プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

2009.03.31

中間のような

分からないから面白い!
いや、理屈は分かるけど、それがなかなか出来ないから、面白いんですね。
稽古の時、そんなことを思います。

自分はどのくらい進歩しているのだろうか?
自分の技がどうなっているか、自分を試すことが出来ないから、分からないんですね。相手の様子を見るということと、自分が何をしているのかを見ていくと、ちょっとは違うのかもしれないなぁとは思うんですが。

先生とか師と呼ばれる人がいて、師事して、自分の成長を確認するというのが一番いいのかもしれないです。
点数では計れない世界にいると、感覚的な話になって、職人の世界みたいですけどね。

自分は凄いと鼻が高くなっていると駄目になるのも早いものです。
頂点に行ったら、あとは下るだけってことなんでしょう。
かといって、自分は駄目だと思っているのもまた問題で、いつまでも麓にいてもどうにもならないんですね。
ちょうど中間くらいにいると良いんだろうなぁと思います。
他者との比較の問題にはしないことも大切ですね。
自然に自分の世界にいると、すーーーっと自然に行けるんです。
そうした瞬間にいつもいると、楽しいです。が、これがまたなかなか・・・。

2009.03.30

分かっている

このところ、寒いです。
春冷えですか。

中野通の桜も咲き始めました。
今週末には満開かな?

"分かっている人"というのは、どういう人だろうと思ったりします。
全て分かっているというのは無いにしても、ある特定のことが分かっている、ということはあるのではないか。
現実的には、パソコンのことがよく分かっているとか、電車のことがよく分かっているとか、運転のことが詳しいとか。

分かっていることとそれを適切に説明できるということはちょっと違っていて、例えば全て言葉で説明されてしまうと分かりずらくなってしまうこともあります。上手な人はビジュアルに訴えますね。図を使いながらとか。
何かのと買い方とかですね。

具体的なことが分かった上で、抽象的なことを言っているのか、それとも単にイメージだけなのか。
素晴らしいとか、美しいなんていうことは、それで良いのですが、そのために何をどうするのかが具体的に分かっていることが大切なんですね。もちろん、聞いている人も何となく良いんじゃないかだけだと、誰かに踊らされているだけになってしまいますね。

分かったもの同士、趣味の合う人同士だと、話が弾みますねー(^O^)。

2009.03.29

人と椅子と時間と

スタバでもドトールでもない、居心地の良い喫茶店っていいなぁと思います。
なかなか少なくなりましたけど。
しかも、混んでいるときが多い・・・。

さて、アンティークと中古品の違いは、時間がどのくらいたっているかとそのものの希少性、それに状態の善し悪し。ものによっては、誰が持っていたかもポイントになります。○○コレクションとか。

ある有名なデザイナーの作品。
正確にはアンティークには入らないけど、数十年たっている椅子がありまして、これが素晴らしい!
全てオリジナルで、昔ながらの手作りの感覚。機械にはでない微妙なラインがあります。職人さんの心意気と言いますか。
また、大勢の人が使った、あるいは長く使ったと言うことで、体に馴染むんですね。
そういうのって、いいなぁと思います。

家も人が住まなくなるとすぐに駄目になっていきます。
人が使うから痛むというのもありますが、大切に使うとものを長持ちさせるのだと思います。もちろん、もともとの素材やら何やらがいいものであることが大切なんですけど。人の"何か"がそうさせるんですね。

受け継いでいったほういいものって、あると思うんです。
ただ、日本の場合は一般的にお金が優先しすぎて、それより大切なものを見逃してしまうことが多いのが残念ですが。お金で買えないものってたくさんあるのに、損だとか徳だとか、そうじゃない価値観で痛いなぁと・・・。
まぁ、それはともかく、素晴らしいものは素晴らしいわけで、そういうのって欲しくなるじゃないですか(^O^)。
それが大変なことで・・・。

2009.03.28

失敗しない

失敗したくない?
確かに失敗からは失敗の仕方しか得るものがないです!

失敗してもいいんだよ、といって、本当に失敗すると単にアホになってしまいます。
若いうちはどんどん失敗して・・・そんなに失敗したら大変ですって。

そもそも失敗とは何でしょう?
たいていはうっかりミスのようなものではないかと。
それがどういう結果を導き出すか、たとえばうっかりよそ見運転は大事故になるかもしれないし、塩と砂糖を間違えるとがっかりします。

失敗をしないと言うことは、成功すると言うことにはならない。
失敗しないと言うことだけを求めて何もしないと言うことは、成功しないと言うことにもなってしまいます。
つまり、方向を見定めて、リスクを考えて、どうやって進んだらいいかを具体的によく考えることが大切になります。
そうして物事を成し遂げていくんだな。

そういえば、人はどこにこだわるのだろうか?と思うことがあって、例えば、生き甲斐がないとかいいながら、だったらどうなってもいいのかというと、結構小さいことにこだわったりしている様子はちょっと変かな思ったりします。
やる気がない、といっても、どうみても何もしないことにこだわっているように見えたりします。
一貫性があるかというと、そうでもないということ。
そういうのって、何かが間違っていると言うことなんだと思いますが・・・。

2009.03.27

メモ魔ではなく

パソコンが各社決算大セール中ですね。今が買い時です。
でも、OSがまた新しくなる・・・。
結局、VISTAは使うことは無いかもしれないです。

ということで、メモ用紙とボールペンを持ち歩いていています。
いつでもメモを取れるように、ではあるのですが、結局あまり使っていなかったりします。

多分、書いた方がいいのだと思います。
いいというのは、見返すことが出来るとか、アイデアを膨らませることが出来るとか、つまり役に立つと言うこと。
私の場合、書くのがあまり早くない。まぁ、自分だけ分かればいいのかもしれないので、一気に殴り書きをするのがいいのかもしれないですけど。
キーボードに慣れてしまって、早何年か、結局書くより早いです。
というか、漢字を思い出そうとするから、書くのが遅いのかもしれない。

落ち着いて、落ち着いて、落ち着いて、、、。
自分のペースで書けばいいのだけどねー。

2009.03.26

人と人と

いつの間にか携帯のメニュー画面が変わっていた。
何でだろう?
さわやかな感じもするから、まぁいいか(^^ゞ。

さて、あの人と会いたい!そんなことを思うことがあります。
会って、それで終わりだとどうしようもないです。
あうだけじゃなくて、話をしてみたいとか。
いろいろと思惑があるときもありますねー。

人脈は大切!
でも、人脈ってどういうことなんでしょう。
ただ単に知り合いということもあれば、この人なら何かあったら力になろうということもある。

どんな知り合いがいたらいいだろう?
例えば、医者とか、弁護士とか、青年実業家とか、、、でも、脳天気に明るい人がいてくれるとここ一番助かりますね。まだまだやっていけるって思うじゃないですか(^^ゞ。
逆にですね、自分はどうやって人に役に立つだろうかって考えて、お金も知識も何も無いけどただただ元気付けることが出来るって、面白いじゃないですか。

こんな人脈が欲しい、ということは、自分は人にとってどういう存在なのかっていうことも考えてみるといいかもと思ったりします。

人生において、本当に大切な人はそれほど多くはないかもしれませんね。
人の繋がりは、大切なんです。
だって、面白いし、いろいろな体験が出来るじゃないですか。

2009.03.25

もどかしい

かすっている・・・。
ハズレではないけど、大当たりでもない。
そんなもどかしさがあります。
そういうことか!と分かればいいのですが、それまでにはたいてい時間かかります、私の場合。

あるのは分かっているけど、言葉にならないものがあります。
それは自分の心かもしれないし、体の何かかもしれないし、想いかもしれないし、エネルギーかもしれない。
時間とともに形がはっきりして、その姿が見えてきます。
すると、自分でも認識できるようになります。

そしたら、スッキリしますねー!

例えば、自分に必要なものは何だろうか?
それは本当に自分に必要なのだろうか?
何か一つとは言われると、なかなか悩ましい。

そのためには、、、試行錯誤です。

2009.03.24

抽象的に

WBCで日本が勝ったようです!
アメリカで日本と韓国の決勝戦だったそうで、めでたいことです。
全然見ていなかったけど(^^ゞ。

で、小さい頃から理系だけど計算はあまり得意ではない。
足し算なら、全体を見て10の倍数に近いところから足していきます。
全体を見てだいたいどのくらいかは分かるんですけどね。

算数の計算と、数学的な考えとは、あまり関係がないと思うんです。中には計算の得意な人がいて、割り勘の計算なんて、一緒にいるととても便利ですね。私なんて、二人で割るのも怪しいところがありますから(^^ゞ。

具体的にどういうことかを考えるのはとても大切です。
でも、抽象的に考えることができると、心は豊かになると思うんです。
リンゴをリンゴとしてみるか、果物としてみるか、素材としてみるか、それとも自然や神からの贈り物とみるか・・・。見方によって、同じものも違って来るじゃない。
そしたら、リンゴと車が結びつくかもしれないし、また別のものが繋がるかもしれない。
世の中をそんな目で見ると、今までと違う流れがあるように見えるでしょう。

そうそう、自分にぴったりの言葉って、必ずしも文法的に正しくないってこと、ありませんか?

2009.03.23

夢中

酒を飲まない人の集まり。仲間と宴会は・・・(^^ゞ。
最初はビールですか?と言われてもコーラとかアイスティーとかです。
酒はなくても場には酔えるので楽しいですけど(^O^)。

さて、夢中になれるものがあると人生は楽しくなります。
誰かと一緒に夢中になれるものがあると、もっと楽しくなります。
もちろん、それをずーっとやれということではないです。
また、夢中になれなくても悲観する必要はないです。

子供の頃の方がワクワクすることがあった、という大人もいますが、それは感性の問題かと。
感じるというのは、とても素敵なことなんですね。
想像力も必要ですし。
もしもワクワクしないということだったら、それは鈍いということです!
先ずは、自分が分かっていないということを分からないと。
刺激が必要なら、自分で自分に刺激を与えないと。
自分のどこがどう感じるかは、自分で分かっていないとねー。それが得意分野でもあると言うこと。
ということは、自分の特質というものを見つけて、認めて、つかっていかないと!

そしたら、いろんなことに夢中になれるじゃない!

2009.03.22

おくりびと

東京マラソンで世界記録を作ってしまうと何かと騒がしくなってしまうので辞退して(^^ゞ、話題のおくりびとを見てきました。
納棺師の話です。
人間、いつかは死ぬわけで、おくりびとでありおくられびとでありますね。

日々生まれ、そして死んでいくわけです。
それは本来は日常的なもののはずですね。
死に向き合うというのは、生に向き合うということにつながると思うのです。
どうせなら全てやりきって死を迎えたいものです。

時々、死の準備をするお年寄りもいますが、どうも余計なことになっているとか・・・。準備をしなくてもいつかはその時は来るわけで、それよりは生きている間にすべきことをした方いいです。今しかできない、死んだら出来ないことってたくさんあります。お金なら使い切ってしまうとか、遊ぶなら精一杯遊んでしまった方が良いし、つまり最後まで情熱的であれということです。
死を恐れるというのもちょっと違っていて、死は穢らわしいものではないし、"門"のようなものだというのはその通りなわけです。

ともかく、本木さんの演技が素晴らしいです。
そういえば、この前の祖母の葬式も、葬儀屋さんの元気な奥さんとまだ若い息子さんが良い感じでやっていました。
アカデミー賞外国語映画賞受賞だそうですが、世界でどのように見られるんでしょう?

2009.03.21

いらっしゃいませ

「いらっしゃいませ!」
と、店に入ると言われるわけです。
デパートに行くと、あっちこっちから「いらっしゃいませ」と声をかけられます。
ただ、どう返事をしていいのかわからない・・・。もしかしたら「いらっしゃいました」だろうか?
つまり会話にならないんですね。

そういうことになっているから言うのだろうか?だとしたら逆効果じゃないかって。
いらっしゃいませと言われると、逃げたくなるんですね(^^ゞ。
「いかがですか?」というのも、さてどうか・・・。
だいたい目的があって見ているわけではないので、売ろうとされると話が進まない。話が進まないと買う機会がなかなかないから。

コミュニケーションをとるというのは、先ずは普通に「こんにちは」じゃないだろうかと思うんですよね。
そしたら会話になるじゃないですか。
不景気だからじゃないけど、売る気満々すぎると、逆効果かなと思うんです。

さて、冬は河豚だなと思っていたらそろそろ春になってきてしまいました。
もしかしたら夏でも河豚かもしれないけど、お手軽価格と言うことで玄品ふぐへ。なんだかんだと唐揚げが好きです(^O^)。白子も美味しいですね。
※何処かの高級店でご馳走してくれる人も募集中です。

2009.03.20

本番のみ

知り合いのホームページを作ることが多くて、なかなか自分の方に手が回らないという状況でしたが、やっと自分のホームページのデザインを変えてみました。
シンプルに、シンプルに、、、と思いながら、シンプルにしてみました。
どうでしょう?
内容的にはあまり変わっていませんが、でも徐々にもっと分かりやすいものに変えていこうと思います。

で、探していた本が見つかった。
本屋でのことではなくて、家の中でのこと(^^ゞ。
本を買うことが多くて、溜まってくると売ったり、近所の地域センターに寄付したりしています。
本以外にもいろいろと本棚に詰め込んでいるものがあって、その影に隠れていた、、、いや、その裏に入れてあったのが見つかりました。
掃除はするものです(^^ゞ。

実践あるのみ!
常に本番!
まぁ、そんな体験がちょくちょくあります。
練習を練習してしまうと、練習になってしまいます。
本番のつもりだと、つもりのままになってしまいます。
時間は後戻りをしないわけで、もう一回はないわけです。
そしたら本番しかないじゃない!
わぉ!

2009.03.19

本気になると

腸間膜をヒーリングする。
綺麗にすると、体がスッキリします!
内臓はさらに内側からヒーリングすると、動き出すのがよく分かります。
これは結構楽しいです(^O^)。

ということで、人が本気になるのはどんなときだろうか?と考えたりしています。
本気と言えば何でも本気なのですが、躊躇無く、迷い無く、ただひたすらにそれだけって言う状態。
本気になれるものがあるって、素敵ですから。

ワクワクするって言うのにも近いかもしれない。
例えば、初めて旅行に行くとか、初めのデートとか、そういうときってとってもいいじゃないですか!
よーーーし、これでいこう!とかって。
やりたいって言う気持ちが強いと、どんな手間でも惜しまないですからね。
そういう情熱的なやつって、チャクラを見ていると前回になっていたりします。
そして、何かを動かしますよねー。

エジプトの神々と一緒にいるとき、その感じにとても近いです。

2009.03.18

リセットだ

ミッチー登場の「相棒」が最終回!
次は相棒8!?ちょっと楽しみです。

さぁ、リセットしよう!
つまり初期化です。
パソコンも使い続けると遅くなります。それはWindowsだからかもしれなですけど(^^ゞ。
何とか直しても、いつかは寿命が来ます。

リスクということをよく考えます。
変な失敗はしない方が良いです。それが成長のナントカになるかどうか、、、まぁ、苦労ばかりも面倒ですし。
データが無くなるなんて言うのは、たいしたこと、、、ありますけど。

何を失うのかは知っておかないと、と思うのです。
妙に動きの遅いパソコンを使い続けている人がいて、それはいつか壊れるかもしれないと言うことと、諸々の時間をもっと有効に使えるともいえるわけで、つまり頑張っているつもりでも失っているものが結構あると言うこと。

同じ状態にいると言うことだけで、結構失っているものがあるとなると、それは困ったことに・・・困ったことになっていることさえ気づかないとしたら、大変かも。
たまにはリセットして、次のステップに進まないと!

そうそう、キイナも最終回でした(^O^)。

2009.03.17

次の確認

すっかり春らしい風が・・・。
暖かいです。
今年も桜が早いでしょうね。

さて、知らないことがたくさんあると言うことに気づくというのは、とても楽しい。
想像の段階から、実際に見たり体験したりすると、一気に花開くように、次の展開が見えてくる。
「あ、そうなのか!」って。
広がるというのは素敵なことです。

想像だけで右往左往するのは時間がもったいないですね。
分かるまで時間がかかるものありますし、はっきりしないものもあるでしょうけど。
誰かに聞けば分かるのか、どこで調べればわかるのか。
聞くことは恥ではないです。

時々あるのは、自分が病気じゃないかと思い込んでいるという人。それならまず検査をするのが早いです。もちろん、医学的な検査ですね。その後に、どうするかを考えていくのがまともなやり方でしょう。
美味しいお店はどこだとか、プレゼントは何にするとか。
男と女の違いもあるでしょうが、私としては本人に聞いてしまうのが手っ取り早いと思ってしまうわけです。

何を聞いていいのか、何を知ったらいいのか分からないと言う人もいますね。
とりあえず突っ込んでみるのですが、それ以前に話のうまい人をまねしてみるといいと思いますよ。
うまい人は、本当にうまいですから(^O^)。

もちろん、確認したことを時間とともに全部忘れてしまうことだって・・・(^^ゞ。

2009.03.16

愛は元気で

亭主は元気で留守がいいのか?

夫婦間の話を聞くことがあって、旦那が帰ってくると家からなかなか出ることが出来ないとか。それはおかしな話です。

まず、どちらかに頼り切るのは良くないでしょう。
そして、ただ甘えているのではなくて、人を管理しようとするとしたら、ちょっと心がやばいかもしれない。

愛は素晴らしい!
でも歪んだ愛は、つまり片方だけの愛というか、違ってしまったものは、違ってしまったということで、愛ではないですねー・・・。
もっとワクワクして楽しいものじゃないと、お互いに。

気づくというのは大切で、ちょっとどうかなとか、その気持ちはどこから来るのかなとか、信頼できないのはなぜだろうとか。
我慢をやめること。
受け入れること。
嘘にも気づくこと。
まぁ、そんなことで(^^ゞ。

夫婦間が健全なら子供も良い影響があります。
愛していると何度言っても、愛ではなかもしれないです(^O^)。
だったら何って・・・。

2009.03.15

面白い人

台南担仔麺の肉味噌の乗った担米粉って美味いなぁ~と思います。あの肉味噌がいいんですね。

で、新音楽集団「匠」第9回定期演奏会を見に行きました。
特にオペラステージが良い感じ。考えてみれば、オペラを見るのは初めてだったような。
辻先生のリード(解説)が面白いです。
とんでもない人間関係、それもまた人間の面白さかも。
ただ、イタリア語なので、何だかよく分からない(^^ゞ。

人には感情があって、自分を見失うことが多々あります。動物にもあるかな?あっちの雄が良いとか。あれは感情じゃなくて本能か・・・。
神々の神話も感情渦巻くものばかりかもですね。
自分が一番見えないのは、いつの時も、どこでも同じなのかもしれません。
自分が正しいと思えば間違っていて、右だと思えば左で、それが一致すると運に乗るということで、幸運が訪れる・・・のさ(^O^)。

まぁ、面白いじゃないですか。

2009.03.14

味治の鰻

ホワイトデーということで、キャンディーよりは鰻じゃないかと思いまして、中野というと"美味しんぼ"に出たという川次郎が有名ですが、その先代が静かにやっている「味治(みはる)」へ行ってきました。
になみに川次郎には行ったことないですが・・・。

まず、肝焼きとえり巻きを注文。
ほんのり苦みのある肝は美味しいですねー。
えり巻きは頭の近くのところらしいです。ふわふわした感じが美味しい。

で、うな重です!
蒸しあがったうなぎをそーっと取り出して、タレに付けて焼いている親父さんの姿がいいですね。
柔らかくて、当たり前ですが変な臭さが全然なくて、美味いなぁ~。
備長炭で焼いていて、かすかに炭の香りが感じられます。
全部がいい感じなんですよね。

美味しい食べるのはとても楽しいです。
ただ、美味しいにもいろいろなレベルがあるなぁと思うんです。
あぁ美味しかった!というだけではなく、そこに満足感が加わると、誰かに食べさせたいという気持ちがわいてきます。満足といっても量ではなくて質の問題ですけど。また行きたいなぁ~って思うんですよ。

やっぱり鰻だな~。

2009.03.13

機械化

誰でもらえるという噂の定額給付金の案内が来ました。
これだけもらってもどうだろう・・・っていう金額な気がします。経済的効果ってやつにたいしてですね。
私としては、これをどうやって10倍、100倍にしていくかが問題です(^O^)。

さて、効率化はどこまで有効だろうか?
機械化できるところはした方が良いのだろうか?
単純作業は、機械化した方が効率が良いし、人が作業すると間違いがあるとか、そもそも人が出来る量でもないとなると、機械化しないと話にならないです。

ただ、何でもそうなのかというと、人が関わらないと正しい結果が出ない場合があります。

人の流れをみるとき、つまり占いのようなものですが、そんなときは乱数を使ってランダムに出すなんてことをしても正しい結果が出ない。
偶然に出てきたものを判断する能力なのではなく、周りと繋がって偶然を作り出してしまうと言うことが人間にはできるのだと思うんです。

人でなければ出来ないことって、たくさんあるし、重要なところは人が関わっているんです。
直感とか第六感とか、機会にはないですから。
人は不安定とも言えます。常に揺れ動いているから。機械のように作業は出来ない。
ただ、不安定だから強さがあるわけです。いろいろなことが出来ちゃうわけですから。

先ずは自分で考えるところから始まります。

2009.03.12

ベストを

ベストを尽くせ!
そして、一歩先へ進め!

と、自分に言い聞かせるときもあります(^^ゞ。
必ず解決策はあるものです。

これでいいのかと、他に方法はあるだろうか?
これを変えたらどうなるだろうか?
そんなことを考えるわけです。
完璧なのか、そうでないのか・・・それはともかく、一歩先へ進むことは大切だと思うわけです。

批判するのは簡単です。
何事も穴があるように見ることが出来ますから。
でもそれでは先へ進めない。
作り出すこと、作り上げることが大切なんですねー。

さぁ、やるぞ!

そうそう、カーネルの呪いは解けたのだろうか・・・。

2009.03.11

口の中

四葉のクローバーを見つける達人が・・・。
両手にいっぱいあると、凄いとしか言いようがないです。
五葉もあるし。

で、口が健康であることは、体が健康であるということ!
いつものように、といっても行き始めたところですが、グリーン歯科医院へ。
前回作ったスプリントを調整してきました。

寝ているときに歯を食いしばっているときがあるということが、これをつけるとよく分かります。
おもしろい!

体の不調が、もしかしたら口の中に原因があるとしたら、発見は難しいですね。
例えば、肩こりとか腰痛とかがあって、マッサージに行ったり鍼をうったり、酷いときは整形外科に行ったりする人もいるでしょうが、それでは良くならない場合は痛み止めを使うか我慢するしかない。
でも口の中を直していくと改善されるていくわけで・・・。
これは理解されるだろうか?と思ったりします。
歯医者が行う治療としては、普通の人が考えるものとは大きく異なるので。

多分ですが、小さいときから口が正常に発達するようにしていくと、健康の度合いはかなり違ってくるのではないかと思います。どうしたらそれが出来るか良く分かりませんけど。虫歯だけが問題ではない、というは、口の中が改善されると虫歯になりにくくなるのだと思います。

そうそう、私としては、さらに効果をあげたいわけで、エネルギーも使って骨や筋肉を動かしていきます。

2009.03.10

写真撮影

近所の平和の森公園では、早くも桜が咲いていました。

「いいよ~!」
「これ、いいねー」
ということで、結婚記念の写真撮影をしてもらいました。
良い天気で良かったです。
自宅と近所の公園で、知人のカメラマンのKさん、大量の機材を持ち込んで良い感じでやってくれました(^O^)。

ちょっとした撮影はありますよね。
旅行とか、イベントとか。
でも、大量に撮影されるわけですよ。数百枚?
猫背にならないようにと思って真っ直ぐ立つと硬い感じなり、顔の向きとか、体の角度とか、微妙に調整してみました。自分では素敵な笑顔のつもりですが、かなり大げさにやってちょうど良いみたいです。
何もしないと良い感じならないと言うことがよく分かりました。
ということは、普段はかなり怖い顔かも(^^ゞ。

のせられて良い感じになったやつがたくさんあるはず。
この中から良いやつを選んでくれるそうで、楽しみです。画像データはいろいろ加工できますし(^^ゞ。
親戚に配るかな(^O^)。

2009.03.09

しつこく

人付き合いはコツがいる?

人には個性というか癖というか、例えば何でもすぐに反応して大騒ぎしちゃうとか。
決断が早いけど、すぐに撤回して違う結論に達するとか。
いちいち巻き込まれていると大変です。

人の悩みは人間関係に関することが大半です。
あぁ~苦手だといっていると、いつまでもそのままだから、何とかするほうがいい。
振り回されない方が時間の無駄がないわけですから。

どう対応していくは、学んでいった方が良いわけです。
一回で分かるように説明するポイントをつかんでおくとか。自分がまず分かっていないとと言うこと。
でもですね、その逆というのがあって、周りを巻き込んでしまうということが出来ると、楽しいです(^O^)。

先手必勝(^O^)。
それと、体が緩んでいることが大切!緊張は緊張を誘いますから。
相手とぶつからずに自分のペースに巻き込んでしまえば、面倒なことは起きないわけです。
意識とか気持ちとか、そういうのはちょっと横に置いておくといい。それはあまり伝わらないから。
声の強弱とか大きさとか、自分の位置とか、そんなことの方が役に立つものです。

自分が弱すぎてはいけない。
遠慮すると相手に伝わらないから。
言わなくても分かってくれる、そんな人はなかなかいません(^O^)。
たいていは勘違いして、「わかってくれると思ったのに」ということになっている。

しつこいぐらいがちょうど良い。
私もあっさりしすぎているところがあるので、修正しようと思ったりしています。

2009.03.08

イコールでないバランス

「人生一回」という魔裟斗の言葉は素晴らしい!
来生だって?そもそも地球とは限らないです(^O^)。
今しかないというか、今やっておくといいことがたくさんあります。それは次のためと言うことだけじゃないです。

まぁ、それはともかく、意識の話を。
時々、誘導瞑想のような感じでグループを誘導することがあるのですが、結構好評なんです(^O^)。
リラックスしたとか、気持ちよかったとか。
テクニックの部分もあるのですが、実は一番大切なのは意識の部分です。
半分、自分も入っています。
つまり、自分を含めて全員を連れて行く感じ。
人が多いとそれだけパワーが必要です。
無防備に近い感じなってしまうので、そこをしっかりと守りながら、安全に、そして深く入っていきます。

バランスというとバランスをとるということ、つまりイコールの関係を目指しがちですが、それだと止まってしまう。
ちょっと傾かないと玉は転がっていかないんです。
その感覚がなかなか難しいところです。

2009.03.07

準備をしたり

今更ですが、YOUTUBEをよく見ています。
今までですと何となくTVをつけていることが多かったのですが、見るのもどうかと思うときもありまして。
結構面白いものがある、というものありますが、見てみたかった動画があるというのは便利なものでもあります。
そのうち自分でもアップしてみようかなと。

思ったように表現するというのは結構難しいもので、これがしっかり出来れば芸術家になれるのかもしれません。
絵でも写真でも、思ったようにいかないものです(^^ゞ。
デジカメで撮影・・・。
この場面をこの角度でこんな感じで、とシャッターを切っても、どうもイマイチ。
多分、カメラの問題です!
そのうちもっと良いのにしよう、何て思っています(^^ゞ。

自分をどう表現するかも、悩ましいところがあります。
出たとこ勝負で行くか、しっかり準備したほうがいいか、、、。
これは人によって違いがあると思いますが、私の場合はある程度準備したほうがいいのだと思っています。が、そうしないことにもチャレンジ(?)。準備できるものもあればそうでないものもあるわけで、どっちでも良いと言えばどっちでもいい。
まぁ、何でもいいって。

ただ、表現方法やどの切り口で行くかは日頃から考えていたほうが良いなぁと思います。何もしないといつも同じになってしまう。いつも同じじゃつまらないですから。

みんなと逆の意見を持ってみる。常識を疑う。正しいことなんて何も無いかもしれないんだから。

2009.03.06

大喜び

どうすれば伝わるのか?
なかなか悩ましい問題です(^^ゞ。
ストレートに伝えるのがいいのかもしれない。
が、それが分かるかどうか・・・でも、やってみないと分からない話ですが。

言葉にならないところが大切なんですが、こんな感じなんですよと伝えることは出来ないだろうか?
イメージを渡すようなものですね。

さて、夢のある夢とは?
こうなりたい、ああしたい、夢を持つというのは素敵なことです。
が、そもそも人の夢とは、実はたいしたことがありません(^O^)。
人の想像力そのものがたいしたことがないから(^^ゞ。

堅く考えないほうが良いです。
つまり、これが自分の夢だと具体的すぎると自分の想像を超えることが難しい。
その夢を超えていくところに、喜びがあるんです。
ほら、驚きがあるって、楽しいじゃない。
言葉にならない喜びの中にいきたいじゃないですか。
それって、想像力のさらにその先にあるんです。

よく分からない、どうしていいか分からない、そんなことをやってみようじゃないですか!

2009.03.05

気持ち以前

全てを肯定してみる。
理論的に考えれば、もしかしたら正しいかもしれない。

みんながそうだから・・・というのは、もしかしたらみんなが間違っているかもしれない。
まぁ、社会がいつも正しいなら、しょうもない不正は起きませんから。

誰かにあわせるようなことは考えないほうがいいです。
空気を読む何てことをするのは、誰かに支配されていると言うことに過ぎないから。
そこには正しいことはなかったりするから。

なぜそうだったのか?が理論的にはっきりすると、気持ちが変わってきます。
苦手を克服するときもそんなことをやってみるといいです。

常に解決する手段はあるものです。
夢があるなら、その実現手段も必ず見つかってきます。
もちろん困難なこともあるでしょうし、夢物語だとしょうがないのですが、ただ目標とするものがあるのなら、それは実現可能ということです。

気持ちが大切だと、よくスポーツ選手が言っている場面があります。
確かに気持ちは大切なのですが、でも案外体に左右されますし、気持ちだけにフォーカスするとあまり良い結果は出ないです。あくまでも、最後は気持ちの部分が出てくるということで、それ以前にやることがいろいろありますから。

ということで、部屋の掃除をしないと!
まずは、綺麗に片付いた部屋は自分にふさわしいのだということを・・・。
いつもそんなことを言っている気がする(^^ゞ。

2009.03.04

上から見る

そういえば、昨日はひな祭りでした。
ちょっと遅い情報ですが、ひな人形を持っている人は出したほうが良いです。
それだけで、生活が動き出すことがあります。
次のチャンスはこどもの日で、鯉のぼりが押し入れで眠っていませんか?
出してみるといいことあります!

さて、凄く楽しいことって?

中途半端なところはたいして面白くないものです。いつか飽きてしまうと言うか。

"高い意識"でいるということはとても楽しいことです。喜びにあふれています。
決して辛いことではありません。
そうあり続けることが出来たら、人生はバラ色です!

まぁ、人生いろいろありますねー。
お金がないとか、人付き合いが大変だとか、、、。
考えてみればどうでもいいことなんですって。

迷ったらどこに戻るか?
たまには上から自分の人生を見てみるといいです。
そしたら、あんなことも、こんなことも、すべて些細なことです(^O^)。
気にならなくなります。

2009.03.03

元気に破壊

自分の人生をどこに置くか?

師匠の話では、今は奴隷を解放しているときだと言うこと。
雇用問題が噴出していますが、結局は雇ってもらうにはどうするかということから、自分の出来ることをやっていくようになるのだろうと思います。
具体的にはサラリーマンの時間が無くなると言うこと。
他人の仕事をしていると言うことは、決まった時間の中で効率よくということを考えるものですが、無駄がたくさんあるわけです(^^ゞ。いや、本当にどうでも良いことがたくさんあると思いませんかねー。
本当の意味での自分の仕事は、自分で時間を好きなだけ使えるわけで、誰かに決められるわけではないと言うことで、自分の時間で仕事をすると言うことになるんですね。
それって、素晴らしいと思いませんか?
無駄になることは何も無く、全てが自分のために、自分の成長のために、世の中のためになっていくわけです。

破壊と創造。
壊すものは壊さないと!

自分の人生は手元に置いておくべきですねー。

2009.03.02

続ける

フォトフレームをもらいました。
ふと思ったのですが、今までフォトフレームを飾ったことがない。
確か何処かに埋もれているやつがあったはずなのだが。
さて、どうしよう・・・。

自分が好きなことって、どうして好きなのか分からない(^^ゞ。
ただそれに惹かれてしまう。
好きなことって、もっと知りたくなりますね。
一時的なものもありますが、それがず~と続くとなると仕事になります。
続けていると、喜んでくれる人が出てきて、さらに嬉しくなります。
そんなことって素敵じゃないですか。

資格があるからプロフェッショナルということではないです。
それで収入があるというのも一つの理由です。
その人生を歩んでいるかどうか。
生き方かなと・・・。

2009.03.01

超えていく

大きなワークが終了。
まぁ、いろいろと学びはあるものです。
不思議なこともたくさんあるし。

感じると言うこと、考えると言うこと、理解していると言うこと。
レベルは違いますが、全て大切です。

いつか、その先へ行く。
いつか、師を超えていく。

答えのない問いに対してどうやって対処していくか。
仮説と実行、そして検証をしていく。
やってみるしかないということです。

« February 2009 | Main | April 2009 »