プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

2009.12.31

行く年、来る年

いよいよ大晦日。
除夜の鐘が、、、そういえば鳴っているのを聞いたことがないゾ!
まぁ、金とは関係なく時間は過ぎていきますから問題はないですが。

どんな一年だったか、今となってはあまり覚えていませんが(^^ゞ、来年に向けて決意が固まりつつある、つまり助走をしていた感じの一年だったような気がします。
すぐに出来ることと、時間のかかることがあって、時間がかかるというのはゆっくりとゆっくりと降りてくるものがあって、それは羽根が空から落ちてきて風に吹かれながらゆらゆらとそんな感じなのですが、遠くにあったものがだんだん目に見える物になって、ハッキリしてくると、それを掴むだけということになります。
心から分かるというのはそんな感じなんですねー。

来年は、さらに大きな一歩を踏み出していることでしょう!
どこに踏み出しているかはお楽しみです!!

では、良いお年を!!!

2009.12.30

問い続けること

コーヒーは飲まないのですが、先日、ネスプレッソのエアロチーノを購入しました。
ネスプレッソというと一杯ずつカプセルに入っているコーヒーを入れるコーヒーメーカーですが、エアロチーノはミルクを温めて泡立てるマシーンです!ミルクが凄くしっかりしたフワフワの泡になって、これでミルクティーを入れるととても良い気分です!!

掃除をしようとするとCATVとかBSとか、"まとめて一挙放送"なんていうのがあって、見ているときりがない。困ったものです!って、見てなきゃいいんだけど(^^ゞ。
そんなことしていると掃除が進まないじゃないかと言っているうちに、ゴミ出しの日が過ぎてしまった・・・。

さてさて、問い続けるということは大切なのではないかと思うのです。
コレを知りたい、アレはどういうことなんだとか。
もっと深く知りたいと思うことって、たくさんあると思うのです。
問い続けるから答えが返ってくるわけです。
さらに問い続けると、さらに深い答えが返ってきます。
それは素敵な体験です。

問いと願いはちょっと違うんですね。
願い続けるというのもいいんですけど・・・。
例えば、お願いれ続けたらちょっとうっとうしいでしょう(^^ゞ。
聞かれたら答えようかなと思うじゃないですか(^O^)。うっかり答えてしまうとか、ありそうだし。

ところで、神は万能であるというイメージがありますが、万能な神というのにあったことがないので、それが本当かどうか怪しい・・・。ほら、世界の神話を読んでいると、神は結構いい加減なところがあるじゃないですか。
神が"この世界"をというものを作ったのか、それとももしかしたら神はこの世界を発見したのか・・・。
そんなことを問うのも、楽しいことじゃないですかねー。

2009.12.29

肉・肉・肉

29日は肉の日というわけではないのですが・・・。
ウェンディーズに行ってきました。えぇ、全店閉店してしまうということで、行列に並んできました。
ウェンディーズには、たまーーーに行っていた程度ですが、無くなるとなると、残念です。
最後ということで、奮発してメガウェンディーズのセット、つまりパティが3枚というやつで、ボリューム満点!ただし、食べている間にちょっとウッッッときてしまうくらいです(^^ゞ。
ハンバーガーはともかく、ウェンディーズといったら"チリ"です。コレが結構好きで、気軽に食べられなくなるのが残念でなりません。
近所のとんかつ屋にもチリがありましたが、最近カレーに変わっていてこちらの残念。
まぁ、契約のことですから、いつか復活するかもしれないようなので、それに期待です。

夜も肉だなということで、近所の焼き肉屋の"獅子苑"へ。
今はすぐお隣の江古田ですが、沼袋には焼き肉屋さんいろいろとありまして、こちらもかなり美味しいお店です。
行ってみたらたまたま席が空いていて、入ることが出来ました。
美味しい肉は、しつこくなくて、脂が違うのか、良いですよねー。
焼き肉というと、調理としてはそれほど複雑ではないですから、肉をどう扱うかがポイントとなるんでしょう。
やっぱりここは違うなと思われているのでしょう。店は混み合って、商売繁盛で、素晴らしいことですねー。

2009.12.28

常識とか

年末の疲れが溜まっているという方が結構いらっしゃいまして、でも一年というものをどこで区切るかはその人自身じゃないかなぁ~とも思ったりします。
"私は世の中の流れとか暦とは関係なく生きていきます!"という人がいたら、一区切りは十年かもしれない。
とはいうものの、世の中に区切りがあるというのは便利なものでリセットして気分を変えることが出来ますからねー。

さてさて、二兎追わないと、二兎得ることが出来ない!
そう、何か一つだけというのは、案外得るのが難しいものです。
欲しいものってたくさんあるじゃないですか。例えば、愛とか情熱とか豊かさとか・・・。
だったら全部手に入れるくらいの勢いが欲しいです!
欲張りということではなくて、もともと人は同時にいろんな事をやっているはずなんです。
テレビを見ながら食事をしたり、歩きながら携帯をみたり・・・。
だから、二兎とは言わずに三兎でも五兎でも追えばいいわけです。

常識というのは、それが常識かどうかわからないほど染みこんでいるから結構盲点になっていたりします。
冷静に考えてみると、それは現在にそぐわない事ってありますから。
常に疑問を持つという姿勢が、常識を壊して新しいものを作っていくのだと思います。

2009.12.27

チベット

かなり素晴らしい有馬記念で、狙ったとおりにドリームジャーニーが一着でした!
ブエナビスタも、かなり強いですねー。来年が楽しみです。

もう数年前だと思いますが、ポタラ宮で働いていた職人がネパールに移って工房を作って、そこで作ったリングを買ったことがあります。これが結構いい感じでね。気に入っています。

ということで、上野の森美術館で「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展を見てきました。
国宝級と言うことだけあって、やはり素晴らしいですねー。
日本の仏像との違いは、金属製ということもありますが、静かに立っているんじゃなくて、躍動感があるんですよねー。左右どちらかに重心があって、そこから次の一歩が出そうな感じで。
思えば、動きというのは一つのポイントかもしれないなぁ~なんて。ほら、マニ車をクルクル回しているじゃないですか。風がエネルギーを広めていくとか。
個人的には法具にとっても興味があるのですが。

チベットも、いろいろと大変そうで、それほど住みやすいところではないでしょうけど。
今後、文化はどう継承されるのだろうと気になるところでもあります。
ダライラマ14世が戻れるといいですが。

そういえば、チベットは地球の第7チャクラで、その前に第6チャクラである日本が開かないとチベットは閉じたままだという話がありました。
先ずは自分からかと・・・。

2009.12.26

問いと感覚

年末というと「掃除」ですが、なかなか手がつかないというか、、、。
一番増えていくのは本でして、気になると買ってしまうので、適当なところで売ったり寄付したりしているんですが、それでも増えてきます。
本当にいいなぁというのはそれほどでもないんですが、でも、とっておきたい本もちょっとずつ増えてしまいます。

本というのは読むタイミングがやっぱりあると思うのです。
近所に図書館がありますが、たまに行ってみてもひと昔前の本しかないなぁと。そうするとなかなか手に取ること出来ない。
古本屋も、いつか読んでみたいと思っていた小説なんかはいいかもしれないけど、そうでないとやっぱりちょっと今と合わない気がします。

さてさて、自分の感覚、特にこうしたいという感覚を大切にするといいなぁと思うことがあります。
でも、単にワクワクするとか、直感が・・・ではないんですねー。
何かないかなぁ~とか、あやふやなままだと、あやふやなままで、どうにもならないです。
これに対して!と言うことがハッキリしていると、つまり問いがハッキリしていると、その時の感覚は有効なものになります。
つまり、正しい答えが返ってきます。

本を選ぶときも、たくさんある棚からそんな感じで選んだりします。
意外な正解にたどり着きます!!

2009.12.25

クリスマスの日の

銀座で津崎園子さんの個展へ。
イタリアの風景を描いている人です。
とってもイタリアが好きで14回ほど訪れたそうです。
線が綺麗で、なかなかいいですねー。

こうした絵を見ると思うのですが、、、「絵が上手い人」っていますよね。
私はそれほど上手ではないんですけど。
ただ、上手い人の絵を見ると、目の前のことをしっかり見る事が出来るかどうかが一つのポイントかなと思うことがあります。
あそこがこうなっているというのがしっかりと認識できないと、その通りには描けないんですよねー。
だいたいこんな感じだったような・・・と、雰囲気で行くと、その雰囲気も出なかったりします(^^ゞ。

ところで、銀座には各地のアンテナショップがあって、北海道から沖縄までですね。いろいろなものが手に入ります。
いつの間にか増えていて、面白いところと、既に知っていて残念なところと、ありますねー。
今回は辛子明太子風ドロップを購入してみました。どんな味でしょう(^^ゞ。

ということで、何かいいものは無いかとデパ地下へ。
さすがに混んでいますー。
適当なところで夕食を買って帰ろうと、何料理になるのかチキンや白身魚をパイのようなもので包んだものやキノコのキッシュやら買ってきました。
思うんですが、中華風唐揚げのようなものが一番美味しくてですね、チキンをパイで包んでもパサパサして美味しくないですねー。中華は偉大です!
ケーキもたくさん食べるとちょっと気持ち悪いです(^^ゞ。
それほど甘くはないんですが・・・。
お腹いっぱいだと苦しい・・・。

オレンジのバラです。
Roseorange

2009.12.24

進むのだ

年末になるとカレンダーをもらうことが多いのですが、今年は少ないなぁ~という声がありまして、これも経費削減ということなのかと思ったりするクリスマスイブです(^^ゞ。
いろいろなお店で呼び込みが必死で、大変そうです。
そりゃ、世の中、キリストさんとは関係無しに、たまにはちょっといい感じにしたいと思う日でもありますから、人が来る店と来ない店ではかなり差があるみたいでねー。
でもまぁ、人生浮かれているくらいでちょうど良いです。

さてさて、そんな世の中でも悩んでいる人いましているもので、その悩みは深刻なものなのか?と思うわけです。
悩みを続けると、悩みが深くなると、どうなるでしょう?
そのまま一年、十年、、、と月日が流れ、悩んだまま人生が終わっていくとなったら、残念じゃないですかねー。

やはり変化というものが必要で、いや止まるというのは本当に危ないことで、どうでもいいことはとっとと終わらせて次に進むということをやっていかないとねーと思うわけです。

例え伝統でもあっても、進化していないとちょっとまずいわけですから。

2009.12.23

出来事のこと

座っているとだんだんおしりが痛くなる・・・。
座骨の当たり具合が左右でちょっと違っていて、足を伸ばすと突っ張り具合が微妙に違います。
これはストレッチだな。

さてさて、ちょっとした怪我をすることが多い人がいまして、あっちこっちぶっつけたり、切ったりして、そうした姿はそそっかしいとも言えますが、もしかしたら違う事なのかもしれないと思ったりします。
エネルギーは放っておくとどんどん膨らんでしまう。
疲れも溜まると調子が悪くなって、病気にでもなってしまうような感じ。
つまり、ちょっとしたことでエネルギーを放出しているか、その向きを変えているか・・・。

物事はどうとらえるかというのが結構大切で、何あっても、これは大きくなる前に解決したのだと思えると、とても気が楽です。
人生、いつか何かが起きるわけですよ。
あまり都合の良くないこともあるでしょうが、出来ればそうしたことは最小限にしたいと思うわけです。
ということは、今小さい何かが起きるというのは、良いことの前兆でもあると考えられます。
ほら、交通事故よりは机の角にぶつかる程度の方がいいじゃないですか。

過去も未来も全て見渡すことが出来ると、そのことが分かるのですが、なかなかそうも行かないわけです。
でも本当は見渡すこと出来るわけですが。

2009.12.22

反応があると

手帳は種類が増えて、大きさやスケジュールのタイプなど、いろいろと選べるようになっています。
一通りそろった感じがありまして、どこでも似たような感じになっていますが、でもまだ書きやすさや見やすさを考えるともう一工夫出来る気がします。つまり、一番好きだったやつとはちょっと違っていて、でもそれはシステム手帳しか無くて・・・。
で、似たようなものでカレンダーがありまして、これがなかなか気に入ったのがない。
一番の問題は"月曜始まり"があまりないということ。
やっぱり土日で予定を考えるじゃないですか。そしたら並んでいないとねー。
手帳が月曜始まりで、カレンダーが日曜始まりだと、見にくいんですよねー。

さてさて、気がついたら腰痛だったとか、背中が痛かったとか、、、。
そうしたことは、何処かに無理があったと言うことかもしれません。
自分がどう感じたのか?それは、気持ちで感じる部分と、身体で感じる部分があると思うのです。
何気ないことで、全然気にしていなかったことでも、それが身体に反応が出てくることがある。
心というか脳というか、そうしたものは結構だまされると言うことかもしれないです。
なにげに拒否したい事ってあると思うのでねー・・・。
そして、人に言われて改めて気づくということってありますよね。
あ、そうだったか・・・と。
自分では、自分の事が分からないと言うのは、そう言うことかもしれないと思います。
気づいた違和感は、認めてしまって、はき出してしまうと結構スッキリします!

2009.12.21

見ること

いやいや、寒いですねー。
外に出てしまえば何とかなりますが、その決心までに時間がかかります(^^ゞ。
それに年末年始が近いとなると、何だかワクワクします。
休みが続きますから。

さてさて、一般的に現実というと、"この世界"のことになりますが、"現実を生きる"というのは現実を見ることが出来てはじめて出来ることだと思うのです。
今自分が見て、感じている、この目の前のことは、はたして"現実"なのだろうか?
あるいは、思い込みで見ていないだろうか。
見ているものの何%が現実だろうか?

全てが今のこの時にあるのなら、今この時に全てを分かるはずです。
が、実際には分からない事だらけか、何が分からないのか分からないくらいの状態です。
人は想像することが出来ます。想像の世界に入ると、現実から離れていきます。
自分の事だと、想像も現実もあまり区別がないですけど。

世の中、不景気ということですが、それは"現実"でしょうか?
不景気というのが何処かにあるわけではなくて、その雰囲気の中に入ってしまっているだけかもしれません。
あるがままに見たら、雰囲気で見ることもなくて、何が存在し、どうなっていくのかということが見えるはずです。
たまには、想像の世界から出てみるのも大切だなと思うわけです。

2009.12.20

歌ってしょうがを

久々に原宿のLOOPWHEELERへ。
今回はストールとマフラーとロングTシャツ(のような感じのもの)を購入。
あまりに寒かったのでストールを巻き付けて、、、手伝いに行くということで、去年に引き続き今年も新百合ヶ丘でしょうがのジンジャーズによるクリスマス野外ライブ(?)を見に行きました。
ライブと言っても、商店街の真ん中でのコーラスです。
皆さん、月に2回ほど練習されているようで、昨年より上手くなっている気がしました。
でも見ている方は、寒かった・・・。

楽しく歌うというのはとても素晴らしいことで、しょうがのオーナーとお客さんが集まって、楽しく歌って楽しく飲んでという、楽しい生き方をしているのは、とても素晴らしいことだと思いました。

ところで、「しょうが」とは生姜を使った料理を出す、つまり生姜専門店の居酒屋です。
美味しいんですよ!
今回は「がらがら」で打ち上げでした。
ライブを見て打ち上げについでに参加している感じで何とも言えませんが、でも料理は美味しかったです。
名物の「とんきこ」は、軟骨を煮込んだもので、ご飯に良く合います。
お近くの方はぜひ食べに行ってみてください!

2009.12.19

焼き物

バイキングといのは、快楽の後に悪夢を見させてくれる・・・。
つまり、食べ過ぎて苦しいと言うことです(^^ゞ。
タラバガニの足も食べ続けるとかなりのものです。
たまにはこんなこともあるもので、それはそれでいいものです。クリスマスも近いことだし。

さてさて、なかなかいい碗を骨董屋さんで発見。
15世紀、景徳鎮窯で作られたものらしい。
薄手で軽くて、まわりに梵字がデザインされていて、美しいものです。
美術館では触ることが出来ませんが、骨董屋さんでは触れて確認すること出来ます。(場合によりますけど)
実物を見て感じる事って大切だと思うんです。写真では分からない事がたくさんありますから。
作った人の息遣いを感じることができて、訴えるものがあります。
こだわって商売しているといる人は、話をして楽しいです。
この作品がどこから来て、見るポイントをどこに置いて、それが歴史の中でどこに当てはまるかとか。

その勢いで久須美陶房の佐々木浩章さんの個展へ行ってきました。今回は帝国ホテルで、何だか混み合ったフロントを通り抜けて、地下のギャラリーでの開催です。魚をモチーフにした作品が、相変わらずいい感じで、今までにない色も使っていて、なかなかいいものです。
今回は6枚組の小皿のセットを購入。
先ずは醤油皿として活躍するかと思います!
やはりですね、普通に売られているものではなくてですね、ちょっとこだわった物の方が使っていて楽しいですねー。
そんなに高くないので、使ってみることをオススメしますねー。

2009.12.18

時の流れを

寒いですねー。
部屋にいる間はさすがに大丈夫ですが、ちょっと外に出ると冷えます。
ここは厚着だな、と、そんな中、久々に昔からのお友達に招待されてお食事へ。
美味しい食事と楽しいお話とくだらない話で盛り上がりました。
お腹が一杯です!

さてさて、"スピリチュアル業界"というのも本当に幅広くなって、それは誰でもすぐに先生になれてしまうと言うお得感があるからというのも一つの理由かと思いますが、知らない間に流行があって、そしていつの間にか消えていくということがあるわけです・・・。
そもそもスピリチュアルの定義が結構曖昧ですけど。
以前はかなり狭い業界で、「あぁ~、知っている」ということがよくありました。
ですので、時々「スピリチュアルな事を学んでいます」と言われることがあるのですが、最近では幅が広いので何だかよく分からない事が多いわけです。

で、学んでいるから、その手の本を読んでいるから、だから何なんだと思うことがあって、そうしたものが何か特別なことなのかというとそうでもないわけですから。
知っているだけでは、自慢にならないです。
学んでいるのなら実践しないとですねー。
でも、実践ってなんでしょう?前世について語ることではないでしょう。
悩みがあるならとっとと解決して欲しいですし、そしたら人に優しくするなりしてみて欲しいです。

と、そんなことを久々に思った今日この頃の私は何も知らないようなものです(^O^)。

2009.12.17

後から思う

軸が出来ると繋がりやすくなる、のではないか。
と、後になって思うので、、、。

そういうことはよくあって、それは後悔ということではなくてですね、もっと良い方法を後で思い出すことがよくあるのです。
文章を書くことの方が多いせいなのか、一度考えて、そのあとに展開していくわけで、話ながらだと時間もないこともあり、なかなか思うようにはいかないものです。

ということで、身体に軸を作ったらその後どう使っていくかと言うことを考えると、相手との距離感などもありますから、軸を合わせるようにって事になるのだろう・・・。

どうも最近、相手の反応が変わってきているように思えてならない。
相手は変わっていないと思うので、自分が変わったと言うことだとは思うけど。

身体の軸を意識するということは、エネルギーが上下に働くということで、想像するに、圧迫感が今までより小さくなるのだろうと思います。
そしたら、いろいろありますねー(^O^)。
エネルギーがぶつからなくなりますから。

さてさて、サンタクロースを呼び出すと、、、出てきますねー。結構いい感じです。これから大活躍の時が待っていますから。
名前がついたものは、エネルギーとして存在するわけです。
で、サンタさんは何を欲しがっているんでしょう?
プレゼントを配るだけじゃなくて、たまには欲しいと思っているんじゃないなかなぁ~と思うんですよねー(^^ゞ。

2009.12.16

苦手なとき

鏡を見ながら身体を揺らすと、自分の力の抜け具合が結構分かります。
ジムのスタジオで、レッスン前にグニャグニャしていると、ちょっと変な人ですけど(^^ゞ。

さてさて、苦手な食べ物は食べなければいいです。嫌う必要はないですけど。
苦手な「人」というのもいるのではないでしょうか。
悪い人じゃないけど、何となく駄目とか・・・。
避けるほどでもないけど、誓にいると何だか居心地が悪いとか。

そういうのって、ひとりだと気になりますねー。その人だけと思うと、何とかしたいと思ったり。
でも、もしもそんな人が大勢いたとすると、ちょっと考え方が変わるかもしれませんねー。
そんな人に囲まれているとしたら、避けるわけに行かないじゃないですか。
そしたらどうするか?
例えば、自分が受け入れられるように見方を変えるとか、受け入れ方を変えるとか、ちょっと近づいていくとか、、、。

全てOK!っていうのが一番いいです。そしたらどうでも良いことに苦労することないし。
どんな人でもOKになれば良いだけです。
結局自分の中の何かですから・・・。

2009.12.15

軸を作ること

実はバームクーヘンが好きで、年輪のようなあの輪っかを見ると、ちょっと楽しくなります。
コンビニなんかで小さいやつを売っていますが、何だか美味しい・・・。

さてさて、軸を作ろう!ということで、いろいろと検討した結果、身体を上下に通る軸をしっかりと作ることを一番最初にやるべきではないかということになりました。まぁ、自分でそう思ったのですが・・・。
エネルギーの動きとか、思考の動きとか、最初に前後に動き出すとどうもよろしくない。
いやいや、悪いわけじゃなくて、理想的な動きにならないんですね。
ハートから・・・それはいいんですが、そこから動き出すと思考もいろいろと動いてしまって、狙った力が出てこない。
先ず上下の軸を作って、強くしていく。
そして、軸から発生するように前後の動きが出てくる。つまり、ハートの内側から外へ広がるような感じです。
そしたら変な思考が邪魔することはなくなるのではないか、と、期待しています!

何のことだかねー(^O^)。

2009.12.14

やらないと!

タバコを数人もだいぶ少なくなっている世の中ですが、まだまだ歩きながら吸っている人もいます。
他人の吐いた煙をかぶるのは気分の良いものではないです。
歩きながら吸っている人は、その動きに不自然なところがありますからすぐに分かります。そしたら煙を浴びる前にルートから外れて前に出るなりするといい。そしたら問題がない・・・。というか、無駄にいらつくことがないのではないかと思います。
どうでしょう?
自分の事は自分で守らないと!

さてさて、次の時代はコミュニティーだな!ということで、「やればできる」は面白かったです。
やっぱり、やらないと出来ないですからねー。
夢はみんなで叶えた方が楽しいです。
一人で出来ることもありますが、みんなでやらないと出来ないこともたくさんありますから。

長所を見つけ、長所を伸ばし、絶え間なく変化し、自分が力の中心の世界へといく。
自分がそれほど"とんがっていないなぁ"となると、長所というものを見つけ切れていないと言うことかな?
そう言えば中心になっていないし。
う~ん、やらないと!!!

そんな私の夢は・・・。


2009.12.13

その世界と繋がる

バッグが少し大きくなったので入る量がふえたけど、同じ量を入れたらなんだか膨らんでしまって、バッグは厚さも必要だなと思う今日この頃です。
厚さがあった方が収まりが良いなと。

12月ということで「良いお年を!」という挨拶が増えてきました。今年初めてあった人にもそんな挨拶をしていたりします(^^ゞ。
口だけの関係(^O^)。
それもまた楽しいものです。

エネルギーを使うと言うこともいろいろな可能性があって、でもその時に「その世界と繋がる」ということって大切だなと思うことがあります。
このエネルギーを使うときは、このエネルギーの世界と繋がって、このエネルギーを使うということ。
シャーマニックなエネルギーを使うときは、シャーマニックな世界と、エソテリックなエネルギーが必要なときは、エソテリックな世界と、占いが好きなら、その占いの世界と、、、。
先ずは関係がしっかりしていると、無理なくエネルギーが動き始めるんですねー。
確かに力業で無理矢理やることも出来ますが、ちょっと疲れます。
環境を整えるのは、大切だなぁ~と思います。

ということは、これから何かやりたいなら、先ずはその世界と繋がってみるというのがいいでしょうね。
もしかしたら、そこと繋がる要素がもともとあるかもしれないですから。
そしたら、才能開花かも!!

2009.12.12

違いはわずかで

あっちこっちほつれてきて、そろそろどうなんだと思って、バッグを買いました。
今回はQUELのショルダーで、ワックスコーティングされているキャンバス地で、デザインと軽さがいいなぁと。

さてさて、HEROを見ていたからではないのですが、簡単に結論だけに注目するのはどうかと思うことがあります。
例えば、仕事に関しても「こう言えばいいんですか?」と、結論だけしか考えることが出来ないというのは、いつまでたっても進歩がない。同じ事の繰り返しになって、言葉だけを覚えてしまうんですね。覚えられればまだいい方で、言っているだけで精一杯って。
どうしてそうなのかまで理解していると、発展していくのですが、つまり考えていればどうしていいか分かってきますよねー。

重大な事件が起きて、犯人が捕まって、裁判になって・・・。
判決がどうなるのかだけをみていると、見逃すことがいろいろあります。
なぜそうなったのかを、犯人側からも見ていく必要ってあるんですね。
つまり、犯人が確定している場合、判決という結論だけではなくて、その全容を見ていくということで、同じ間違いを犯さないよう学んでいくことになると思うのです。

その犯人と自分との違いは何でしょう?
多分、同じように目鼻があり、手があり、足があり、心臓が動いている。
DNAの配列が、、、同じようなものでしょう。
違いはわずかなものでしかないです。
だとしたら、同じようなことをする可能性はゼロではないとも考えられます。
自分は大丈夫、というのが結構怪しい。

基本的には、人は常に、毎日間違えをおかしていくんです。
それが大きいか、小さいかということだけかもしれませんからねー。

2009.12.11

緩む関係

身体を柔らかく使うということを心がけて、全身を緩ませるようにしていると、ちょっと面白いことがあって、それは相手の反応が変わってくるということ。こちらが楽にしていると、相手も楽になるのだろうと思います。
力が入るというのは、主に「肩に力が入っている」ということですね。
ということは、方を緩ませるということをいつもやっていれば良いのではないかと思います。

相手がどう反応しているかと言うことも興味深いのですが、自分がどう反応しているのかというのも面白いものです。相手から見たらそう言うことですからねー。
例えば、相手も同じように緩むことを考えていたら、負けてられませんから(^^ゞ。

さてさて、関係性が変わるということ、つまり人間関係そのものが変わると言うことは、自分の立場も変わると言うことです。今までとは違う。そこでどうするかって大切なんですねー。
有利にもっていくと考えるだけじゃなくて、お互いに協力できる体制に持って行けるといいんです。
それぞれの特技を行かせるような感じ。
自分の事だけを考えるのではなく、お互いを考えて、まぁ、そんな感じで新しいコミュニティーは出来ていくのではないかと思ったりします。

2009.12.10

創造するのが

愛は最終地点ではないのだ!
愛は見つけるものでも、たどり着くものでもない。
じゃ~、何なんだ?

さてさて、一人で出来ることっていろいろあります。ただし、二人でやった方がいいことってあります。いいというか、分かりやすいし、上手くいくってことですね。
一人だけだと、盲点というか、見えなくなることもあるんですねー。
恋愛もですし、道場での稽古もです(^^ゞ。

自分が何が出来るかを考えていると、相手との関係が見えなくなる。
視点を変えて、関係性から見ていると、足りないものも分かってくることがあります。
そんなとき、相手がいると言うことは大切なことだなぁと思うわけです。

クリエーション・創造というのは、一人でも出来るかもしれないけど、誰かと一緒の方が出来やすいです。
見えないものが見えて、足りないところが足されて、繋がることが出来て・・・。
力を抜いて、緩めていくと言うことはどういうことなのか。
そんなことが体験できると、それはとても素晴らしいことです!

2009.12.09

男性性とか

久々に餃子の王将へ。
最近、混んでいてなかなか入れなかったもので、数ヶ月ぶりかと。
客層がちょっと変わって、注文する種類も増えているように思いました。まわりの注文の印象ですけど。
商売繁盛ですねー。

さてさて、住所の変更を伝えていない人が結構いるのだと、時々届く転送されてくる手紙を見て思います。
一気に変えられるといいんだけど、そうも行かないからねー。
いつしか連絡がつかなくなって、人間関係も変わっていくのかと。

自分の印象というのがあります。
ニュートラルだといいんですが、完全なるニュートラルというのはなかなか存在しない。
というか、そもそも何を基準にゼロになるのかがハッキリしないですから。
女性性・男性性というものに興味を持って、そのエネルギーを探っています。
自分だけだと何とかなるのですが、もっと広い範囲、例えば日本人にとっての男性性とか、世界にとっても男性性となると、とても大きなものになってしまい、取り切れない感じがします。
が、これらがスッキリしたら、社会が変わるだろうなぁーと思いもします。
えぇ、男性性の問題です。
ほら、問題が大きいでしょう、身の回りでも。
これを何とかしたら、素晴らしいことになると思うんですよねー。

そう言えば、日本には父性がないなんていいます。
基本は女性に支えられていて、男性が本当に女性を支えると言うことがなかなかないですから。
とにかく、男性性の問題だと、先ずは自分の中からかと・・・。

2009.12.08

夢とか

ちょっと前に勝間和代vs香山リカというのがあって、「ふつうの幸せ」というものにそれほど興味がない私としては、やっぱり勝間さんの方が面白いと思うわけです。何かとスキルはあった方が良いし、どうしていいのか分からないと言う気持ちが、私には分からないし・・・。理念が正しくないと、正論が通じないと、それは不自由な世界だと思うんですよ。"そうはいっても・・・"というのは、そろそろ無くなって欲しいと思うことの方が多いですから。
"こうしなければいけない"というのは、無いと思うんですよ。
ということは、"どうしようとかまわない"とも言えるわけです。

さてさて、人が目指すところって、結局なんなんでしょうねー。
自己実現なんて言いますが、それって何でしょう?
夢を叶えると言うことだとしたら、人によってかなり違いそうです。
例えば、収入が少なく食べていくのも大変という人の場合は、もうちょっと余裕のある生活が夢になるかもしれないし、お金が有り余ってしょうがない人は、世界から飢餓をなくす事が夢かもしれません。
それで全てが満足っていうわけにはいかないでしょう。
全てが叶って、つまり究極的には「自由」になりたいのだと思います。

そのためにはどうすべきなのかって、考えてみると楽しいと思うんですよねー!

2009.12.07

寝ること

内閣支持率がどうとか。
首相のリーダーシップが物足りないということかと。
逆に言うと、リーダーがそこそこでも飛躍は可能なのかも!
いやいや、リーダーは適当でいいということではないです。

煮詰まることが、あるような、ないような・・・。
眠いかどうかの違いだと思うんですよねー、って、それは私のことです(^^ゞ。
睡眠は重要だなぁと思います。
私の場合は7時間くらいかと。
つまりですね、寝不足だとやっぱり思考が働かないし、直感も働かない。
頑張るというのは、頑張れない状況では頑張れないですから、頑張れる状況を作っていかないといけない。
張り詰めている状況だと、眠さは感じていないけど、正確な判断が難しいことがあります。
生活スタイルは大切だと、よーく思います!

それがですね、爪が布団に引っかかってちょっと痛くてなんていう、どうでもいいことで眠りからさめるような状況は本当にもー・・・。
さらに深く眠る方法を考えてみよう!

2009.12.06

興味とか

良い天気でしたね。
本日、大きなワークが終了!
いつもの事ながら、とても興味深いことが起きています。

「興味」のあることとは、人それぞれ違いますが、共通した人たちとのひとときは、とても有意義なものです。
情報の交換だけではなく、深めていくことが出来るんですねー。
そういう人はとてもとても大切です。

自分の事に気づくことって、本当に素晴らしいことだと思います。
上手くいっても、いかなくても。
いつの時に、自分には見えていないことがありますから。
見えていないものが見えるようになるというのは、視野が広がったと言うことです。
見えないものが見えてこそ、成長というか、進歩というか、まぁ、そういうものがあるのだと思います。

2009.12.05

夢を持つ

一年たつと、だいぶ変わったなぁ~と思うことがあるものです。
ただ続けていただけではなくて、とても好きなことですから、どうしたらもっと良くなるかと言うことを考えて、つまり試行錯誤しているわけですが。時間というのは大切で、確かに一瞬で変わるわけですが、それが戻ってしまっては駄目なわけで、定着していくには時間が欠かせないなぁと思うのです。

さてさて、物事はどの視点から見ているかという話があって、時間が未来から過去へと流れるように、将来の自分から見ると、目の前にあるものは全て"メシの種だ"何ていうことになったりします。
常に何かないかと探している人がいます。儲け話はないだろうかとか、これは売れるだろうかとか・・・。
多分、金持ちになりたいとか、儲けて楽しいことをしたいとか、そういう夢があるのでしょう。
金儲け?と思うかもしれないですね。でも、その夢があるから、目の前のことに何でも興味を持つことができるわけです。いつまでもお金に偏りすぎるのもちょっとどうかとは思いますが・・・。

そういう姿を見ていると、夢はやっぱりあった方が良いなぁと思います。
といったら、夢がなかなかないという人もまして、ちょっと残念な気がします。
どんな大きな夢でも見ることが出来るんですからねー。
世界一周旅行でも、大邸宅に住むでも、ブランド物を買い集めるでも、何でもいいじゃないですか。
もちろん世界から飢餓をなくすとか、戦争をなくすということでもいいですし。
先ずは夢だなぁ~。

2009.12.04

興味を

近所の床屋さんへ。
初めてのところで、どんな感じだろうと思いながら入っていくのも何だかワクワクします!
イスに座ると目の前に鏡があって、通常はその下に頭を洗うところがあるんですが、こちらのお店は目の間の鏡が大きなキャビネットのような感じになっていて、この鏡が自動でスライドして、頭を洗うところが自動でせり出してくるという、超ハイテクなものでした(^O^)。なかなか面白いです。
あぁ、カットも良い感じでした。

そう言えば、エコポイントというものにまだ出会っていない。
買い換えていないと言うことですが、買い換えるものも特にないですから。
何も無いというのは、それはそれでエコなのではないかと思ったりしています。
ゴミにならないということですから。

さてさて、無償の愛か、有償の愛か・・・。
愛にもいろいろと種類があるようで、でも、愛そのものにお金を払っているわけでもないだろうとも思います。
奉仕をするというのは、愛である!だろうか?
奉仕にもいろいろありますが、人のために役に立つというのは素晴らしいことで、でも奉仕をしながら"これは愛だなぁ"と酔いしれることはないでしょうねー。

結局、何に興味を持つかと言うことかと思います。
人か、組織か、物か、何かか・・・。
目の前の人に興味があるなら、手を貸すこともあるでしょうから、と。

2009.12.03

チャンスか

一応、冬ですから。
雨は冷たいですねー。
うちのカメも動きがだいぶ鈍くなってきました。冬眠の季節ですねー。

さてさて、健康であることは素晴らしい!!
多分これは本当のことです。
でも、病気があるということは必ずしも不幸であるとはいえないわけです。
治療にかける時間が大切か、それとも自分のやりたいことをやるほうが大切か・・・。
病気は以外に進行しなかったりしますからねー。
早期発見が大切だとも言いますが、本当かどうか?
データからははっきりいえないところがあるようで、個人差がいつもありますからねー。

個人差といえば、人それぞれ違うのだということを、よく感じることがあって、ひとりひとり身体も心も違うわけです。
もちろん、考えていることですね。
こうすれば大丈夫!というのも、自分にはそのまま当てはまらなくて、ちょっとアレンジが必要だったりします。
これが、対他人になると、こうすれば大丈夫ということがなかなか通じない。もちろんうまく行ってしまう人もいるのだけど。
同じ事を伝えるにしても、相手が分かるように伝えるというのはなかなか難しいと感じることがあります。
いやまったく、これが正しいと思い込んでいる場合には、それ以外の考え方があるかもよと思ってもらうだけでもなかなか大変です。
より大きな視点からゆっくりと噛み砕いていくことになるんですが・・・。

ということは、自分にもそういうことがあるはずで、あれ?と思ったときは、チャンスのときなんだろうと思ったりします。
そうすることで、理解は深まっていくのかと・・・。

2009.12.02

環境を変えて

思えば久々のエアロビクス!
鏡を見ながら自分の動きを確認して、無理な力が入らないようにと。
ただ、疲れてくるとそうもいかなくなるものです。
いつの時も同じようってわけにはなかなかいかないけど、気づいたときには戻すようにしています。

さてさて、やりたいことがあってもなかなか出来ないと言うことがあります。
「やらなきゃいけないって、分かっているんです」って。
もちろん私もそう言うことがあります(^^ゞ。
やらなきゃ行けない状況が作れればなんとかなります。
他人に宣言したり出来ますから。

やろうとしていたことが何となく後回しになって、どうしようーーーかなぁーーーって。
私としては環境を変えるというのがいいかなと思います。
リラックスできる場所にいるとですね、リラックスしちゃうんですよ。
そうすると、寝ちゃうでしょう・・・(^^ゞ。
そしたら、何も出来ないでしょう・・・(^O^)。
何も出来ない時間が過ぎていくと、また「やらなきゃいけないことが」って思うものです。

行きつけの喫茶店でも、近くの図書館でも、どこかのホテルでも、環境を変えると、物事は結構進むと思うわけです。
その環境を整備するために、また時間がかかりすぎるのも問題で・・・。

もう12月ですねー。
今年も終わりに近づいています!

2009.12.01

認識という

じっくりと考えることは大切なのだと思うのです。
考えることは苦手だとすると、それは直感にも繋がらないと思うのです。
少しピーンとくると分かったような感じがしますね。
でも、理解するというのは、それだけではちょっと足りない。
自分の中にじっくりと落とし込めるかどうかかと。
格闘しないと!

本当に物事を分かっている人は、とても分かりやすく説明してくれます。
ただし、分かりやすく説明してくれる人が、物事を理解しているかはちょっとわからない(^O^)。

で、結局、知っているものや、体験したことをもとに、現在を認識していると言うことか思うことが良くある今日この頃です。
確かに、新しい発見はありますし、新しいアイデアは日々わいてきます。
でも、全く知らないものが目の前にあると、分からないものだと・・・。
これは何だろう?
どう考えればいいのだろう?
今までのものに当てはめられないじゃないか。

自分の枠を超えると言うことは、知らないものを受け入れたり、認識したり、、、そこには先生という存在は大きいなぁと思うわけです。
そして、自分の中に深く落ちてきたときは、それはそれは素晴らしい体験です。

« November 2009 | Main | January 2010 »