プロフィール

メインのサイト(Good Healing)

無料ブログはココログ

« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

2010.10.31

変える

ハロウィンだそうで、カボチャと仮装の人をたくさん見かけました。
"あら可愛い~"って、多分そういう日ということなのでしょう(^^ゞ。

さてさて、何をどうすべきかは、自分で考えることもありますが、"社会のルール"というものもあります。
これが結構ややこしい問題を引き起こす・・・というほどでもないかもしれないですが、ちょっとどうかと思うことがあります。
みんなこうしているからとか、ここに書いてあるからとか。

妥当な感じで、まぁいいんじゃないかと言うのもありますが、そもそもルール自体が変じゃないかと思う場合、そもそもどうしてそうなったのかまで、以外に考える人がいないのか、あるいは、もう変えることが出来ないと思っているのか。
一度出来てしまったルールはなかなか変えるのが難しいものなのかもしれない。
優先席であれ、エレベータのつかいかたであれ、言葉遣いであれ、上下関係であれ・・・あれれ。

全てを変えてしまって良い時期かもしれないです!

Pa314547a

2010.10.30

高めるのか

お、プロ野球が日本シリーズをやっていたのか・・・。

えー、久しぶりに「コンスタンティン」を見ました。CATVでやっていたので。
天使や悪魔がよーく描かれていて面白いです。
どうしてそれをやっているのかを見ると特に良いですね。

さてさて、"自分を高めたい!"と、わりと多くの人が思っているわけです。
なかなか大変な世の中ですし。
そこで、人を救う前に自分を何とかしたいとか、自分がしっかりしてこそ誰かに手を差し伸べられるとか、自分が癒されていないのに誰かを癒せるだろうかとか・・・。
そんなことをもう人もまた多いようで、それはそうかもしれない。
でも、どうしてそう思うのかちょっと不思議な感じもします。

比較の問題でしょうか?
以前自分より高めて行きたい。
あるいは、あの人よりもっと上に行きたいとか。
あんな人のようにはなりたくないとか・・・。

興味深い例え話があります。

自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している人々に対しても、イエスは次のたとえを話された。 「二人の人が祈るために神殿に上った。一人はファリサイ派の人で、もう一人は徴税人だった。 ファリサイ派の人は立って、心の中でこのように祈った。『神様、わたしはほかの人たちのように、奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。 わたしは週に二度断食し、全収入の十分の一を献げています。』 ところが、徴税人は遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら言った。『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』 言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」 (ルカによる福音書 18章 9~14節)

大きな神殿の隅の方で徴税人は祈ったといいます。

感謝と懺悔。
誰の中にもある問題かもしれません。

意識しているつもりはなくても、回りより高くありたいと願っている。
つまり、それはまわりを低くしてしまうということ。

自分でどうすることも出来ないことがあったりします。
日々どうするかにかかっているように思います。


さすがに台風ですから、どこに行っても雨でよく濡れました。
明日もまだ雨が続くかな?

Pa304510a

2010.10.29

シンボルを使うこと

新しい時代へ進むには、古いものは捨ててしまうことだ!
聞くたびに、いろいろと捨てていきます(^^ゞ。
なかなか捨てきれないものだなぁ~と思ったりしますが・・・。

さてさて、言葉とイメージについて考えることがあります。
例えば、願望実現、夢を叶える方法などで、達成されたと具体的にイメージするとか、過去形で話をするとか・・・ありますね。
強い意志があって、上手く行く人はそれでいいわけです。

言葉というのは、とても強いエネルギーがあります。
"言霊"なんて言いますし。
上手く使わないと、思った通りにはならないものです。

例えば、ひたすら会社のために人生を捧げていた企業戦士というような人は、押し込められた感情を解放しようとしても、言葉ではなかなかどうにもならない。
イメージ、シンボルというものを使ったりします。
つまり、より抽象的な方が上手くいくこともあるわけです。

お金が欲しいなんて、まぁ、多くの人が思うかもしれませんね。
"欲しい"と思ってなかなか手に入らないものです。
具体的に行動しないと行けませんし。
過去形に、例えば"手に入りました!"としてもあまり変わらないかもしれません。
としたら、それを別のシンボルに変えてみると、、、案外良いものです!

Pa244058a

2010.10.28

バランスとか

古武術を介護に生かすという話がありますが、武術ですから、やっぱり戦いに生かさないと!
日々是戦い・・・かどうか何とも言えませんが、ささっと動いて、スパッと倒す・・・何を?

新しいアイデアを思いつく人は素晴らしい!
でも、本当に新しいかというとそうでもなくて、私もいろいろと作るときに組み合わせから試行錯誤して、良いんじゃないかというのが浮かんでくる感じ。
才能もあるでしょうが、粘れるかどうかが一番重要なのかもしれない。
続けられたら巨匠になれるかも。

さて、バランスが良いということ。
人はバランスが大切です!きっと。
バランスって、何でしょう?
心と身体のバランスなんて言いますねー。
固定されていることはバランスを崩します。
バランス良く揺れ動くことが、良いバランスかと。
極端すぎるとちょっと大変ですが。
どうバランスを取るのか、自分のことを知るというのはそういうことかと思ったりします。


この時期、台風ですか・・・。しかも大きいとか。
雨が冷たくて、寒いです。

Pa244113a

2010.10.27

好きな考え方

日本食というと寿司と天ぷらとすき焼き、、、いや、オムライスとトンカツとカレーとお弁当だな・・・。
と、そんなことが頭をよぎった秋です。
だいぶ寒くなってきましたねー。
今年の冬は、寒いのでしょうか?

さて、物事の考え方もまた人それぞれと思うことがあります。
いつもサイフには多めの札を入れておくという人がいて、"お友達を連れてきてくれるから!"という理由だそうです。
確かに、少ないよりは余裕があった良いように思います。
が、空にしておくという考えもあって、"大変、あそこに入らなきゃ!"とお札が思って飛び込んでくる。
これも有りそうな気がします(^O^)。

どちらにしても都合にいい話のような気がしないでもないですが、ようは考え方かと思います。
正解は信じた方にあるのでしょうねー。


近所には猫がいて、近づくと逃げていきます。
慣れている猫は大丈夫なのですが。
ここは気配を消して、すーーーっと近づけるようにしてみたいところ。
そんな身体の動きが出来れば、達人かもしれないです!

Pa244080a

2010.10.26

正しく正しい

肉汁がジュワァ~っと出るようなハンバーグは本当に美味しいだろうか?
いつも思うのだが、違う気がする・・・。
脂っこすぎるのもどうかと。
まぁ、ハンバーグはあまり食べないから関係ないんですが。

さて、繰り返し同じようなことをやっていても、変化しようとする中に新しい発見があるもので、これでどうだ!あれでどうだ!こっちはどうか!などと試行錯誤はしてみるものです。
正しいかどうかは、まだ分からないけど。
でも、正しい方向に進むには何かやってみないと分からないから。

ところで"正しい"というのは何でしょう?
学校のテストでは正解があるのが当たり前でした。
時々問題そのものが間違っていて複数の解答が可能だったりしますが。
世の中に出ていくと、そもそもの問題から考えないといけないわけで、問題が間違っていると解答も間違ってしまう。
正解が無いわけです。
以前は正しかった解答が、時代と共に正しくなくなることだってありますねー。
もう通用しないとか。
正しいものをさがすと、その辺りには無いことになります。
だって、全てが変わっていくから。
ということは、ここではないところへ行ってみるといいわけですよ。


Pa244033a

2010.10.25

弱いところから

朝起きたら肩が凝っていた。
寝た位置から枕一個分くらいあがっていて、どうしたんだろう?
暑かったのかもしれない。
まぁ、寝ながら動くのも解放の一つだと思うんだけど。

さて、最近、腰痛が出ることがなくなっています。
随分前は右肩あたりに痛みが出ることがありましたが。
痛みがでるというのは、その場所が何らかの理由で弱いということなのですが、それが時間と共に変化しているのだと思います。
また、何度も同じような状態になると、痛みが出ないように気をつけますし、疲れが溜まらないようにもします。

弱いところに何かが出てくる。
それは身体かもしれないし、心かもしれない。
そもそも完璧なものはありませんから。
何か一つのことが気になることはあるかと思いますが、それが過剰だとしたら気をつけた方が良い。
何かに捕らわれているのかもしれないから。
時間の使い方、自分のやっていることを確認して。
戻る場所は、自分自身。
あるいは、神のことを考えてみるとか。


Pa163646a

2010.10.24

誰かがきっと

ずーっと見に行こうと思っていたのですが。
もうすぐ終わってしまうようですが、先日、借りくらしのアリエッティを見に行きました!
そうか、そういう話だったのか・・・。
ジブリにも新しい風が吹いているのかも。

さてさて、反省!といういのはあまりしないもので、それは自分を責めても元気にならないから。
本当にやばいときは多分誰かが止めてくれます(^^ゞ。
人の声には耳をかたむけた方が良い、場合もある。
"常識的"になっていたら、それは聞かなくて良いかもしれない。
例えば、こつこつやるのが得意な人もいれば、そうでない人もいるし。
思い切りが足りなくて停滞したままの場合もある。

そう言えば、データの入力を地道にやれるのはどちらかというと女性かなと思います。
私も多少ならできますが、やはり続けることが出来ない。
目先が変わった方が、続けることが出来ます。
少しでも変化していた方が良いということ。
やる気が無くなるというだけではなく、集中出来なくなってくるから。
女性と男性の違いだろうか?


近所には公園がいくつもあって、大きい公園もあります。
家族連れで遊んでいる姿は微笑ましいです。

Pa244038a

2010.10.23

出来ないのは

"私のドキュメンタリーはやらせである!"という田原総一郎さんの番組がBSジャパンでありました。
田原総一郎の遺言」、凄い内容でした!

(1)オレはガンじゃない!~片腕の俳優・高橋英二の一年半~(70年)
(2)バリケードの中のジャズ~ゲバ学生対猛烈ピアニスト 山下洋輔(69年)
(3)宣言ポルノ女優 白川和子(72年)

田原さんは、かつてテレビ東京のドキュメンタリー作家だったということ。
命がけというか、今では放送できないような内容で・・・。
確かに、昔はかなり怪しい番組もありましたねー。
今で変に個人情報だとかプライバシーだとかスポンサーだとか、気にすることが多すぎて、モザイクだらけになってしまうから。そのわりに知りたがる・・・。
まぁとにかく、時代背景もあるとは思うのですが、時代は変わったなぁ~。

さて、本当に時代は変わったのだろうか?
"閉塞感"という言葉があります。
何かに覆われて、息苦しい・・・。
でもそれって、実態のあるものでしょうかねー。
もしかしたら、自分でそう思ってしまったのかもしれない。
「こんなことは出来ない」と、何もしないうちから決めてしまったのではないかと。
タブーを作ったのは、誰かではないのかも。


河豚は冬に食べるものだと。
確かに白子は冬でしょうが。

早くも河豚を食べました!
考えてみれば、いつでも食べられるんですが、寒くなると"河豚だなぁ~"と思います。

Pa233870a

2010.10.22

思い込みの

カセットのWALKMANの販売が終了というニュースがあって、確かに今ではカセットは使わないですねー。
でも、まだカセットテープ自体は持っていたりします。
巻き戻したり進めたり、結構あらっぽく使ったものです。そしていつかは音がおかしくなったり、テープが絡んで取れなくなったりして。でも、今思うとそれなりに使いやすかった気がします。
デジタルが必ずしも便利だとは思わないのですが、さすがに場所も取るし、時代は変わったと改めて思うところです。

さてさて、人はたいてい何かを思い込んでいるわけで、冷静でニュートラルでなんていう人は、先ずいないわけです。傾向として、あまり熱くならないとか、すぐに反応するとかあるかもしれないですが、それは絶対的なものではないです。
真面目な顔で冗談を言うと、相手は最初混乱します!
まぁ、そんなことはあまりしない方が良いですが、私はときどきやって遊んでいます(^^ゞ。
そんなとき、人は言っている内容ではなく、雰囲気を先に察するのだと思うのです。
一瞬の思い込みが、間違いのもと・・・かな?

思い込みは上手く使うと、物事が進みやすい。
自分はこれをやるのが好きなんだなぁ~とか、思い込むとそうした状態になったりします。
楽しいことを思い出しながら、こんな作業をしてみると、さらに上手くいきます、きっと。
気が散ることが多いときなんかにオススメです。


昔はケーキ屋さんだった気がしますが、今ではスイーツ屋さんというのでしょう。

近所に新しいスイーツ屋さんが出来ていました。
LOHASSweets groundといいます。
野菜のスイーツです。
結構美味しい!
でっかいエクレアもおすすめです。

Pa223813a

2010.10.21

まぁ、良いじゃないかと

お!新しいMacが出たか!!
と思ったが、私自身はWindowsしか使っていないけど・・・。
あまり関係ないところだけど、ちょっとは気にしたりしてね。

昨日は「相棒」、今日は「ナサケの女」、明日は多分「検事・鬼島平八郎」。
我が家ではドラマを見ることが多い(^^ゞ。
楽しい夕べです!

TVを見ながら、だけではないですが、落花生を食べるときですが、あの薄皮は取ってしまいますか?
私は一緒に食べます。
ポリフェノールだかなんだかがタップリだとか。
まぁ、そんなことはどうでも良いのですが、食べ始めたら美味しく感じて、あった方が良いという結論に達して、いつも皮付きを食べています。

さて、学生時代のことは覚えていますか?
何かと思い出したり、昔はこうだったとか、そんな話をする人もいますが、、、。
私はあまり覚えていない・・・。
から、そんな話にならない。
というか、そうした話について行けない(^^ゞ。
色々あったかもしれないけど、どれもまぁ良いじゃないかといった程度の記憶。
美しいかどうか、いやもう"そんなこともあったかもなぁ"程度。
これもまた"今しかない"というじゃないかと思ったりしています。


Pa163624a

2010.10.20

自分をささげる

鼻水が続いている・・・。
困ったなぁ~。
ティッシュが足りない(^^ゞ。

さて、惜しみなく自分をささげよう!
そういう境地になると素晴らしいわけです。
ハートを開いて周りの人と繋がろう!というのは簡単なことですが、なかなか実行が難しいものです。
好きな人もいれば、そうでない人もいるし、得意な人もいれば苦手な人がいる。
まぁ、壁があるわけですよ。
ちょとずつ壁を崩していく。
寛容になるということ。
といっても、いきなり全てを受け入れるというのは、急ぎ過ぎかもしれない。
まずは助けを必要としているところへ行ってみるといい。
そしたらそのうち慣れるから。
壁なんて、結局自分で作ったものですからねー。


けっこうあちこちで咲いています。

Pa163586a

2010.10.19

待つとき

セルフヒーリングは、自分で自分をヒーリングするということで、簡単にできることもあれば、結構難しいものあります。
上手くいっているかどうか、結構考えてしまったりして・・・。

さて、物事の途中経過は大切なときもあります。
が、途中の段階を気にしすぎると、結果がよろしくないことがあります。

面白い例え話があって、植えた木が枯れてしまったのは、植えた人が気になって"根付いたかな?"と、ちょくちょく木を引っこ抜いていたからって・・・。
そりゃ、枯れちゃいますね。
ここはじっと我慢で(いや、がまんするほどでもないですが)、花が咲いて実がなるのを待てば良いだけです。
たまには水をあげたりしてね。

花が咲くまで何年かかかるかもしれません。
最初から大きな実が付くとは限らない。
待たなきゃいけないときもあるわけです。
何もしないわけじゃないですけど。


ロールキャベツも、じっくり煮込むといいです(^O^)。
Pa173782a

2010.10.18

過去は美しい

鼻水が・・・。
そんな季節かもしれない。
いつでも休息しないと(^^ゞ。
早く寝よう。

さて、結果と過程はどちらが大切か?
もちろん、どちらもですね。
どちらが楽しいかというと、私の場合、過程の方が楽しい。
出来てしまったものは、過去のものですから。

最善をつくしてきたか?
これはなかなか悩ましい問題で、振り返ると"もっと出来たのではない・・・"と思ったりするものです。
過去の問題なのですがね。
同じようなことがあったら、さらにしっかりやろうというのはOKでしょうね。
でも、過去の出来ごとを低くしてしまうのは、ちょっとどうかと思います。
本当のところ、その時は最善をつくしたわけです。
それを認めることは、大切なんです。
自分を自分で認めるわけですから。
今の自分から見たら、新たなノウハウのあったり、別の考えがあったりするわけです。
ほら、小学校の時にどうだったかとか、今の自分とはかなり違いますからねー。

逆に、あのときなら出来たということもあるかもしれない。
体力の衰え・・・?
いや、数学とか物理の問題とか、忘れちゃうこともあるから。
そしたら、今の自分は過去とは違うところでしっかりやっているって。


秋も深まってきたのか。
まだまだ暖かい日も続きますが。
Pa163539a


2010.10.17

今の時代に

渋谷のパルコの地下にあるプリンツというお店はシンガポールのステイショナリーブランドだそうです。
鮮やかな色のノートがいろいろあって、綺麗です。
特に布張りの表紙のノートは高級感があってけっこういいです。
可愛い定員さんに"これからの流行は紫です!"と言われましたが、ターコイズブルーのマルチクロスノートを購入しました。
罫線と無地とポケットが付いています。
どうやって使うか、、、まぁ、適当に・・・。
黒い紙のノートとか、使い方によっては結構面白いです。

さてさて、代官山にある東京バブテスト教会に行ってみました。
話によると、かなりユニークな礼拝をやっているということと、信徒を増やしているということで。

確かに・・・。
たいていの教会はピアノやオルガンに合わせて賛美歌を歌ったりします。
それはそれでいいものです。
落ち着くし。
ただ、賛美歌も昔の言葉だったりするので、分かったような分からないような内容もあったりしますが(^^ゞ。
こちらの教会はロックバンド(?)の演奏から始まりました!つまり、エレキギターとベースとドラムとキーボード。
立ち上がって拍手をしたり手を振ったり、まるでコンサートのような感じ。
40カ国の人が集まると言うことで、全部英語で、ボーッとしていると何を言っているのか分からなくなってしまったりして。
とにかく通常の"厳粛なる雰囲気"とは全然違ったもので、エネルギッシュで面白いなぁ~と思いました。

以前、ある牧師さんに"みんな、洗礼を受けたらいつの間にか来なくなってしまうのは何ででしょう?"なんて聞かれたことがありますが、まぁいいやと思うんでしょうね。いつもだいたい同じ感じだと。
そして、年配の人が残っていると、あまり将来は明るくないわけです。
何を大切にするのかは、それぞれだと思いますが。
今の時代に合わせるというのもアリなのだなぁと思いました。
とにかく、そもそも人がこないとどうにもならないですからねー。


代官山の夕焼けです。

Pa173699a

2010.10.16

散歩に

「ヒカルの碁」が終了しました!!
あ、アニマックスの話で(^^ゞ。
碁は全然分かりませんが面白かったです。

散歩は楽しい。
最近ではカメラを持ち歩いているので、いろいろなところに目が行きます。
オリンパスのPen Liteのルビーレットです!
なかなか可愛い(^O^)。

沼袋のシルクラブの「江戸小紋展」に行きました。

江戸小紋というと、あの細かい模様ですね。
遠くからでは分かりにくいわけです。
でも近くで見るととても細かく、美しい。さらに面白い!

この展示には、小紋の着物と反物があってですね、とても美しかったです。
さすが、人間国宝!といっていいのか?
こういうものを着る人が増えると良いですねー。
夏は暑かったですが、これからなら大丈夫ですから。
なかなか高価なものですから買うのは大変かもしれませんね。
でも、直に見てみるだけでもオススメです。
本物を見ましょう!
テレビや写真では伝わらないものが、目の前にありますから。

で、散歩をしていると新しい発見があるものです。
普段、自転車に乗っているときが多いもので、実際に歩いてみると"なんだこれ?"というものがあったりします。こ
いつもより、一歩近くに寄れますねー。
いつもいかない喫茶店に寄ってみたり。

雲が綺麗で、良い天気でしたねー。

Pa163533a

2010.10.15

強み、弱み

当たり前のことだけど、よく寝たあとは気持ちが良いし、一日元気で過ごせます。
寝不足だと、力が出ないですから。私の場合。
これは明日にしようって思ったりして。
でも、寝る間も惜しんで打ち込むことも大切かもしれない。
中にはそういう人もいますね。
どうするかは、自分で見つけていく必要があります。

自分の特技とか良い点を伸ばしていく。
それは、とても大切なことで、弱みを克服するよりは効率も良いし、そもそも弱みは克服がとても難しいですし。
でも、自分の弱さを分かっているのは、大切かもしれない。
自分では勝手に得意だと思っても、実はそうでもないとか、あるじゃないですか(^^ゞ。
何が強みで、何が弱みで、現実はどうなっているのかということを知るということですね。

とはいうものの、やはり自分はカッコをつけたり、ごまかしたりするわけです。
自分で自分をだましてしまう・・・。
こんなはずではない、というほど実力はないかとか(^^ゞ。
素直でありたいものです。
他人にも、自分にもですねー。

P9302059a

2010.10.14

不思議なんだ

強い思いが物事を成し遂げる!
多分、強い思いが発生するくらいの何かがあるのだと思います。
ただ、物事はハートから基本で、となると、今の思いがどこから来ているのかを冷静に分かっている必要があるかもしれない。
多くのことを成し遂げようとすると、いろいろと理詰めになってしまいがち。
こちらとあちらを上手くやって、それを作り出すような・・・。
一つ一つは正しいことでも、その周りに余計なものがあったりするわけです。
もう一人の自分というのか、成し遂げる情熱と見つめる冷静さが必要かなと思います。

さて、人間の中で何が起きているのだろう?
無意識の領域は、自分が分かっている何倍、何百倍もあるらしい。
それだ多いとなると、全てを理解するのは難しそうだし、そもそも理解不能なものもあるのだろう。
大は小を兼ねる。
が、小が大を兼ねることもあるのかもしれない。
実は不思議な世界が存在している!と面白い!!

見えない世界は、ここにあるのだな。

P9302094a

2010.10.13

構えないと

握力がなくなりそう・・・なくらいの稽古でした(^^ゞ。
頑張るつもりはあまりないですが、やっぱりどこかで押さえないといけないわけで、なかなかのものです。
しかも、疲れてくると、身体が動かない。
まぁ、誰でもそうかもしれないけど。
稽古中も身体の反応が鈍くなります。
汗もびっしょりでねー。
自分が臭いです・・・。

さてさて、自分は自分の流れに乗っているだろうか・・・と、考えているのは流れそのものに乗っていないということか。
"私って運がいいですか?"と、人に聞いているようではどうにもならないっていうのも同じ。

何でも感激する人がいて、ちょっと大げさくらいに。
それが癖でもあると思うのですが、考えてみるとまるで構えていないと言うことで、それはそれでいいのではないかと思ったりします。

準備をしていないというのは、面白いことだと思うんですよ。
人は大抵、これからどうなるとか、考えるじゃないですか。
それで、ワクワク!ドキドキ!したりしてね。
それが何も無いとしたら、ある意味で"今を生きている"と言えるかもしれませんねー。
意外なことが日々あるとしたら、楽しいですし。
とはいうものの、なかなか自分では出来ないものです。
マインドが動きまくるから、かな。

Pa113325a

2010.10.12

これも大人と

このところ、なかなか暑いですね。
また夏に戻っていきそうな感じです。
というか、数ヶ月したら夏が来ますが。

いろいろとワークが目白押し。
楽しいものです。
変化は一人一人から。
そのきっかけがいくつもあった方がいいですね。
変わり続けるというのは、素晴らしいことです。
私もできるだけそうありたいと思います。

さて、女優さんなのか、アイドル歌手なのか、よくTVに出ている人だということで名前を言われても、分からなかった・・・。
そうか、そんな人がいるのか。
私もよくTVを見ているんですけど、出ていたのかな?
まぁ、よほど特徴がないと覚えていられない。
それに、そんな若い人にあまり興味なくてとか(^^ゞ。

大人になるというのは、そういうことです!きっと(^O^)。
人は、昔のことを覚えていて、だんだん興味が変わってくるんじゃないかと。
昔の歌は何となく覚えているっていうやつです。
・・・本当かどうかは、年月が証明することでしょう~。
だから青春時代が大切なのかもしれない!
いやいや、いつでも青春か!!

Pa123466a

2010.10.11

ハッキリすると

近所に売り出しているマンションがあって、なんでもリビングは大理石で出来ているらしい。
面白そうなので見てきました(^^ゞ。
本当に白い大理石が敷き詰められた大きな部屋で、音が良く響いて、このままだとちょっと生活が大変そうです。
部屋の端にあった円い柱は、ただの飾りか、それとも何かの機能があるのか?
誰が住んでいたかわかりませんが、部屋を見るのは楽しいものです。

さて、神を信じる、というのは宗教に限ったことではないです。
スピリチュアルというのは、ヒーリングとか、エネルギーとか、光とか、前世とか、スピリットとか、、、いろいろありますが、一番大切なのは神との関係ということになります。
反対に、神との関係が無ければ、スピリチュアルということではないかと。

実は、多くの人が"何となく・・・"という状態にあるようです。
小さいときから何となくとか、見える世界が全てじゃないと思ってとか、、、。
曖昧なままというのも日本らしいかもしれないけど、いつ、どんな体験をして、というのを一度ハッキリさせると、その後の生き方が変わってくるかもしれません。


風景をどのように切り取るのかは、かなり悩ましいことです。
考えすぎると無理矢理になってしまう。
それにしておm、良い天気で、どこから見ても空は青かったですねー。
Pa113304a

2010.10.10

繋がっている

私のまわりでは昔からパワースポット巡りをする人が結構いまして、日本中の神社仏閣その他イロイロな場所へ出向いているようなのです。
興味があるというのは素晴らしいことで、そのうち知識が増えて、体験が増えて、、、立派なものです!
私もいくつかは行っていましたが、神社やお寺だけでもたくさんありますからねー。

パワースポットというだけあって、場所によっては本当に素晴らしいエネルギーに出会えます。
また、こちらの準備次第では、奇跡的な体験をすることもありますね。
行けないときは、どう頑張ってもたどり着けない。
つまり、呼ばれた人が行けるのだ!って言う話もあります。

さてさて、ヒーリングというのは面白いものだなぁと、いつも思います。
マッサージと等と違うのは、エネルギーが大きく動くということ。
例えば、母親をヒーリングするとその子どもにも大きく影響が出るなんていうことは、よくあります。
全ては繋がっているんだなぁ~と、改めて思ったりします。

特に親子関係というのは、強い繋がりがありますからねー。
思いが重たくなって関係を複雑にしているときがあります。
悩んでも、考え方を変えても、なかなか解決しないわけで、でもそこに光が流れるとグッと変わってきます。

こうしたことは身体の中でも起こっていて、痛みがある場所をいくらヒーリングしても良くならないということは、結構あるわけです。"時間がかかります・・・"っていう人もいますが、実は別の場所に問題となっているものがあったりするわけですよ。
東洋医学をやっているとそうしたことがあるというのは分かると思いますが。
身体もまた、一つなのです。全てが繋がっているんですねー。

会社だって、社長の決断で大きく変わるじゃないですか。
日本だって、首相の考えで、、、変わるか??


で、お祭りでした。
どこの神社かわかりませんが、御神輿が連続でやってきました!

Pa103169a

2010.10.09

考えないことは

休みの日はボーッとするものだと。
日頃、何かと忙しいと、何も考えずにボーッとするのはなかなか良いものです。

でも、何も考えていない状態とは?

"今、何も考えていない・・・"と思ったとしたら、そう考えていることになります。
何も考えていないということを考えているわけです。
となると、ボーッとするのは、かなり難しいことです。

何も考えていないというのは、脳が動いていない状態!
それはあり得ないことですねー。
目から入ってくる情報、耳から入ってくる音、周りの空気・・・いつも何か感じていますから。
考えていないというのは、何をしているのか分からない状態と言うことかもしれません。

ただ、意識している難しいことも、なぜそうしたのかわからない・・・と、後になって思うことがあります。
脳が働く前に動いてします。

人は、今に生きている気がしていますが、例えば大きな恐竜が尻尾をぶつけたときに"痛っ"と感じるまで3秒くらいかかったんじゃないかなんていう話がありまして、人だって見たものや体験したことを認識するまで0.5秒くらいはかかっているわけです。
顕在意識の0.5秒前に動作が始まれば、"無意識に動いた"ということになるのだと思います。

寝ているわけではないわけです。
起きている状態で、そんなことは可能なのだろうか?
何か良い方法があるかもしれない・・・。


とあるアメリカのサイトで、ベーコンシリーズがありまして、買ってみました!
ベーコンの香りの石けん、デンタルフロス、そしてバンドエイドです(^^ゞ。
Pa083053a

2010.10.08

情熱的で

自転車のサドルを取り替えました。
ちょっとへたってきたのと、お尻に合わないので。
新しいサドルは今までよりは良いようです。
でも、理想的には自転車そのものを変えた方が良いようで、大きさが自分に合っていないような気がします・・・。
しばらくはこのままですけど。

さて、情熱的に生きるというのはとても素敵なことです。
いつでもそうありたいと思います。
では、情熱的であるとは、どういうことなのでしょうねー。
"だぁ~!"って、叫び続けること?
いやいや、やっぱり真剣に生きるということじゃないかなぁ~と思うわけです。
適当にやっていると、やっぱり適当になってしまって、情熱的かというとそうでもない。
ただ、真剣に生きるというのは、ただ単に真面目であるのとはちょっと違うわけです。
冗談でも真剣に!
それが面白いでしょう。とっても情熱的で!!

Pa063029a

2010.10.07

知らないことが

眠い・・・。
何か寝不足か。
深く眠ろう。
食べ物を軽いものにすると、深い眠りになります。野菜とか、魚とかですね。
それに食べ過ぎると苦しいですから。

「尖閣、渋谷2600人デモ」があったみたいですね、と言ったところ誰も知らなかった・・・。
新聞やテレビでは放送されなかったようで、私もネットのニュースで知りました。
海外のメディアでは結構取り上げられたみたいですが。
動画もアップされているし。

不思議なものです。
日本のことなのに。
海外で反日デモがあったというと、ニュースで流れますが、日本でデモがあったら、なぜニュースにならないのか。

つまり、情報はかなり操作されているということですね。
見たものをそのまま信じるのはかなり危険ということ。
体験も当てにならないかもしれない。
豊かな想像力が必要です!

さてさて、医者、治療家、ヒーラーと、様々な人がいます。
体調が悪いとか、どこか調子が悪いとか、そんなときに活躍します。
が、よくある話ですが、先ずどこが悪いかを見るわけで、つまり、その人の悪いところを見ていきます。
良いところを見ましょうよ!と思ったりもしますが、仕事柄そうもいかないのかもしれない。

頼まれて悪いところを探していくのは良いとして、これが日常的に広がっていくと面倒なことになります。
ここが悪い、あそこが問題、だからどうのうこうのう・・・。
正しいかもしれないけど、それはほんの一部分しか見ていないわけです。
やっかいなだけです。
その人がどうするかは、その人に委ねていいわけですから。
余計なお世話とも言えます。

「人がもし、何かを知っていると思ったら、その人はまだ知らなければならないほどのことも知ってはいないのです。」(コリント人への第一の手紙8.2)

人は、どこまで真実を知っているのでしょうね。
もしかしたら、全然知らないかもしれないです!
何を見ているのでしょう。
実は、何も見ていないのかもしれないです。


キンモクセイの季節ですねー。
Pa062776a_2

2010.10.06

いつか分かるさ

自転車で行こう!
私はちょくちょく自転車で出かけるのですが、都内だと結構いろいろなところにいけてしまいます。
まぁ、多少時間はかかったりしますが、でも、電車と乗り継ぎを考えると、あまり変わらない時間でいけたりします。
自転車で行ったら、自転車で帰ってこないといけない。
天気予報が重要です。

本日、マンスリーリチュアルでした。
たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。
みんなで力を合わせて一つのことをやり遂げるというのは、とても素晴らしいですねー。
今後も、いろいろなワークが目白押しです!

さてさて、口は災いの元なんていいますが・・・。
自分から言ってしまうのは確かに問題があったりします。
余計なことは言わない方が良いときもありますから。

無理矢理相手に言わせるというのも、問題がありますねー。
人は何でも知りたいもので、だからイロイロ勉強したりします。
でも、知れば良いというものでもなかったりします。
知識はどう使うかというものありますが、その知識の裏にあるものも一緒に手に入れないと役に立たないことだってあります。
私としては、どう考えても知っていることはほんの一部分でしかないのなら、エネルギーを受け取ることに専念した方がいいかなと思っています。
いつか分かるときが来るさ!と、希望を持ちながらですね。

Pa022505a

2010.10.05

意味があると

思い切ったことをやるものだと、そう思うということは自分に思い切りがないということかと思ったりします。
変革の時か!
私のまわりで、おぉ~っていうことが結構あります。

さてさて、人生に意味はあるのか?
全ては偶然かもしれない。
いや、全ては実力かもしれない。
どう考えてもかまわないわけです。
正解というのがあるわけではないですから。

どう考えたら一番充実するだろうか?ということを考えたらいいのだと思います。
多分、全ては意味があって、繋がっていると考えると、一番エキサイティングな人生になる!
目の前に起きていることが全て自分と関係あるって面白いじゃない。
どんな関係があるのか、本当のところは分からないです。
でも、それは正しいと世界が教えてくれるとしたら、物事はスムーズに運んでいきますね。
夢は叶えた方が面白いですし、その夢で世の中が素晴らしくなったらもっと楽しい!
これもまた、考え方次第のことです。

素直に、そして情熱的に!


どんどん出来上がっていく風景。
Pa022453a

2010.10.04

本当は

デジカメの顔認識機能が顔の後ろのゴチャゴチャっとしたところをフォーカスしているときがたまにあって、そうなると撮りたい人がちょっとぼけることがあります。
そこは違う!って、何だなぁ~(^^)。

さて、一つの方向からだけで、物事を理解できるだろうか?
人には想像力が必要で、でも一つの情報だけだと、もしかしたらそれしかないのかと思ってしまうこともあるのでしょうね。

イスカリオテのユダは裏切り者で悪い奴だ!となるわけですが、それにしても情報が少なかったりします。
実際にどうだったのか分かりませんし、本当にイエスのことを理解していたのはユダだったという解釈だって有りますね。
過剰に反応しすぎるのはどうかと思ったりして。

このところ民主党の小沢さんが強制起訴だとかで、嫌疑不十分で不起訴が2回あって、でもとにかく悪者という印象を付けただけかもしれない。
そもそも何が問題だったか、もしかしたら"金に汚い"という報道の印象だけかもしれないですねー。

有名なホリエモンも、結局何の罪だったか、知られていないんじゃないかと。
いや、一般には何がいけないのか理解できないことなんですよねー。
私も会計のことは分からないし・・・。

変な印象に飲まれてはいけないと思うんです。
何を見ているのか?
本当はどういうことなのか。
先ずは感じようとしたらいいかなぁ~と思います。
理解するのは難しいことがありますから。


ところで、我が家の亀は最近マグロを食べています!
マグロがあまり好きじゃないので、亀が食べているんですねー。
元気よく食べています。
よく、贅沢だと言われますが(^^ゞ。

Pa042598a

2010.10.03

好奇心

ナカヤマフェスタ、惜しかったです。
世界の壁とは言いますが、後一歩です!来年に期待!!

本を片付け中ですが、いらない本をどこに片付けるかという問題が発生!
いや、片付けてはいけないのだ!!
古本屋に持って行かないと。

一番面白かった朝青龍の断髪式。
品格がどうのうって、ありましたねー。
何だかなぁ~。

さて、"欲"というものをどうするか。
人にはいろいろな欲があってですね、面倒なわけです。
いつもは欲にまみれていても、たまにふと我に返って"これではいかん"などと思ったりして。
それは大抵一瞬のことで、また元に戻るとか・・・。
常に我に返っていないといけないですねー。
これもまた悔い改めと言うことかと思ったりします。

でもですね、"好奇心"があるというのは素晴らしいと思うんです。
まだ見ぬ何かに突き進んでいく!
自分が向かう方向が見えて来るじゃないですか。
"目標"ということですね。
自分から切り開いていくということもあるかもしれないけど、目標からこちらに近づいてくると言うことなんじゃないかと思ったりします。


先日、新宿区の「音楽・コーラスのつどい」を見てきました。
最後にはブラスバンドの演奏で"世界に一つだけの花"をみんなで歌いました!!
Pa022498a

2010.10.02

精一杯か

時々言われることがあるのですが、あまり生活感がないとか・・・(^^ゞ。
見た目というか、雰囲気というか、そういうところから生活感を感じさせないというか、、、いや、別の何かを感じているのかも。
でも、そもそも私自身がそんなことを考えていないというが一番大きいかも(^O^)。
"この現実をしっかり生きよう!"とは、ちっとも思っていないから!
グラウンディングをしていようがどうしようが、まぁいいじゃないですかねー。
日々淡々と過ごしているわけですけど。

さて、命がけで何かをするって、なかなかあるものではないです。
たまに聞く言葉なんですけどね。
夢中になって、他の全てを犠牲にしても成し遂げるということなのかもしれない。
だからといって上手くいくとは限らないのが興味深いところです。

一番大切なのは、ユーモアかもしれないです。
笑顔は身体を緩めます。
ベストを尽くすには、硬くなってはいけません。
どんなときも緩んでいるといいですから。

精一杯やるのは大切ですねー。
ナイショですが、私はちょくちょく手を抜いていますけど(^^ゞ。
自分を犠牲にしてはいけないです。
何かに委ねたくらいがちょうどいいかと思います。


天気が良いと影がくっきりと出ます。
当たり前ですが、そういうことなんですねー。

Pa022431a

2010.10.01

色から光へ

今日からティーチャー&ヒーラープログラムが始まって、今回も多くの方が参加していました。
素晴らしい!
いずれは世界へ飛び出してください!!
待っている人がたくさんいますから、きっと。

さて、モノクロで写真を撮るのは面白いものだと、やってみて思いました。
デジカメにはいろいろな機能があるので、明るくしたり、ふわっとしたり、おもちゃのようにしたりできます。
それはそれで楽しいのですが、モノクロにするとこちらの意識が変わりますねー。
その風景をしっかりと捕らえようとしますねー。
カメラマンになった気分です(^O^)。

カラーで撮影していると、その色が出るようにとか、狙ったものが写っているかとか、いろいろと工夫しようとしたりするんですね。影になるとよく分からなくなったりしますし。
綺麗に撮れるときももちろんありますね。
これがモノクロになると、光をどう捕らえるかと言うことになるわけで、狙っているところが違ってくるように思うんですよ。影が綺麗に出るというのも、光があってこそでしょうから。
まぁ、世の中をモノクロで見るというのもないことですから、私にとっても新鮮なんですけど。
撮影したものを見て、そこにあるものに気づいたりするのも楽しいものです!

Pa012264a_2

« September 2010 | Main | November 2010 »