと思ったら、それは容器によって値段が違うと言うことで、お徳用なら91g入り525円です。
しっとりしていて、鰹の風味・・・。美味しいけど、普通な気がします(^^ゞ。

鉛筆をナイフで削れるか?と言う話をしていました。
うまくはなくてもたいていは出来るのではないかと思ったけど、そうでもないようで・・・。
そもそも鉛筆を使っていないということと、ナイフといってもカッターでいいのですが、このご時世、持っていないと言う人も多い。パソコンが使える人は多いけど、ナイフが使える人は少ないかも。ナイフはちょっとしたことにも結構便利に使えますし、手に馴染むやつってあってですね、これがいいんですよ。

このご時世と言いましたが、ナイフを作っている職人さんもなかなか大変で、目指すは海外だという話。
日本では規制が多いですが、近くには全く問題にならない国がいくらでもありますから。
先ずは、ロシアだなって。

道具の問題じゃないんですよねー。
使い方の問題で、つまりは教育問題ですね。
まぁ、いらないやつがあったら私がもらいますよ(^O^)。

2009.02.11

TRUCK

デパートの食品売り場へ行ったら、チョコレート売り場だらけ。
しかも、大混雑。
しかも結構高い!
稼ぎ時ですねー(^^ゞ。

私は和久傳のれんこん菓子"西湖"を食べました。
もちもちっとしてとても美味しいです!

久々に恵比寿へ。
LimartTRUCKがやってきた!
TRUCKは大阪の家具屋さんですね。素朴ではあるのですが、落ち着いていて、特に木の使い方がいいなぁと思います。木、そのものの味わい出ているんですね。例えば節があると、通常は避けてしまうのですが、こちらではそのまま使っているんですね、テーブルとかに。ですから、木だなぁ~と感じられる。それって、素敵なことだと思うんですよ。
手頃な値段で良い感じなので、いつかは使ってみたいなぁと思います。
で、店内は大混雑(^O^)。
今時、家具屋さんで、こんなに混むところはないですねー。

ところで、久々に行く場所って、いつの間にか変わっていることがあって、町は変わりゆくんだなぁと。
開発されているわけですが、良い感じなるかどうか。
どこでも同じようになっては面白くないですから。
町の雰囲気が出るようになると良いなぁと思います。

2009.02.10

自然に

自然に、自然に、、、。
そう思うと自然にいかない(^^ゞ。

稽古をしていて、どこに意識を向けるべきなのかを考えています。
無理矢理やろうとすると上手くいかないのよーく分かります。
理想的には、相手に悟られないように鮮やかにスパッといくわけですが。

技もあるわけです。
手順があったり、コツがあったり・・・。
そしたら考えますねー。すると、力が入ります。
自然に出来るようになるには、全てを自分のものにすると言うこと何だろうと思います。

ですが、やはり工夫することは大切なわけです。
体は正面を向いてしっかりと、視線をやや上くらいに、足を意識しつつ、力を抜いて、、、あとは何だっけ?

2009.02.09

ごちゃごちゃ

ケーブルテレビを見ているのですが、HDD録画のSTBには23時間録画できるらしい。
さすがにそこまで録画することはないのですが、気に入った番組を録画していたら少したまってきました。

同じようなことはよくあるわけで、放っておくと机の上がごちゃごちゃになってしまう。
何故だろう・・・?
それは、片付けていないから!
何とかしておかないと(^^ゞ。

それほどはないはずなのだけど、微妙に荷物が増えているのかも。いや、増えているんだなぁ~。
引っ越そうかな。

マンションタイプがいいか、それとも一軒家がいいか。
ついでなら、土地を買って家でも建ててみるか、、、と妄想は広がるわけですが、そんな金はない!
あきらめる?いや、ここはバリバリ働こうか(^^ゞ。

時々、会社をいくつも経営している人がいますが、一つのことを突き詰めるのも良いけど、幅広く広がるのもいいなと思うわけですが、でも、どうも技術者だった私としては、自分でやらないとと思ってしまって、なかなかそういうところまでは行かない。妥協ではなく、より良いものにするように、いろいろと工夫しないと、と。

2009.02.08

影響と反応

占星術はあまり詳しくはないのですが、星と体はやはり関係しているようですね。
星といっても、遠くのM78星雲じゃなくて、主に月の影響が大きいのですが、よくあるのが満月とか新月の時に体調や気持ちが変化すると言うこと。調子が悪いと言うことは、影響が強すぎると言うことなんだと思います。影響はあるのですが、そのあり方を変えていくと、体や心が変わっていきます。

人は、いろいろなものから影響されています。
詳しく調べていくときりがないですが、五感、つまり見る物、聞く物、感じる物、、、意識してみると分かるのですが、微妙に体が反応しています。出来るだけ良くありたいと思うのであれば、自分の感覚を研ぎ澄ましていくのはとても有効なことです。気持ちだけではなく、体の反応に気づくといいんですね。具体的には、緩み具合です。

風水のように、環境を良くするために、自分の反応を使うことも出来ます!
が、そこまで調べるのが面倒で、ほどほどのところまでであとは適当に・・・。

2009.02.07

循環

98歳の祖母のお見舞いに。
生きるということは、いろいろと意見はあると思いますが、少なくとも好きなことをやった方が良いし、やりたいことをやった方が良いと思うわけです。祖母も、旅行が好きで、あっちこっち行きまくっていたから。
私たちは旅をしているようなものとも言えます。
あちらの世界からこちらの世界へ、そしてまた別のところへと・・・。
肉体を持っている時間というのはとても短く貴重な時間です。この人生は最初で最後ですからねー。

ということで、実家に帰るといろいろともらい物があります(^^ゞ。
田舎にいて、あまりものを必要としない生活というのもありますが、人間関係とお金を大切にしていると、いいことがありますから。
世の中には親子関係で悩んでいる人が結構いますが、私のところは「人は助け合って生きていくのだ」と言うことが第一にあるので、きわめて良好です!人にはなんだかんだと世話になるものですよ。
GIVE&TAKE、最近ではGIVE&GIVE&GIVE&GIVE&GIVEというものありますが、そのあたりはまぁ程度問題で、人間関係とお金には苦労したくはないものです。

"徳がある"なんて言いますが、そういうところには実はお金もあります。豊かさが流れているから。大金があるとか、無駄に使うと言うことではないですよ。循環しているんです。

2009.02.06

自分で選ぶ

規制はどこまで必要だろうか?
ネット販売の何が問題なんでしょうか?

規制しないと何が起きるか分からないって、そんなことはないでしょう。そもそも、自分で考えられるようにならないと生きていけないと思うんですよ。誰かが示したものに従うというのは、何も考えなくていいと言うことで楽なのかもしれない。でも、それじゃ、いつまでたっても子供のままじゃないかと・・・。
自分は何が出来るかを考えられるようにならないと。何を選択したらいいのか、考えられるようにならないと。
まぁ、そんなことを考えるわけです。
自己責任なんて言う言葉もありました。他者責任というのもあるのかもしれないですが。
「分かるでしょう、それくらい」って思うことって、たくさんありませんかねー。

運命なんていうものもあるかもしれない。でも、それは待っていてもやってこないわけです。切り開く意識がないと、何も変わることはないです。
動かないと、分からないことってたくさんあります。
実際に見てみることで理解が深まるんです。
想像だけじゃどうにもこうにも正しい答えを導き出すことは難しい。分かった気になる以上のことはなかなか手には入れない。

賞味期限なんていうものは無くしてみたら良いんじゃないかって思うんですよね。何をいつ作ったかが正しい情報な訳で、いつまでなんて言うのは情報としては正しくないですから。
薬局で薬剤師の話はほとんど聞いたことがないなぁ~。結局は自分で選んでいるから。

まぁ、そんなわけですから。

2009.02.05

理解する

直感とはちょっと違うんですが、何となくこれはどうかと手に取らなかったものが世間では注目されていてることが分かったりして・・・。本なんかそうなんですが、タイトルと何となくの雰囲気で"まぁいいか"と思ったものも、読んでみると面白いなんてことがよくあるわけです。
当たりを探そうとすると、当たらないってこと。
これだろうと思ったものは、そうでもないことだってあるんですねー。
もっとランダムに、いろいろなものを吸収しようという意識があった方がいいんだろうなぁと思います。

学ぶというのは、そういうことで、何からだって学ぶべきことはあるわけです。
いらないところも含まれているけど、でも読み取るべきことは存在する。どこに注目するかが大切なんですね。

学ぶと言うことは真似ると言うことかもしれません。
でも、ただ単に真似るというのは、上手くいかないことがあります。
自分なりに咀嚼しないと、使いこなすところまでは行きませんね。

私の師匠も、そんなことをよく言います。
ようは、それはどういうことかを自分なりに理解しないといけないとなんです。
人はついつい、形ばかり真似しちゃいがちですから。
一つ一つ、気づいていないと進歩はないですねー(^^ゞ。

2009.02.04

自然に流れる

集中しなさい!
たいていの人は、そんなことを言われた記憶があると思います。
これは"一つのことに集中しなさい"ということですね。

考えてみると、人は一度にいろいろなことをやっているとも言えますね。
例えば、歩きながら電話をして店をのぞきながら頭をかいているとか(^^ゞ。
無意識にやっている部分もありますね。
無意識だから出来るとしたら、意識しないで出来る部分を増やした方がいろいろと役に立ちそうです。
そしたら、一つのことに集中するなんてことは必要なくて、全部に集中出来るようになるんでしょう。

やろうとしなくても自然に出来てしまう。それって、かっこいいじゃないですか。
どうしたらそうなるんだろう?と、じっくりと考えていたら、何かやろうとしていると硬くなるということが分かってくるんですよね。
目標は必要だと、多くの人が言うんですが、確かに目標があった方がやりやすいんですが、それに振り回されるとたどり着かない。ほら、目標を設定して実現した人って意外に少ないじゃないですか。だからどうやったら達成できるんだろうと試行錯誤するわけですけど。
あくまでも"そちらの方向"ということで目標があれば、もっと自然に動けるようになるわけです。
固めたら動けないですから。
目標も同じかと・・・。

先ずは小さいところから。
例えば今日のランチをどうするか、自然に手が伸びる方向へと進んでいくんです。
だんだん大きくなって、そのうち自分の人生が流れ始めるんだなぁ~。
かっこいいなぁ~(^O^)。

2009.02.03

定番とか

恵方巻を買ってみました。
今年は東北東を向いて黙って食べるらしいですね。
まぁ、だからどうなのか・・・どうなんでしょう?

そうそう、節分だったんですねー。
昔はやったけど、最近はやっていないです。
多分、やったほうがいいです(^^ゞ。
こういうのは、本当のやり方ってあるんだと思いますが、まぁ楽しくやってみるといいですね。

近所にはらドーナッツ(中野店)が出来ていました。
出来たてを買ってきて食べてみました。
はらドーナッツとサトウキビと、あとなんだったか・・・。
うーん、素朴でなかなかいけます!昔ながらのドーナッツという感じ。でも、どれもあまり味の差がないですけど(^^ゞ。
スタンダードというのか、定番というのか、そういうのって結構好きです。
主張しすぎないけど、じっくりと味わうことが出来る感じです。
今度他のも食べてみよう。

2009.02.02

通じる

自分だけが楽しいなんてことは、そうあるものではなくて、喜びは他人と分かち合ってこそ大きくなるんだなぁと思います。
一人が好き、そんなこともあるかもしれない。でもですね、一人では、意外にたいした喜びはなかったりするんですよ。誰かといると疲れるなんて、それは自分やり方を修正する必要があるんだと思います。

誰かを喜ばせる、誰かから"ありがとう"と言う言葉をもらう。
それは素敵なことです。
ということはですね、誰かに"ありがとう"という機会が多い方がいいんですよ。
喜ばせてもらうということです。

エネルギーは行ったり来たり。
気持ちも行ったり来たり。

自分も相手も、同じ人間ですから、通じることが出来るんですよねー。

2009.02.01

考えること

2月になりました。
1月に掲げた目標を練り直すチャンスです!

で、時間があったので、久々に中級エアロのクラスに出てきました。
回転と手の振りに戸惑ってしまった・・・。危ない、危ない(^^ゞ。

時間があるというのはいいもので、今日は買ってあった本を読もうと思いまして、近所のドトールで「国際情勢 メディアが出さないほんとうの話」(田中宇著、PHP研究所)を読んでいました。丹念に情報を収集すると、世の中がかなり見えてくるわけです。どうも、日本しか興味がないというか、海外に目を向けるのが苦手な人が多くなってしまって残念な日本ですが、やはりこれからは世界という視点で物事をみないといけないなぁと思うわけです。例えば"オバマは素晴らしい!"と思うなら、どこがどのように優れているとか考えてみないと。

次は、ジムのプールサイドで「「知の衰退」からいかに脱出するか」(大前研一著、光文社)を読んでいました。
大前さんのことはあまり知らないという人が多いかもしれませんが、まともなことを積極的に発言している数少ない人のひとりだと思うのです。
いろいろな切り口で考えることが出来るというのは、大切なことです。
今でも、どうもテレビの影響というのは大きいもので、誰かがちょっと気の利いたことをいうとすぐ同調するというか、自分が考えるということを止めてしまう傾向にある世の中ですが、やはりしっかり考えるというのは大切なんですよね。でないと、自分がどういう状況にあるのか分からないじゃない。いや、分かったつもりになるのが危ないわけですけど。


« January 2009 | Main | March 2009 »