プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

2009.11.30

一方方向

実は、ひねり揚げとかつな揚げが好きで・・・。
その食感が好きなんです。しかも安いし。小麦粉が原料だからですね。

近所に新築一戸建てが12軒建つ分譲地があるのですが、最近売り出しがあったようで、聞いた話ではすぐに予約で一杯になったとか。まだ家が完成していないし、半分は作り始めてもいないのですが。
確かに場所も良いし、静かなところだし、資料ベースでみてもなかなか良さそうな感じだし、割安感はありました。
でも、そんなに売れちゃうものなのかと、感心しました!
5千万円以上のものですからねー。
近所でも、なかなか売れない家が結構ありますから、申し込みだけでもこれだけあるというのは凄いことだと思います。

この場合は、「良いものは売れる」ということなのかと思いました。
"良い"というのは、それだけでは曖昧で、何がどう良いのかを考えてみるのは大切だなと思います。
それと、悪いところがないというのも、魅力的だったようです。

どういうわけだか円高で、今ドルを買っておくとそのうちどーんと儲かるかもしれないですね。
ただ、もっと高くなるかもしれないけど。
景気は良くなるのか?
そう簡単に良くはならないでしょうと、たいていの人は思っているんじゃないかと思うわけで、民主党に期待しているのはそこではないんじゃないかと思うわけです。
スーパーコンピュータも、予算のわりに世界的には後れをとっていて、つまり結果が出ていなくて無駄がいっぱいあると言うことでしょう。日本は技術力だ!と信じるのは素晴らしいことだけど、得意なところもあれば、そうでないところもあるわけです。
イメージと実際は違うことがあって、農業を見ていくと、農薬だって、日本はかなり使っていますよねー。

どうでもいいところを、つまり無駄だけじゃなくて役に立たないと言うが、あっちゃいけないものを破壊するということが求められていると思うし、期待していると思うんですよね。
期待しているだけじゃなくて、自らもそうあることが大切なんですが。
とまぁ、いろいろありますが、民主党が駄目でも自民党に戻ると言うことはないんじゃないかなぁと思うんですよね。方向は一つで、行ったり来たりじゃないと言うことです。

と、ニュースを見ながら思ったりしています。

2009.11.29

極めて

亀田君が素晴らしい試合で、見事な勝利!新チャンピオン誕生!!
さくらちゃん、逆転で賞金王!
白鵬、全勝優勝で、年間勝利が86に!
クルム伊達さんが初優勝!
そして、ウォッカがジャパンカップを制覇!!!今回は好位からいけて、

人は(馬も!)、極めていくにはやはり努力が必要だけど、その方法は様々で、単に「頑張る」と言うだけではないんですねー。
才能は必要だな!と思うことがよくあります。もともと足が遅い人は、まず人並みになるまでに時間がかかり、もしかすると才能は開花するかもしれないけど、しないかなぁ~って。
苦手なものって、やっぱりあると思うんですよねー。
苦手を克服すると、得意なところも進歩するかもしれない。
得意分野だけで行き詰まったら苦手だと思い込んでいるところにチャレンジもしてみるといいですね。

ということで、新宿にある東京都新宿住宅展示場に行ってきました。
いろいろな住宅メーカーを比べてみると、面白いものです。
特に、コンセプトがハッキリしていると、イメージしやすいですね。
何でもそうですが、何でもアリだと、よく分からないものになってしまいます。
ヘーベルハウスの水盤は、これはなかなかのものです。実際に作ることはないと思いますが、これもまた良い空間を作るには、アリだなと思ったりします。風と音が、良い感じですから。

大きい家はいいなぁ~。
土地から建てるのも楽しそうだなぁ~と思う今日のこの頃です!!
考えるのは楽しいなぁ~。
何か極めてみるかな(^O^)。

2009.11.28

家を見て

散歩をするのも楽しいもので、近所でも今まで行っていなかったところも、行ってみると何かがある、か、何も無いか・・・。それは行ってのお楽しみということ。
家を見て歩くのも面白いもので、外観だけでも特徴があって、ここは明るいだろうなぁ~とか、ベランダが広くていいなぁ~とか、窓の形が面白いなぁ~とか、庭が広いなぁ~とか・・・。
建て売り住宅があると、とりあえず入ってみます。
間取りがどうのう、導線がどうのう、景色がどうのう、近所の家がどうのう、、、と、そんな話で盛り上がってみたりしています。

ということで、理想の家を探検ということで、今回は街角ヘーベルハウスの中野坂上と中野中央へ。
エレベータはあると便利だとか、でも費用は結構かかるなとか、ベランダが広いとやっぱりいいとか、目線を気にしなくてのんびり出来るのはいいなとか、導線が便利だとか、お客が来ても大丈夫だとか、収納がたくさんあっていいなとか、結露がないのはうらやましいとか、、、。
いやいや、今住んでいるところが暖かいんだけど結露が凄くてですねー。どこから流れてくるんだというくらい滴っています。
家は、とても大切だと、良い家を見ると思うわけです。
比べてみると中野坂上の方が自分たちの生活にはあっているけど、やはり中野新井がいいなぁと思いつつ、肝心のご予算がねー(^^ゞ。

夢を現実化へ!!
チャレンジの日々です(^O^)。

2009.11.27

短く長く

動物たちの求愛行動、というのを聞いて、動物にも「求愛」つまり「愛」があるのだと思ったのだけど、確かにほ乳類はそんな感じがします。夫婦関係があるようですし。浮気もあるけど。
でもですね、は虫類とか虫あたりになると、ちょっと怪しい感じが・・・。
あれは、愛じゃないよねー(^^ゞ。
食べちゃったりするし。

先日、絶品チーズバーガーを食べてみました。
味はともかく、小さすぎないか?
クォーターパウンダーの方が満足度が高い気がすけど、それはそれで結構重いのでちょっとばかり気合いが必要だし。

さてさて、お葬式が続いていていていて、人の縁とは不思議なものでといった感じで、香典とかお花代とか、痛いですねー。
いつ死んでもいいように生きていくのだ!という考えもありますが、後悔しないということではそうかもしれないですが、なかなかそうも行かないでしょうねー(^^ゞ。
ずーっと長生きしちゃうかもしれないですから。
死は考えなくてもいつかやってきますから。
そんなことは心配しなくても良いのだと思いますが・・・。

2009.11.26

温泉の方

結構暖かい日が続いているような気がします。
暖かいというか、暑いというか・・・。

足元を見ると、足下が気になるわけで、そうすると意識が下に行きます。
すると、方向が下向きになるわけで、それはちょっと力が入らない、弱い姿勢になります。

さてさて、国はどこまで頼りになるのかということを、仕分け作業のニュースを見て思います。
とにかく一回リセットすることが必要なのかもしれないですね。
国として、何が大切なのか、どの方向なのかを示すのは、その先かと思います。

例えば、医療費も高くなると、もしかしたらお金持ちしか治療を受けることが出来なくなるかも!なんていう話があって、でも考えてみれば、治療を受けることが幸せかどうかはまた別の問題かと思ったりします。
ほら、病院嫌いって、結構たくさんいるじゃないですか。
それに、そもそも治療したら治るのかどうか、結構怪しいところもあるように思えてならない(^^ゞ。なって言っていると、ちょっとまずいですけど。
風邪を引いて、それが治るというのは、喉の痛みがなくなるだけでも、熱が下がるだけでもないわけですよ。
各種数値は、平均値に近い方がいいのかもしれないが、それに近づけるために薬を使うというのは、本当に有効なのか、他のリスクはないのか、どうなんだろうって。
そして、自分にたいしては有効なのかどうかって。

医者という他人に任せるのは、その他人に委ねすぎるのは、どんなものかと。
鵜呑みにしないで、背景まで理解しようよって、思うことが多々あって・・・。
もしかしたら、そのお金は治療に使うよりは温泉につかった方が良いかもしれないじゃないですか。

2009.11.25

踏み出す

お葬式というのは、あまりいいものではないですが、これがまたまだまだ若い人となると、何とも、何とも・・・。
肉体の死というものは必ず訪れるわけで、避けることは出来ないものです。
どうせなら使い切ってしまいたいものです!

将来はなぜ不安なのだろうか?
先が見えないなんていいますが、見えない方が楽しいじゃないかって言う人もいますし。
経済状態が良くない!とか、100年に一度のナントカ!だとか、まぁそうかもしれないですね。
でも、今後どうなるかは分からない。
平均すると、生活の程度がちょっと良くなるか、ちょっと悪くなるかというであって、その先どうするかは自分次第と言うことかと思います。
何もしなければどうにもならず、多分誰も何もしてくれないはずで、だったら準備をしましょうよって。

さてさて、チャレンジすることって、素敵じゃないですか。
一歩前に踏み出すのだ!ということ。
じーっとしていてもチャンスは来ないです。
何処かで勝負の時が来ます。その時に大きな一歩を踏み出す事が出来るといいですねー。
チャンスは何度でも訪れてくれるはず~♪という歌が昔ありましたが、勝負所はのがしたくないものです。
そしてそれは、やってみないと分からない。
それがまた面白いかと思うわけです。

2009.11.24

脳を使うと

気にしすぎるはどうか・・・。
忘れればいいというものでもないけど、いつまでも思いが残っているのは、ちょっと面倒です。
多分、綺麗さっぱり忘れると言うことは出来ないとは思います。でも、気にしなくなるということは出来るでしょう。

さてさて、脳の使い方というものも考えてみると面白い。
脳と心は同じか、それとも違うのかという話もありますが、どっちにしろ「脳」というものを持っていて、機能しているはずですから。だったら、その使い方を考えてみるといいのではないかと言うこと。
右脳がイメージで、左脳が論理だとかいいますが、それをしっかり使えているわけではないようです。
脳のどの部分を使って意識するかということだけでも、頭に浮かんでくるものが違ってくるように思います。

脳は多分、いろんなところが連携しているはずです。
その流れを変えてみると・・・それは意識して流れを作っていくと言うことだけど、かなり変な感覚があります。
こんな事を繰り返していると、いつかは大天才になるかもしれません(^O^)。
こうご期待!!

2009.11.23

繋がる

ブログのデザインを買えてみました。
テンプレートを使っただけですが、いや~、気分も変わります!

DIDJTOYを買ってみました。
ディジュリドゥのプラスティック版です。
軽くて、安い。吹いてみたいら一応音が出ました!
これから地道に練習しようかと思いますが、部屋だとちょっとどうかと・・・。音がねー、五月蠅いかな。

さてさて、イメージを超える事って、ありますよねー。
自然と身体が動いて上手くいってしまったというような感じ。
しかもそれは自分で考えていたものとは違っているようなものです。
気がついたときにそうなっている、ということは自分の時間が何かいつもと違うと言うことかと思います。
これを再現できないだろうか?といつも思うのですが、そう考えている間はどうもできそうもない。

一つの可能性に「祈り」というのがあって、その祈りが神に通じた・・・ということも、あるとは思いますが、もう一つの考えとして、祈ることで自分の思考が止まっていくと言うこともあるのだろうと思います。
どうでも良い考えが止むと、自分自身につながるということだろうなぁ~と思います!

2009.11.22

夢と時間と

いつもの西村画廊のご招待で、東京美術倶楽部にて「東京コンテンポラリーアートフェア2009」を見てきました。
たくさんの画廊が集まっていますので、たくさんの作品を見ることが出来ます。
購入できるということで、今の流行と金額を見ながらの鑑賞というのは、それはそれで興味深いものです!
芸術とお金、つまり売れないと作家は生活が出来ないわけで、認められて高い値段がつくというのは素晴らしいことだと思います。
それに若い作家が多いので、それほど高くないですから。
もしかしたら将来巨匠になるかもしれないと思いながら見るのも、楽しいものです。
個人的には、物語がある作品はいいなぁと思います。もちろんセンスもたいせつね。

そのまま歩いて銀座まで。
お仏壇のはせがわ銀座本店に何となく入ってみたところ、はせがわミュージアムを丁寧に案内していただいて、これがなかなか面白かった。
仏壇は芸術だなぁ~と。
特に昔の職人が時間をかけてつくちゃった仏壇は、凄すぎて、凄すぎて、凄すぎて、職人は偉大だなぁ~と思うわけです。これが人の技術と感覚で作り上げたというのが、なんとも凄い。
時間をかけて丁寧に作り込むというのは、素晴らしいですね。
「時間」って大切だなぁ~と思うんですよね。
時間をかければいいというものではないのですが、必要に込めた時間は何かを醸し出すと思うんです。
目に見えないところも手を抜かないって。

そうそう、富士宮焼きそばというのを食べてみました。
なるほど、独特の麺と肉かすが特徴ですね。
なかなか美味しいものです。

2009.11.21

代わりはなく

そう言えば、蹴りは苦手だったかもしれない。
股関節が硬いので・・・開かない、上がらない、バランスが悪いと。
重心がやや前にあり、腰も硬い感じで、これはどうするべきだろう?と考えることがあります。
ええ、道場でのことですが。
結局は自分の身体のバランスに任せていくのが良いのだろうというのが今のところの結論に。

誰かになることは出来ないわけです。
他の人は参考程度で、自分の道を進むわけです。

急に知人が亡くなって、まだ若い人ですが。
これもまた運命というものなのかもしれないし、肉体での役割を終えたと言うことかもしれないし、新たなステップの始まりかもしれないし・・・と、いろいろと考えるものです。
肉体は誰でも終わりを迎えるわけですから。
その人の代わりは誰もいない。代わりに存在することは誰も出来ないのです。誰にとってもですが。
御冥福をお祈りします。

2009.11.20

身体を観察

生魚を食べるのは寿司に限る!と思うわけです(^^ゞ。
刺身定食は何だか損をした気がする、というか、数切れあるだけだと食べた気にならないから。
焼いたり煮たりしてあるといいです。それが好きだというだけですけど。

さてさて、体の中の歪みをどうやって修正していくか、ということに興味があって、それは自分のことなんですけど。
表面になかなか出てこない歪みは、内側の感覚を調整していくことになります。もちろん、具体的な骨とか筋肉とかもですが。
単にバランスということだけではないようで、体の使い方、つまり癖のようなものに結構影響されていて、例えば、歩くときにカバンをどちらに持つかとか、食べるとき左右のどちらで多く噛むかとか、かみ合わせの調整はしているので、それ以外のところからもアプローチ!
心と体は繋がっているとすると、心の歪みというものも認識して修正してくといいのだろうと思います。
それは歪んだ心?先ずは取り出して心を真っ直ぐにしてみよう!とか・・・。

そんなこんなで、自分の身体と心をじっくりと観察しています。
たまにはこんなことが楽しいわけです。

2009.11.19

開くのだ

大きなワークがひと段落。
こういうものを通して"自分を知る"というギフトがやってきます!
本当に、かけがいのないものです。
結果がどうでアレですねー(^^ゞ。

さてさて、縮こまった身体が解き放たれるということ。それは、心も身体も開かれていくということで、それはそれは、本当に素晴らしい体験です。
一人でやるにはなかなか難しい。
愛し合う二人が、本当に愛し合うと、それは本当に素敵なことになります。
まぁ、問題は愛がすれ違うということかと思いますが・・・。
相手を受け入れる、そしてそれは相手に受け入れられているということで、そうしたことを実感できることからかなぁと思います。

みなさん、素敵なひと時を!!!

2009.11.18

ルールを外れる

運命を知ることは可能だろうか?
例えば占いで、自分の今後の行く末を知ることはできるかもしれない。
正しいかどうかはともかく。

ルールを知ると、道筋が出来るように思うことがあります。
例えば血液型がAだからどうとか・・・。
星座が何座だからどうとか・・・。
それは合っているかもしれない。
参考になることも多いでしょうし、ピーンと来ることも多々あるでしょう。
でも、知らなければ気にしないこともあるように思います。

占いに限らず、世の中の常識だとか、まわりがそうだから、ということを気にしすぎていると、その枠からなかなか出ることが出来ない、なんてことがあります。
分かりやすい事例が目の間にあると、影響を受けやすいですからねー。

でもですね、同じようにする必要はないわけです。
そこで自分はどうするのかを考えてみると、別の道がいくらでも出てくるはずですから。
さぁ、自分らしく!
運命も、自分らしく!

2009.11.17

面白く

きてます!きてます!
何かがいつもと違うとき、何かが来ている(^O^)。
まぁ、そんな感じがするわけです。

ということで、どうしたら新しいものが生まれるかを考えることあります。
今まで誰もやっていない、新しい魅力なこと。
データからいくとなかなか生まれそうもない。やはり直観かと。
単に直感だけだとあまり面白いものにならなかったりします。

面白いことを探すのがいいなぁと思うのです。
物事を面白がるって、、、面白いんです。
どうしたらいいかなぁ~とか、どうしたら人は驚くだろうなぁ~とか。
考えただけで面白いことは、実現できるとかなり面白いです。

2009.11.16

通る

サプリメントを摂って、これは効いたなぁ~と思うことってそうはなくて、ビタミンとかミネラルとか、いくら摂ってもよく分からない・・・。
ただし、燃焼系のものは特に運動すると熱くなったり汗がでたりするので分かりますが。
バランスよい食べ物というのは、大切だとは思います。
私の場合、計算したバランスではなくて、体が要求しているバランスの方が重要です。
魚か肉か野菜か・・・。美味しく食べられるものが、食べるべきものだと思うんですよねー。

健康であるということを考えた場合、食べ物だけじゃなくて、ストレスとか空気とかいろんなものが作用しますねー。
だとしたら、食べ物だけに責任を押し付けるようなことはちょとどうかと思うわけです。いやいや、健康的な食事くらいしたいということなのかな?

さてさて、チャクラを開くということをやってみると、とても良いわけです。気持ち良いというか、エネルギーが通るというか、元気になるというか・・・。
一部だけじゃ駄目なんですよねー。バランスということです。
基本は7つのチャクラなんていいますが、その外もやってみるといい。ルートの下とか、クラウンの上とか。

で、チャクラを通してくるエネルギーというのも確かにあって、これがどうしても必要なときがあります。
チャクラを開かないと入ってこないエネルギーがある。
それが他者のためということならば、やるしかないでしょう~。
さぁ、開かないと!
さらに、もっと!!
と思う今日この頃です。

2009.11.15

充実の時に

予感がする!
そんなことがあります!!
直感だけではなく、体が反応するんですね。
そんなとき、的中します(^^ゞ。

さてさて、いつも思うことがあって、確実なことはないのだということ。
あるのは可能性で、そこでどう精一杯やるのかというが大切なのだということ。

精一杯の事をやるのは、「やりきった!」と実感するということで、それはとても素敵な体験です。
素晴らしい充実感がありますから。
自分ひとりじゃないんだなぁ~と本当に思います。
と同時に、自分のことがよく見えるもので、足りないところがよーーーく分かります。
そうか、自分の力とはそういうものだったのか・・・と。

どっちにしろ、それは体が震えるような体験です。
自分に何かが起きたと実感する瞬間です。

2009.11.14

自分ということで

ピザは薄いほうがいいか、厚いほうがいいか・・・。
薄くてパリっとしているはなかなかなくて、ソースでしなっとしていますね。丸めて食べるとちょうどいいです。
ある店でパリっじゃなくて、バリバリっとクスピーというよりは煎餅のように固い生地がありました。確かに薄かったですが、固いというのも程度があるんじゃないかと思いました。
まぁ、薄くても厚くても、どっちも好きなんですがねー。

さてさて、自分のことはどのくらい気にしているだろうか?
例えば自分の名前がなんであるかというのは、聞かれたときに気にするくらいで、普段は忘れない程度に、、、じゃなくて、まぁ、あまり気にしないわけです。
それは自分自身だから。
自分が何者であるのか?というを探しているのか、それとも確信があるのかで、ちょっと違う。
それが自分のものになっているなら、なりきっていて、あえて気にしないでしょう。
社会的に役職があるとなると、それは忘れないでしょうけど。先生は先生で、社長は社長とか・・・。
でも、自分のなかにあるこれはというものがあるとしたら、それは自分のものであって、時々思い出すということになるのだろうと思います。そういうものは自分だけのものですから。

2009.11.13

揺れる

歌を聴いていて思うのですが、やっぱり声が大切だなと。
上手い人はたくさんいますが、魅力的な声というのがあって、これはなかなかまねができないです。
何がそうさせるのだろう?と思うくらい。
いい声になりたいものだと思いますが、自分の声がよく分からない・・・(^^ゞ。

さてさて、内臓を認識する。
心臓は動いているのがよく分かります。チョット走るとドキドキするとか。
食べ過ぎると胃が重いとか、へんなものを食べると下痢をするとか。
でも、体の中って、もっといろいろと複雑なわけです。
脳の働きなんて、とっても複雑で分からないことばかり。単純に右脳が直感で左脳が理論だとはいえないわけです。

細かいところまで分かってくるにしたがって、今まで治らなかったものが治るようになったりするのが医学の進歩ということなのだと思います。
が、これをエネルギーという視点で見ていくと、そんなに細かく考えなくても大丈夫だったりします。
もちろん知っていることは助けにはなりますけど。
全ては"層"のような感じで、揺れながら浸透していくと変化していきます。
そして体だけじゃなく"心"も同じ感じです。
揺れて浸透すると、変化していきます。
まぁ、心の仕組みは体より分からないですけど。
分からなくても変化していくわけです。

そんなことを考えながらヒーリングをしているのですが、結構面白いです(^O^)。

2009.11.12

別の世界

夢中になると時間が早く過ぎていきます。
密かに何かやっている時間も早く過ぎて行きます(^^ゞ。
いやいや、時間はどんどん過ぎていくものですねー。

さてさて、"この社会でしっかりと生活することが大切です!"というようなことを、何度か聞いたことがあります。
そんなことを聞くと、本当かなぁ~?と思います。

地球規模で見ていくと、ずーっと前から争いは絶えず、飢餓はなくならず、富は偏り、搾取のし合いをしているわけで、これは素晴らしい世界だろうか?みんな幸せだろうか?と思うわけです。
ここでしっかりと生活するということは、そうした世界を続けたいということなのだろうか?と思うわけです。

戦争は無くなったほうが良いじゃないですか。
飢餓もなくなったほうが良いでしょう。
だったら、そうした世界を作りましょうよって、思いませんか?

そんなこと言っていたら生活できないって?
それは本当でしょうか?
もしかしたら嘘かもしれないですよ。
いや、別の世界を想像できないのかもしれないですけど。

2009.11.11

恐れるな

どうもサラダにトマトが入っているのが困る。
サンドイッチとかハンバーガーにまで入っているのがとても困る。
勧められても困るでしょう。

ということで、あそこの部屋には夜中になると足音がして、角においてある人形が振り返る・・・とか。
足音なんてどこでもするし、人形が振り返ったところでどうって言うこと無いぞ。遊んでくれるかもしれないしって。五月蠅いと面倒ですが。

お化けは恐い?ですか??
一応、世の中としては、お化けは恐いことになっているのかもしれない。
でもですね、考えてみれば、恐れる理由がよく分からないです。
目の錯覚であれ、本物であれです。

何だか分からないけど恐れている事って、ありますよねー。
よくあるのがゴキブリです。
動きが駄目らしい(^^ゞ。
でも、恐れる理由は無いはずです。少なくとも人間の方が強いです!

お金に対する恐怖というのもあります。
お金が無いと大変だということで、夢をあきらめて生活を成り立たせるために"普通"の仕事をするとか。
この程度でいいのだと自分を納得させるとか。
何かあったらもう生きていけないくらいの勢いですが、そんなことはないはずです。

恐怖がなければ何でも出来ます。
その恐怖は、自分で作っているだけなんですが・・・。

2009.11.10

スタート

初めて行った定食屋はご飯が食べ放題でした。
昔なら漬け物で先ずは一杯、サラダで一杯、メインで二杯・・・と、そこまでは食べないかもしれないですが、結構いけたものです。今ではほどほどと言うことを理解しているので、ほどほどにしています。
デザートは別腹だと、特に女性の方はいいますね。TV番組でもデザートを見ると胃に隙間が出来る様子をやっていたこともありましたし。
でも、それってデザートが好きな人ってことで、私の場合はそれほど必要としていないので、このデザートの量を計算しながらメインを食べていかないと苦しいことになって・・・だからどうなんでしょう(^^ゞ。

さてさて、整形は人を幸福にするか不幸にするか。
見かけが変わると心も変わるかもしれない。化粧が上手くいくと気分が良いというのと似ているかも。
でも、整形しても他人になるわけじゃないと思うわけです。
顔が変わっても、過去は捨てられるわけじゃないんです。
つまり現状をどうするかが勝負と言うことです。

自分を愛するように隣人を愛するといいますが、これは実は「愛せよ!」という命令形です!!
ガタガタ言ってちゃ駄目で、とにかく自分でも隣人でも愛するのです!
そこからスタートです!!!

2009.11.09

分からない

やはり遅くなったら止めておくべきだろうなぁ~。
夜食とかは・・・。

さてさて、テキストを見ると計算式があり、裏には答えがあります。
何でも最初はそんな感じです。
どんなに難しく複雑な問題でも答えがあるわけです。

その問題が解けるかどうかは実はたいした問題じゃなくて、どんな問題を作るかが、そのうち問題になります。
この問題はこうすると美しく解けるとか、やりませんでしたか?

でも、世の中を見ていると、そもそも問題が何だか分からないことだって、少なくないです。
というと、答えだったわからない。
「何をしたらいいのか?」という問いには「イロイロ試してみてください!」ということになります。

分からないのだ。
つまり、確かなものはないと思った方がいいわけです。
頼りになるのは本能かもしれないです。

2009.11.08

ストレス解消へ

イタリアンといったらサイゼリアか!
安いというのはとても魅力的で、何だか満足度が高いです(^O^)。
料金ではなく食べられるかどうか量を気にするくらいで・・・。

さてさて、「ストレス解消」というのは、とても大切なことで、日々ストレスにさらされていると、どんどん積み重なって、肩が凝ったり、頭が凝ったり、思考が凝ったり、、、どうにもこうに上手くいかなくなったりします。
視野が狭くなって、選択肢が狭まって、自分の能力を発揮することが出来ないわけです。
それじゃ、温泉でも入ってストレスを解消するといい・・・のかもしれないですが、意外に解消できない。
ちょっと気分が変わった程度で、すぐに戻ってしまうわけです。
実は、ストレスは実際に抜いていくことができます。ストレスを抜き取っていくと、気の流れというか生命力というか、体が緩んで元気になるわけです。
ヒーリングのときも良くやっています。

ストレスって、感じているうちはまだ良くて、感じていないけど溜まりまくっている人もいます。
多分、体が緩んだことが無くて、どうしたら自分らしいのか分かっていないのだと思いますが。
とにかく、ストレスを抜き去って、自分を取り戻す事って大切だと思うわけです。

あぁ、ジャイアンツが優勝したみたいですね・・・。
セブンイレブンのおにぎりが安くなるのだろうか。

そうそう、たまにはカメを!

Kame200911

2009.11.07

愛は

時々夢の話を聞くことがあります。寝ているときに見る夢ですね。
私はほとんど夢を覚えていない。
なぜだろう・・・と思ったけど、そう言えば昔、覚えるのは止めようと思ったことがあった気がします。
夢は夢だからって。

さてさて、"愛"について考えることがあります。
愛とは何でしょう?
人を好きになることは、愛もちょっと関係あるかもしれません。いや、無いときもあるでしょうけど・・・。
動物への愛情というのもあるでしょう。
子どもへの愛情とか、家族へとか、もっと広く世界へとか。
様々な場面で愛を感じるかもしれませんが、愛するのだという深い気持ちは、なかなか表現できないものでもあります。

聖書の中の「コリント人への第一の手紙」にこんな記述があります。

 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。
 愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない。自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
 不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
 そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。

いやいや、なかなか愛は大変です!!
相手のことを思って何かをするのが愛とは限らないし、何もしないのも愛ではないし、、、。
先ずは謙虚にあることかと思いますよ。

2009.11.06

継続すること

自分ならどうするかと考えることがよくあります。
例えばスーパーに行って、品物の並べ具合をみて、自分ならどうするかとか。
改善する要素って、常にあると思うのです。
それは時代によっても変わっていきますし。
あの頃良かったことは、今ではそうは通用しないですから・・・。

さてさて、分かった気になることと、実際に分かるということには大きな差があります。
物事を続けていくと、その深さと広さに気づき、それが自分のものになったときに、"感動"と出会います。
そのためには回数と、それにかけた時間が必要になります。
つまりですね、どんなに感動しても一回だけでは何も分かっていないと言うことなんです。
繰り返していくと、深く理解して、それは自分の中にしっかりと落ちてきます。
しっかり自分のものになると、そこからさらに進歩していくんですよ!それは体が覚えるということで、そこまで行かないうちに止めてしまうと、単に忘れてしまうということになります。

継続は、本当に力になります!

2009.11.05

口のこと

私は嘘をついたことがありません、という嘘をつくのが好きです(^^ゞ。
まぁ、嘘も方便とか・・・。
嘘ではないけど、本当でもないという話だってあります。
それを言ったら本当の事って何でしょうねー。

口から出ることは、結構やっかいなこともあって、「口は災いのもと」とも言いますねー。
言っちゃいけないことって割とあるわけです。
いわゆる空気を読むと言うことは必要ないです。
正論ならいいわけですが、正論になっていないと、それは愚痴というか悪口というか、つまり駄目なわけですよ。
自分がやるべきことは、文句を言うことなのか、それとも行動することなのか・・・。

何を聞かれているのか?
何を答えるべきなのか?
要点は何か?

聞くと言うことは、ある程度の答えは想定しているわけですから、それは超えていきたいものです。

2009.11.04

責任とか

"憧れの人"は、やはり素晴らしい!

人に惹かれるというのは、よくある話で、男女が惹かれるとそれは恋愛ということに発展しそうです。
性を超えて惹かれるとき、それはその人の魂に揺さぶられているということ。
一歩でも、二歩でも、近づきたいものです。

近づくためには、その人の何に惹かれているのか考えてみるといいです。
外見、声、癖といったものから、考え方、態度、さらにはオーラやチャクラかもしれない。
まねをしてみるのも良いし、そこから自分らしさを発見するのもいいものです。
その人はなぜ人を惹きつけるのか、さらにはどうしたら自分は人を惹きつけることが出来るか、まぁ、それは自然に出来ることなのかもしれないですが。

さてさて、世界が変わるには"一人一人が変わる"ということが欠かせません。一人一人が変わったら、世界が変わるということになります。
"変わる"ってどういうことでしょう?
一人一人が自分の責任を果たすと言うことです。

では、責任を果たすというのは?
自分はコレをやるとハッキリ決めると言うことです。
決めたことを実行することでOKなわけです。

社会を変えるような大きな事をから、毎週部屋の掃除をするという日常的なところまで、決めたら実行です。
みんながそうしたら、社会は変わると言うことです。

2009.11.03

お得

体をあっちこっちで分解してみる。
通常は関節のあるところで区切ってきますが、その関節の位置をずらしていくと動きが大きくなる、と思うんですよね!
まぁ、実際にはそんなに変わらないとは思うんですが、今まで以上に動くようになるのではないかと思います。
関節が増えたら面白いんですけど(^^ゞ。

さてさて、割引とかポイントとか、ちょっとお得なものってイロイロありますよね。
お得なものは嬉しいものです!
でも、本当にそうかと思うこともあります。
お弁当にウーロン茶がついてくるとか、その弁当でもウーロン茶でもない気がしますが、お得な気がして買ってみたりして・・・。
ポイントのために、買い物をするというのも、あるような気がします。

果たしてこれは正しい選択だったのか?
自分で決めたことを自分で実行するという事からは、周りに踊らされた状況になっていないだろうか。
まぁ、お弁当はたいしたことがないわけですけど。
でも、もしかしたらもっと大きなものを決めるとき、その判断は本当に適切だったのかと・・・。

物事を決定する基準というのがやっぱりあった方が良くてですね、それは自分を本当に満足させるものになっているかどうかが大切かと思うわけです。
自分のためになっていれば、それは「お得」です!

2009.11.02

リラックス

急に強い風が吹いて、寒い!
雨も冷たいですねー。

微妙に咳が残っていて、歩きながら咳をすると振り返る人がいまして、どうもです(^^ゞ。
気管支かなぁ?

さてさて、気合い入れるとか、頑張るというのは、力を失うのだと思うことがよくあります。
トレーニングをしていて、力が入りすぎると息が切れるんですよね。酸素を多く使ってしまうからかもしれないです。
いかに自然体でいられるかが、どんなときでも大切だなぁと思うのです。

そもそも緊張に気づくことが出来るか?という問題があって、いつも頑張っちゃっていると、頑張っていることにもなかなか気づかない。
緩めて、緩めて、力を抜いて、力を抜いて、最低限の力のみにしてみる。そんなことをしていると、体が何かを知らせてくれます。

気持ちも体もリラックスです!

2009.11.01

体と地球

近所に土地の売り出しがあるとちょくちょく見に行ってみます。
いつの間にかこんなところに空き地が!とか。
そこに隙間無くぎっちりと家が建つ様子はちょっとどうかと思うことがあります。
もともと1軒の大きな家が、7軒の小さな家になる。何だか不思議です(^^ゞ。

ということで、8歳馬が天皇賞を勝つとは・・・。
狙ってはいたけど、勝たなくても良かったのにと思う夕べです。

さてさて、鏡を見ながら自分の身体の動きをチェック!
イメージと実際の動きの違いはどうか確認してみます。
私の場合、イメージが勝ってしまうことがあるようで、体の中が大きく揺れていている印象と、それが外に出て行かない感じがあります。これを実際の動きに繋いで入れるようにするには、実際に見てみると分かりやすい。
もっと大きく動かしていいんだとうことが分かります。
大きくと言っても、無理矢理ではなくて、自然に中心から動くように。

そうして見ていると、グラウンディングというものもまた、今までとは違ったものになるように思いました。
先ず「立つ」ということが変わると、地球との関係が変わります。
地球の上に真っ直ぐに立つということで、グラウンディングになってくるわけで、これが歪んでいるとそれなりにということになりますから。
多分ですが、グラウンディングというのは地に足を付けると言うことだけではなく、地球の重さを自由に使えると言うことも含まれるんじゃないかと思うわけです。
それは地球のパワーということで、それって凄いでしょう~。

« October 2009 | Main | December 2009 »